ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Nara)

竹食ふ人びと(the people who eat bamboo shoots)

a0332314_09365811.jpg



a0332314_09371316.jpg

























snowdropには毎春、掘りたての京筍を分けてくれる友人がいます。米糠といっしょにことこと茹でて、冷まして、洗って、切り分けて…。穂先はお吸い物や若竹煮に、根元は筍ごはんに。そうだ、近所の友達にもおすそ分けしましょう。庭の木の芽も摘んで届けましょう。


Snowdrop has a friend who shares with us freshly dug bamboo shoots almost every spring. She boils them with rice bran for 40 minutes or so, cools them down, washes them with water and cuts them to use in a variety of dishes. This time she has brought some simmered bamboo shoots and seaweed with leaf buds of Japanese pepper in her garden to her another friend who lives in her neighborhood.



a0332314_09354675.jpg



ふかふかのうぶ毛の生えたおくるみの中で

息づく竹の子どもら


Dans une layette couverte de duvet, respire un pousse de bambou.


a0332314_20363828.jpg

桂離宮(2005年5月)* Katsura Imperial Villa


日本人は竹を食らう民族だ、と言う人がいるとか。木と紙の家に住み、竹の垣をめぐらす日本人。はかなくとも、自然とつながった暮らしは、私たちの原点と言えます。


The Japanese are said to be a people who eats the bamboo, who lives in a house made of wood and paper surrounded by a bamboo fence. Though the house like that might seem to be fragile, it is our origin to live with nature.



Img_1499_4

Img_1500_800x600_4


桂垣(
Katsura-hedge), 穂垣(Ho-hedge)


桂川沿いに長く伸びる竹の生垣…敷地内の生きた淡竹(ハチク)を傾け、緑の葉もろとも編み込んだ桂垣です。つづいて竹の頂部を斜めにそいだ穂垣が現れます。桂離宮については、昨秋の記事「月を愛づる別荘」へどうぞhttp://ramages3.exblog.jp/21730797/

The long green hedge along Katsura river, that is so-called Katsura-hedge. You can see the boundary between Katsura-hedge made of living bamboo leaves and Ho-hedge of dried bamboo.


a0332314_14065066.jpg
高野山阿弥陀聖衆来迎図(12世紀)(部分)『曼荼羅と来迎図』(講談社)
Descent of Amida and the Heavenly Multitude(Koyasan- Yushi Hachiman-ko) (12c.) (detail)

TOGI Hideki is playing the small double-reed wind instrument, hichiriki, like one of Bodhisattvas in the above painting.

雅楽器にも竹が用いられます。篳篥(ひちりき)、(しょう)、竜…(来迎図の手前左より)。みんな竹かんむり!篳篥を吹いている菩薩は、雅楽師の東儀さんそっくりです。


Many of traditional Japanese musical instruments
ex. 篳篥、笙、笛are made of bamboo. 

「篳篥 wiki」の画像検索結果

篳篥(上, wiki )、クラリネット、オーボエはリード楽器です。
Hichiriki(upper fig.), clarinet, and oboe belong to the reed instrument.

https://www.youtube.com/watch?v=A5PEuCqDyE8 (クラリネットをこわしちゃった♪)
https://www.youtube.com/watch?v=fKEzExeb5HM(J'ai perdu le do de ma clarinette♪)

「オパキャマラド…」はフランス語だった!
Au pas, camarade, Au pas, camarade, Au pas, au pas, au pas…


a0332314_11020617.jpg

a0332314_11014596.jpg

a0332314_14273604.jpg











































花韮(ハナニラ)(食べられません)★ springstar (inedible)


竹はアジア人にとって大切な存在です。この日のフォー(ベトナム麺)に筍は入っていませんでしたが、竹を生かしたインテリアになつかしさを感じました。なんばパークスには空中庭園も…。

The bamboo is important not only for Japanese but for the peoples of Asia. Though snowdrop did not find the bamboo shoots in this pho (Vietnamese noodle soup), she felt familiar with this restaurant's interior with bamboos (Namba parks, Osaka).


a0332314_15302404.jpg
a0332314_15332620.jpg

風神雷神の竹スリッパなど*Bamboo slippers with design of Wind God and Thunder God; Bamboo broom; Bamboo back scratcher








若冲ゆかりの
錦天満宮*
Nishiki Tenmangu Shrine near Jakuchu' s birthplace (2016)

a0332314_15032594.jpg


日本には竹の品々がいっぱい!夏の水菓子も、竹筒に入れたり、竹の葉にくるんだり…爽やかな香りが涼を運びます。茶筅や茶杓、敷き物や籠も竹製です。

There are various bamboo goods in Japan. Some jelly desserts are set in a bamboo cylinder or wrapped in bamboo leaves with fresh fragrance. The tea whisk, tea scoop, this place mat, this small basket, all of them are made of bamboo.




「福田平八郎 筍 pinterest」の画像検索結果

福田平八郎「筍」* Bamboo shoots by FUKUDA Heihachiro (pinterest)

筍がさらに伸びると… * Bamboo shoots grow and grow, taller than their parents …

a0332314_14311344.jpg

All Rights Reserved








[PR]



by snowdrop-nara | 2017-05-19 20:04 | | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://ramages3.exblog.jp/tb/23895137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2017-05-19 23:44
>ふかふかのうぶ毛の生えたおくるみの中で

息づく竹の子どもら

うぶげのおくるみ、、、こんな発想がすごく素敵で
自分ではとても思いつかない言葉です。
竹、、、好きです。 竹籠が特に好きです。
竹の似合う季節になりましたね。竹の箒も 日本人は 竹と仲良しですよね。外国では タケノコって 食べる習慣がないのでしょうね。
Commented by 1go1ex at 2017-05-20 13:05
こうして写真を拝見すると、竹ってつくづく美しい!
たけのこも生命力の感じられる美しさです。
そういえば、昨夜、夕食の後のデザートに竹の葉にくるんだ和菓子を食べました。
ご近所からハチクのたけのこをいただいたので、ゆでて、だし汁で炊いて、今、味を染み込ませています。
竹に感謝、です。

ニラの花って初めて見ました。
きれいな白ですね!

こちらのブログをリンクさせていただきたいのですが、
いかがでしょうか。
Commented by snowdrop-nara at 2017-05-20 20:51
pikoさん
たけのこの歌、おほめくださってありがとうございます。
ほんのりあったかい筍、本当に息をしているみたいでした。
お鍋のなかで細かい泡をぷくぷくっと吐いて、
まるで湯船に落っこちた赤ちゃんのようで。。。
(幼い日のsnowdropのことです)
だから、筍に教えてもらった歌なンです。
pikoさんも、シックな竹や籐の 籠や笊をお持ちですね。
外国では、筍は中華料理を通じて食べられているかもしれないけれど、筍って気づいているでしょうか?
和食のように筍が主役のお料理は少ないかもしれません…

Commented by snowdrop-nara at 2017-05-20 20:55
1go1exさん
竹って、まっすぐで、美しい植物ですね。
おまけに美味しくて、香りがよくて…
初めてアクを抜いてくれた先祖にも感謝したいです。
ハチクも独特の食感ですね。おだしの味を素直に伝えてくれます。

ニラの花じゃなくて、ハナニラでした。ごめんなさい。
ニラの花はすこし葱坊主に似ています。

拙ブログをリンクしてくださる由、ありがとうございます。
こちらでもリンクさせて頂くことにします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 1go1ex at 2017-05-21 17:12
追伸です。
1枚目の写真に写っている「垂仁の郷」というのは、奈良の地酒でしょうか。

お茶碗、おちょこ、お箸、箸置きともにきれいですね。
Commented by snowdrop-nara at 2017-05-21 20:52
1go1exさん、「垂仁の郷」は友人が仲間と一緒にお米を収穫し、こさえたお酒です。詳しくは「垂仁の郷」のHPをご覧ください。↓
http://www.kitora.com/jibun-pro2016.htm

もしうまくつながらなければ、拙記事「新春から立春へ」(2017年2月3日)をご覧ください。

貴ブログのリンク、お教えくださったURLでもうまくゆかなくて…なぜでしょう…
Commented by 1go1ex at 2017-05-22 15:32
「垂仁の郷」のこと、ホームページと
snowdropさんの過去記事と、両方を読ませていただきました。
たくさんの人たちが力を合わせ、
手間暇かけて造ったお酒なんですね。
とても興味深いです。
Commented by snowdrop-nara at 2017-05-22 20:36
1go1exさん、「垂仁の郷」に注目してくださって嬉しいです。
このお酒を分けてくれた友人の旦那様が日本酒好きで、酒蔵めぐりもしているそうです。
彼らのおかげで、写真のおちょこを、奈良町の「春鹿」で入手できました。利き酒をすると、好きな色のを一つ貰えるのです。
ガラスの箸枕は、大和文華館のミュージアムショップで扱っています。
美術館の所蔵している器の文様をガラスに焼きつけてあります。
Commented by snowyspring at 2017-06-09 10:40
こんにちは。
お加減はいかがでいらっしゃいますか?
メッセージをどうも有り難うございました。

筍もとても美味しそうで季節を思わせてくれます!が、わたしは添えられた木の芽が懐かしく嬉しいです。昔住んでいた家の庭に育てていてよく積んでは母のお料理に使われていました。

「オパキャマラド」ガフランス語というのはびっくりしました。わたしは、昔取った杵柄ですが、フランス語を少し勉強しました。

東儀さんの'Imagine' 魅力があって素敵だなと思い、見・聴きさせて頂きました。

竹の魅力がとてもよく伝わって素敵なブログをお持ちですね!

お招き、有り難いです。
フォローさせていただきましたので、どうぞよろしくお願いいたします。
どうかお大事になさって下さい。

Commented by nejibanadayori at 2017-06-10 16:28
今日は お体大丈夫ですか?田舎では時々マムシを草刈中に見ることはありますが、咬まれた話は余り聞きませんので、吃驚しました。血清とかで治療するのでしょうが、郡山の病院とか用意しているものなんですか? 早く治ります様に。
Commented by snowdrop-nara at 2017-06-11 17:28
snowyspringさん、フォローとコメント、ありがとうございます。
snowdropはフランス詩を原語で読みたくて、20代後半から数年だけ勉強しました。
トンビは祖母の田舎にたくさんいました。一度病室の窓にも。。。



Commented by snowdrop-nara at 2017-06-11 17:34
nejibanaさん、ありがとうございます。
お里でも、奈良歩きでも、お気をつけくださいね。
血清は病院によっては無いかも…
マムシ咬傷を診られる医師が出勤中の病院へ救急車で行くのがよいそうです。
Commented by snowdrop-nara at 2017-06-11 17:41
1go1exさん、ご訪問ありがとうございます。
貴ブログをフォローさせて頂きました。
Commented at 2017-06-22 21:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る

カテゴリ

最新のコメント

pikoさん、ありがとう..
by snowdrop-nara at 05:33
お互い 落ち着いたら ま..
by pikorin77jp at 22:53
1go1exさん、昨年の..
by snowdrop-nara at 05:50
nejibanaさん、お..
by snowdrop-nara at 05:30
七夕の鍵コメさま、気にか..
by snowdrop-nara at 05:25
鏑木清方って、いいですね..
by 1go1ex at 19:17
今日は 何時も美味しそう..
by nejibanadayori at 18:47
tanet25さん、姫百..
by snowdrop-nara at 05:42
涼しげに密やかに咲く姫百..
by tanet25 at 16:55
nejibanaさん、こ..
by snowdrop-nara at 13:32
今日は 笹百合、昔田舎..
by nejibanadayori at 13:12
snowyspringさ..
by snowdrop-momo at 06:32
snowdropさん。 ..
by snowyspring at 15:51
Snowyspringさ..
by snowdrop-nara at 06:58
umitosoraさん、..
by snowdrop-nara at 06:50
Pikoさんのお好きな紫..
by snowdrop-nara at 06:44
こんばんは。 紫陽..
by snowyspring at 20:53
こんにちは^^ お二つ..
by umitosora14 at 12:59
素敵な紫陽花の季節がやっ..
by pikorin77jp at 08:45
1go1exさん、ご訪問..
by snowdrop-nara at 17:41

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。