人気ブログランキング |

ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

旅した、踊った、祈った。下(peregrinari, ballavi, oravi4)

a0332314_05443415.jpg
白川の柏葉紫陽花(アジサイはこの1枚だけです)


一遍聖絵の展覧会は6月9日で終了しました。今日は父の日です。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』
図版は『国宝一遍聖絵と時宗の名宝』図録より複写(以下同)


a0332314_15425293.jpg















旅立つ一遍(15歳)(上)、見送る父(青衣の僧)(下) 円伊 画

a0332314_15441889.jpg


















 一遍聖絵は、上人の出自を語る詞書から始まります(下図)。

「一遍ひじりは俗姓は越智氏河野四郎通信が孫、同七郎通広(出家して如仏と号す)が子なり。延応元年(1239)己亥予州(伊予、現愛媛)にして誕生、十歳にして悲母にをくれて、始めて無上の理をさとり給ぬ」( )はsnowdropによる。

The emaki-scroll Biography of Priest Ippen starts with this narrative text telling about the birth and childhood of Ippen. He was born in Iyo in 1239 and lost his mother at the age of ten to realize the uncertainty of the life.


a0332314_08330155.jpg
聖戒筆、一遍上人聖絵詞書*narrative text written by Shokai


 一遍上人は十歳で母を喪い出家、十五で大宰府へ送られました。ご覧のように、旅立つ子も見送る父も僧形でございます。父は武人としての立身を断念して出家し、我が子を九州の高僧、聖達に託しました。聖達はあの法然上人の孫弟子です。
 この詞書、すなわち一遍上人の伝記を記したのは、わたくし 聖戒。上人の従弟でございます。上人はいつも私の手跡をほめてくださいました。のびやかで骨格正しい健やかな文字、強い文字(もんじ)であると。

 He became a priest and was sent to Dazaifu at the age of fifteen. You see, both the father and child are priests! (upper figs.) His father gave up the success in life as a warrior and entrusted his child to a disciple of Saint Honen's disciples.
 It is I, Shokai, a nephew of Ippen that wrote this narrative text. He always praised my handwriting, saying, " Relaxed and healthy, steady and strong handwriting " !

a0332314_08373466.jpg


 ここは四国の霊地、四十九院の岩屋です。上人はただ一人、宙空の岩窟にこもり、修行なさいました。長い長い梯子をかけて水を運んでいるのは、わたくし、聖戒でございますよ!

 Here we are at Iwaya in Iyo. Ippen is training on the top of a rock cave. It is I, Shokai that is bringing water to him climbing up a looooooooooong ladder!


a0332314_17525367.jpg


 じつは、わたくしは上人のすべての旅路を共にした訳ではございません。桜井で東と西へお別れしたときは、涙があふれました。
 …われらは師弟だ、臨終のときは必ずめぐり会おう……風に乗って届く上人の声。桜吹雪の向こうには、渺渺(びょうびょう)たる海が、旅人らを待ち構えておりました。


 To tell the truth, I did not share all his journey. When we separated at Sakurai, I could not help crying.
…We are master and pupil, we will meet again at my death bed…his voice was carried by the wind. Beyond a shower of falling cherry blossoms, the open sea was waiting for the travelers.


a0332314_09090781.jpg


 ここは上人が初めての賦算(念仏札の授与)を行った四天王寺極楽門(※)。その先には、海に面した石の鳥居が見えます。さすがは絵師 円伊、わたくしまで四天王寺の境内に居合わせたような気がいたします。

 Ippen gave his invocation charms to the people for the first time at Paradise Gate(※)of Shitenno-ji Temple. Torii-gate looks toward the sea. The skillful painter En'i brings me and you to the precincts of the temple without stirring !


a0332314_08232411.jpg


 そして、初めての踊念仏が行われた小田切の里…画面右上に、若木が植えられた土饅頭が見えますでしょう?これは一遍の叔父、河野通末の墓です。叔父は承久の乱の後、ここに配流され亡くなっていました。踊念仏は、一遍の親族(うから)のための鎮魂の祈りでもありました。
 のちの世の人には、超一の念仏踊りと出雲の阿国の歌舞伎踊りとを重ね、巫女の物狂いを見る向きもあるようですが…わたくしにはその辺りは分かりかねます。

 The first dancing Buddhist incantations was practiced at Odagiri where Ippen's uncle had been buried. The uncle was exiled there after Jōkyū War. The dancing Buddhist incantation was the requiem for Ippen's family.
 Do you find something common between Cho-ichi and Izumo no Okuni, dancing women? I don't know…



a0332314_09013851.jpg






















 奥州では、一遍の祖父通信の墓に参っています。このとき行われた薄(すすき)念仏が、平成の世まで伝わることになろうとは!(前回記事の末尾)
 一遍の祖父は伊予の豪族、越智氏の首領であり、源平の戦では源氏方として、瀬戸内海に河野水軍の勇名をはせました。しかし、承久の変で北条に反して朝廷側についたため、天皇方の敗北に伴い家領は滅び、一遍が生まれた頃はかろうじて断絶を免れている様子でした。
 上人の祈りは、まず肉親の鎮魂のために始まり、ついで家族、さらに民衆の救済へと広がっていったのでしょう。

 In Tohoku region, they visited the grave of Ippen's grandfather. He was a leader of a powerful family in Iyo which fought in the Inland Sea Seto as Kono's navy during the Genpei War. But he took the imperial court's side in Jōkyū War and shared the same fate with the defeated emperor.
 Ippen's prayer began for his family and then, for his wife and child, for the people, etc.
 

a0332314_13051345.jpg


 では、なぜ鰺坂の入道が時衆への加入を拒まれ、富士川で入水するに至ったのか?居合わせた訳ではありませんが…円伊の絵をとっくり眺めていると、だんだんに心の靄が晴れてゆく気がいたします。
 絵巻の右手にそびえる富士の山。その裾野はなだらかに広がり、靄をへて、富士川の流れへつながります。水中の入道が合掌する方角には、雲がはっきりと描かれています。紫雲です!阿弥陀仏の来迎雲です!

 Why was Monk Ajisaka not allowed to join Jishu sect and drowned himself in Fuji River? I do not know the details, but observing this illustration painted by Enni, I feel the fog in my mind is gradually clearing.
 The skirt of Mt. Fuji (right) spreads and leads to Fuji River through the fog. The monk in the water is joining his palms together toward a small cloud. It IS Amida Buddha's glowing cloud !
 

 ↓ たなびく雲が描かれ、「紫雲」の二文字が書き込まれている * glowing cloud
a0332314_13541604.jpg


 神のすまう富士の雪山と、仏の紫雲とが、入道の沈む富士川に、左右から寄り添っている。― 入道は「南無阿弥陀仏」を唱えつつ確かに成仏したのです。神と仏が居並ぶやまとの極楽浄土へ。
 はるか四天王寺のたたずまいが思い出されます。東から西へ、
極楽門(※)、石の鳥居、海とその彼方の極楽浄土が並んでいました。神の門、鳥居の先の浜辺から仏の浄土を目指し、帰らぬ舟旅へ漕ぎ出した僧たちが、昔からいたと聞きます。

 Fuji River is between a holy mountain of Japanese deities and a glowing cloud of Amida Buddha ! The monk must have gone to Paradise while repeating Namu-Amida-Butsu.
 Do you remember the precincts of Shitenno-ji Temple, where some prayers went to Paradise beyond the sea from Paradise Gate(※) of Amida Buddha via Torii of deities.
 

 ↓ かつて四天王寺の石の鳥居の先には海が広がっていた*There used to be the sea.

a0332314_06522130.jpg


 時は流れて ― わたくしは桜井での別れの誓い通り、上人の最期の日々に立ち会いました。上人の最後の言葉を書き取り、ご臨終を見届けました。どうです、この場面。老若男女が集って嘆き悲しみ、まるで仏涅槃図ではありませんか!
 じじつ、円伊は当初、お釈迦様のように頭を北に向け、右脇を下にして横臥する上人を描いていたようです。のちに今の姿に描き直されましたが…あるいは、上人の霊が絵師の夢枕に立って、諭したのかもしれませんな。

 After many years, I attended the last days of Ippen as we had promised at Sakurai. I wrote down his last words and watched him die like the below illustration. Look ! He is like a reclining Buddha surrounded by lamenting people !

a0332314_09465067.jpg


 わたくしたちは、上人のご最期だけではなく、後を追って海に身を投げた時衆と結縁の者らの姿も絵巻のなかに留めました。上人は涙ながらに仰いましたものを。
…私が死んでから後、身を投げるものがあるだろう。一度信心してしまえばどうなってもよいと思うだろうが、そのような我執をもっていてはいけない。めったに受けられない仏道の人身をむなしく捨てるとは、あさましいことだ…


 We recorded not only his death but also that of seven persons who died themselves following their master's example, though the master had said in tears…some would kill himself after my death, throwing the precious human's body in vain is too thoughtless…


a0332314_10215392.jpg


 なぜ、かくも見事な絹本絵巻が、一遍上人没後わずか十年でつくられたのか?それは、上人が南無阿弥陀仏の名号しか残さなかったからです。経典も何も焼き捨ててしまい、「南無阿弥陀仏になりはて」てしまわれたからです。
 わたくしたちは、上人の教えが、記憶が、時の流れとともに薄れてしまう前に、ありありとそれを記し、描き留めておきたかった。― 上人のお声は、お姿は、読者の皆様のもとへ届きましたでしょうか。そして、上人を慕い死んでいった者たちの姿もまた。


 Why were such wonderful silk emaki scrolls produced only ten years after Ippen's death? Because he left nothing but chanting Buddha's name, Namu-Amida-Butsu. Because he burned everything including his sutras and he himself became Namu-Amida-Butsu !
 We WANTED to record his words and figure vividly before his teachings and memories would become faint as time went by. ― Did his voice and figures reach your mind ? Did those who followed Ippen and died also?


a0332314_11083401.jpg


色黒き比丘の面ざし 愛らしき雀のつばさ 七百年(ななももとせ) 越ゆ

black face of the priest
wings of small spallows
both of them
have gone across seven hundred years
through the faithful paintbrush


a0332314_11334021.jpg


鳥追ひの布がはためく二色(ふたいろ)の田畑すなはち二河白道なり

二河白道(にがびゃくどう):浄土へは炎(怒り)大水(貪愛)の間の白い細道(念仏)が通じている

a0332314_11254315.jpg

一遍が二河白道図を掛け修行していた窪寺を囲む田畑

参考*二河白道図(この作品は出陳されていません)

a0332314_11470826.jpg



うつし世はつらく悲しきものなれど雀はばたき白鳥いこふ

this world
is hard and painful
but
a spallow flaps wings and
a swan relaxes on the water


a0332314_10223865.jpg
雪原の雀*spallows

三嶋大社の白鳥*swans

a0332314_10245461.jpg


(All Rights Reserved)



















# by snowdrop-nara | 2019-06-16 05:50 | | Comments(0)

旅した、踊った、祈った。中(peregrinari, ballavi, oravi3)

a0332314_18281610.jpg
京都国立博物館*Kyoto National Museum

「国宝一遍聖絵と時宗の名宝」展(京都国立博物館)は6月9日(日)まで。
この歌物語はsnowdropによるフィクションです。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』

a0332314_17240533.jpg
満月に阿弥陀仏をイメージした山越阿弥陀図(出品されていません)


 一遍はくりかえし私たちに語った。「南無阿弥陀仏」を唱えさえすれば救われる。立派な僧侶のように、太陽や月に仏の姿を観想することができなくてもいい。いや、観想のような自力は余計だ。他力本願!ただ一心に「南無阿弥陀仏」を唱える、これほど純粋な祈りがあろうか…


  Ippen taught us again and again that only praying "Namu-Amida-Butsu" saves us. You need not contemplate Amida-Butsu (Amitabha Buddha) through the sun or the moon. Rather, the ability to imagine Buddha is unnecessary for us. We need only the salvation by faith, the purest prayer, "Namu-Amida-Butsu"!


a0332314_11325911.jpg
山伏姿の熊野権現から神託を受ける(左)←人々に念仏札を配る(右)


 貧しい人も、病める人も、男子に変成しなくては成仏できぬとされた女人すらも、「南無阿弥陀仏」の名号で救われる。旅先で出会う貧しい人、病める人、女人はみんな、一遍の手渡す念仏札を受け取った(上図右)。受け取ることを拒む人にも、強引に手渡した。熊野で「信、不信をえらばず、浄、不浄をきらはず、その札をくばるべし」という夢のお告げを聞いてから、彼の信念はますます固まった(上図左)。

 The poor and sick, even the women can be saved by the name of Amitabha Buddha. All the poor, sick, and women accepted an invocation charm handed by Ippen (upper right). He handed it forcibly to those who refused to receive it also. An oracle from a deity of Kumano Shrine encouraged him to hand it to both the believers and unbelievers without discriminating between what is fair and what is foul (upper left).


a0332314_11094168.jpg


 備前では、吉備津宮の神主の子息の妻が、夫の留守にあっさりと出家してしまった。帰宅した夫は怒り狂い、おっとり刀で福岡の市まで追って来た。あれって、神剣?じゃないわよね。でも、一遍が声をかけるや、刀を捨て自らも出家してしまった。
 夫の心境は、生身の一遍を知る者ならわかるはず。一遍の瞳には、曇りがない。嘘がない。欲がない。よき出家者たらんとする欲すらなかった。ただ、「南無阿弥陀仏」を唱えることだけを考え、説いた。その姿は、平安の昔の空也上人の甦りとも見えた。その声は、阿弥陀仏の慈しみと強さを表していた。
 「南無阿弥陀仏」と唱えることを、口称念仏という。じつは一遍と時衆は、初めから踊念仏を行っていたわけではない。

 A wife of a Shinto priest in Bizen became a nun in her husband's absence. The husband got furious and chased Ippen with a sword to Fukuoka. But when Ippen spoke to him, he abandoned his sword and he also became a monk. 
 Those who knew Ippen must have understood this husband. Ippen's eyes were pure, without the lie and desire. He thought of only chanting the name of Amitabha Buddha. He looked like Priest Kuya in the Heian period. His voice was full of the mercy and strength of Amitabha Buddha.
 Repeating "Namu-Amida-Butsu" is the invocation of Amitabha Buddha. In fact, Ippen and his disciples had not practiced dancing Buddhist incantations from the beginning.



a0332314_08232411.jpg
縁側で鉦を叩く一遍(左) 踊る超一(中央)


 小田切里の館で、踊り始めたのは、この私だ。尼僧、超一だ。
 あの人の、周りの人々の念仏きが私の体を突き動かした。私の喉はいつもより一回り高い念仏を発し、それは周りの人々の念仏を突き抜けて、奇鳥のさえずりのように響き渡った。
 縁側に棒立ちになった彼は、私の念仏に合わせて、ありあわせの鉢を叩き出した。両目は唖然と見開かれていた。彼の眼と、彼の鉢の音と、彼の念仏だけが私の前に在った。
 
 It was ME, CHO-ICHI that began dancing at Odagiri.
 His and their chanting propelled my body. My chanting voice changed the tone one octave higher than usual like the twitter of a strange bird. He stared at me without stopping chanting and began beating a bowl. Only his eyes, his beats and his chanting existed for me.

a0332314_11083401.jpg

 私の両足は土を踏みしめ、仔馬のように跳ね上がった。旅に疲れ、鉛のように重かった足が、軽々と拍子をとる。両手が宙をつかむ。やがて周りの人々も踊りだす。人々の体の熱が、律動が、念仏が一つに溶け合い、われらは一つの祈念(おもい)の塊となる。
 一つになったのは、生者だけではなかった。私は己の胸に、喉(のんど)に、指先に、足裏(あなうら)に、死者の息吹を味わっていた。険しい山道で、盗賊に襲われた野宿の原で、死んでいった尼たち。女子供を守ろうとして賊の刃に倒れた僧たち。彼らの、彼女らの魂を鎮めるために、われらは踊った。着物の裾をはだけ、足を露わにして。

 My feet were treading on the soil and jumped up like a pony's legs. My heavy legs as lead were beating time lightly and my arms grabbed the air. Soon others joined us. Our body heat, rhythm, and chanting melted together to become one cluster of the prayer.
 It was not only the living but also the dead that became one. I felt the dead's breath in my chest, in my throat, on my fingertips, and on the soles of my feet. The nuns who had died on a steep mountain path or on the field where a band of robbers had attacked. The monks who had tried to protect the women and children and been killed by robbers. In order to console their spirits, we danced agitatedly exposing our legs.


a0332314_13214149.jpg
雪原をゆく一遍の一行

 魂鎮めの舞いは、猥雑な喜悦と、聖なる浄福に満ちていた。われらもいつか旅立つだろう。死者の群れの中へ、南無阿弥陀仏を唱えながら。踊るわれらもまた、己が荒ぶる魂を鎮められていた。踊ることは祈ること、救われること。ここで生と死はきれいに重なる。
(このときの私には思いもよらなかった。鰺坂という名の入道や、仲間の僧らが、極楽往生を願って自死することになろうとは ― )

 The dance for consoling the spirits was full of the vulgar joy and sacred bliss. We would leave this world into the crowd of the dead while chanting "Namu-Amida-Butsu". We also were being consoled by chanting and dancing. Dancing equals to praying and being saved. Here the life and death overlap perfectly.
(At that time I could not imagine that my colleague priests or Monk Ajisaka would kill himself in order to go to Paradise ! )
 


a0332314_13051345.jpg
こののち、旅先で出会った入道が富士川へ身投げする場面が出てくる


 南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。額に噴き出る汗を、両目にあふれる涙を、踊りの旋回で生じた風が乾かす。甦った視界のなかで、あの人が、鉢を叩きながら頷いている。
 「はねばはねよ をどらばをどれ…」― 誰の声? 彼はひたすら念仏を唱えているのに。
「…はるこま(春駒)の のり(法)のみちをば しる人ぞしる
 踊念仏とは、阿弥陀仏と
つになることなのか。目の前のこの男をえて。個人の愛憎をえて。わが名「超一」とは、つまりは、そういうことなのか? 智真一遍よ、教えてください。
(snowdrop注*太文字は一遍による和歌)

 Namu-Amida-Butsu, Namu-Amida-Butsu! The sweats on my forehead and the tears in my eyes were dried by the wind generated by whirling. I saw him, Ippen nodding while beating a bowl.
" If you wanna jump, jump! If you wanna dance, dance ! "
 Whose voice? He is only repeating "Namu Amida Butsu."
" A connoisseur would know the teachings of Buddhism through a dancing spring pony or cockhorse "
 Is this Amidha Buddha's voice ? Tell me, you, Chishin Ippen-sama !

(A tanka shown in bold was composed by Ippen, translated by snowdrop.)



a0332314_10394235.jpg

















「ねえ、そいじゃ、あたしの名前は??」↑(超二のツッコミ)





現代に伝わる「すすき念仏」

snowdropのもつイメージはこちらに近いかも…

Guillem comme Mirror Lion (鏡獅子) of Kabuki-dance!




 あと一回、続きます…

(To be continued)

(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-06-08 07:15 | | Comments(0)

旅した、踊った、祈った。上(peregrinari, ballavi, oravi2)

鎌倉時代のわんこ(一遍聖絵)(『縁起絵と似絵』講談社より)

a0332314_17350058.jpg

「日曜美術館」では語られることのない一遍聖絵のものがたり。
この歌物語はsnowdropによるフィクションです。犬はもう出てきません。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』

This article is snowdrop's fiction based on Priest Ippen by KURITA Isamu

a0332314_10031683.jpg
『国宝一遍聖絵と時宗の名宝』(京都国立博物館)より(以下同)


 色の黒い男だった。広い額、太い眉、くぼんだ眼窩。高い頬骨、長い顎、分厚い唇。骨太な体躯、引き締まった脚。まるで猛禽!けれども、その尖った頭頂部が、炯炯ときらめく瞳が、聖なる精神をあらわしていた。
 か弱き女はみな、この男に心奪われた。貧しき民はみな、この男を慕った。智真一遍。のちの世に一遍上人として知られる男。踊念仏の真ん中にあって、歯を食いしばるように、何かに耐えるように鉦を叩く男。僧たちが踏み轟かす床板の下をご覧。やせ衰えた乞食や、貧しき童が群れている。踊りの音声に、振動に、自らの体をゆだねるかのように。

 He had dark skin. He was high‐ browed and lantern-jawed, with thick eyebrows, with high cheekbones, with thick lips. He was a large-boned man with sturdy legs. Like a bird of prey ! But his brilliant sharp eyes expressed his sacred spirit.
 All the women were fascinated by him. All the poor people followed him. Chishin Ippen. He was to be known Priest Ippen later. He is dancing in the middle of the building with a gong. Under the floor, poor children and bony beggars are seen. Are they listening to the prayer and gong's rhythm ?


a0332314_17525367.jpg


 この場面から、年月はさかのぼる。桜咲き散る田園のなかを歩む旅人たち。先頭が一遍、続く尼僧は超一、超二。荷物を背負う念仏坊。四人と別れ、振り返って見送っているのは聖戒。一遍の肉親にして弟子、そして一遍聖絵の詞書を達筆で綴った僧。
 一遍の腰はまだまっすぐに伸びている。私たちは匂うように若かった。
 そろそろ名乗ることにしようか。われこそは超一。一遍を愛し抜いた尼僧。一遍と私の間に守られて歩むのは、われらが愛娘、超二。
 僧が妻子を伴って遊行の旅?むろん一遍自身がためらった。けれども、私の一言が彼の背を押した。
「私だって、この子だって、救われたいのです!」

 Many years before the above scene. The traveling monks are walking in the countryside. Priest Ippen is at the head and two nuns follow him. A monk carries a luggage. Another monk sees them off, whose name is Shokai, who is said to be a nephew of Ippen and wrote the text of this emaki-scroll, Illustrated Biography of the Priest Ippen.
 I am Cho- ichi, a nun who loved Ippen. Our daughter is Cho-ni, a little nun.
 A priest traveling with his wife and daughter? Impossible! But he made up his mind by my words ― "I also, she also want to be saved! "


a0332314_10394235.jpg


 女子供の足にとって、決して楽な旅ではなかったけれど、心はいつも安らいでいた。この人と共に歩める、それ自体が喜びだった。たとえ崖っぷちで宗論が始まろうと、案ずることはない。私は娘の背中をしっかり支えながら、彼の声を聴き、風を聴き、山の木々の匂いに包まれていた…
 なぜあんなに無心で、一途でいられたのだろうか、あんな時代に。鎌倉の都は遠かった。地方の庶民など、支配階級の眼中になかった。われらが伊予国も、旅した国々も、貧しい人々、病んだ人々があふれ返っていた。
 海の向うから蒙古がまたも攻めてくるという噂は、民の耳にも切れ切れに届いてくる。不安と苦しみに満ちた時代。自分たちさえ無事なら、と人々はそれぞれ身内だけで固まり、息を殺していた。

 It was a hard travel for two nuns but I always had a peaceful mind. Walking with Ippen itself was a great pleasure. Even when a religious debate began, I did not worry and listened to his voice, heard the wind, and smelled the mountain trees while supporting on the back of our daughter.
 Why could I be in a state of nonattachment in that period? The capital was far at Kamakura, and the ruling class thought about the warriors only. We were from Iyo (Ehime prefecture) where there were many poor and sick people like other regions. There was even a rumor of the Mongol Invasion. Every family was isolated hoping their own safety only.


a0332314_10420662.jpg
NHK「日曜美術館」より


 あの人は違った。自分さえ、自分の家族さえ救われれば、とは考えなかった。貧しき人々、病める人々がどうすれば救われるのか悩んだ。そして、バラバラになった社会をつなぐものは念仏しかない、という信念に至った。
 飯を食らう乞食(かったい)や横臥する病人にも、あたたかな眼差しを注いだ。だから、人々に慕われた。女人もありのままで救われるべきだと説いた。だから、彼の周りには多くの尼僧が集まってきた。それぞれに、淡い恋心を抱いてなかったと誰が言えよう?
 一遍は伊予の武家に生まれ、十やそこらで出家し、はるか大宰府へ送られた。父の死で帰郷、還俗するも、俗世を厭うて再び出家を志した。物欲にからむ争い、女性をめぐる愛憎のもつれから、切羽つまって遊行の旅に出たとも言われるけれど…この件については、私は何も言いますまい。

 Ippen always sought for the salvation of all the people including the poor and sick. It seemed for him that chanting the name of Buddha connects the separated people.
 He sympathized with a beggar eating a meal and lying lepers. He maintained that the women also should be saved. That's why the people and women gathered around him.
 Ippen was from a warrior family in Iyo, became a priest at the age of ten and left home. When his father died, he returned to secular life in Iyo, but left home again.
 Were there money or woman problems? No comment !


a0332314_13051345.jpg
富士川は急流のため、橋の代わりに浮舟を連ねて固定し、その上に板を並べている


 一遍を最も悲しませたのは、救いを求めて自ら死を選ぶ者達だったかもしれない。この絵巻で最も雄大な風景の一つ、富士の裾野に、目を疑うような光景が描かれている。一人の入道が富士川に身を沈め、合掌している!彼は時衆に入ることを願ったが叶わず、極楽往生を求め入水自殺したのだ。
 当時の仏教で、殉教行為は珍しいことではなかった。平安の昔から、僧たちは補陀落渡海にあこがれ、入水を企てることがあった。時衆のなかでも、ことあるごとに、入水を決行する者が後を絶たなかった。
 この話になると、あの人は太い眉をひそめ、呻くように呟いたものだった。…南無阿弥陀仏と唱えれば、ありのままで、すでに救われているものを…

 There were suicides among the priests around him. In one of the most dynamic landscapes in this scroll, in the skirts of Mt. Fuji, you see an incredible scene. A monk is killing himself in Fuji River while folding his hands !
 Since the Heian period, the martyrdom of the priest was not unusual. The priest sometimes tried to go to Paradise through the suicide by drowning. Not a few priests around Ippen killed themselves at every opportunity. When it came to this subject, he always moaned.
…If only one prays “Namu Amida-butsu,” he or she has already been saved !…


a0332314_13541604.jpg

富士川(左)と富士山(右)* Fuji River and Mt. Fuji


イヨ・ファーストとわれら決して叫ぶまじこの世すべてが救はるるべし

We will never cry," Japan first ! " All the people should be saved !


a0332314_18511027.jpg

おまけ*白川(Shira-kawa)


(All Rights Reserved)











# by snowdrop-nara | 2019-05-31 18:06 | | Comments(5)

旅した、踊った、祈った。プロローグ(peregrinari, ballavi, oravi1)

a0332314_22005902.jpg












(2016年4月)


a0332314_17525367.jpg


京都国立博物館で全巻展示中の「一遍聖絵」(展示替えあり)。旅立つ一遍と同行三人、そして彼らをふり返り、見送る僧が一人。旅立ちと別れに呼応するかのように、咲きほこる桜と散る桜。かくも人の心に寄り添う桜の絵は稀有ではなかろうか。(図版は展覧会図録より)

Illustrated Biography of the Priest Ippen, all the handscrolls are now exhibited in Kyoto National Museum. I like this scene where Ippen and three companions start a journey leaving one priest who turns back and sees them off. The cherry trees are in bloom and scattering petals, which harmonizes their departure and and separation.


a0332314_06522130.jpg
四天王寺の鳥居の左手に海が広がる(

Torii-gate of Shitenno-ji Temple and the sea (ca. 1299)


a0332314_14500122.jpg

四天王寺極楽門と石の鳥居。いまは海ではなく町が見える(2019年彼岸入)

Torii-gate of Shitenno-ji Temple and the town (2019)


一遍の旅絵巻を眺めれば、人それぞれに心惹かれる風景が必ず見つかる。たとえば、今年訪ねたばかりの四天王寺。昔は鳥居の外に海が広がっていたのだ。こんなふうに…  

When you see this scroll, you will find the landscapes in your memory in Japan. For example, Shitenno-ji Temple that I introduced you in March this year. The temple used to face the sea.  


a0332314_07372657.jpg
a0332314_09132204.jpg
厳島神社 (2011年5月)

 
たとえば、八年前に旅した厳島神社。今も昔も、人々は小舟に乗って海上の鳥居をめぐる。潮が引けば、歩いて行くこともできるけれど。一遍は各地の寺社を旅した。

For example, Itsukushima Shrine that I visited eight years ago. The famous "floating gate" has not changed since the Heian period.


a0332314_06245643.jpg


 一遍といえば、踊り念仏。一遍は四国出身である。思い出されるのは、「平成狸合戦ぽんぽこ」の四国の狸たちが、人間との戦いに敗れ、踊り念仏を始めたこと。たしか鉦を打ち鳴らしながら、こう歌っていた…
「この世は船ぢゃ、泥船ぢゃ~。念仏唱えてみな踊れ~。蓮(はちす)のうてなを夢に見よ~。南無阿弥陀仏、御陀仏ぢゃ~」
 下図の狸三尊は神仏混交の世界観をよく表している。

Priest Ippen is known by his chanting Amitabha's name while dancing. He was from Shikoku region (smallest of the four main islands of Japan) . In an animated comedy-drama fantasy film Pom Poko directed by Isao Takahata (the director of The Tale of the Princess Kaguya), the raccoon dogs from Shikoku region were beaten by the human beings and began chanting Amitabha's name while dancing! Does it symbolize the traditional Shinto was absorbed in the emergent Buddhism?


a0332314_06294763.jpg
Moe(1994年)より


アイドルのライブが念佛講ならばポケモンGOは聖地巡礼


スタジオジブリのアニメ映画には、日本美術史の名品を踏まえた表現が散見される。たとえば、狸たちが妖怪に化けて人間に抵抗する場面。室町の「百鬼夜行絵巻」が平成の屋台の上によみがえった!

Studio Ghibli’s animation films are often based on Japanese art history. For example, the below hundred demons are originally seen on an emaki-scroll in the Muromachi period (16 c.) .


a0332314_06311201.jpg
Moe(1994年)より
a0332314_06330274.jpg
「百鬼夜行絵巻」(真珠庵蔵、室町時代)『大妖怪展』(2016年)図録より
Night Parade of a Hundred Demons painted in the Muromachi period


「一遍聖絵」もまた、ジブリアニメのように自然の美しさを、人間の営みを、この世の森羅万象を生き生きと描き出す。その魅力は、一回のブログ記事ではとても紹介しきれない。展覧会が終わるまでの間(~6月9日)、気ままに物語るとしようか。渡り鳥の群れに導かれるままに…

Illustrated Biography of the Priest Ippen depicts also beautiful landscapes and human activities (even beggars taking a meal and priests commiting suicide !) . Look, migratory birds over the rice and wheat fields are guiding our appreciation of these scrolls…


a0332314_06382401.jpg


(To be continued)

(All Rights Reserved)











# by snowdrop-nara | 2019-05-25 05:55 | | Comments(5)

わたしは、奈良派。(Fête de Fleurs de Cerisier en Nara)

a0332314_14380155.jpg




あのひとに みせて あげたい 桜花

ワタシモ ゲンキニ ココニ ヲリマス



voici des fleurs de cerisier et colza que je te veux montrer,
voici snowdrop, en bonne santé!




a0332314_14384112.jpg
d0135226_20121925.png
藤原宮跡 🌸 醍醐池付近






春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019











# by snowdrop-nara | 2019-05-18 15:33 | | Comments(6)

わたしは、奈良派。プロローグ(prologue of our festival)

お一人さま吟行の手帖から(四月)

a0332314_09003120.jpg



藤原宮めざしあゆめばどの丘もみささぎめきて

思ほゆるかも

(みささぎ=陵=古墳)


walking toward Remains of Fujiwara-kyo Palace,

every hill looks like a tumulus.


a0332314_09023088.jpg


花咲き若葉ひらく春の山のさまを「山咲(わら)ふ」といいます。 *^^*


咲ふ山愛でつつ行けば二上の山影あをく

見え初むるなり


(わらう やま めでつつ ゆけば ふたかみの やまかげ 

あおく みえそむるなり)


a0332314_09075912.jpg



さくら花ほほべにとして畝傍山

(をのこ)の山をふたり誘ふや


(参考)
高山波 雲根火雄男志等 耳梨与  相諍競伎  神代従  如此尓有良之  古昔母  然尓有許曽  虚蝉毛  嬬乎  相挌良思吉   
中大兄皇子


香具山は 畝傍を惜しと 耳梨と 相争ひき 神代より かくにあるらし
古(いにしへ)も 然(しか)にあれこそ うつせみも 妻を 争ふらしき 萬葉集巻一13 

香久山は畝傍を取られるのが惜しいと、耳梨山と争いあった。
神代から、このようであるらしい。
昔もそうだったからこそ、今の世の人も、妻を奪いあって争うらしい。
― 『萬葉集一 岩波新古典文学大系』



a0332314_09114391.jpg



ひさかたの天の香久山うすくして

まぶたふせたる(をみな)ともみゆ


Heavenly Kagu Hill is flat and looks like a lady with lowered eyes (though is compared to a man in Manyo'-shu)


a0332314_09111826.jpg



耳成の山をめあてに宮びとは

()(ほそ)はしらの(あひ)を過ぎけむ


looking up Mt. Miminashi,did courtiers of Fujiwara-kyo walk among red columns of the palace ?



a0332314_09215154.jpg


 
吟行帖うたで満つれば詠草は万年筆で原稿用紙に

maintenant mon premier carnet de tanka est rempli de tanka, je les écris sur unpapier quadrillé avec un stylo



a0332314_17264700.jpg

  吟行帖も新調しました。↑
 

  今回は、プロローグ。本番は10日後、5月18日です 🌸


d0135226_09562637.jpg









  
 (All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-05-08 06:54 | | Comments(8)

バーチャル能「令和」(Virtual Noh REIWA)

f0374041_21325800.jpg
香雪桜(香雪美術館)🌸 染井吉野の変種

 この春はいつまでも肌寒いですね。冷たい雨も降り始めました。
 平成末の宵、snowdropオリジナルの半能(ハーフサイズのお能)をどうぞ。ブログというバーチャル(仮想)空間の演能、想像の翼をひろげてください。
 装束の草木染は、ブロ友のぴこさんから着想をいただきました。

詞章 snowdrop(composer) 
装束 piko-san(costume-designer)
  
場景 平成三十一年四月の夕から夜、香雪桜の木の下
シテ 飛梅の精(紅と白の天平装束、白梅染の領巾をまとう)
ツレ 胡蝶の精(山桜染の長絹、胡蝶のついた天冠をかむる)


a0332314_07142462.jpg

山桜染のストール 🌸 ぴこさんからお写真をお借りしています
plant dyeing and photo by piko-san

領巾(ひれ)とは、万葉装束のストールのことです。飛天はこれで空を飛びます。ここでは飛梅の精の装束に用いましょう。こんな感じで… ↓^^

a0332314_20112824.jpg
領巾をつけた万葉人(馬場あき子「額田王」『能の新世紀』より)

あらすじ

 花冷えの香雪美術館の閉館後、桜の木の下で胡蝶の精が休もうとしている。胡蝶は桜の美しさを称えつつ、早春の梅の香りを知らぬ無念を独り言つ。
 胡蝶の夢のなかに梅の精が現れ、自らについて語る。彼女は天平末に渡来し、平安時代に菅原道真を追って、京の庭から大宰府天満宮まで天翔けた飛梅だった。海上の長旅に色も香も失われてしまった。

a0332314_16363359.jpg
能「胡蝶」(google search)


 飛梅は一途な愛を説き、過去の花にあこがれる浮薄さを戒める。早春の寒さがいかにつらいか春たけなわの暖かさがいかに貴いか**を語り、花粉を運ぶことで和やかな季節を栄えさせるよう諭す。また、道真や万葉人の梅への愛が漢詩文に学んだものであることを明らかにする。昭和の戦争**平成の平和
 飛梅は道真を偲んで領巾をひるがえし舞い、胡蝶もともに舞う。(相舞)
 朝寒に胡蝶が目覚めると、飛梅は領巾雲のように消えていた。やがて日がのぼり、香雪桜が雪のように輝いた。


f0374041_16325522.jpg
主菓子「夜桜」(菓匠館 福寿堂秀信) 🌸 ブルーアワーのイメージで
守田蔵氏の撥鏤(ばちる)の菓子切り



synopsis

 Here is a half-Noh play in literary style in the virtual-space. Reiwa (令和) is Japanese new era name based on Man'yo-shu. Rei(令)means both "good" and "order". Wa(和)means both "peace " and "harmony".
 This half-Noh is my prayer for the peace of the new era. The spirit of the flying plum tree of Sugawara no Michizane remonstrates against the spirit of the butterfly who misses the plum blossoms in the past
(analogy of Showa:昭和 period) . Early spring is a hard season (because of the war) and the butterfly should treat with care the warmth of the late spring (today:平成's peace). In fact, the liking for the plum blossom is Chinese-origin, because both the poets of Man'yo-shu and Michizane learned Chinese literature. This play ends with the pas de deux of the plum tree and butterfly.


a0332314_15201874.jpg


地謡 花冷えの香雪桜の夕まぐれ。花を星かと仰ぎつつ草の褥(しとね)に蝶はまどろむ。

胡蝶
 これは香雪美術館に生れし胡蝶にて候。われ雪白の桜と契りを結ぶ虫なれば、梅の香を知らず。味気なきことなり。せめて夢の中なりと梅の香れば嬉しからまし。
飛梅 なふなふ、夢みる胡蝶よ。われこそは そなたの恋ふる梅の木なり。
胡蝶 あら嬉しや。早速に梅の香を聞かせてたもれ。
飛梅 いな、われは既に香らず。
地謡 天平より平安の代に移るころ、唐(から)より運ばれたるころは、紅匂ふ花でありしを。
くれなゐの匂ふをとめの丈にあまる唐スタイルの梅染めの領巾 snowdrop



f0374041_16191462.jpg
北野天満宮の紅和魂梅(飛梅)(2016年)


地謡 なつかしき道真公の京の庭。遣り水流るる京の庭。紅深きわが身をば、幼きころの菅公は、頬紅にせんと愛しみき。左大臣の讒言で、福岡大宰府へ旅立つ日、東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな と歌ひたまひぬ。

飛梅
 道真公に会ひたさに、幹をよぢりて根を引き抜き、領巾(ひれ)雲たなびく空へ飛び、青海の上(へ)を天翔ければ、紅は風に晒されて、白き梅花となりにけり。もとより香りは失せ果てぬ。梅の香りは失ひぬ。[紅の装束を脱ぎ、白の装束になる]


a0332314_14451604.jpg
狩野山雪の描いた白梅(江戸時代)


胡蝶 あはれなるかな、梅の香なき白梅となりたまひしか。
飛梅 悔いはなし。目の前の一つ愛のためなれば。
胡蝶 われの恋ふるは過ぎし日の花。いまだ見ぬ花。
飛梅 痴(をこ)なるかな、そなたは如月の寒さを知らず。


f0374041_20202263.jpg
雪の朝(2016年2月)


地謡 夜寒と戦ふ厳しさを、蜜の乏しきひもじさを、過去の重さを学ぶべし。過ぎし代は月のごと思ほゆるもの。見知らぬ代なら猶さらに。
道真公よりはるか昔、万葉の代に大伴旅人はおなじ大宰府の地でかく歌ひき。

飛梅 わが園に梅の花散るひさかたの天(あめ)より雪の流れ来るかも 
胡蝶 雪とまがふ白き梅の花びらの香りのふふむ憂ひをおもふ snowdrop


f0374041_21134730.jpg
大宰府天満宮の白梅は未見ですので、北野天満宮の白梅を…


地謡 弥生卯月皐月のぬくみのありがたさ。花は花粉を蓄へて胡蝶の運ぶを待ちわびる。
飛梅
 春の平を守るのは、そなたの仕事ぞ。
胡蝶 かたじけなや
飛梅 心せよ、道真公も万葉人も、梅や桃を愛づる心を 漢詩文より学びたり。
胡蝶 されば、梅の香に憧れることは
飛梅 秋津島の外にひろがる遥かなる世界に心をいたすこと。

a0332314_11153760.jpg
池大雅「蘭亭曲水図屏風」より桃花の宴(『池大雅』京都国立博物館)
(Gathering at the Orchid Pavilion by Taiga, detail)


地謡 秋津島はちさき蜻蛉(とんぼ)の形して、海の彼方に憧れる。倭は漢と朝鮮に学びつつ国を築きたり。青き瞳、高き鼻の胡人の国にも学びたり。

chorus: Japan, a small island in the shape of a dragonfly, has learned from foreign countries since the ancient times. From China, Korea, and recently from Europe…


a0332314_15530440.jpg


















守田蔵氏の撥鏤の菓子切りに彫られた秋津(とんぼ)
重陽や桃の節句も、日本が中国から学んだものです


飛梅 おもしろや。そなたの名前の「胡蝶」にも「胡」(遠つ国)のひと文字の見ゆるかな。
胡蝶 秋津(とんぼ)にあやかり われもまた
地謡 今ある世界を愛しぬかん。海の向うの国と結びつつ。
胡蝶 鋼青の海の彼方を慕ひつつてふてふは舞ふ卯月の風に snowdrop


a0332314_20565413.jpg
大和文華館(2016年)


飛梅 菅公(道真)は遣唐使船を廃止せり。人々が海の藻屑と消ゆるを惜しみて。
地謡 優しき男(をのこ)は客死して 無念の鬼と化したるも、飛梅の愛に覚醒し 遂に天神となりにけり。
飛梅 天神(道真)は白き梅をかなしめり。大海原の長旅に失はれたる香をば惜しみて。


a0332314_10191453.jpg
領巾(ひれ)を振る万葉人(松浦佐用姫)


地謡 色香は失せても 愛は残りぬ。恋しき人へ振る絹の領巾(ひれ)。黄金(こがね)の色の雌蕊と雄蕊。
胡蝶 いざいざ、花粉(はなのこ)を運びたてまつらん
飛梅 しからば共に。
胡蝶 朝まで舞はん。(相舞=二人で舞う)


a0332314_17355248.jpg


地謡
 梅に蝶、梅に胡蝶の乱れ舞ひ。朝明(あさけ)の光のほのぼのと 東の空を染むるとき、大気は冷たくなりまさる。翼を震はし目覚むれば、梅花は領巾の雲と消え、香雪桜のしらじらと 雪のごとくに耀(かがよ)ひぬ。香りをもたぬ雪白の桜ばかりが耀ひぬ。


f0374041_21402640.jpg


君しるや香りをもたぬ桜花の枝の秘めたる甘き匂ひを

tu sais?
le branchage du cerisier
contient
un parfum doux
de sakura-mochi 🌸



a0332314_18320402.jpg

ぴこさんによれば、山桜の枝を煮出すと桜餅の匂いがするそうです

西の「道明寺」(上)/ 東の「長命寺」(下)🌸 どちらがお好き?
(2016年撮影)

ぴこさんの草木染のストールは このお店にあるそうです。 → 🍁

おまけ*北野天満宮の展覧会(京都文化博物館)より(会期終了)
(撮影許可を頂いています)


c0345705_07242380.jpg

北野天満宮の神輿*Mikoshi (portable shrine) of Kitano Shrine

c0345705_21495538.jpg


蝶の飾り金具
Butterfly design
on the Mikoshi



c0345705_21501170.jpg



梅の花の意匠
Plum
blossom
design




もひとつ、おまけ(インスピレーションをくれた香雪美術館*御影)

「梅若六郎家所蔵の能面と能装束」展は5月6日まで



a0332314_10301995.jpg
















 Kosetsu Museum of Art

 (All Rights Reserved)


















# by snowdrop-nara | 2019-04-29 17:00 | | Comments(9)

花のみ寺の美(は)しき尺 (MORITA Kura's exhibition in Tokyo)

a0332314_06084643.jpg


紫木蓮と染井吉野(浄瑠璃寺)



f0374041_10184175.jpg


(クリックで拡大します)


京都の撥鏤(ばちる)作家、守田蔵氏の個展(東京)のお知らせです。
復元された天平の尺などが平成から令和にかけて銀座で展示されます。
会期は4月23日(火)から5月4日(土)までです。


The bachiru(撥鏤 → )works made by MORITA Kura
will be exhibited in Ginza, Tokyo from April 23 to May 4.
(Fujiya Gallery)


f0374041_10311702.jpg

Invitation quoting the impression of Princess Akiko(
) who visited Mr. Morita and saw his works



平成より令和へ渡す(くれなゐ)のバトンは

()しき()ね彫りの尺




f0374041_11053590.jpg



田蔵氏の工房は京都の浄瑠璃寺の近くにあります。
その浄土式池泉庭園は四季折々の花々に彩られます。
お祝いの歌を届けた日は、さながら花の浄土でした。
東の薬師浄土から西の阿弥陀浄土へ、宝池をめぐって…

MORITA Kura's studio is near Joruri-ji Temple in Kyoto.
The temple has a famous Pure Land garden.
On the day when I delivered congratulatory forms of tanka,
the garden looked like Pure Land itself.
Let's walk togetehr from the east Yakushi's Pure Land
to the west Amida's Pure Land along Treasure Pond !



c0345705_09545939.jpg
薬師仏をまつる三重塔*Yakushi's Pagoda


a0332314_12064768.jpg
宝池の中島の弁天祠*Treasure Pond


f0374041_10392769.jpg

九体阿弥陀仏や吉祥天女像をまつる阿弥陀堂*Amida's Hall*(クリックで拡大します)



二十一世紀の尺の花鳥をも


吉祥天はみまもりたまふ



a0332314_12151814.jpg

鳥の翼のような紫木蓮(五重塔)


の瑠璃光浄土から西の阿弥陀浄土への歩み、いかがでしたか。
このたびは西の浄瑠璃寺からの銀座へ、撥鏤作品が旅します。
よき旅となりますように。

We' ve walked from the east pagoda to the west Amida hall together.
This time Mr. Morita's bachiru works travel from the west to the east.
I hope the exhibition will be a great success.


a0332314_12121583.jpg

🌸 阿弥陀堂と桜花 🌸

(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-04-23 06:18 |

桜づくしの一日(a full day of cherry blossoms)

a0332314_21083390.jpg
a0332314_06091201.jpg


上賀茂神社には枝垂れ桜が何本かあります。式子内親王(平安末の斎王)をしのんで斎王桜を見に行きました。遅咲きの桜はまだ八分咲きでした。

There are several weeping cherry trees in Kamigamo Shrine. I visited to see the one named "Saiou" . You know, Princess Shikishi was a Saiou.



a0332314_08373778.jpg


大きな桜にむらがる人びと。斎王桜はこの日一番人目を集めていました。↑

小さな桜がぽつりと一本。おかっぱ桜? いいえ、これは花傘桜。↓
葵祭の花傘のかたちをしています。(それとも、セミロン毛桜?)

"Saiou" and "Flower Parasol" were in full bloom. ↑
The below tree is in the shape of a flower parasol in Aoi Festival.↓


a0332314_06055874.jpg
a0332314_15212764.jpg
葵祭の花傘 🌸 下鴨神社(2017年)


葵の葉の形の絵馬を見つけました。描かれているのは式子内親王ではなく…

I found votive picture tablets in the form of hollyhock leave on which Murasaki Shikibu (Lady Purple) and her waka-poem are painted.


a0332314_09092134.jpg


紫式部と彼女の和歌でした。葵祭のころ詠んだのでしょう。心なしか万葉ぶり?(→ 山のしづくに(過去記事))


ほととぎす声まつほどは片岡のもりのしづくに立ちやぬれまし  

紫式部 (新古今和歌集191)



a0332314_09101276.jpg


おみくじを結んだ馬に迎えられて、社務所を見回すと… 

A horse tied with lots of fortune slips !


a0332314_09104461.jpg

よりどりみどりの おみくじ!!* Various fortune slips !!

a0332314_09111921.jpg
Yatagarasu (mythical raven who led Emperor Jimmu on his eastern expedition)


 京都駅行きのバスに乗って七条で下車し、京都国立博物館の展覧会へ。一遍聖絵のなかにも桜は咲いていました。
↓ 町家の和菓子屋さんに展覧会のポスターが見えます。ちょっと一服。

A machi-ya (traditional townhouse) cafe with a poster of today's exhibition at Kyoto National Museum. The cafe was near the museum.


a0332314_09120692.jpg


パフェとはフランス語で「完璧」、つまり「パーフェクト」という意味です。
パーフェクトに桜づくしのパフェでした。桜アイスに桜クリーム、桜白玉、桜の落雁…まさに「甘春堂」🌸

The parfait means "perfect". Here is a parfait with cherry-blossom flavor.


a0332314_09153904.jpg


桜めで 桜の絵めで 完璧な桜のパフェを食みたる一日(ひとひ)

one day
when I admired cherry blossoms,
appreciated the cherry blossoms
illustrated in an emaki-scroll (in 1299)
and ate a perfect parfait with cherry-blossom flavor


a0332314_09321792.jpg


絵葉書のなかでも散る桜 🌸 一遍聖絵のお話はまたいつか…。

I will talk about the exhibition later.



a0332314_07372657.jpg


この絵葉書には厳島神社の鳥居が描かれています。そういえば豊臣秀吉も参詣したはず。ねぇ?

I bought a postcard of Itsukushima Shrine which Toyotomi Hideyoshi visited.


a0332314_09170840.jpg


↑ 掛け軸のなかの太閤はんが頷いたような…。この辺りはかつて、秀吉発願の大仏を安置する方広寺の敷地でした。大仏前交番もあります。

Toyotomi Hideyoshi on a hanging scroll was staring at me. His temple used to be so large that the precincts included the museum and this cafe.


a0332314_09200315.jpg


縁側と坪庭もなつかしい風情。緞通の絨毯が敷かれています。花冷えの日でした。

The interior of the machi-ya. Chinese cotton carpet was on the verandah.


a0332314_09205368.jpg


時の止まった古時計。。。 An old clock in a time warp.


a0332314_09213433.jpg


家づと(おみやげ)にいかが? 今日の花をしのぶよすがに…

This cup also is made of sweets. A perfect souvenir ?


a0332314_08385099.jpg

🌸 上賀茂神社の鳥居に桜 🌸

ノートル・ダムにも八重桜が…

cherry trees around Notre-Dame



「ノートルダム パリ 八重桜 2019」の画像検索結果


(google search)

(All Rights Reserved)

春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019



















# by snowdrop-nara | 2019-04-20 20:30 | | Comments(6)

新作能のこころみ ―「四天王寺」下(Original Noh*Shitenno-ji Temple2)

a0332314_15290893.jpg
胡蝶の干菓子(2016年)


(夕日は月に空をゆずり、露をしのぐは花ばかり。花天蓋に包まれて、草を枕の旅寝かな、四天王寺の旅寝かな)

chorus(The setting sun gave place to the moon, and only cherry blossoms are the shelter from dew drops. This is a travel-sleeping in Shitenno-ji Temple under a flower-canopy, a sleeping under a flower-shelter. )



a0332314_15582804.jpg
彼岸のころに咲く蜂須賀桜(四天王寺境内)
cherry blossoms in Shintenno-ji Temple, March


胡蝶 のうのう お坊様、草の枕は固いでしょう。旅の眠りは浅いでしょう。私の悩みを聞いてください。
旅僧 夢のなかも修行の場、ご所望ならば伺いましょう。
胡蝶 蝶々は春の虫、蝶よ花よと舞い踊れど、目に映るのは桜ばかり。花の形はめでたくとも、香りのないのが惜しまれます。名高い梅が香というものをかいでみたい…
旅僧 なに、贅沢をおっしゃいますな。

Butterfly: Sir, the grass pillow is hard and poorly you sleep, don't you? Please listen to my worries.
Priest: The priest trains himself even in his dreams. If you want, I will listen to you.
Butterfly: The butterfly is a spring insect, I dance among flowers, but I see only cherry blossoms in this temple. Though beautiful, they are odorless. I wish I could smell famous plum-blossoms !
Priest: Don't ask too much !



a0332314_11385976.jpg
阿弥陀三尊像(橘夫人念持仏)(法隆寺)(『奈良六大寺大観』)


胡蝶 けれども、仏さまに近づくには、香りも大事と存じます。夕日にきらめく桜を見ているだけでは心もとないのです。不安なのです。
旅僧
 生きとし生けるものは、自分に無いものを自分で補う力を持っています。なるほど、いまや私は目が見える。あの日見られなかった、あまたのものが見える。だが…

Butterfly: But the scent also is an important access to Buddha, I think. I feel uneasy while only looking at the cherry blossoms in the glow of the sunset.
Priest: Every living thing can make up for what he is lacking. True I have recovered my sight and sees what I could not see twenty years ago, but…


a0332314_18023804.jpg


(聖徳太子ゆかりの伽藍、石ころのような亀ども、いま我らの頭上に広がっている彼岸桜の天蓋。…だが…
 二十年前の彼岸の日、むせかえるようだった線香の匂い、茶の匂い、袖に散りかかった梅の匂い、あれらはどこへ行ったのか。咲き残った梅は目に映るのに、匂いをあまり感じない。)

monologue-chorus(The magnificent temple, stone-like tortoises, this canopy of cherry blossoms, …but… where are the smell of the incense sticks, tea, and falling plum-petals of twenty years ago? Though I see plum trees still in bloom, I smell less than that day.)


a0332314_13295505.jpg


旅僧 かつて目の見えなかったころ、私は匂いの世界を手にしました。まるで賢い犬のごとくに。

(香りは聴くもの、匂いは聞くもの。匂いは饒舌、喧騒、闖入、生な回想、悩ましき夢)

胡蝶 私には分かりません。今日、茶店の女の姿を借りて、境内の梅をかいでみましたが ― 菜種の日向くさい匂いなら、藤のむせかえるような甘い香りなら、覚えがあるのに…
旅僧 新しい味や匂いに慣れるのは難しいものです。

(あの日なぜ、私は父の手をすりぬけ、ひとりで去って行ったのか。盲目になって初めて気がついた、父の匂い、生臭い保身の匂いを厭うたためだ。)


a0332314_11315559.jpg
藤原宮跡


Priest: When I became blind, I got the world of the scent like that of the clever dog.

(The smell is the talkativeness, clamor, intrusion,…a vivid memory, a melancholic dream.)

Butterfly: I don't know…I tried smelling plum blossoms while I disguised myself as a stallwoman, but I cannot understand its smell. I know better that of the ripe blossoms or wisteria.
Priest: It is difficult to accept the strange taste and smell.

(Why did I leave my father and walk away alone that day ? Because I noticed for the first time the smell of my father, a stench of the self-protection.)


a0332314_16334081.jpg
胡蝶の主菓子


旅僧 大事なのは、自分の持っている感覚や長所を生かして、ありのままの命を慈しむことです。それがみ仏の心にもかないます。あなたが好きなことは何ですか。
胡蝶 ひらひらと舞うことです…
旅僧 では、ひとさし舞ってください。目の見えるようになった私のために。私のおらぬまに亡くなった父のために。そして、み仏のために。

(花かげに胡蝶が舞えば、雪紛々、雪紛々とめぐるごとし。胡蝶の舞は菩薩の舞、歌舞音曲も詩もうたも、身をつくしての供養とぞ、思えば嬉し、ありがたし。)

a0332314_16363359.jpg
能「胡蝶」(google search)

Priest: What is important is to use your strengths and respect yourself as you are. It is what Buddha hopes for. When do you feel happiest ?
Butterfly: While I am dancing in the air…
Priest: Then, please dance for me, a priest who has recovered his sight. For my father who died during my absence. And for Buddha.

(A butterfly dancing under cherry blossoms, just like snowflakes, just like fluttering snowflakes. The butterfly's dance is the Bodhisattva's dance. The dance, music, song, etc. all are the offering to Buddha. Buddha be praised ! Heaven be praised !)

「ももさへづり 草木国土悉皆成仏 藤田美術館」の画像検索結果

仏功徳蒔絵経箱(藤田美術館蔵)(『法華経絵』至文堂)
「草木国土悉皆成仏(草も木もすべての命は成仏するという教え)」を表す


(日観想は、悟りは、涅槃は、思い出と似て非なるもの。ゆえに元雅は描くらん。弱法師がまろびし姿を、仮借なく ― )

旅僧 弱法師は父を残して去りました。思い出の里、高安へ帰ることなくただ一人、四天王寺をあとにして、高野山へと去りました。高野山へと去りました。[右手で顔を覆い泣く(シオリ)。胡蝶は舞い続ける]

(白妙の袖を返し返しても、返らぬものは父子の時。返らぬものは父子の時。今はしばらく別るとも、蓮(はちす)のうてなで再会せん。蓮の池の瑠璃いろを空に観想するうちに、夜はしらしら、蝶はひらひら、明くる東雲(しののめ)、蟲(むし)も悟りの心ひらけて、草木国土悉皆成仏、御法(みのり)を得てこそ、失せにけれ)

Priest: Satori (enlightenment) does not equal to the memory. Yoroboshi left his father and went to Mt. Koya alone. He never returned to his hometown of his memory. [He cries. The butterfly keeps dancing.]

(Even if the butterfly turns her sleeves, our time lost cannot be recalled. Though I should be separated from my father for a while, we will meet again on the same lotus flower. While imagining the blue lotus pond on the dark blue sky, the dawn breaks, the butterfly flutters, the insect is enlightened and disappears thanks to Nirvana Sutra telling all things have the Buddha's nature.)


f0374041_13224496.jpg

🌸 初花(蜂須賀桜、四天王寺) 🌸

4月下旬には姉妹ブログ「紀行編」でバイリンガル能を、また
連休中はここで半能(ハーフサイズの能)をオール文語体で…
胡蝶も再出演します。お気が向いたらおつき合いください ♪

(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-04-14 20:31 | | Comments(7)

新作能のこころみ ―「四天王寺」上(Original Noh*Shitenno-ji Temple1) 

a0332314_10434169.jpg


初春の令月に花ひらくゆえ胡蝶は知らず梅の香りを(大阪城、2018年)

 弱法師はあれから家に帰って幸せになったのでしょうか?今回は、口語・文語体をおりまぜて新作能を作ってみました。( )の中は地謡(ぢうたい)というバックコーラスです。能は室町以来の和製ミュージカルですから!
 お時間のない方は、あらすじだけでもどうぞ。

Noh play is said to be a Japanese musical. This is snowdrop's first scenario of a Noh inspired by two Noh plays: Yoroboshi and Butterfly. (The chorus is parenthesized. )
 

a0332314_15283121.jpg
彼岸の入り、夕刻の四天王寺。家路をたどる母子


場景 四天王寺。春の彼岸の夕刻から夜

人物
 前ジテ 露店の女
   後ジテ 胡蝶の精
   ワキ 旅の僧

あらすじ 

 四天王寺の日想観の後、弱法師は父と高安へ帰ることなく、高野山で出家し、視力を取り戻す。二十年後、僧は父を追善供養するため四天王寺へ旅に出る。到着した日は彼岸の中日、二十年前と変わらず境内はごった返している。
 中門の近くで、露店の女が茶を差し出す。女は毎年日想観に参加しているが、み仏を観想したという確信が得られぬと僧に訴える。女に伽藍を案内してもらう内に日没の時刻となり、極楽門へ向かう。二人で波の入日を拝むも、人の波に女の姿はかき消えていた。(中入)

The scene is from an evening to dawn in Shitenno-ji Temple, in spring.

a0332314_16363359.jpg
能「胡蝶」(google search)


 夜、境内の彼岸桜の樹の下で休む僧の夢に、胡蝶の精が現れる。胡蝶は、桜の春に生まれたばかりに梅の香りを知らぬことを嘆く。香りもまた仏を感じる手段ではないかと。
 僧は説く。目の見えぬ者は耳と鼻で、耳の聞こえぬ者は目で、それぞれに足りぬ感覚は別の感覚を研ぎ澄ますことで補える、肝要なのはみ仏への愛と祈りである、と。
 自分と亡父のために、み仏のために舞ってほしい、と所望する僧。ひらひらと胡蝶は舞い始め、やがて東雲(しののめ)の空へ昇天して行った。

The characters are a priest (ex-Yoroboshi), a stallwoman, and the spirit of the butterfly. The latter two are performed by one player because the woman is an incarnation of the butterfly.


a0332314_17044125.jpg
四天王寺境内の亀。「盲亀の浮木」という言葉が仏教にはある。仏法に会う難しさをいう。
The blind tortoise rarely meets a driftwood.=rare occurrence (meeting with Buddhism)


 私(わたくし)はかつて弱法師と呼ばれた僧です。高野山にて出家をし、心の平安を得て、ふたたび目が見えるようになりました。あれから二十年が過ぎ、このたびは父の追善供養のため、ふたたび四天王寺へ向かっております。

(道行)(高野山大門いでて町石道、五輪卒塔婆の石柱を、しるべに坂を下りければ、浄土をあとに濁世へと、戻り路する心地せり。小暗き笠木峠越え、天野辻より慈尊院、岩室、小寺とたどりゆく。庚申道と交われば、瑠璃色の空ひろごりて、四天王寺に着きにけり。四天王寺に着きにけり)


a0332314_18023804.jpg
四天王寺中門*Middle Gate of Shitenno-ji Temple


Priest:I am a priest who was once called Yoroboshi. I did not return home with my father and went to Mt. Koya alone to become a priest. I recovered my sight thanks to the peace of mind. Twenty years have passed since then, and now I am traveling from Mt. Koya to Shitenno-ji Temple in order to hold a memorial service for my deceased father.

traveling chorus(Going out of the main gate of Kongobu-ji Temple on Mt. Koya, walking down the slope passing by Machi-ishi Road with milestones in the shape of Gorin Stupa, he feels as if he was going back to the secular world. Passing by Kasagi Pass under green trees,(…) intersecting Koshin Road, finally he has arrived at Shitenno-ji Temple under the blue sky)


a0332314_18045401.jpg
四天王寺中門*Middle Gate of Shitenno-ji Temple


 このたびも彼岸の中日に来合せました。二十年前は盲目だった私。お念仏や鐘の音、参拝客の声や物売りの声、線香の匂いや団子の匂い、茶の匂いに押し包まれて、息もつけませんでしたが…
 もし、お坊さま、お茶を一服召し上がれ。
 おお、これはかたじけない。あなたはこの辺りの方ですか。
 はい、縁日のたび境内に露店を構え、粗茶をふるまっております。
 み仏とのご縁の深いお暮しですね。

Priest: I have arrived here again on Vernal Equinox Day! I was blind twenty years ago and I was surrounded by Buddhist chants and rings of bells, suffocated by the smell of insences, smell of dumplings and tea…
Woman:Hello, priest, would you like a tea ?
Priest: Thank you very much. Are you a local ?
Woman: Yes. I open my stall on every temple festival's day.
Priest: You live near Buddha's providence !



a0332314_15401019.jpg


 春と秋に、極楽門の夕日を拝んでおります。ただ、いくら夕日が美しくても、阿弥陀さまと繋がったという安心が得られません。お坊さまなら、すっかり安心できるのでしょうか。
 私どもとて、ここまで修行したから安心、と申せるものでもありません。ただ、その日、その日に手を合わせるのみ…
 四天王寺は初めてですか。
 子供の頃に何回か…最後に参拝した時は、盲目になっておりました。

Woman: I worship the setting sun abve Paradise Gate every spring and autumn. But however the setting sun is beautiful, I cannot be confident of the salvation. Are you, a priest, confident perfectly?
Priest: Even we are not perfectly confident of the salvation. We can only pray every day.
Woman: Do you visit this temple for the first time ?
Priest: No, I have been here several times in my childhood. When I came here last, I was blind. Thanks to Buddha, I have recovered my sight.


関連画像
能面「弱法師」*大槻能楽堂能楽事典より

 それはご苦労をなさいましたね。病まれたのですか。
 父に家から追われ、泣き腫らし、泣き潰したのです。まだ少年でありながら、眉間や口元に皺が寄り、老人のような面相に…
 なぜお分かりに。盲目でしたのに。
 四天王寺で再会した父が、そう申しました。み仏のおはからいで、いまは再び見えております。


a0332314_15352497.jpg
四天王寺伽藍。中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並ぶ
the five-storied pagoda, the main hall and the lecture hall on a straight line


(それでは私が案内(あない)をと、女は僧の先に立ち、五重塔、金堂、講堂を真一文字に参拝す。聖徳太子発願の、古きみ寺のたたずまい。回廊に立ち見回せば、浄土の伽藍のごとくなり。)

 ありがたい、おかげで恙なく参拝できました。おお、日もだいぶ傾いてきました。日想観のころですね。
 それでは西の極楽門へ…

(…参りましょう、と歩みを進めれど、僧は頭をめぐらせて、東の方を一瞥す。あわれ盲(めしい)のあの頃は、西も東も分からずに、亀の井に棲む亀のごと、よろめき惑うていたものを―。)

 どうなさいましたか、こちらです。
 おお、ここが ―



a0332314_21153822.jpg
亀の井で甲羅干しする亀* tortoises


narrating chorus (…then I guide you, the woman leads the priest and visit the five-storied pagoda, the main hall and the lecture hall on a straight line. How holy atmosphere of a temple founded by Prince Shotoku! Looking around from the corridor, they look like buildings in Pure Land.)

Priest:Thanks to you, I could visit every building smoothly. Look, the sun is declining.The time has come to contemplate Pure Land through the setting sun!
Woman :Then let's go to the Paradise Gate…

id.(When heading to the west, the priest turns around and took a backward glance at the east. When I was blind, I was tottering and wandering like a blind tortoise…)

Woman: Here we are…
Priest: …in front of Paradise Gate !


a0332314_14500122.jpg
極楽門と石ノ鳥居。海は現在は見えません。


(四天王寺の極楽門、四天王寺の極楽門。真朱(まほそ)の門のきららかに、光あふれる真中には、石の鳥居の影浮かび、陽炎のごとゆらぐ波、波へ夕日は沈みゆく、夕日は波へ沈みゆく。)

 二十年(はたとせ)をへだてて拝む入り日かな波のかなたに浄土もとめて


(南無阿弥陀仏と拝む声、南無阿弥陀仏と拝む声、あまたの声に囲まれて、礼を述べんと女をば、探せど辺りは人の波。人の波にかき紛れて、跡も見えずなりにけり、跡をも見せずなりにけり)(中入)


a0332314_15320680.jpg
元歌は「契りあれば…」()平安末期の藤原家隆の和歌です。↑
based on the waka composed by Fujiwara no Ietaka(
Because of Buddha's providence, I have come to stay in Naniwa Village and worshipped the setting sun over waves.


(Paradise Gate of Shitenno-ji Temple, the red gate shines in the setting sun. In the middle of the gate, the torii gate floats like a shadow. the sea waves are waving like shimmering heat waves, over which the sun is setting. The sun is setting over the shining sea waves.)

Priest: the setting sun that I worship for the first time in these twenty years, in pursuit of Paradise beyond the waves! (tanka composed by snowdrop in place of the priest based on the below waka poem )

(Hail Amitabha Buddha, Hail Amitabha Buddha ― surrounded by prayers of the crowd, he looked for the woman to give thanks to, but she has disappeared in the crowd without trace. She has disappeared without trace.)



a0332314_07004567.jpg
家隆塚*mound of Fujiwara no Ietaka in the shape of Gorin Stupa

(つづく)

(Intermission)

(All Rights Reserved)






# by snowdrop-nara | 2019-04-06 21:10 | | Comments(5)

四天王寺の彼岸 下(Shitenno-ji Temple in Equinoctial week2)

a0332314_16494179.jpg
snowdropの梅の写真をaster roseがイラスト加工してくれました(2018年)


元雅(世阿弥の息子)の独白(snowdropのフィクションです)

 
 弱法師がありありと見た景色は、かぐわしい記憶、失われた幸福に裏打ちされたものであった。それは日想観と似て非なるものである。物狂いの感覚である。彼が見たものは彼岸(浄土)ではなかった。
 そのことを思い知らされるように、彼は群衆の中でよろめき、したたかに転ぶ。これこそ本当の弱(よろ)法師だと、嘲笑う声がする。
 法悦の頂点から幻滅のどん底へ。弱法師はうめく。
「恥かしやな…今よりは狂はじ」

Monologue of Motomasa (Zeami's son)

 The landscape Yoroboshi saw was inspired by his fragrant memory and his lost happiness. It was not the same as the Pure Land contemplated through the setting sun. It resembled the illusion of a person who has lost his reason.

 The blind young man in the crowd stumbled and fell down. That's real Yoro-boshi(tottering man)! Scornful laughters surrounded him. From the top of the religious exaltation to the depth of the disillusion…he gave a moan,
"ASHAMED…! I will never lose my reason from now on! "


a0332314_15213942.jpg


 私、元雅がまったくの独力で、渾身の力で綴ったのが、この「クルイ」の場面であった。自らの思い込みに踊らされる人間の愚かさ、悲しさ。この場面の草稿を見せたとき、わが父世阿弥は目をむいた。ふつうの能であれば、極楽浄土を観想し、父親と再会を果たしてめでたし、めでたしと終るであろう。ここまで仮借なく現実を描いてよいものか?!
「現実とは…酷薄なものでございますよ、父上」
 うっそりと私は笑った。

 The draft of this scene of "kurui (=losing one's reason)" was written completely by myself. The foolishness and sadness of the man who is manipulated by his own imagination… this scene shocked my father, Zeami. In a normal Noh play, Yoroboshi would contemplate the Pure Land and meet his father again, to live happily ever after. Can a Noh-composer describe the reality so mercilessly ?!
 "The reality…is merciless and cruel, you know"
 I smiled vaguely.

a0332314_15412014.jpg
善龍寺*Zenryu-ji Temple


 そのころ、我らが観世座は逆境にあった。将軍様が交代し、我ら世阿弥・元雅父子は疎んじられるようになっていた。新将軍の覚えめでたき音阿弥が、我らに取って代わった。
 何を隠そう、音阿弥はわが従兄にして、わが父世阿弥の養子である。しかし、実子の私が生まれてから、音阿弥の立場は微妙なものとなった。父は甥より実の子に目をかけ、後を継がせたいと願った。ただでさえ、芸を相伝する父子の仲は厳しいものだ。そこへ養子と実子の跡目問題が絡めば、さらに複雑な関係となる。
 肉親の情だけで動く訳にゆかない、座頭として絶えず周囲の目を気にするわが父が、「弱法師」の父親像に反映されているかもしれぬ。

 Our Kanze School was in a difficult situation at that time. A new Shogun preferred On-ami to us. On-ami was my cousin and an adopted son of my father, Zeami. His situation became complex since my birth. My father came to want to make me succeed him over On-ami's head. The relationship is strict between the father and son of a head family. In addition to that, the problem of the real son and adopted son !
 My father had to deal with me always caring about what other people thought. His personality might be reflected in Yoroboshi's father.


「能 隅田川 母子」の画像検索結果

 隅田川 ([能 演目辞典」よりお借りしました)


 私には親子の再会を扱った能がもう一つある。「角田川」。わが子をさらわれた母親が物狂いとなり、東国へ下り、子の葬られた塚を見つけて泣き崩れる。念仏を唱えると塚から子供の声が聞こえ、姿が現れるが、かき抱くことはできない。
 この草稿には父世阿弥がダメ出しをした。子供を出さない演出にせよと。だが、私はどうしても、親とすれ違う子供を、目に見える形で舞台に上げたかった…

 I have written another Noh on the reunion of a parent and a child, Sumida River. A mother whose son was kidnapped lost her mind and traveled in the eastern provinces. At last she found a mound of her son and broke down into tears. When chanting a prayer to Amida Buddha, she heard her son's voice and saw his figure appear from the mound, but she could not hug him. 
 My father, Zeami advised me not to make a child actor appear on the stage. But I did wanted to show a child who passes by his mother on the stage.
 

a0332314_15283121.jpg


 「弱法師」に戻ろう。夕日が沈んだ後で父親は息子に声をかけ、高安の家へ帰る。だが、二人が手を取り合って舞台を去ることはない。弱法師はまるであの世へ向かう亡霊のように橋掛かりを一人歩み去り、父親は舞台に坐したままそれを見送る。
 父世阿弥はこの幕切れについては、何も言わなかった。

 In Yoroboshi, after sunset, his father speaks to him to bring him home. But they do not exit hand in hand. While Yoroboshi walks alone on the bridge like a ghost who goes to the other world, his father sees him off still sitting on the stage.
 My father Zeami said nothing about this end of an act.

 
a0332314_16023852.jpg
橋掛かり(左)と舞台(右)を二階席から見下ろす(京都観世会館)
bridge(left)and stage(right)from the upstairs (Kanze Theater, Kyoto)


 申し添えておこう。父を恨んだことは一度もない。母にもっと甘えたかったと思ったことも。芸の家に生まれた子の宿命だ。わが家は私(ワタクシ)の家ではなく、公(オオヤケ)の座であった。ここで生まれたからこそ、私は短い生涯で、能の作り手として頂点を垣間見ることができた。やがて私は早世し、父は島へ流されたが、我らが能ははるか平成の世まで残った。これ以上、何を望もう。

 I have something to say in addition. I have NEVER felt bitter about my father. Everything was the destiny of a child who was born in a head family of the traditional arts. My home was public rather than private. Thanks to be born there, I could get a glimpse of the top of the Noh world as a composer during my brief life. Though I was to die around the age of forty and my father was to be exiled to Sado Island, our Noh was to survive even in the 21th century. Need anything else?


a0332314_16153012.jpg

元雅に代はりてsnowdropが詠める


唐織の重さ(おもて)の濃き闇を知る人ぞ知る(われ)は芸びと

in place of Motomasa
who knows
the heaviness of a costume and
the darkness in a mask ?
― I know.I,a Noh player!

a0332314_17362747.jpg

次回は、弱法師のその後を想像した snowdropオリジナルの新作能を…

Will Yoroboshi be happy ? So as to answer this question,
snowdrop composes a Noh play for the first time. (to be continued)

(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-03-30 20:30 | | Comments(0)

四天王寺の彼岸 上(Shitenno-ji Temple in Equinoctial week1)

a0332314_14270549.jpg
四天王寺伽藍


元雅(世阿弥の息子)の独白(snowdropのフィクションです)

 梅の香る能を作りたいと思った。梅の香りを強く感じるのはいつか?夜だ。夜は目が見えぬゆえ、人は匂いに敏感になる。目の見えぬ境遇…そうだ、この能の主人公は目の見えぬ青年としよう。

Monologue of Motomasa (Zeami's son) → 📚(Zeami)

 I want to compose a noh where plum blossoms smell sweet. When does the man smell the fragrance of flowers most strongly? It is the night. Because the man is blind during the night, he becomes sensitive to smell. Blind…yes, the hero of this noh is a blind young man.


photo by snowdrop, image processing by aster rose

a0332314_16201311.jpg





















かをりとは記憶のたより まなぶたを閉づれば

梅の林に 君と



「弱法師 下村関山 」の画像検索結果

下村関山「弱法師」(google search)

 

 盲目の青年、俊徳丸は杖をついてさまよう。父に追い出され、悲しみのあまり盲目となったのだ。生まれついての盲目でないゆえ、まだ足元がおぼつかぬ。よろよろ歩く青年は「弱法師(よろぼし)」と呼ばれる。もはや誰も彼の本名を知らぬ。
 
 A blind young man, Shuntokumaru is wandering with his cane. He was turned out of the house by his father and cried so bitterly that he became blind. Because he was not born blind, his steps are still unsteady. He is called Yoroboshi because he walks totterlingly (adv. "yoro-yoro"). No one knows his original name now.



a0332314_13425924.jpg
天王寺七坂の一つ、清水坂(Kiyomizu Slope)


 なぜ追い出されたのか。他人が息子をそしる言葉を父が信じたからだ。河内の高安から、あてもなく西へさすらい、天王寺界隈へたどり着いた。あてもなく?
 天王寺界隈は坂の多い土地だ。どの坂も四天王寺へ向かう。四天王寺まで登りつめれば、丘の上から海が見える。海へ没する夕日が見える。阿弥陀仏のさし招く極楽浄土が見える。目さえ見えれば…いや、阿弥陀仏に近い土地に行けるだけでもよい。
 青年は心のどこかで死に場所を求めていたのかもしれぬ。

 Why was he turned out of the house? Because his father believed a false charge against him. He wandered aimlessly from Takayasu toward the west, Tenno-ji region. Aimless?
 There are many slopes in the region. Every slope leads to Shitenno-ji Temple. When he reaches this temple, he will get the view of the sea, the sunset over the sea, Paradise of Amitabha Buddha, if only he can see…no, he is content even only he can go near Amitabha Buddha.
 At the back of his mind he might have looked for the place to die.
 


a0332314_13585013.jpg
大江神社境内(Oe Shrine)


 父が息子を放逐したのは暮れであった。
(snowdropのツッコミ*欧米ではクリスマス前の解雇はタブーとされます。正月前に追い出すとは、あまりな仕打ちと申せましょう)
 しかし、やがて後悔し、春の彼岸の前に四天王寺で施しを行い、息子の後世を祈る。息子が生きていて、四天王寺の方角へとぼとぼ歩いていることも知らず…
(snowdropのさらなるツッコミ*もっとよく探しなさいよ!)

 It was a year end when the father threw his son out.
(snowdrop*In the West, it is taboo to fire an employee in Advent. This father's treatment is too pitiless!)
 But soon the father regretted and gave charity at Shitenno-ji Temple praying for his son's peace in the posterity. He did not know his son is still alive and walking totteringly toward Shitenno-ji Temple.


a0332314_14145418.jpg


さすが名に負ふ此寺の 仏法最初の天王寺の石の鳥居ここなれや ― 「弱法師」詞章より


鳥居の扁額には「釈迦如来転法綸所当極楽土東門中心」と記されている。
(snowdrop注*釈迦をうたう鳥居!神仏習合ですね。オリジナルは宝物館で見られます)

 

a0332314_13295505.jpg


 弱法師が施しを受けると、袖に梅の花びらが散りかかり、梅の香が匂い立った。草木国土悉皆成仏、花の散るのも施行のうち。仏の慈悲の深ければ、「澄める亀井の水」に住む盲目の亀をも導きたまう。

 When Yoroboshi received the charity, petals of fragrant plum blossoms scattered on his sleeves. All things have the Buddha's nature and scattering flowers also is a charity. The mercy of Buddha is so deep that he leads even blind tortoises living in "the limpid water in Tortoise Well" to Paradise.

 


a0332314_17044125.jpg

「澄める亀井の水」と謡われた「亀の井」と石舞台 🐢 甲羅干しする亀
The limpid water in Tortoise Well" and tortoises basking in the sun


 そのとき、父は目の前の盲目の乞食(かたい)が、死んだと思ったわが子だと気づく。なんと哀れな!しかし、人目をはばかり黙っている。夜になったら名乗り出、家に連れ帰るとしよう…

 At last the father recognized that poor blind begger was his own son! How miserable ! But he kept silent worrying about what other people thought. (When the night falls, I will step forward and bring him back home...)

 

a0332314_14473656.jpg
東大門(East Gate)


 西に沈む夕日を拝む「日想観」の時刻となった。目の見えぬ悲しさ、弱法師は間違って反対の方角の東大門を拝んでしまう(上図)。
 拝むべき方角は西、極楽門であった(下図)。真朱(まほそ)の寺門から石の鳥居が、波打ち際が見渡せる。難波の海に入日の光が舞い踊る。
 弱法師の目に、せめて仄明るさだけでも感じられたであろうか。

 The time has come to contemplate Pure Land through the setting sun in the west. Blind Yoroboshi mistook East Gate (above fig.) for Paradise Gate (West Gate)(below fig.)
 From the red Paradise Gate, a stone torii-gate and the sea are to be overlooked. The dazzling setting sun over the sea ! Did Yoroboshi, in front of Paradise Gate, feel at least dim light ?
 

a0332314_14500122.jpg
現在は海は見えません


 弱法師は思い出す。目の見えたころに眺めた、淡路の島にかかる月を。蘇る記憶の風景。淡路 絵島 須磨 明石 紀の海までも。心のなかの青山がありありと蘇る。
 そこへ今日のこの日の日想観のイメージが重なる。
 月と太陽、二つの光に照らされた、過去と現在、二つの景色が一つに重なる。これが四天王寺からのぞむ「彼岸」であろうか。 ―

 Yoroboshi remembered. The moon above Awaji Island he had seen before he became blind. The memory of the landscape revived, of Awaji, Suma, Ki-no-umi, etc.
 The blue mountains in his memory overlap in his mind with the image of the contemplation of the setting sun. The moon and the sun, the past and the present, two landscapes are overlapped.
 
 

a0332314_14551358.jpg
石ノ鳥居から東の月を仰ぐ


南はさこそと夕波の。住吉の松影。東の方は時を得て。春の緑の草香山。北は何処。難波なる。長柄の橋  ― 「弱法師」



a0332314_16164551.jpg
影向の松(京都観世会館)


 この場面を舞台正面から見る者は、弱法師の喜悦をまざまざと目にするであろう。
 この場面を橋掛かりから見る者は、二本の柱を極楽門の鳥居と見立て、客席にまぼろしの波を聴くであろう。
 人の記憶は視覚よりも聴覚、あるいは嗅覚によって呼び覚まされる。梅の香りと波の音が、弱法師の幸福な記憶を呼び覚ましたのだ。
 しかし、このあと私は 彼を奈落の底へ突き落とす。

 Those who see this noh play from front seating will see vividly Yoroboshi's delight. 
 Those who see this noh play from side seating will compare two pillows to the stone torii-gate of Paradise Gate and hear the imaginary sound of the sea.
 The memory is evoked by the hearing and smell rather than the sight. The fragrance of the plum blossoms and the sound of the sea brought back a happy memory of Yoroboshi. But soon after that, I throw him into the abyss.

 

a0332314_14433992.jpg

橋掛りから正面席をのぞむ(from side seating toward front seating)

(つづく)

(To be continued)

(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-03-25 20:20 | | Comments(5)

あさい はる(le commencement du printemps)

f0374041_11162909.jpg


早春のひかりと影のあやとりに一日(ひとひ)を過ぐす


見るひともなく


je passe un jour

à jouer au jeu de ficelle

de l'ombre et la lumière

du commencement du printemps

sans un spectateur


f0374041_11165144.jpg


ナルシスト…()を呼ぶは()

芽吹きまつ()枝をひたと見てをりし吾を


Narcisse

qui m’applle narcisse ?

j’observais

une branchage

qui attend sa germination



f0374041_11160494.jpg
f0374041_11172472.jpg




























黄水仙(スウェーデン語では復活祭の百合)
(jonquille * lys de Pâques en suédois)



寒芍薬のうすむらさきに春は来て

水仙の(きい) ぬくみを灯す


le printemps est arrivé

au mauve

de l’ helleborus

et le jaune du narcisse

allume la chaleur




寒芍薬(レンテンローズ=四旬節のバラ)(Renten Rose)

f0374041_11150225.jpg



ヴェロニカは十字架運ぶキリストの顔を拭ひし

をとめの名前


Véronique

c’ est le nom de la fille

qui essuya

le front de Jésus

portant sa croix au Golgotha


a0332314_09412300.jpg


青い花はヴェロニカ (イヌノフグリ)(veronica)又は
天人唐草、瑠璃唐草、星の瞳(ブログ「南の魚座」)
うす紫の花は姫踊子草 (purple archangel)(2017年)

四旬節(レント)は主の受難に先立つ精進期間です。
イエスの顔を拭ったヴェロニカの絵をTVで見ました。


「ヴェロニカ キリスト」の画像検索結果


朝日新聞HPより

(All Rights Reserved)









# by snowdrop-nara | 2019-03-21 06:12 | | Comments(0)

春の引き算(soustraction du printemps)

桃の節句の翌日から、梅が散り始めました。。。

Après le jour suivant de la fête des filles,
des fleurs du prunier ont commencé à tomber.


f0374041_21095711.jpg
『万葉のうた』(大原富枝 文 岩崎ちひろ 画)
Man'yo-shu illustrated by Chihiro



あっほんもの!少女は駆けるホスピタル・ガーデンに咲くしだれの梅へ

" oh, fleurs véritables ! "
une fillette accourt
à un prunier
qui est en pleine floraison
dans le jardin d' hôpital.



f0374041_21092893.jpg


万葉の時代の梅は白梅だけでした。けれども、
ちひろの描いた水墨の万葉集には薄紅梅がよく似合います。
男女の出会い、家族の誕生、そしていつか訪れる別れ…
ときには足し算、ときには引き算。どちらもかけがえのない記憶。

L' addition et soustraction des fleurs du prunier
sont comme la vie humaine, et
tous les mémoires sont precieuses.


f0374041_21071747.jpg



別れすら出会ひであつたとたれが知る み空の星よ 野べの霞よ

Qui sait
que même la séparation
est la rencontre ?
étoiles dans le ciel !
brume sur les champs !



f0374041_21082982.jpg


鹿が浮き彫りされた玻璃の盃に梅の花びらを浮かべると、山の端の月のようです。
鎌倉時代に下ると、日輪のみならず月輪も阿弥陀仏と見られるようになりました。
(なお、日輪を阿弥陀仏と見る日想観は平安時代に始まりました)

Ce verre est comme
la lune qui se montre derrière la montagne,
comme Amida Bouddha derrière la montagne…



a0332314_17240533.jpg
山越阿弥陀図 (禅林寺) (12-13世紀 龍谷大学HP
Amida Buddha Coming over Mountains, Zenrin-ji Temple



「ももさえずり阿弥陀三尊像 快慶作 浄土寺 捨て捨てて」の画像検索結果


快慶作 夕日に照らされる阿弥陀三尊像(浄土寺)(1195 - 1197年)
『運慶 快慶』(小学館)
Amida Buddha coming like the sun by Kaikei, Jodo-ji Temple


「蓮台 」の画像検索結果







心月輪及び
蓮台
平等院鳳凰堂阿弥陀如来像納入品復元品)
 奈良国立博物館HP

蓮台のような葉っぱのホトケノザ ↓

a0332314_21455658.jpg


春浅みいまだふふめる仏の座 夕日くるめく彼岸を待ちて

(浅い春ゆえ未だつぼみの仏の座は
夕日の輝く彼岸を待っています)



a0332314_22160613.jpg


雪のまに咲く福寿草ゆめみれば梅の花弁の雪片とふる

(雪のあいだに咲く福寿草が見たいと思っていたら
梅の花びらが雪のように降りました)


a0332314_22163413.jpg


(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-03-15 06:30 | | Comments(8)

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

最新のコメント

*1go1exさん 意..
by snowdrop-nara at 08:30
*naokoさん 一遍..
by snowdrop-nara at 20:05
*nana*さん 桜祭..
by snowdrop-nara at 19:58
この記事を読んだとき、私..
by 1go1ex at 14:38
こんばんは! 圧倒的桜..
by nana_photoart at 00:31
一遍上人、愛媛県に20年..
by milletti_naoko at 21:09
*1go1exさん 京..
by snowdrop-nara at 18:25
やっと京都国立博物館に行..
by 1go1ex at 20:45
desireさん コ..
by snowdrop-nara at 18:51
今晩は。 京都国..
by desire_san at 18:16
*1go1exさん 藤..
by snowdrop-nara at 20:02
京都国立博物館の展示、「..
by 1go1ex at 21:27
*ねこさん お越しくだ..
by snowdrop-nara at 07:08
英語併記というのが斬新で..
by nekonoheyah at 19:54
*sakuraさん ハ..
by snowdrop-nara at 11:59
snowdrop-nar..
by teineinakurasi at 22:52
*renchiyanさん..
by snowdrop-nara at 16:45
こんにちは サクラ祭り..
by renchiyan4 at 15:40
*sakuraさん む..
by snowdrop-nara at 07:26
snowdropさん、こ..
by teineinakurasi at 23:33

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。