人気ブログランキング |

ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

新作能のこころみ ―「四天王寺」下(Original Noh*Shitenno-ji Temple2)

a0332314_15290893.jpg
胡蝶の干菓子(2016年)


(夕日は月に空をゆずり、露をしのぐは花ばかり。花天蓋に包まれて、草を枕の旅寝かな、四天王寺の旅寝かな)

chorus(The setting sun gave place to the moon, and only cherry blossoms are the shelter from dew drops. This is a travel-sleeping in Shitenno-ji Temple under a flower-canopy, a sleeping under a flower-shelter. )



a0332314_15582804.jpg
彼岸のころに咲く蜂須賀桜(四天王寺境内)
cherry blossoms in Shintenno-ji Temple, March


胡蝶 のうのう お坊様、草の枕は固いでしょう。旅の眠りは浅いでしょう。私の悩みを聞いてください。
旅僧 夢のなかも修行の場、ご所望ならば伺いましょう。
胡蝶 蝶々は春の虫、蝶よ花よと舞い踊れど、目に映るのは桜ばかり。花の形はめでたくとも、香りのないのが惜しまれます。名高い梅が香というものをかいでみたい…
旅僧 なに、贅沢をおっしゃいますな。

Butterfly: Sir, the grass pillow is hard and poorly you sleep, don't you? Please listen to my worries.
Priest: The priest trains himself even in his dreams. If you want, I will listen to you.
Butterfly: The butterfly is a spring insect, I dance among flowers, but I see only cherry blossoms in this temple. Though beautiful, they are odorless. I wish I could smell famous plum-blossoms !
Priest: Don't ask too much !



a0332314_11385976.jpg
阿弥陀三尊像(橘夫人念持仏)(法隆寺)(『奈良六大寺大観』)


胡蝶 けれども、仏さまに近づくには、香りも大事と存じます。夕日にきらめく桜を見ているだけでは心もとないのです。不安なのです。
旅僧
 生きとし生けるものは、自分に無いものを自分で補う力を持っています。なるほど、いまや私は目が見える。あの日見られなかった、あまたのものが見える。だが…

Butterfly: But the scent also is an important access to Buddha, I think. I feel uneasy while only looking at the cherry blossoms in the glow of the sunset.
Priest: Every living thing can make up for what he is lacking. True I have recovered my sight and sees what I could not see twenty years ago, but…


a0332314_18023804.jpg


(聖徳太子ゆかりの伽藍、石ころのような亀ども、いま我らの頭上に広がっている彼岸桜の天蓋。…だが…
 二十年前の彼岸の日、むせかえるようだった線香の匂い、茶の匂い、袖に散りかかった梅の匂い、あれらはどこへ行ったのか。咲き残った梅は目に映るのに、匂いをあまり感じない。)

monologue-chorus(The magnificent temple, tortoise-like stones, this canopy of cherry blossoms, …but… where are the smell of the incense sticks, tea, and falling plum-petals of twenty years ago? Though I see plum trees still in bloom, I smell less than that day.)


a0332314_13295505.jpg


旅僧 かつて目の見えなかったころ、私は匂いの世界を手にしました。まるで賢い犬のごとくに。

(香りは聴くもの、匂いは聞くもの。匂いは饒舌、喧騒、闖入、生な回想、悩ましき夢)

胡蝶 私には分かりません。今日、茶店の女の姿を借りて、境内の梅をかいでみましたが ― 菜種の日向くさい匂いなら、藤のむせかえるような甘い香りなら、覚えがあるのに…
旅僧 新しい味や匂いに慣れるのは難しいものです。

(あの日なぜ、私は父の手をすりぬけ、ひとりで去って行ったのか。盲目になって初めて気がついた、父の匂い、生臭い保身の匂いを厭うたためだ。)


a0332314_11315559.jpg
藤原宮跡


Priest: When I became blind, I got the world of the scent like that of the clever dog.

(The smell is the talkativeness, clamor, intrusion,…a vivid memory, a melancholic dream.)

Butterfly: I don't know…I tried smelling plum blossoms while I disguised myself as a stallwoman, but I cannot understand its smell. I know better that of the ripe blossoms or wisteria.
Priest: It is difficult to accept the strange taste and smell.

(Why did I leave my father and walk away alone that day ? Because I noticed for the first time the smell of my father, a stench of the self-protection.)


a0332314_16334081.jpg
胡蝶の主菓子


旅僧 大事なのは、自分の持っている感覚や長所を生かして、ありのままの命を慈しむことです。それがみ仏の心にもかないます。あなたが好きなことは何ですか。
胡蝶 ひらひらと舞うことです…
旅僧 では、ひとさし舞ってください。目の見えるようになった私のために。私のおらぬまに亡くなった父のために。そして、み仏のために。

(花かげに胡蝶が舞えば、雪紛々、雪紛々とめぐるごとし。胡蝶の舞は菩薩の舞、歌舞音曲も詩も歌も、身をつくしての供養とぞ、思えば嬉し、ありがたし。)

a0332314_16363359.jpg
能「胡蝶」(google search)

Priest: What is important is to use your strengths and respect yourself as you are. It is what Buddha hopes for. When do you feel happiest ?
Butterfly: While I am dancing in the air…
Priest: Then, please dance for me, a priest who has recovered his sight. For my father who died during my absence. And for Buddha.

(A butterfly dancing under cherry blossoms, just like snowflakes, just like fluttering snowflakes. The butterfly's dance is the Bodhisattva's dance. The dance, music, song, etc. all are the offering to Buddha. Buddha be praised ! Heaven be praised !)

「ももさへづり 草木国土悉皆成仏 藤田美術館」の画像検索結果

仏功徳蒔絵経箱(藤田美術館蔵)(『法華経絵』至文堂)
「草木国土悉皆成仏(草も木もすべての命は成仏するという教え)」を表す


(日観想は、悟りは、涅槃は、思い出と似て非なるもの。ゆえに元雅は描くらん。弱法師がまろびし姿を、仮借なく ― )

旅僧 弱法師は父を残して去りました。思い出の里、高安へ帰ることなくただ一人、四天王寺をあとにして、高野山へと去りました。高野山へと去りました。[右手で顔を覆い泣く(シオリ)。胡蝶は舞い続ける]

(白妙の袖を返し返しても、返らぬものは父子の時。返らぬものは父子の時。今はしばらく別るとも、蓮(はちす)のうてなで再会せん。蓮の池の瑠璃いろを空に観想するうちに、夜はしらしら、蝶はひらひら、明くる東雲(しののめ)、蟲(むし)も悟りの心ひらけて、草木国土悉皆成仏、御法(みのり)を得てこそ、失せにけれ)

Priest: Satori (enlightenment) does not equal to the memory. Yoroboshi left his father and went to Mt. Koya alone. He never returned to his hometown of his memory. [He cries. The butterfly keeps dancing.]

(Even if the butterfly turns her sleeves, our time lost cannot be recalled. Though I should be separated from my father for a while, we will meet again on the same lotus flower. While imagining the blue lotus pond on the dark blue sky, the dawn breaks, the butterfly flutters, the insect is enlightened and disappears thanks to Nirvana Sutra telling all things have the Buddha's nature.)


f0374041_13224496.jpg

🌸 初花(蜂須賀桜、四天王寺) 🌸

4月下旬には姉妹ブログ「紀行編」でバイリンガル能を、また
連休中はここで半能(ハーフサイズの能)をオール文語体で…
胡蝶も再出演します。お気が向いたらおつき合いください ♪

(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-04-14 20:31 | | Comments(2)

新作能のこころみ ―「四天王寺」上(Original Noh*Shitenno-ji Temple1) 

a0332314_10434169.jpg


初春の令月に花ひらくゆえ胡蝶は知らず梅の香りを(大阪城、2018年)

 弱法師はあれから家に帰って幸せになったのでしょうか?今回は、口語・文語体をおりまぜて新作能を作ってみました。( )の中は地謡(ぢうたい)というバックコーラスです。能は室町以来の和製ミュージカルですから!
 お時間のない方は、あらすじだけでもどうぞ。

Noh play is said to be a Japanese musical. This is snowdrop's first scenario of a Noh inspired by two Noh plays: Yoroboshi and Butterfly. (The chorus is parenthesized. )
 

a0332314_15283121.jpg
彼岸の入り、夕刻の四天王寺。家路をたどる母子


場景 四天王寺。春の彼岸の夕刻から夜

人物
 前ジテ 露店の女
   後ジテ 胡蝶の精
   ワキ 旅の僧

あらすじ 

 四天王寺の日想観の後、弱法師は父と高安へ帰ることなく、高野山で出家し、視力を取り戻す。二十年後、僧は父を追善供養するため四天王寺へ旅に出る。到着した日は彼岸の中日、二十年前と変わらず境内はごった返している。
 中門の近くで、露店の女が茶を差し出す。女は毎年日想観に参加しているが、み仏を観想したという確信が得られぬと僧に訴える。女に伽藍を案内してもらう内に日没の時刻となり、極楽門へ向かう。二人で波の入日を拝むも、人の波に女の姿はかき消えていた。(中入)

The scene is from an evening to dawn in Shitenno-ji Temple, in spring.

a0332314_16363359.jpg
能「胡蝶」(google search)


 夜、境内の彼岸桜の樹の下で休む僧の夢に、胡蝶の精が現れる。胡蝶は、桜の春に生まれたばかりに梅の香りを知らぬことを嘆く。香りもまた仏を感じる手段ではないかと。
 僧は説く。目の見えぬ者は耳と鼻で、耳の聞こえぬ者は目で、それぞれに足りぬ感覚は別の感覚を研ぎ澄ますことで補える、肝要なのはみ仏への愛と祈りである、と。
 自分と亡父のために、み仏のために舞ってほしい、と所望する僧。ひらひらと胡蝶は舞い始め、やがて東雲(しののめ)の空へ昇天して行った。

The characters are a priest (ex-Yoroboshi), a stallwoman, and the spirit of the butterfly. The latter two are performed by one player because the woman is an incarnation of the butterfly.


a0332314_17044125.jpg
四天王寺境内の亀。「盲亀の浮木」という言葉が仏教にはある。仏法に会う難しさをいう。
The blind tortoise rarely meets a driftwood.=rare occurrence (meeting with Buddhism)


 私(わたくし)はかつて弱法師と呼ばれた僧です。高野山にて出家をし、心の平安を得て、ふたたび目が見えるようになりました。あれから二十年が過ぎ、このたびは父の追善供養のため、ふたたび四天王寺へ向かっております。

(道行)(高野山大門いでて町石道、五輪卒塔婆の石柱を、しるべに坂を下りければ、浄土をあとに濁世へと、戻り路する心地せり。小暗き笠木峠越え、天野辻より慈尊院、岩室、小寺とたどりゆく。庚申道と交われば、瑠璃色の空ひろごりて、四天王寺に着きにけり。四天王寺に着きにけり)


a0332314_18023804.jpg
四天王寺中門*Middle Gate of Shitenno-ji Temple


Priest:I am a priest who was once called Yoroboshi. I did not return home with my father and went to Mt. Koya alone to become a priest. I recovered my sight thanks to the peace of mind. Twenty years have passed since then, and now I am traveling from Mt. Koya to Shitenno-ji Temple in order to hold a memorial service for my deceased father.

traveling chorus(Going out of the main gate of Kongobu-ji Temple on Mt. Koya, walking down the slope passing by Machi-ishi Road with milestones in the shape of Gorin Stupa, he feels as if he was going back to the secular world. Passing by Kasagi Pass under green trees,(…) intersecting Koshin Road, finally he has arrived at Shitenno-ji Temple under the blue sky)


a0332314_18045401.jpg
四天王寺中門*Middle Gate of Shitenno-ji Temple


 このたびも彼岸の中日に来合せました。二十年前は盲目だった私。お念仏や鐘の音、参拝客の声や物売りの声、線香の匂いや団子の匂い、茶の匂いに押し包まれて、息もつけませんでしたが…
 もし、お坊さま、お茶を一服召し上がれ。
 おお、これはかたじけない。あなたはこの辺りの方ですか。
 はい、縁日のたび境内に露店を構え、粗茶をふるまっております。
 み仏とのご縁の深いお暮しですね。

Priest: I have arrived here again on Vernal Equinox Day! I was blind twenty years ago and I was surrounded by Buddhist chants and rings of bells, suffocated by the smell of insences, smell of dumplings and tea…
Woman:Hello, priest, would you like a tea ?
Priest: Thank you very much. Are you a local ?
Woman: Yes. I open my stall on every temple festival's day.
Priest: You live near Buddha's providence !



a0332314_15401019.jpg


 春と秋に、極楽門の夕日を拝んでおります。ただ、いくら夕日が美しくても、阿弥陀さまと繋がったという安心が得られません。お坊さまなら、すっかり安心できるのでしょうか。
 私どもとて、ここまで修行したから安心、と申せるものでもありません。ただ、その日、その日に手を合わせるのみ…
 四天王寺は初めてですか。
 子供の頃に何回か…最後に参拝した時は、盲目になっておりました。

Woman: I worship the setting sun abve Paradise Gate every spring and autumn. But however the setting sun is beautiful, I cannot be confident of the salvation. Are you, a priest, confident perfectly?
Priest: Even we are not perfectly confident of the salvation. We can only pray every day.
Woman: Do you visit this temple for the first time ?
Priest: No, I have been here several times in my childhood. When I came here last, I was blind. Thanks to Buddha, I have recovered my sight.


関連画像
能面「弱法師」*大槻能楽堂能楽事典より

 それはご苦労をなさいましたね。病まれたのですか。
 父に家から追われ、泣き腫らし、泣き潰したのです。まだ少年でありながら、眉間や口元に皺が寄り、老人のような面相に…
 なぜお分かりに。盲目でしたのに。
 四天王寺で再会した父が、そう申しました。み仏のおはからいで、いまは再び見えております。


a0332314_15352497.jpg
四天王寺伽藍。中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並ぶ
the five-storied pagoda, the main hall and the lecture hall on a straight line


(それでは私が案内(あない)をと、女は僧の先に立ち、五重塔、金堂、講堂を真一文字に参拝す。聖徳太子発願の、古きみ寺のたたずまい。回廊に立ち見回せば、浄土の伽藍のごとくなり。)

 ありがたい、おかげで恙なく参拝できました。おお、日もだいぶ傾いてきました。日想観のころですね。
 それでは西の極楽門へ…

(…参りましょう、と歩みを進めれど、僧は頭をめぐらせて、東の方を一瞥す。あわれ盲(めしい)のあの頃は、西も東も分からずに、亀の井に棲む亀のごと、よろめき惑うていたものを―。)

 どうなさいましたか、こちらです。
 おお、ここが ―



a0332314_21153822.jpg
亀の井で甲羅干しする亀* tortoises


narrating chorus (…then I guide you, the woman leads the priest and visit the five-storied pagoda, the main hall and the lecture hall on a straight line. How holy atmosphere of a temple founded by Prince Shotoku! Looking around from the corridor, they look like buildings in Pure Land.)

Priest:Thanks to you, I could visit every building smoothly. Look, the sun is declining.The time has come to contemplate Pure Land through the setting sun!
Woman :Then let's go to the Paradise Gate…

id.(When heading to the west, the priest turns around and took a backward glance at the east. When I was blind, I was tottering and wandering like a blind tortoise…)

Woman: Here we are…
Priest: …in front of Paradise Gate !


a0332314_14500122.jpg
極楽門と石ノ鳥居。海は現在は見えません。


(四天王寺の極楽門、四天王寺の極楽門。真朱(まほそ)の門のきららかに、光あふれる真中には、石の鳥居の影浮かび、陽炎のごとゆらぐ波、波へ夕日は沈みゆく、夕日は波へ沈みゆく。)

 二十年(はたとせ)をへだてて拝む入り日かな波のかなたに浄土もとめて


(南無阿弥陀仏と拝む声、南無阿弥陀仏と拝む声、あまたの声に囲まれて、礼を述べんと女をば、探せど辺りは人の波。人の波にかき紛れて、跡も見えずなりにけり、跡をも見せずなりにけり)(中入)


a0332314_15320680.jpg
元歌は「契りあれば…」()平安末期の藤原家隆の和歌です。↑
based on the waka composed by Fujiwara no Ietaka(
Because of Buddha's providence, I have come to stay in Naniwa Village and worshipped the setting sun over waves.


(Paradise Gate of Shitenno-ji Temple, the red gate shines in the setting sun. In the middle of the gate, the torii gate floats like a shadow. the sea waves are waving like shimmering heat waves, over which the sun is setting. The sun is setting over the shining sea waves.)

Priest: the setting sun that I worship for the first time in these twenty years, in pursuit of Paradise beyond the waves! (tanka composed by snowdrop in place of the priest based on the below waka poem )

(Hail Amitabha Buddha, Hail Amitabha Buddha ― surrounded by prayers of the crowd, he looked for the woman to give thanks to, but she has disappeared in the crowd without trace. She has disappeared without trace.)



a0332314_07004567.jpg
家隆塚*mound of Fujiwara no Ietaka in the shape of Gorin Stupa

(つづく)

(Intermission)

(All Rights Reserved)






# by snowdrop-nara | 2019-04-06 21:10 | | Comments(4)

四天王寺の彼岸 下(Shitenno-ji Temple in Equinoctial week2)

a0332314_16494179.jpg
snowdropの梅の写真をaster roseがイラスト加工してくれました(2018年)


元雅(世阿弥の息子)の独白(snowdropのフィクションです)

 
 弱法師がありありと見た景色は、かぐわしい記憶、失われた幸福に裏打ちされたものであった。それは日想観と似て非なるものである。物狂いの感覚である。彼が見たものは彼岸(浄土)ではなかった。
 そのことを思い知らされるように、彼は群衆の中でよろめき、したたかに転ぶ。これこそ本当の弱(よろ)法師だと、嘲笑う声がする。
 法悦の頂点から幻滅のどん底へ。弱法師はうめく。
「恥かしやな…今よりは狂はじ」

Monologue of Motomasa (Zeami's son)

 The landscape Yoroboshi saw was inspired by his fragrant memory and his lost happiness. It was not the same as the Pure Land contemplated through the setting sun. It resembled the illusion of a person who has lost his reason.

 The blind young man in the crowd stumbled and fell down. That's real Yoro-boshi(tottering man)! Scornful laughters surrounded him. From the top of the religious exaltation to the depth of the disillusion…he gave a moan,
"ASHAMED…! I will never lose my reason from now on! "


a0332314_15213942.jpg


 私、元雅がまったくの独力で、渾身の力で綴ったのが、この「クルイ」の場面であった。自らの思い込みに踊らされる人間の愚かさ、悲しさ。この場面の草稿を見せたとき、わが父世阿弥は目をむいた。ふつうの能であれば、極楽浄土を観想し、父親と再会を果たしてめでたし、めでたしと終るであろう。ここまで仮借なく現実を描いてよいものか?!
「現実とは…酷薄なものでございますよ、父上」
 うっそりと私は笑った。

 The draft of this scene of "kurui (=losing one's reason)" was written completely by myself. The foolishness and sadness of the man who is manipulated by his own imagination… this scene shocked my father, Zeami. In a normal Noh play, Yoroboshi would contemplate the Pure Land and meet his father again, to live happily ever after. Can a Noh-composer describe the reality so mercilessly ?!
 "The reality…is merciless and cruel, you know"
 I smiled vaguely.

a0332314_15412014.jpg
善龍寺*Zenryu-ji Temple


 そのころ、我らが観世座は逆境にあった。将軍様が交代し、我ら世阿弥・元雅父子は疎んじられるようになっていた。新将軍の覚えめでたき音阿弥が、我らに取って代わった。
 何を隠そう、音阿弥はわが従兄にして、わが父世阿弥の養子である。しかし、実子の私が生まれてから、音阿弥の立場は微妙なものとなった。父は甥より実の子に目をかけ、後を継がせたいと願った。ただでさえ、芸を相伝する父子の仲は厳しいものだ。そこへ養子と実子の跡目問題が絡めば、さらに複雑な関係となる。
 肉親の情だけで動く訳にゆかない、座頭として絶えず周囲の目を気にするわが父が、「弱法師」の父親像に反映されているかもしれぬ。

 Our Kanze School was in a difficult situation at that time. A new Shogun preferred On-ami to us. On-ami was my cousin and an adopted son of my father, Zeami. His situation became complex since my birth. My father came to want to make me succeed him over On-ami's head. The relationship is strict between the father and son of a head family. In addition to that, the problem of the real son and adopted son !
 My father had to deal with me always caring about what other people thought. His personality might be reflected in Yoroboshi's father.


「能 隅田川 母子」の画像検索結果

 隅田川 ([能 演目辞典」よりお借りしました)


 私には親子の再会を扱った能がもう一つある。「角田川」。わが子をさらわれた母親が物狂いとなり、東国へ下り、子の葬られた塚を見つけて泣き崩れる。念仏を唱えると塚から子供の声が聞こえ、姿が現れるが、かき抱くことはできない。
 この草稿には父世阿弥がダメ出しをした。子供を出さない演出にせよと。だが、私はどうしても、親とすれ違う子供を、目に見える形で舞台に上げたかった…

 I have written another Noh on the reunion of a parent and a child, Sumida River. A mother whose son was kidnapped lost her mind and traveled in the eastern provinces. At last she found a mound of her son and broke down into tears. When chanting a prayer to Amida Buddha, she heard her son's voice and saw his figure appear from the mound, but she could not hug him. 
 My father, Zeami advised me not to make a child actor appear on the stage. But I did wanted to show a child who passes by his mother on the stage.
 

a0332314_15283121.jpg


 「弱法師」に戻ろう。夕日が沈んだ後で父親は息子に声をかけ、高安の家へ帰る。だが、二人が手を取り合って舞台を去ることはない。弱法師はまるであの世へ向かう亡霊のように橋掛かりを一人歩み去り、父親は舞台に坐したままそれを見送る。
 父世阿弥はこの幕切れについては、何も言わなかった。

 In Yoroboshi, after sunset, his father speaks to him to bring him home. But they do not exit hand in hand. While Yoroboshi walks alone on the bridge like a ghost who goes to the other world, his father sees him off still sitting on the stage.
 My father Zeami said nothing about this end of an act.

 
a0332314_16023852.jpg
橋掛かり(左)と舞台(右)を二階席から見下ろす(京都観世会館)
bridge(left)and stage(right)from the upstairs (Kanze Theater, Kyoto)


 申し添えておこう。父を恨んだことは一度もない。母にもっと甘えたかったと思ったことも。芸の家に生まれた子の宿命だ。わが家は私(ワタクシ)の家ではなく、公(オオヤケ)の座であった。ここで生まれたからこそ、私は短い生涯で、能の作り手として頂点を垣間見ることができた。やがて私は早世し、父は島へ流されたが、我らが能ははるか平成の世まで残った。これ以上、何を望もう。

 I have something to say in addition. I have NEVER felt bitter about my father. Everything was the destiny of a child who was born in a head family of the traditional arts. My home was public rather than private. Thanks to be born there, I could get a glimpse of the top of the Noh world as a composer during my brief life. Though I was to die around the age of forty and my father was to be exiled to Sado Island, our Noh was to survive even in the 21th century. Need anything else?


a0332314_16153012.jpg

元雅に代はりてsnowdropが詠める


唐織の重さ(おもて)の濃き闇を知る人ぞ知る(われ)は芸びと

in place of Motomasa
who knows
the heaviness of a costume and
the darkness in a mask ?
― I know.I,a Noh player!

a0332314_17362747.jpg

次回は、弱法師のその後を想像した snowdropオリジナルの新作能を…

Will Yoroboshi be happy ? So as to answer this question,
snowdrop composes a Noh play for the first time. (to be continued)

(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-03-30 20:30 | | Comments(0)

四天王寺の彼岸 上(Shitenno-ji Temple in Equinoctial week1)

a0332314_14270549.jpg
四天王寺伽藍


元雅(世阿弥の息子)の独白(snowdropのフィクションです)

 梅の香る能を作りたいと思った。梅の香りを強く感じるのはいつか?夜だ。夜は目が見えぬゆえ、人は匂いに敏感になる。目の見えぬ境遇…そうだ、この能の主人公は目の見えぬ青年としよう。

Monologue of Motomasa (Zeami's son) → 📚(Zeami)

 I want to compose a noh where plum blossoms smell sweet. When does the man smell the fragrance of flowers most strongly? It is the night. Because the man is blind during the night, he becomes sensitive to smell. Blind…yes, the hero of this noh is a blind young man.


photo by snowdrop, image processing by aster rose

a0332314_16201311.jpg





















かをりとは記憶のたより まなぶたを閉づれば

梅の林に 君と



「弱法師 下村関山 」の画像検索結果

下村関山「弱法師」(google search)

 

 盲目の青年、俊徳丸は杖をついてさまよう。父に追い出され、悲しみのあまり盲目となったのだ。生まれついての盲目でないゆえ、まだ足元がおぼつかぬ。よろよろ歩く青年は「弱法師(よろぼし)」と呼ばれる。もはや誰も彼の本名を知らぬ。
 
 A blind young man, Shuntokumaru is wandering with his cane. He was turned out of the house by his father and cried so bitterly that he became blind. Because he was not born blind, his steps are still unsteady. He is called Yoroboshi because he walks totterlingly (adv. "yoro-yoro"). No one knows his original name now.



a0332314_13425924.jpg
天王寺七坂の一つ、清水坂(Kiyomizu Slope)


 なぜ追い出されたのか。他人が息子をそしる言葉を父が信じたからだ。河内の高安から、あてもなく西へさすらい、天王寺界隈へたどり着いた。あてもなく?
 天王寺界隈は坂の多い土地だ。どの坂も四天王寺へ向かう。四天王寺まで登りつめれば、丘の上から海が見える。海へ没する夕日が見える。阿弥陀仏のさし招く極楽浄土が見える。目さえ見えれば…いや、阿弥陀仏に近い土地に行けるだけでもよい。
 青年は心のどこかで死に場所を求めていたのかもしれぬ。

 Why was he turned out of the house? Because his father believed a false charge against him. He wandered aimlessly from Takayasu toward the west, Tenno-ji region. Aimless?
 There are many slopes in the region. Every slope leads to Shitenno-ji Temple. When he reaches this temple, he will get the view of the sea, the sunset over the sea, Paradise of Amitabha Buddha, if only he can see…no, he is content even only he can go near Amitabha Buddha.
 At the back of his mind he might have looked for the place to die.
 


a0332314_13585013.jpg
大江神社境内(Oe Shrine)


 父が息子を放逐したのは暮れであった。
(snowdropのツッコミ*欧米ではクリスマス前の解雇はタブーとされます。正月前に追い出すとは、あまりな仕打ちと申せましょう)
 しかし、やがて後悔し、春の彼岸の前に四天王寺で施しを行い、息子の後世を祈る。息子が生きていて、四天王寺の方角へとぼとぼ歩いていることも知らず…
(snowdropのさらなるツッコミ*もっとよく探しなさいよ!)

 It was a year end when the father threw his son out.
(snowdrop*In the West, it is taboo to fire an employee in Advent. This father's treatment is too pitiless!)
 But soon the father regretted and gave charity at Shitenno-ji Temple praying for his son's peace in the posterity. He did not know his son is still alive and walking totteringly toward Shitenno-ji Temple.


a0332314_14145418.jpg


さすが名に負ふ此寺の 仏法最初の天王寺の石の鳥居ここなれや ― 「弱法師」詞章より


鳥居の扁額には「釈迦如来転法綸所当極楽土東門中心」と記されている。
(snowdrop注*釈迦をうたう鳥居!神仏習合ですね。オリジナルは宝物館で見られます)

 

a0332314_13295505.jpg


 弱法師が施しを受けると、袖に梅の花びらが散りかかり、梅の香が匂い立った。草木国土悉皆成仏、花の散るのも施行のうち。仏の慈悲の深ければ、「澄める亀井の水」に住む盲目の亀をも導きたまう。

 When Yoroboshi received the charity, petals of fragrant plum blossoms scattered on his sleeves. All things have the Buddha's nature and scattering flowers also is a charity. The mercy of Buddha is so deep that he leads even blind tortoises living in "the limpid water in Tortoise Well" to Paradise.

 


a0332314_17044125.jpg

「澄める亀井の水」と謡われた「亀の井」と石舞台 🐢 甲羅干しする亀
The limpid water in Tortoise Well" and tortoises basking in the sun


 そのとき、父は目の前の盲目の乞食(かたい)が、死んだと思ったわが子だと気づく。なんと哀れな!しかし、人目をはばかり黙っている。夜になったら名乗り出、家に連れ帰るとしよう…

 At last the father recognized that poor blind begger was his own son! How miserable ! But he kept silent worrying about what other people thought. (When the night falls, I will step forward and bring him back home...)

 

a0332314_14473656.jpg
東大門(East Gate)


 西に沈む夕日を拝む「日想観」の時刻となった。目の見えぬ悲しさ、弱法師は間違って反対の方角の東大門を拝んでしまう(上図)。
 拝むべき方角は西、極楽門であった(下図)。真朱(まほそ)の寺門から石の鳥居が、波打ち際が見渡せる。難波の海に入日の光が舞い踊る。
 弱法師の目に、せめて仄明るさだけでも感じられたであろうか。

 The time has come to contemplate Pure Land through the setting sun in the west. Blind Yoroboshi mistook East Gate (above fig.) for Paradise Gate (West Gate)(below fig.)
 From the red Paradise Gate, a stone torii-gate and the sea are to be overlooked. The dazzling setting sun over the sea ! Did Yoroboshi, in front of Paradise Gate, feel at least dim light ?
 

a0332314_14500122.jpg
現在は海は見えません


 弱法師は思い出す。目の見えたころに眺めた、淡路の島にかかる月を。蘇る記憶の風景。淡路 絵島 須磨 明石 紀の海までも。心のなかの青山がありありと蘇る。
 そこへ今日のこの日の日想観のイメージが重なる。
 月と太陽、二つの光に照らされた、過去と現在、二つの景色が一つに重なる。これが四天王寺からのぞむ「彼岸」であろうか。 ―

 Yoroboshi remembered. The moon above Awaji Island he had seen before he became blind. The memory of the landscape revived, of Awaji, Suma, Ki-no-umi, etc.
 The blue mountains in his memory overlap in his mind with the image of the contemplation of the setting sun. The moon and the sun, the past and the present, two landscapes are overlapped.
 
 

a0332314_14551358.jpg
石ノ鳥居から東の月を仰ぐ


南はさこそと夕波の。住吉の松影。東の方は時を得て。春の緑の草香山。北は何処。難波なる。長柄の橋  ― 「弱法師」



a0332314_16164551.jpg
影向の松(京都観世会館)


 この場面を舞台正面から見る者は、弱法師の喜悦をまざまざと目にするであろう。
 この場面を橋掛かりから見る者は、二本の柱を極楽門の鳥居と見立て、客席にまぼろしの波を聴くであろう。
 人の記憶は視覚よりも聴覚、あるいは嗅覚によって呼び覚まされる。梅の香りと波の音が、弱法師の幸福な記憶を呼び覚ましたのだ。
 しかし、このあと私は 彼を奈落の底へ突き落とす。

 Those who see this noh play from front seating will see vividly Yoroboshi's delight. 
 Those who see this noh play from side seating will compare two pillows to the stone torii-gate of Paradise Gate and hear the imaginary sound of the sea.
 The memory is evoked by the hearing and smell rather than the sight. The fragrance of the plum blossoms and the sound of the sea brought back a happy memory of Yoroboshi. But soon after that, I throw him into the abyss.

 

a0332314_14433992.jpg

橋掛りから正面席をのぞむ(from side seating toward front seating)

(つづく)

(To be continued)

(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-03-25 20:20 | | Comments(5)

あさい はる(le commencement du printemps)

f0374041_11162909.jpg


早春のひかりと影のあやとりに一日(ひとひ)を過ぐす


見るひともなく


je passe un jour

à jouer au jeu de ficelle

de l'ombre et la lumière

du commencement du printemps

sans un spectateur


f0374041_11165144.jpg


ナルシスト…()を呼ぶは()

芽吹きまつ()枝をひたと見てをりし吾を


Narcisse

qui m’applle narcisse ?

j’observais

une branchage

qui attend sa germination



f0374041_11160494.jpg
f0374041_11172472.jpg




























黄水仙(スウェーデン語では復活祭の百合)
(jonquille * lys de Pâques en suédois)



寒芍薬のうすむらさきに春は来て

水仙の(きい) ぬくみを灯す


le printemps est arrivé

au mauve

de l’ helleborus

et le jaune du narcisse

allume la chaleur




寒芍薬(レンテンローズ=四旬節のバラ)(Renten Rose)

f0374041_11150225.jpg



ヴェロニカは十字架運ぶキリストの顔を拭ひし

をとめの名前


Véronique

c’ est le nom de la fille

qui essuya

le front de Jésus

portant sa croix au Golgotha


a0332314_09412300.jpg


青い花はヴェロニカ (イヌノフグリ)(veronica)又は
天人唐草、瑠璃唐草、星の瞳(ブログ「南の魚座」)
うす紫の花は姫踊子草 (purple archangel)(2017年)

四旬節(レント)は主の受難に先立つ精進期間です。
イエスの顔を拭ったヴェロニカの絵をTVで見ました。


「ヴェロニカ キリスト」の画像検索結果


朝日新聞HPより

(All Rights Reserved)









# by snowdrop-nara | 2019-03-21 06:12 | | Comments(0)

春の引き算(soustraction du printemps)

桃の節句の翌日から、梅が散り始めました。。。

Après le jour suivant de la fête des filles,
des fleurs du prunier ont commencé à tomber.


f0374041_21095711.jpg
『万葉のうた』(大原富枝 文 岩崎ちひろ 画)
Man'yo-shu illustrated by Chihiro



あっほんもの!少女は駆けるホスピタル・ガーデンに咲くしだれの梅へ

" oh, fleurs véritables ! "
une fillette accourt
à un prunier
qui est en pleine floraison
dans le jardin d' hôpital.



f0374041_21092893.jpg


万葉の時代の梅は白梅だけでした。けれども、
ちひろの描いた水墨の万葉集には薄紅梅がよく似合います。
男女の出会い、家族の誕生、そしていつか訪れる別れ…
ときには足し算、ときには引き算。どちらもかけがえのない記憶。

L' addition et soustraction des fleurs du prunier
sont comme la vie humaine, et
tous les mémoires sont precieuses.


f0374041_21071747.jpg



別れすら出会ひであつたとたれが知る み空の星よ 野べの霞よ

Qui sait
que même la séparation
est la rencontre ?
étoiles dans le ciel !
brume sur les champs !



f0374041_21082982.jpg


鹿が浮き彫りされた玻璃の盃に梅の花びらを浮かべると、山の端の月のようです。
鎌倉時代に下ると、日輪のみならず月輪も阿弥陀仏と見られるようになりました。
(なお、日輪を阿弥陀仏と見る日想観は平安時代に始まりました)

Ce verre est comme
la lune qui se montre derrière la montagne,
comme Amida Bouddha derrière la montagne…



a0332314_17240533.jpg
山越阿弥陀図 (禅林寺) (12-13世紀 龍谷大学HP
Amida Buddha Coming over Mountains, Zenrin-ji Temple



「ももさえずり阿弥陀三尊像 快慶作 浄土寺 捨て捨てて」の画像検索結果


快慶作 夕日に照らされる阿弥陀三尊像(浄土寺)(1195 - 1197年)
『運慶 快慶』(小学館)
Amida Buddha coming like the sun by Kaikei, Jodo-ji Temple


「蓮台 」の画像検索結果







心月輪及び
蓮台
平等院鳳凰堂阿弥陀如来像納入品復元品)
 奈良国立博物館HP

蓮台のような葉っぱのホトケノザ ↓

a0332314_21455658.jpg


春浅みいまだふふめる仏の座 夕日くるめく彼岸を待ちて

(浅い春ゆえ未だつぼみの仏の座は
夕日の輝く彼岸を待っています)



a0332314_22160613.jpg


雪のまに咲く福寿草ゆめみれば梅の花弁の雪片とふる

(雪のあいだに咲く福寿草が見たいと思っていたら
梅の花びらが雪のように降りました)


a0332314_22163413.jpg


(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-03-15 06:30 | | Comments(8)

花と酒と魚(とと)のうた(tanka de fleurs, sake et poissons) 

a0332314_09205514.jpg



















「初音の鶯」
「梅の香」🌸 今年の初音は雨水(うすい)の朝でした
le premier chant de bouscarle chanteuse (gauche)
l' odeur de fleurs de prunier (droit)


ほけきゆぴちゆ雨水のころをたどたどしく

うれしむ幼うぐひすのうた


hoke-pichi-yu ♪

totteringly but merrily

a nightingale sings

on the second day

of the rainwater period (February)



a0332314_08054363.jpg


海の(うを) 山の新酒の(うま)ければ

海神(わたの)の宮の赤海(たひ)踊りせむ



♪ 乙姫様のごちそうに 鯛(たい)や比目魚(ひらめ)の舞い踊り … ♪
a0332314_08362717.jpg


 鶯に加えて四十雀も鳴き出したころ、「垂仁の郷」(HP→ 🍶 )の新酒が友から届けられました。垂仁天皇の陵(みささぎ)のそばの田圃で育てられた山田錦の生酒です。平成最後の新酒のお味は?まあ、果実酒のような爽やかな味! 
 北欧の鹿は森に落ちた林檎を食べ、それが胃の中で発酵して酔っ払うといいます。この春鹿の盃の底に浮彫りされた鹿は、米の酒に酔いしれています。

 Quand une bouscarle chanteuse et puis une mesange ont commencé à chanter, une bouteille du sake Mausolée de Empereur Suinin Nouveau est arrivée de mon amie. Quel parfum fruité!
 On dit que les élans peuvent s´enivrer en mangeant des pommes. Celles-ci fermentent dans leur estomac, et ils sont ivres. Un cerf au fond de cette coup s´enivre de sake !
 

a0332314_09562033.jpg



















Img_1597

海辺のバッケン(鹿の森公園)、デンマーク Bakken, Denmark(1997)



平成のしまひの(ささ)をとくとくとく

注げば酔ふらむ 玻璃(ガラス)
の鹿は

pouring

the last Haru-shika nouveau in the Heisei period,

a deer (shika)

at the bottom of the glass

is to be in her cups!



梅乃宿のラベルもうれし垂仁のミカドの酒は

くだものの味

a0332314_10122947.jpg

奈良時代の梅は白梅でした



ときじくのかぐの木の実で醸したる


酒を供へむ田道間守(たじまのもり)に 


田道間守は垂仁天皇のために不老長寿の木の実をもとめて旅をした。芳しい橘(タチバナ)を持って帰国するも、垂仁天皇は既に没していた。帝の陵に寄り添うような小島に田道間守はひっそり眠っている。

Tajima Mori voyagait longtemps à la recherche du fruit de la vie éternellepour Empereur Suinin et enfin trouva citrus tachibana. Lorsque il est retourné au Japon, l' empereur était déjà mort. Tajima Mori maintenant dort dans une petite île à côté du mausolée du empereur.




Img_1303_800x569


垂仁天皇陵と小島(2007年)

le mausolée et une petite île

「垂仁の郷」のラベルにも小島が…

a0332314_14311647.jpg
ココ 


↓ 日本経済新聞朝刊
a0332314_12002863.jpg

田道間守に代はりて詠める

海を越え
黄金のいろの橘を君へ届けむ

のちの世までも


au-delà de la mer
je vous apporte
des citrus
tachibana d'or

jusqu' à l' au-delà


a0332314_20410937.jpg

おまけ*今日はミモザの日(国際女性デー)です

Aujourd'hui, le 8 mars est le jour de mimosa.

a0332314_20290501.jpg


(All Rights Reserved)


【キャンペーン】『小さい春、み~つけた』雪解けや開花…うれしい春の便りを募集中!












# by snowdrop-nara | 2019-03-08 05:01 | | Comments(2)

宙と樹のうた(tanka du ciel et de l' arbre)

「reine-claude fleur」の画像検索結果「reine claude renaissance」の画像検索結果

レーヌ・クロード * Reine-claude * Reine Claude google search



たとふればレーヌ・クロード

ふらんすの女王の名前の雪白梅花




a0332314_14025237.jpg




















万葉のころ梅は白ばかり。雪にたとえる歌がたくさん詠まれました。snowdropなら星にたとえたくなります。

Si beaucoup de poèmes de Man'yo-shu comparent les fleurs de prunier à la neige, snowdrop les assimile à les étoiles.



紺青の海にまたたく梅の星めあてに

けふも漕ぎ出すこころ

étoilesde fleurs de prunier

étincelantes dans la mer d’ azur

c’ est ma carte marine

mon coeur part comme une barque

aujourd’hui aussi



a0332314_09421204.jpg

天海丹 雲之波立月船 星之林丹 榜隠所見  柿本人麻呂

天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠る見ゆ 萬葉集巻七

1068
on voit une barque sur les vagues de nuages de la mer du ciel

ramant et disparaissant dans un bois detoiles

― Kakinomoto no Hitomaro, tr. par snowdrop




天の海のあをの波ゆく月の船

いづこの森へたどりつくらむ


une barque de la lune
flottante sur les vagues d’ azur

de la mer du ciel,

à quelle forêt arrive-t-elle ?


a0332314_10114138.jpg


鹿の角のかたちの枝を白壁に飾ればここは狩猟の館


si on arrange

une brindille en forme du bois

sur le mur,

aussitôt nous sommes

dans un petit  château de la chasse

「salle des trophées de chasse 」の画像検索結果



外国の狩猟の館にはよく鹿の角が飾られます。

une salle des trophées de chasse (google search)



a0332314_20314736.jpg
















 
 ↑ 鹿の角切りで回収される角(1990年代)
Antlers collected into the scaffold in Deer-Antler-Cutting Ceremony



春日大社の鹿みくじ、東大寺お水取りのお菓子(閼伽水、良弁椿)(2015年2月)


a0332314_05402735.jpg


(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-03-04 07:07 | | Comments(8)

南都銀行に入ってみれば(Nanto Bank in Nara)

a0332314_14594165.jpg


シルクロードの終着点、奈良の都の南都銀行は
三条通りに面した石造りの洋風建築です。
「蓄財」を意味する羊たちが建物を守っています。

Here we are at a terminal of the Silk Road, Nara,
where Nanto Bank was founded in the Meiji period.
The head office is a Western-style building.
The sheeps which mean "a store of money"
guard this stone building.


a0332314_16235896.jpg


羊毛と乳と肉とを財となすヤコブとヤマトタケルとの距離
the distance between
Yamatotakeru, a Japanese prince
in ancient Nara
and Jacob whose property was
sheeps' milk, flesh, and fleece

a0332314_13412642.jpg


今日はシャッターが上がっていますね!
せっかくですから中へ入ってみましょう。
外国人観光客も写真を撮りに来るそうです。
インスタ映えするのでしょうか?

Some foreign travelers enter this building
to take some photos. INSTAGRAMMABLE?


a0332314_21184364.jpg

甍(いらか)の波?


悠久のやまとの地方銀行に寄せてはかへすAIの波
même à une banque
en Nara, une ville ancienne
on voit
le flux et reflux
de l' intelligence artificielle


a0332314_13482427.jpg


明治時代に建てられたそうですが、設計者は不明です

The designer of this building is not known.


a0332314_13445874.jpg

木を多用した和モダンな内装。くつろげます~。
片隅には鹿のマスコットが見えます。奈良ですから!↓

The natural wood interior design is relaxing.
I found stuffed deer, typical of Nara !

a0332314_13442838.jpg


奈良らしいナンバープレートを見つけました。

And here are the number plates typical of Nara…


寄付金のありや無しやで鹿ぞ住む山辺の色のちがふプレート
license plates
whose illustration represents
mountains where deer live,
whose colours are different
depending on whether or not you make a donation


a0332314_13344633.jpg



22-22 のナンバープレート買ひたいにや2月22日は猫の日 🐈🐈🐈


猫の名はKuchin(マレーシア語) (フランス ホストファミリー宅 2004年)

a0332314_13420638.jpg


絵葉書の猫と合わせて猫2匹

2つながりのおまけ*梅2輪

a0332314_06255385.jpg


(All Rights Reserved)







# by snowdrop-nara | 2019-02-22 06:22 | 鳥獣 | Comments(2)

梅いちりん(one plum blossom)

a0332314_06430648.jpg


梅は最初の一輪がいちばん美しく、香り高いのだとか。遠すぎますか?

The first blossom of a plum tree is the most beautiful and fragrant.


a0332314_07015487.jpg


萬葉集で梅の香をうたった歌は一首だけです。奈良時代の梅は白梅です。


宇梅能波奈 香乎加具波之美等保家杼母 己許呂母之努尓
伎美乎之曽於毛布  市原王


梅の花香をかぐはしみ遠けども心もしのに君をしそ思ふ 
萬葉集巻二十4500


梅の花の香りがよいので、遠くにいても心も萎えるばかりに
あなたのことを思っています (岩波新古典文学大系『萬葉集四』)

plum blossoms

smell so good that

exhaustedly

I miss you though

you are so far away (tr. by snowdrop)


a0332314_16270869.jpg




















探梅や 枝の先なる 梅の花   高野素十

梅一輪 一輪ほどの あたたかさ 服部嵐雪



素十(1893-1976)の一句は鋭い観察による写生句ですね。
嵐雪(1654-1707)のはしみじみした叙情を湛えた句です。

Ransetsu's haiku reminds me of The Little Match Girl.
one plum blossom/makes us feel/its own warmth (of early spring)
(tr.by snowdrop)


a0332314_16262705.jpg


一本(ひともと)の燐寸がはなつ熱のごと樹液を燃やし梅は花さく

like one match
generating strong heat
one plum blossom
is blooming
in burning its sap




「マッチ売りの少女 ちひろ」の画像検索結果


マッチ売りの少女(いわさきちひろ美術館HP)

The Little Match Girl by Chihiro Iwasaki

ちひろには、水墨画の伝統を引く絵もあります。

『万葉のうた』(大原富枝 文 岩崎ちひろ 画)
Man'yo-shu illustrated by Chihiro (ink painting)

a0332314_20290501.jpg


園は奈良墨の老舗です。(日本経済新聞2月13日夕刊)

Kobaien(Old Plum Garden, traditional ink shop in Nara)NIKKEI

a0332314_20211607.jpg


おまけ * 万葉のコスプレイヤー* Bonus * cosplayer of Man'yo-shu


a0332314_17582328.jpg















(All Rights Reserved)











# by snowdrop-nara | 2019-02-16 20:30 | | Comments(6)

六花の香る美術館(Nakanoshima Kosetsu Museum of Art)

a0332314_19454976.jpg



春節(中国の旧正月、2019年は2月4~10日)のころ、
aster rose からこんなイラストレーションが届きました。
snowdropの写真が趣深い季節の便りに生まれ変わって…
谢谢你!!! *^^*
あらためまして、今年が皆さまにとって良き一年でありますように。



春のを君へおくらむ白の花さかづきにあふるる愛を

Season's greetings from aster rose for Lunar New Year


a0332314_15035662.jpg



六枚の花びらをもつ水仙は雪のよう。水仙はさながら
香雪という名の美術館があります(本館は神戸の御影)。
その第二館が2018年、大阪の中之島に開館しました。

Six-petaled narcissus is like a fragrant snowflake.
There is a museum named "fragrant snow (
香雪)" in Japan.





上の写真は2017年3月、開館一年前の美術館の外観です。
NHK「あさが来た」の広岡浅子の展示を見に、大同生命ビルへ行く途中でした。
(広岡浅子と村岡花子、ヴォーリズ夫妻の記事です。ご興味があれば… ↑)

Snowdrop had already seen this building from outside in 2017.



Dscn4041


スローなsnowdropが初めてこの新館を訪ねたのは、2019年の新春でした。
この棗(なつめ)は、井出の玉水に咲く山吹を蒔絵螺鈿で表しています。
(2枚目の図版の下方に写っている棗と同一です)


This tea caddy (18-19c) represents Japanese rosea along the Ide River
, which snowdrop visited with her friend in 2018 !


a0332314_11413577.jpg

(井出の玉川、2018年)


井出の玉水は『伊勢物語』第122段にも出てきます。

「むかし、男、ちぎれることあやまれる人に、
山城の井出の玉水手にむすびたのみしかひもなき世なりけり
といひやれど、いらへもせず。」

(むかし男が、愛の誓いを守らなかった恋人に
「山城の井出の玉水を手に掬って飲んだ思い出をよすがにしてきたが
その甲斐もない世であることよ」
と詠んで遣ったが、返事もなかった)(snowdrop試訳)


The River Ide appears in Tales of Ise, Chapter 122.

a0332314_15221815.jpg


「高砂のをのへの桜咲きにけり外山のかすみたたずもあらなむ」
(大江匡房、百人一首73)

こちらは藤原定家筆の「小倉色紙」。
「小倉百人一首」の選者はこんな四角い文字を綴っていたのですね。
(谷崎潤一郎は原稿と手紙とで、四角い字体と草書体とを使い分けていましたが…)
伝 小野道風「継色紙」の流麗な散らし書きと見比べるのも一興です。

Here is a calligraphy by Fujiwara no Teika,
one of wakas in the famous anthology compiled by him:
One Hundred Poems by One Hundred Poets



a0332314_15292818.jpg

嵯峨野の小倉山(2018年5月)*Mt. Ogura and Katsura River


その定家の山荘があった小倉山は、こんなまあるい山です。
ここで定家は百人一首を編み、色紙に書き写し、障子に貼っていました。
障子を眺めながら客人と和歌談義に花を咲かせたのかもしれません。

Teika's villa was at the foot of Mount Ogura.
He compiled and transcribed one hundred waka
to paste them on the shoji-screens there.


a0332314_15544332.jpg
one scene (Chapter 49) of Tales of Ise illustrated in 15th century



こちらは「伊勢物語図色紙」(若草の段)(室町時代、15世紀)です。
仲むつまじく琴を奏でる男女は、じつは兄妹(異母)なのですが…

「むかし、男、妹のいとをかしげなりけるを見をりて、
うら若みねよげに見ゆる若草を人のむすばむことをしぞ思ふ
と聞えけり。返し、
初草のなどめづらしき言の葉ぞうらなくものを思ひけるかな」
(むかし、男が妹のとても美しくなったのを見て
「うら若くて横たわるのによさげな若草のようなお前と
他人とが契りを結ぶことを思うと ―」
と歌うと、妹はこう返歌した。
「初草みたいに何と寝耳に水のお言葉でしょう。
裏表ない心で兄と慕ってきましたのに」)
(snowdrop試訳)

This brother is reluctant that his beautiful sister is to marry someone else.
She is surprised by his waka and rejects that affection by her own waka.



a0332314_09553822.jpg
仏の座(2017年)


なんてアブナイ兄妹の会話!!(当時は異母ならOKでしたけど)
こののち書かれた『源氏物語』の「総角」(あげまき)の巻では、
姉一宮の部屋で伊勢物語絵を目にした匂宮がこんな艶っぽい和歌を…

「若草のねみんものとは思はねど結ぼほれたる心地こそすれ」
「若草のように美しい貴女とは、姉弟であるから
結ばれようとは思わないけど、悩ましい心地がします」
(snowdrop試訳)


むかしの男ってば、もう…!

Having seen an illustation of Tales of Ise (Chapter 49),
Niou no Miya in The Tale of Genji also gave a waka to his sister.
(In the Heian period, brothers and sisters are often half-sibling.)


a0332314_16131424.jpg

(美術館入口のパネル。↑ 琴の糸の上の円がはっきり見えます)


ちなみに、『伊勢物語』原文には出てこない琴が描かれていて
しかも、琴の糸の上に描かれた円形の印の位置が狂っていることが
この絵の様式的位置づけの手掛かりになるのだそうです。(列品解説)
うた物語にあそぶもよし、絵にあそぶもよし…

According to a curator of this museum,
the koto-harp, which is not seen in the original text of Tales of Ise,
gives a hint of this painting's positioning in the art history.



a0332314_16263116.jpg


この展覧会は2月11日までです。

(All Rights Reserved)














# by snowdrop-nara | 2019-02-10 07:37 | | Comments(2)

AIはタンカを詠むか? 下(Does AI compose tanka ? ③)

AIはチキンラーメンを「発明」できるか?


托卵をせよと ヒトが加へたる チキンラーメンの背中のくぼみ



人間は何から学ぶべきかしらん 古典 昆虫 いつかはAI



「歌舞伎 出演 香川照之」の画像検索結果

「昆虫すごいぜ kagawa teruyuki」の画像検索結果


香川照之 Kagawa Teruyuki, (kabuki) actor
(google:above fig.) (NIKKEI:lower fig.)


a0332314_11374202.jpg
















 人間は、人為的にプログラミングされたAIの人生に共感するだろうか。架空の人間、架空の生涯。
 人間の書いた小説ならば、架空の登場人物に作家の実人生がにじみ出ている、という暗黙の了解がある。たとえば、福永武彦が平安時代を舞台にした小説でキャラクターに代わって詠んだ和歌なら(代詠)、読者は共感を覚えやすい。


「思ひ川逢ふせも知らぬながれ木の身は朽ちぬともこがれ渡らむ」
(貴女を想う川、その瀬のありかも知らぬ流木のような我が身は朽ちてしまうとも、貴女に焦がれる想いを貫きましょう:snowdrop意訳)

 Does a human being sympathize with AI's life which is artificially programmed? A fictitious character's fictional life.
 As for the novel, we assume that it includes or hides the author's real life. For example, when an author, FUKUNAGA Takehiko, composes waka-poems in place of his fictitous characters in the Heian period, we can sympathize with his waka-poems.

If in my river-like love
where the rapids and shallows are unknown
my driftwood-like body should decay,
I will preserve my affection for you
forever and ever (tr. by snowdrop)



「福永武彦 風のかたみ」の画像検索結果「モスラ 福永武彦」の画像検索結果
 
福永武彦は「モスラ」の原作者の一人です(google search)


 snowdropならこう返歌したくなる。

「ながれ木の朽ちるはかなし身をこがす蛍となりて君を照らさむ」
(流木が朽ちてしまうのは悲しい。私こそ身をこがす蛍となって流れる木を照らしましょう)

In place of his another character…

I would lament
if the driftwood should decay
it is I
who should become a firefly
burning myself to illuminate the driftwood (waka by snowdrop)



a0332314_18304890.jpg


















蛍袋(2015年)


 では、ゲーム・キャラクターはどうだろうか。ゲーム作家という生身の人間が投影されているから、そのキャラの詠んだ歌もプレイヤーの共感を呼ぶのだろうか。ポケモンすら嗜まないsnowdropには未知の領域だが…
(ここまで書いてきて、モクローなるゆるキャラの存在を知った。ううむ、このフクロウをゲットするためなら、ポケモンにはまるかもしれない。)

 Then, how about the game character? Because it includes and hides the game creater's real life, its tanka-poem awakens our sympathy? Beyond the imagination of snowdrop, a person who is unrelated to even Pokemon !…(While writing this article, I found this chouette pokemon-character, Rowlet!!!!! Will I begin to play Pokemon for this ? )


  関連画像    関連画像
   pokemon co.jp 


 じつは、この小文の出発点には、短歌は作者だけが創るものではなく、読者によって完成するものではないか、という気づきがあった。たとえば「偶然短歌」に詩趣を感じ、面白い短歌と評価するのは読者の側なのだ。(今のところAIは短歌を作ることを自ら楽しんではいない)

一方、読者は短歌を通じ、詠み手の思いや経験や人生に思いをはせる。偶然とは反対の、必然をも重んじる。じじつ、作者の実人生を感じさせる短歌に高い評価を与える選者もいる。肉親の死をリアルに詠んで評価された連作が、後にフィクションと判明して物議をかもした例もある。(これが小説なら、たとえ私小説でも問題にはならなかったであろう。)

 This essay began from the awareness that the tanka is not only created by the author but also completed by the readers. For instance, it is the readers who find a casual tanka poetic and interesting.(AI does not find interesting to compose tanka for the time being.)
 In contrast, the readers imagine the author's emotion, experience, and life that consequently produced one tanka. When a tanka-poet composed a series of elegies for his father who were still alive, it aroused a critism. If it had been a novel, even an autobiographical one, it would not have been criticized.


a0332314_20222451.jpg
   ↑ aibo, Japanese dog robot


人はAIの「人生」に共感しうるだろうか。もし共感する人が多数派を占めるようになれば、AI短歌は広がりを見せるだろう。

生命のない子犬ロボットに人が癒される時代である。「AIがあなたを泣かせてくれます!」という帯付きの歌集が本屋に平積みされる日も遠くないのかもしれない。

 Does a human being sympathize with AI’s life? If so, AI's tanka will become popular.
 Today the dog robot can heal our mind. Soon a book might become a best seller with book band saying "AI must make you cry! "





(All Rights Reserved)
















# by snowdrop-nara | 2019-02-02 07:14 | | Comments(4)

AIはタンカを詠むか? 中(Does AI compose tanka ? ②)

a0332314_20212492.jpg
いきなり、おまけ(伏見稲荷)*Bonus*Fushimi-Inari (2012)


狐二匹つらなり円を描くのでお稲荷さんを祀れとふ意味

united two foxes
making a circle together,
which means
one should worship
o-Inari-san, a deity of harvest ?
(inspired by AI)

a0332314_20214255.jpg

今井町の神棚。小さな鳥居も…(2012年)
household Shinto altar with small torii-gate in Imai town, Nara



「フクロウが鳴くと明日は晴れるので洗濯物を干せという意味」(AI作)
 発想の飛躍は詩趣につながる。人間が一読して、面白いと感じられる短歌ができる。けれども、現在のところAIは発想の飛躍を楽しんではいない。飛躍を楽しみ、遊んでいるのは人間の側だけである。

ホモ・ルーデンス。人間は遊ぶから人間である。「レンブラントの新作」を思い出してみよう。AIは絵を描くことを楽しみ、遊び、愛しているだろうか。AIから生まれた絵に、私たちは感心はするが、感動はしない。絵を描く喜びの感じられない、死んだ絵だからである。たとえそれと知らずに感動しても、知れば「騙された!」と悔しがるだろう。贋作をつかまされたコレクターのように。

"When an owl hoots, it will be sunny next day, which means you should hang out the washing to dry." (composed by AI, translated by snowdrop)
 The flight of the ideas leads to the poetry. Some poems interesting for the man is to be produced by that. But AI does not enjoy the flight of its own ideas for the time being. It is the man who enjoys it and plays with AI.
 Homo Ludens. Man the player. Let me go back to The Next Rembrandt. Does AI enjoy and love painting? We enjoy and admire AI's paintings but we are not moved by them. They are "dead" paintings without the pleasure of creation. If you should be moved without knowing the artist or author, you might feel tricked when you find AI there. Like a collector who bought a fake.
 


「ホモルーデンス」の画像検索結果「中世の秋」の画像検索結果
(amazon)


 
 AIは膨大な情報から抽出された有効な情報を組み合わせて作品を生み出す。それは人間に聞こえない周波数の音を切り捨て0か1で構成されたCDの音に似ているかもしれない。クリアだが温かみのない、長時間聴くと疲れてしまう音。便利さゆえに普及したが、その一方で、演奏会へ足を運んだり、自分で演奏したり、アナログレコードを探したりする人もいる。
 あるいは、AIは写真に似ているかもしれない。かつて風景画家や肖像画家は、カメラに仕事を奪われる!と戦々恐々としたものだ。写真は絵画の世界を根底から変えてしまった。

 AI produces the artworks with the effective elements extracted from huge amounts of information. Their works might be similar to CD's sounds composed of binary data, clear but keen sounds. While CD has become popular because of its convenience, some people go to a concert, play the instrument, or look for analogue records.
 AI might be similar to the photograph. Once the landscape painters and portrait artists were afraid that the camera would take their jobs away. In fact, the photograph has changed the artwork fundamentally.



「portrait modigliani」の画像検索結果

a portrait painted by Modigliani (wikipedia)

モディリアーニによる肖像画はふしぎとモデルに似ていたという。

They say the portraits painted by Modigliani always resembled their models !


 AIも遊び、喜怒哀楽を持ち、思い出に耽ったり未来を夢見たりすることが可能になるだろうか。たとえば、AIに結婚や子供の誕生、白髪の発見といった或る種の変数を設定してプログラミングする。ここから、「境涯詠」(人生をうたう歌)の可能性が広がる。
 ただし、AIが自分にプログラミングされた情報を―「人生」を愛するかどうかは、別問題である。
(つづく)

 Will AI come to play, to get delight, anger, sorrow and pleasure emotions, to indulge in reminiscences, and to dream its future? For example, AI might be programmed its variables such as marriage, birth of children, finding of gray hairs, from which it might learn to produce the tanka on its own life.
 But it is another matter whether AI will love its programmed "life".
(To be continued)


「レンブラントの新作」(google search)

「next rembrandt」の画像検索結果


(All Rights Reserved)









# by snowdrop-nara | 2019-01-28 21:31 | | Comments(5)

AIはタンカを詠むか? 上(Does AI compose tanka ? ①)

a0332314_20091466.jpg


千本の真朱まほその鳥居とうりやんせ白い狐が外から見とる



ここはどこ?お稲荷さんの細道を いち抜けてみたら朱(あけ)のニョロニョロ!

où sommes-nous ?
nous sortons
le sentier
de torii d' Inari divinité
à trouver mille Hattifnattars rouges !!! (×1000)

a0332314_20113532.jpg

いきなり、おまけ * Bonus(2012年)

フランス人に最も人気の日本の名所、伏見稲荷千本鳥居*Fushimi-Inari,
the most popular tourist attraction among French people


 座談会「人工知能は短歌を詠むか」(坂井修一司会、小島ゆかり、森井マスミ、永田紅、中島裕介)(短歌年鑑平成30年版)を読んだのは昨年のこと。すでにAIは色んな短歌を詠んでいる。  
たとえば、石川啄木の全短歌をデータベースにしてAIが詠んだ<啄木らしい>短歌。
「大跨に縁側を歩けば板軋む。かへりけるかな道広くなりき」
「大跨(また)に縁側を歩けば」までが啄木の歌の断片、「板軋む。」以下がAIの作だという。字余りも啄木らしさを計算している!

 Snowdrop read a round-table talk "Does AI compose tanka?" last year. According to it, AI had already composed various tanka.
 For example, it composed tanka in Ishikawa-Takuboku-style through the data base of all his tanka.

Walking on verandah
with long strides, (Takuboku's tanaka-fragment)
the floorboards creak
I have come back!
the road became wider
(AI's completion)
(tr. by snowdrop)


「AI rembrandt」の画像検索結果

(google search)

 これを見て思い出したのが、レンブラントの全作品をデータベースにしてAIが描いた「レンブラントの新作」(上図) である。なにゆえレンブラント?ルーベンスならまとめにくいかもしれない。フェルメールなら、あの静謐な画風の新作を生むのは難しそうだ。レンブラントの深みも独特だが…うまく再現できれば見る人の共感を得られる、と踏んで選ばれたのだろうか。
 AIが作曲した「シューベルト風」「バッハ風」の楽曲もあるとか。モーツァルト風には手こずるかもしれない。
そこで思う。普遍的な人間の知能をまねたAIに、既存作品の類品は作れても、新たな境地を切り開く傑作は創れないのではないか。

 This tanka in Takuboku style reminded snowdrop of The Next Rembrant painted by AI through the data base of all the existent works by the great artist. If it had tried to reproduce Rubens, it would be more difficult to extract his works' common divisors. If Vermeer, it would be impossible to re-create that tranquil atmosphere.
 It composed the pieces in Shubert or Bach style also. Is it hard for it to imitate Mozart?
 While AI can compose the similar works of the existent ones, it cannot CREATE a genius masterpiece opening a new frontier, can it? For it is the artificial intelligence imitating the general and typical human intelligence.

♪ バッハ風の小品





短歌の分野で現在AIが得意なのは、かけ離れたモチーフをブリコラージュした「偶然短歌」である。Wikipediaの説明文中にたまたま含まれている五音節または七音節の単語を、コンピュータプログラムが抜き出して短歌に仕立てる。「フクロウ」という項目からはこんな秀(?)歌が…
「フクロウが鳴くと明日は晴れるので洗濯物を干せという意味」

 Today AI is good at the casual tanka, the bricolage of completely different materials. It composes by extracting 5 or 7 syllable words included by chance in Wikipedia and combining them. For example, one chouette tanka was composed from the article "Owl".

when an owl hoots,
it will be sunny next day
that means
you should hang out
the washing to dry
(composed by AI, translated by snowdrop)


snowdropのアバターの1つはフクロウですが、マウスは食べません。。。

a0332314_13445134.jpg
snowdrop's mouce without a tail(inedible)… ・ω・

おまけ?Bonus

こんなにも可愛いお家があるかしら?敷居に貼りましょ足ふきマット
is there
such a cute Roach Motel
in other countries ?
let's stick door mats
on the thresholds !

a0332314_07455172.jpg

Et-ce qu' il y a
une maison rouge si mignonne
en France ?
vous voulez deux paillassons
pour cafard aussi ?

(All Rights Reserved)





# by snowdrop-nara | 2019-01-22 07:22 | | Comments(6)

小正月の小豆粥(Red Bean Porridge on First Full Moon Festival)

祖母手作りの和紙の箸枕とお人形 *chopstick rest and dolls made by my grandmother

a0332314_10420744.jpg


小正月には小豆粥をいただきます。
ひとつ残った丸餅も焼いて入れましょう。
小豆の赤色には魔除けの力があるのだとか。
『土佐日記』承平5年(935)1月15日条にも「小豆粥」が…

On First Full Moon Festival, we eat red bean porridge,
sometimes with a rice cake ball.
This red colour has the power against evil sprits.



a0332314_10470535.jpg
↑ ほかほかの湯気


お赤飯用の「ささげ」という品種は小粒です。
むかしは小正月も成人の日もおなじ1月15日でした。

Here is the red beans before being boiled
and new adults who are good at long-range archery
at Sanjusangen-do Hall, Kyoto (NIKKEI).


a0332314_16144691.jpg

「通し矢 三十三間堂」の画像検索結果


浮繪和國景跡京都三拾三軒堂之図 画:哥川豊春 (wikipedia)

Sanjusangen-do Hall and the long-range archery in the Edo period


a0332314_16162277.jpg


三十三間堂を訪ねたのは去年の秋の一日でした。
千一体の観音像をいつもと違う壇上から俯瞰できたのです。
この長~~~~~~~いお堂にずらりと並ぶ金色の観音様!

Snowdrop visited this hall with her friend on an autumn day
during the period when 1001 Bodhisattva could be overlooked
from a special spot in this looooo(×33)ng thirty-three-bay hall !




千体の仏さまの内どれか一体は会いたい人に似ているといいます。

They say that one of 1001 statues resembles a person you want to see.



千体の千手観音それぞれに想ふたれかの面影やどす

ほらそこに君の母さま ほらここに私の母さま 
千のくわんおん

voici ta mère,

voilà ma mère,

dans mille Avalokiteshvara



a0332314_16183004.jpg


去年友とみた南天は今年の境内をも彩っていることでしょう。

fruits of Nandina domestica
snowdrop and her friend saw last autumn


つやつやと小豆めきたる南天は

ふるきみやこの春を呼ぶらむ

red-bean-like
lustrous nandina domestica
we saw last autumn
must be beckoning the new spring
in an ancient capital now

a0332314_16345825.jpg

同じ日の白川の流れ*Shira-kawa River


(All Rights Reserved)









# by snowdrop-nara | 2019-01-15 19:25 | | Comments(8)

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

最新のコメント

*pikoさん 梅染め..
by snowdrop-nara at 18:53
こんばんは! 胡蝶の衣..
by pikorin77jp at 00:20
*1go1exさん ..
by snowdrop-nara at 05:51
おはようございます。 ..
by 1go1ex at 09:00
*1go1exさん コ..
by snowdrop-nara at 06:38
まったく初めてなのに、よ..
by 1go1ex at 20:42
*3月29日の鍵コメさま..
by snowdrop-nara at 20:59
*3月29日の鍵コメさま..
by snowdrop-nara at 20:25
*1go1exさん 励..
by snowdrop-nara at 21:16
「弱法師」、始まりました..
by 1go1ex at 13:32
*bonplaisirさ..
by snowdrop-nara at 18:10
ああ♡なんて素敵な! ..
by bonplaisir at 10:32
*1go1exさん 梅..
by snowdrop-nara at 21:11
*3月16日の鍵コメさん..
by snowdrop-nara at 21:00
*なおこさん いわさき..
by snowdrop-nara at 20:50
一番下の写真、梅の花びら..
by 1go1ex at 17:24
いわさきちひろさんの絵が..
by milletti_naoko at 18:31
*1go1exさん 情..
by snowdrop-nara at 20:30
こんにちは。 私のブロ..
by 1go1ex at 14:17
*pikoさん 和菓子..
by snowdrop-nara at 20:17

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。