ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

紫陽花寺から蓮の寺へ(Monologue of Ike no Taiga ― Prologue)

a0332314_10295560.jpg


 紫陽花の三室戸寺から蓮の咲く萬福寺へ向かうころ、青空が広がってきました。萬福寺は 江戸時代の文人画家、池大雅ゆかりのお寺です。
 大雅の絵と書は見る者に元気をくれます。昨日は父の日でしたので、まずは大雅のお父さんの話をいたしましょう。

 When we left the Hydorangea temple Mimuroto-ji and went to Manpuku-ji Temple, the blue sky was appearing. Manpuku-ji is a temple associated with Ike-no-Taiga, a literary artist in the Edo period. Yesterday was Father's Day in Japan, so I start with his father's episode.


a0332314_09020295.jpg

大雅の独白

 父の顔を私は知らない。私が四才の時に、父は亡くなった。だが、声は覚えている。まだ私が三つにもならぬ時のこと…。縁側に置いてあった草紙のたぐいの文字のかたちに心惹かれ、その辺にあった筆で見様見真似の文字めいたものを余白になすり書きしていると…高いところから、父の声が降ってきた。

「おお、文字(もんじ)がそない面白いか」

 見上げると、父の笑顔があった。午後の白い日差しを背にしたその顔は陰になってしかとは見えなかったが、まっ白い歯のあいだから降ってきた、弾むような声。

Monologue of Taiga
 I do not remember my father's face. He died when I was four years old. But I remember his voice. Before I was three, I was charmed by the lines of characters on a book or letter on the veranda and was drawing something like characters, when his voice fell on me from a height.
" Are you interested in the character ? "
Raising my face, I found my father's smiling face. Although I could not see it well because of the backlighting of the white afternoon sun, his white teeth and his lively voice were impressive.


a0332314_09553672.jpg
池大雅『楷書千字文』」(二玄社)末尾に「羽」「翔」の二文字が見える
Taiga's calligraphy in his forties


「どや、まだ早いやろけど、教(おせ)たろ…」
 その日教えて貰ったいろは四十七文字は三日で覚えてしまった。音だけを表す仮名文字よりも、意味をも表す漢字というものに私はのめりこんでいった。
―「羽」いう字は鳥の羽のかたちをしてる。羽は二枚あってこそ羽ばたける。羽の左に羊をつけたら「翔」になる。「羊」は中国では「ヨウ」と読む。「揚」、「あがる」いう字と同じ音や。それだけやない。羊は中国では大事な生き物やった。昔の人には、空を翔る神仙みたいにありがたく見えたんと違うやろか…

" Though it might be early for you, I teach you. "
I mastered in three days the kana character that he taught me that afternoon. Chinese character [ideograph] was more interesting for me than Japanese syllabary symbols.
" This character 羽 is in the shape of a pair of wings. 羊 means the sheep. Its sound is the same as that of 揚(rise)". The bird flies(翔)with a pair of wings… The sheep was an important animal for Chinese people. It might have looked as if it had been an immortal flying in the sky! “



a0332314_09070761.jpg
七宝焼きの香炉に中華線香(萬福寺大雄宝殿)
Chinese style incense sticks in Chinese cloisonne incence burner, Manpuku-ji Temple

 

 それからわずか二年ほどで父は亡くなった。父は病の床から、母に繰り返しこう言い残していたという。

「又次郎(大雅の幼名)は賢い子や。六つになったら、漢学を仕込んでやれ。習字の筋もええから、きっと能筆家になる。わては農家の出ながら、ひょんなことから両替町の銀座中村はん(*)の手代になった。(snowdrop注*尾形光琳のパトロン中村内蔵助、あるいはその縁者)。そこで痛感したんは、学問の大切さや。教養が足らんばっかりに、悔しい思いも仰山した。あの子にはそんな思いはさせたらあかん。ええか、早すぎるくらい早うから、ええ先生につかせるんやで」

 My father died about two years later. He had repeated to my mother from his bed,
" Matajiro (Taiga' s childhood name) is clever. Let him learn the Chinese classics. Because he has a feel for calligraphy, he will become an excellent caligrapher. Though I was born in a farming family, I came to work under Mr. Nakamura (Nakamura Kuranosuke, the patron of Ogata Korin?) in Ginza, Ryogae-machi Town, where I keenly realized the necessity of the education. My vexation should not be taken over by my son! You know, you should make him study under good teachers as early as possible! "



a0332314_09124520.jpg
総門*左右の屋根が低いのが中国的。牌楼(ぱいろう)式という。
Main gate of Manpuku-ji Temple


 私は父の遺言通り、六歳から漢文の素読を始め、七歳から檀王法林寺の僧、一井より唐様の書を学んだ。
 ある日、私は一井先生に連れられて黄檗山萬福寺へ行った。その寺門を仰いで、私は度肝を抜かれた。なんや、これ!!いままで出入りしていた寺では見たこともない、ごてごてした門構え。とげだらけの妖しい魚や獣がわが物顔で門の上からこちらを見下ろしている。漢文に出てきた竜宮城へつづく門だろうか。
 いや、先生はお寺に行くのだとおっしゃっていた。黄檗山萬福寺、京のなかの中国、明から伝わった禅宗、黄檗宗の総本山であると。首をかしげる幼い私に、先生は笑った。
「開山の隠元(いんげん)さま以来ずっと、中国人のお坊さまが住持をつとめる禅寺どす。又次郎はんの学んでる漢学のふるさと、中国のお寺がそっくり再現されてますえ。さあ、ほんまもんを拝みに行きまひょ!」

In accordance with his wishes, I started reading aloud Chenese classics without understanding them from the age of six, and learned Chinese-style calligraphy from a priest of Danno-Horin-ji Temple, Ichii from the age of seven.
 One day he brought me to Manpuku-ji Temple, Uji. What's this?! The strange and gorgeous gate of the temple astonished me. The prickly fishes and animals are looking down from the roof as if they were owners! Is this the gate of Palace of the Dragon King?
 No, he said that we went to a temple. Manpuku-ji Temple, China in Kyoto, the head temple of a Zen sect, Obaku-shu transferred from Ming by Ingen-Zenji. Priest Ichii smiled to me, a little child.
" It is the temple managed by Chinese abbots since the founder, Ingen-Zenji. We can see a Chinese temple in Kyoto! GO, GO! "



a0332314_09205467.jpg
青空を泳ぐ水神マカラ (摩伽羅)* Makara-fish (Sanskrit: मकर)


父なき子父なる国の中国の書と絵を慕ひ一生を生く


a fatherless child

came to love

and devoted his life to

the calligraphy and painting

of his father country, China
「萬福寺 窓」の画像検索結果

大雄宝殿の中国風の円窓 (pinterest)

又次郎に代はりて


天上に橘ありや時じくの香の木の実は酸ゆく熟るるや


father, in Heaven
is there Cirtus tachibana ?
the sour
fruit of longevity
ripen beside you ?


a0332314_07055148.jpg

父の日の週末、和菓子屋さんに金箔つきの「橘」が出ていました。

Yesterday was Father's Day in Japan. Here is "Tachibana" for you.
This crane-shaped pick also symbolizes the longevity.

おまけ*Bonus


Img_1305_800x600

垂仁天皇陵*Mausolium of Emperor Suinin(2008)


陵に寄り添う小島は、時じくの香(ときじくのかくのこのみ)=橘(たちばな)を垂仁天皇のために持ち帰った田道間守の墓です。(下図)

The small island is the tomb of Tajima no mori who traveled abroad to bring back Cirturs tachibana for Emperor Suinin.


Img_1303_800x569

(7月の連載へつづく*To be continued to July)


(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-06-18 07:27 | | Trackback | Comments(0)

みやこの紫陽花寺(Temple de l'Hortensia en Kyoto)

a0332314_09503641.jpg


宇治から臨時バスに乗って三室戸寺を訪ねました。
あじさい寺は戦後の鎌倉に始まると言われますが、
奈良や京都にも名所がいくつかあります。

Snowdrop a visité le Mimuroto-ji en Uji.
Des premiers temples de l' hortensia sont apparus
en Kamakura après la Seconde Guerre mondiale.

a0332314_09510777.jpg


 
三室戸寺はツツジの名所でもあります。
去年の五月、ツツジの苑を囲むアジサイの緑を見て、
梅雨になったらまた来ようと胸ふくらませました。
今年の六月、友と再訪できて嬉しかったです。

Le Mimuroto-ji est connu par leurs azalées aussi.
Snowdrop l' a visité seule l' an dernier,
et révisité avec une des amies cet année.

a0332314_17405140.jpg
a0332314_14000041.jpg

雨上がりの朝、紫陽花に夢中になっていると日が差してきて…
本堂への長い石段を登ることは、この日もかないませんでした。
平安時代の仏像は博物館で拝観したことはあるものの
いつかお寺のなかでお参りしたいものです。

Pendant la promenade au jardin, le soeil est apparu des nuages.
L' escalier au temple principal a été trop fatigant pour snowdrop.



a0332314_15501798.jpg


平安の昔よりさらに昔…万葉集の時代、あぢさゐは一重のがくアジサイでした。

安治佐為能 夜敝佐久其等久 夜都与尓乎 伊麻世和我勢故美都々思努波牟 橘諸兄

あぢさゐの八重咲く如く、弥()つ代にを、いませわが背子、見つつ思(しの)はむ 萬葉集二十4448

「草刈正雄 諸兄」の画像検索結果
草刈正雄が演じた橘諸兄(「大仏開眼」NHK)

a0332314_21162847.jpg


友だちの
水彩あそびのパレットは何色?きっと紫陽花のいろ snowdrop

what colours
were on my friend's
parette of watercolurs?
it should have resembled
colorful hydgangeas


a0332314_10114721.jpg

(All Rights Reserved)

umiさんの企画に参加させていただいています。


あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】





[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-06-12 07:06 | | Trackback | Comments(4)

竹のうた*Poem on Bamboo by Hagiwara Sakutaro

a0332314_17413815.jpg

嵐山の竹林(2018年5月)

竹  萩原朔太郎

ますぐなるもの地面に生え、
するどき青きもの地面に生え、
凍れる冬をつらぬきて、
そのみどり葉光る朝の空路に、
なみだたれ、
なみだをたれ、
いまや懺悔をはれる肩の上より、
けぶれる竹の根はひろごり、
するどき青きもの地面に生え。

a0332314_14165528.jpg


光る地面に竹が生え、
青竹が生え、
地下には竹の根が生え、
根がしだいにほそらみ、
根の先より繊毛(わたげ)が生え、
かすかにけぶる繊毛が生え、
かすかにふるえ。

かたき地面に竹が生え、
地上にするどく竹が生え、
まつしぐらに竹が生え、
凍れる節節りんりんと、
青空のもとに竹が生え、

竹、竹、竹が生え。


「かぐや姫の物語 たけのこ」の画像検索結果
アニメーション「かぐや姫の物語」高畑勲監督作品
(google search)

c0345705_20530860.jpg

仏教美術研究資料センター(奈良国立博物館の図書館)の庭(2016年)


なよたけの節にひそむや雀の子さへづりばかり光に溶けて 
snowdrop


a0332314_17474401.jpg

Bamboo forest in Arashiyama(2018)


Bamboo by Hagiwara Sakurato (1886-1942)


straight things sprout from the ground,
acute and blue things sprout from the ground,
penetrating the frozen winter,
in the sky where their green leaves are shining,
dripping tears,
dripping the tears,
now from their shoulders that have finished the penitence
shaggy bamboo roots spread,
sharp and blue things sprout from the ground.
(…)
bamboos sprout from the ground,
bamboos sharply sprout on the ground,
bamboos straightly sprout,
their frozen knots vibrating,
bamboos sprout under the blue sky,
bamboo, bamboo, bamboo sprout.
(trans. by snowdrop)

a0332314_10240737.jpg
『HOKUSAI』展覧会図録


inside
flexible bamboos' knots
little sparrows are hiding?
only their twitters
are dissolving
into the sunlight
(tanka and photo by snowdrop)



Dscn1848_673x1024_2


おまけ*Bonus

「朔太郎」の画像検索結果
(google search)

縺れ合い肩組み合って朔太郎犀星がゆく嗁(なき)ながらゆく 

(福島泰樹「うたで描くエポック 大正行進曲」)

関連画像

香香(1才)の故郷
中国の竹林*China

(google search)

(All Rights Reserved)



[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-06-08 17:40 | | Trackback | Comments(2)

去年(こぞ)の祭、今年の祭(葵祭と三船祭)(two festivals in Kyoto)

a0332314_13585859.jpg
大堰川のほとり(2018年5月20日)

a0332314_09571915.jpg
下鴨神社(2017年5月15日)


赤い傘のかげで艶然と笑むのは、平成最後の清少納言(一枚目)。三船祭へ向かう途中です。三船祭は昭和三年に始まった新しいお祭りです。

平安時代の清少納言が愛したのは、古(いにしへ)の葵祭のほうです。葵祭で輿に乗るのは、かつて賀茂の神に仕えた皇族の女人、斎院に扮した女性です(二枚目)。

Sei Shonagon is smiling under the red parasol. She is on her way to Mifune Festival, which began in the Showa period (the first fig.).

It was Aoi Festival that real Sei Shonagon loved in the Heian period (the second fig.).


a0332314_13452278.jpg


花傘を運べる人は力みをりゆさゆさ揺れて花傘が来る  木下利玄



葵祭に登場するのは、色とりどりの
花傘。これらは去年の写真ですが…

Snowdrop took pictures of the colorful flower parasols in Aoi Festival last year.


a0332314_15212764.jpg
下賀茂神社*Simogamo Shrine(2017)


これとそっくりの花を今年、嵐山で見かけました。花傘石楠花(ハナガサシャクナゲ)といいます。

The below real flowers reminded her of the above flower parasol!


a0332314_13492389.jpg
天龍寺*Kalmia in Tenryu-ji Temple(2018)


友の住む街にも咲けるカルミアを花傘石楠花と呼べばゆかしも
Kalmia
qui étaient en fleur
dans la ville de mon amie
aujourd'hui
je l' appelle
Parasol-rhododendron



a0332314_14125241.jpg
嵐山の竹林と竹垣
bamboo forest and fence in Arashiyama, one of the most popular spots in Kyoto



三船祭は五月第三日曜日、渡月橋近くで行われます。その日嵐山はいっぱいの人出。snowdropはJRのコンパートメントで出会ったフランス人夫婦と、久々に嵐山をめぐりました。自分も観光客の仲間入りをすると、人混みも心浮き立つから不思議です。午前中で気温も低かったし… ^^;

Snowdrop went to Arashiyama to see Sei Shonagon in Mifune Festival on May 20th. She met a French couple in the train, discussed Catalan independence movement with them, and joined them to visit sightseeing spots in Arashiyama during the cool morning.


a0332314_14165528.jpg


これは筍(たけのこ)、ヨーロッパの白アスパラと同じく春の旬だと説明しました。日本では鳥の声の種類が少ないようだが、という質問には、春はうぐいす、夏ほととぎす、秋はもず…と、四季によって鳴く鳥が違うと答えました。雀はいつでも鳴きますが。^^

Do you find bambooshoots ? They are just like the white asparagus in Europe, a springtime delicacy! Madame Fauna wondered why the variety of the birds' songs are lesser in Japan than in Europe. Snowdrop explained Japanese birds know their own seasons respectively, e.g. the nightingale sings in spring, oriental cuckoo in summer, etc. And yet the sparrow sings often in the bamboo forest all year around !



a0332314_14160118.jpg
野宮神社*Nonomiya Shrine with black torii-gate


黒木の鳥居がゆかしい野宮神社。斎宮はここで潔斎し、大堰川で禊(みそぎ)をし、伊勢へ旅立ったのです。『源氏物語』では、六条御息所の娘が斎宮をつとめていました。

Every Saigu purified herself in Nonomiya Shrine, performed ablutions by Oui River, and traveled to Ise.


a0332314_09563895.jpg
「斎宮女御」『安田靫彦』(朝日新聞社)



ここで整理しておきましょう。
葵祭の斎は賀茂の神に仕えるのに対し、野宮の斎は伊勢の神に仕えます。
斎院と斎宮を合わせて、斎ともいいます。


While Saiin (eg. Princess Shikishi) served the deities of Kamo ,
Saigu(eg. Lady Rokujo's daughter)the deities of Ise.
Saiin and Saigu are called Saiou also.



a0332314_14212823.jpg
桂川と比叡山(左)、大文字山(右)
Katsura River, Mt. Hiei, and Mt. Dai()-monji

a0332314_14225774.jpg
大堰川と渡月橋、嵐山、法輪寺
Oui River, Togetsu Bridge and Mt. Arashi

a0332314_14240468.jpg
大堰川。左端に堰(せき)がみえる。右の円い山は小倉山
Oui River, the weirs(left) and Mt. Ogura(right)


渡月橋の下を流れるのは桂川。
橋より西は大堰川と呼ばれます。大堰川の名は「堰(せき)」に由来します。

Katsura River flows under Togetsu Bridge. This river is called Oui(大堰)River at the west of this bridge because there are weirs(堰)there. 


a0332314_14261724.jpg
a0332314_10460312.jpg


比叡山を背に、龍頭船(りゅうずせん)・鷁首船(げきすせん)・御座船(ござぶね)― 三つの船が渡月橋の下に並びました。快晴の午後です。

Three traditional boats (Mifune) are floating under Togetsu Bridge with Mt. Hiei in the background. What a sunny afternoon!


a0332314_10475916.jpg


こちらは龍頭船(りゅうずせん)。迦陵頻伽(かりょうびんが)という極楽の鳥に扮した少女が舞います。

Two girls are dancing in costume as a paradise bird on the dragon boat.


a0332314_14303713.jpg


源氏物語の舟遊び(下図)そっくりです。新しいお祭りですが、古式に則っているのですね。

Just like one scene of The Tale of Genji ! Though a new festival, it is in the traditional style.



源氏物語図帖 胡蝶 土佐光吉筆 『花』東京国立博物館

Album of scenes from The Tale of Genji by Tosa Mitsuyoshi, 17thcentury

a0332314_10081510.jpg
鷁首船(げきすせん)と迦陵頻伽(かりょうびんが)↑

a0332314_15344374.jpg


鷁首船(げきすせん)は鳳凰の頭をかたどっています。白拍子の姿が見えます。

The cock-boat has the phoenix head. Several female dancers on board.


a0332314_11531615.jpg

踊る蘭陵王(ランリョウオウ)* Prince of Lan Ling is dancing on board.

a0332314_14351662.jpg

↑御座船からは清少納言が扇を流します。平安時代に扇流しは無かったとか(室町時代に大堰川で始まった遊びだそうです)。

Sei Shonagon floats fans down the stream, but in fact, this play did not exist in the Heian peroid. The sightseers on the boat pick up the fans.

↓流された扇を、ボートに乗った人たちが拾います。

a0332314_14405782.jpg
a0332314_16170229.jpg

今風(いまふう)の舟と、昔の舟とが入り交じる大らかなお祭り…
今様(いまよう)という平安時代の流行歌が本日のBGMです。

The contemporary boats and the ancient ones on the same river!
The contemporary music in the Heian period (Imayo song) was interesting for snowdrop because Retired Emperor Goshirakawa, Princess Shikishi's father loved it !

a0332314_14505040.jpg

[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-06-04 11:03 | | Trackback | Comments(1)

石楠花のみ寺(a temple on a mountain with rhododendrons)

a0332314_13412460.jpg


夏が来れば思い出すのが、室生寺。蓮の莟にたとえられる室生山の麓に開かれ、室生川のせせらぎと河鹿の声に包まれた山寺です。平安初期に造られた美しい仏像を求めて幾度も訪れたみ寺、今日は石楠花を道しるべに、奥の院まで歩いてみましょう。

When summer comes, it always reminds me of Muro-ji Temple. It is the temple founded at the base of Mt. Muro, surrounded by the murmur of Muro River and the song of kajika-frogs. Snowdrop has visited this temple several times in order to gaze at the beautiful Buddhist statues of the beginning of the Heian period. Today she walks to the innermost sanctum with the guidepost of rhododendron flowers.


「弥勒堂 室生寺」の画像検索結果「室生寺 弥勒堂 弥勒像」の画像検索結果

弥勒堂と釈迦如来坐像*Shakyamuni Buddha(pinterest)
a0332314_18341817.jpg
Eleven-faced Goddess of Mercy (9-10c.)


吹き抜けの御堂のくわんおん水瓶に朝水くみに

(きだ)を降りるや




a0332314_18220543.jpg


金堂須弥壇には、この十一面観音をはじめ平安初期の彩色が残る仏像が並んでいます。須弥壇を囲む十二神将像は鎌倉時代の作です。

In the golden hall, the colorful wooden statues line up that were made in the Heian period. It is marvelous that their original colours remain so well!



a0332314_18351962.jpg


光背の彩色も鮮やかです。華やかな火炎つき唐草文の合間に仏像が描かれています。

The original vivid paint on the nimbus still remain very well. The flamboyant arabesque patterns and buddhist images are beautiful.


a0332314_18224542.jpg
本堂(灌頂堂)* Main Hall
a0332314_14035444.jpg
五重塔*five-storied pagoda


本堂(灌頂堂)と五重塔を一つの写真に収めてみました(下図)。五重塔は平安初期の建立とされ、室生山中最古の建築です。野外の五重塔でこれほど小さいものは他にありません。檜皮葺きの屋根、朱塗りの柱、白壁が優美な印象を与えます。石楠花や花蘇芳がよく似合う、可憐な塔です。

This five-storied pagoda is said to be built in the beginning of the Heian period and the oldest architecture in this temple. And it is the smallest five-storied pagoda in the open air. The hinoki bark thatching, white walls, and vermilion‐lacquered columns are graceful, which suit to rhododendrons or Chinese redbuds.


a0332314_18241782.jpg


朱と白に華やぐ小さき五重塔 女人高野のみ寺に立てり


a0332314_18253886.jpg


いつもならここで引き返すsnowdropですが、今日は五重塔より奥へ続く石段を登りましょう。ほら、石楠花が手招きしています。

Today she continues to climb from the pagoda to the inner sanctuary. Oh, rhododendron-flowers are beckoning!



a0332314_18261991.jpg


手水鉢の柄杓(ひしゃく)にそそぐ山の水ひんやり甘くあごを濡らしき


mountain water
in a washbasin
poured in a dipper,
the cool and sweet fluid
went down my chin



a0332314_18294814.jpg


石楠花は山の花、庭よりも森に似合う気がします。

The rhododendron is a mountain flower.


a0332314_18271335.jpg


胸突きの石段を上ると、奥の院の御影堂が見えてきました。まるで清水の舞台です。

The steep steps leads her to the hall in the sanctuary.


a0332314_18281922.jpg


御影堂の欄干に寄り見おろせば緑の奈落をのぼる水音


leaning over the rail

of the hall in the inner sanctuary

and looking down,
the sound of running water

climbing up the green abyss


a0332314_14211576.jpg


境内のいちばん奥にあるのが七重石塔です。

This seven-stored stone pagoda is on the top of this temple.


a0332314_18314753.jpg


石段を下ると、石仏さまたちが「お疲れさま~」と笑っているように見えました。

Going down the steps, she was greeted by stone Buddhist staues smiling, "Are you tired ?"


a0332314_18325611.jpg
お疲れさま~なクロアゲハ。 ^^; * Spangle, are you also tired?


この記事は奈良のお寺をめぐる一連の過去記事(2015年)のなかへ移動させます。

This article is to be moved to the past ones on the temples and shrines in Nara, 2015.


(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-06-01 18:01 | | Trackback | Comments(0)

夏は来ぬ ― 鈴木春信展(Harunobu from the Museum of Fine Arts, Boston)

a0332314_11090360.jpg
あべのハルカス美術館入口
https://www.aham.jp/exhibition/future/suzukiharunobu/


春信の春あけぼのの恋人はいづれが男(をのこ)いづれが女(をみな)

春信の母子きよらに聖五月  *季語*聖五月(マリア月)

La mère et son enfant
par Harunobu sont pures
au mois de Marie



春よ、恋。春は来ました。桜祭りが開かれました。春は過ぎ、夏は来ぬ。でも、桜祭りも春信の展覧会もまだまだ続きます。夏も、恋。あべのハルカス美術館へ、恋の絵を見に来い、みんな!まるで宝塚歌劇のようなユニセックスな恋人たち。明石海峡大橋まで見渡せるデートスポット、あべのハルカス展望台もすぐそこです。

The exhibition "Harunobu from the Museum of Fine Arts, Boston” began in spring and continues to the beginning of the summer. The ukiyoe-artist's name, SUZUKI Harunobu, includes Haru (spring). The lovers represented by Harunobu look unisex just like those in Takarazuka Review!


a0332314_11182579.jpg
女三宮と猫*Onna Sannomya and Cat


まずは桜まつりの余韻にひたるこの1枚…桜咲くうららかな午後、猫とたわむれる女人が一人…実はこれは「源氏物語」の一場面。春信は、江戸時代の美人を平安時代の女三宮として描いているのです。これを「見立て」、厳密には「やつし」といいます。女三宮が江戸娘に身をやつしている訳です。

一見、平安風の長い黒髪にはおしゃれな簪(かんざし)、十二単や細長よりもシンプルな打掛をまとっています。眉も円くぼかした殿上眉ではなく、きりっとした三日月形。この絵をみた江戸時代の人は、「モダン雅(みやび)!」とか言ったのではないかしら。

This lady in the costume of the Edo period represents Princess Sannomiya, a young wife of Hikaru-Genji in his forties. An Edo style beauty is disguising (yatsusu) a Heian style princess in The Tale of Genji (yatsuhi). Her hairpins, crescent-shaped eyebrows, and uchikake-robe are in style of the Edo period.

a0332314_12145769.jpg


この白いのは猫。当時、猫は犬のように紐つきで飼われていました。この猫が駆け出して、紐に御簾(みす)を引っかけたばっかりに、まくれあがった御簾の奥の女三宮の姿が丸見えになり、貴公子柏木の道ならぬ恋が燃え上がるのです。罪つくりな猫ちゃん!

白猫のもふもふの毛には、きめ出しという凹凸技法が使われています。ふんわり降り積もった雪などによく使われるこの技法、印刷物ではなかなか味わえません。

The cat used to be kept as a pet with a lead in the Heian period. When this white cat began to run and its lead lifted up the bamboo blind, the princess was seen by a young noble, Kashiwagi…it was the prelude of their tragic love ! A sinful cat! You can see the emboss technique on this white cat.


a0332314_11410706.jpg

夕立*Summer Shower



夏は、夕立。まあ大変、洗濯物が濡れちゃうぅ!驟雨と突風がみごとに表されたこの1枚、じつは絵暦として作られました。干された浴衣の柄に文字が隠されていて、それを判読すれば、その年の何月がそれぞれ何日あるのか分かるのです。当時は太陰暦ですから、現代の「にしむくさむらい」は使えなかったのですね。

これぞ当世風の江戸美人!白い胸元、白い腕、ふくらはぎに、脱げてしまった日和下駄…この下駄は当時の最新流行、今ならさしずめキラキラのミュールでしょうか。むき出しになった右足にご注目!親指と残り4本の指とがはっきり分かれています。きっと鼻緒でこんな癖がついたんでしょうね。

A summer afternoon shower! Oh, I should bring the laundry in at once in a gust of wind! This ukiyo-e was made as a picture-calendar. Several characters are hidden in the pattern of yukata on the laundry pole which tell you the number of days in every month.

This woman is a typical and popular beauty in the Edo period. Her white breast and arms, her calf and low clog for dry weather that has come off…how seductive! And the clogs of this type were fashionable at that time like today's chic mules.


a0332314_12251098.jpg
五常「智」(部分)* one of the five cardinal Confucian virtues (wisdom)


春信の恋する男女もいいですが、子供もかわいい!お母さまに手を取られて、半紙がこんなに真っ黒になるまで手習いすれば、きっとお姉ちゃまみたいに達筆になることでしょう。

Harunobu represented pretty children as well as lovers. This little girl will be an excellent penwoman like her elder sister thanks to her mother's lesson.

a0332314_18164200.jpg

歌麿や写楽より早い時期に活躍した春信の絵には、みずみずしい若さがあふれています。それが子供や恋人、お茶屋の看板娘などを描くのにぴったりなのです。人が年を取るように、様式も年を取ります。若々しい画風の春信が描いた庶民の娘、ぴちぴちしていますね!

Harunobu belongs to a younger generation than Utamaro and Sharaku, and his fresh style suits to represent young lovers and children. He often portrayed the contemporary poster girls of tea houses. The style grows old like the man. What a lively popular girl by a fresh-style artist !


a0332314_11553909.jpg

最後に、一西行ファンから「見立三夕」を…高校時代、「秋の夕暮れ」の出てくる和歌を三首セットで習いましたよね。それが絵の中の三枚の短冊形に記されています。右から…

定家「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦のとまやの秋の夕暮」
寂蓮「さびしさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮」
西行「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮」

どの秋の夕暮れがお好きですか。この絵、三枚に切り分けて好きな一枚を選ぶこともできるんです。背景の広々した州浜の景色は楽しめなくなりますが…(この風景には先輩画家のお手本が存在します)

A Saigyo-maia, snowdrop shows you Parody of the Three Evening Poems: Teika, Jakuren, and Saigyô. Three evening poems by three poets are written on three tanzaku (strip of fancy paper). The above horizontally long print could be divided into three vertically long ones if requested.

a0332314_12133665.jpg

snowdropなら、だんぜん左の一枚を床の間に掛けたいです!かわいいシギも飛んでいますから。^^ 山に生えた槙の木や、浦のとまやの風情も捨てがたいですが…

ところで、「見立三夕」、春信の他の絵に比べて地味に見えませんか。よく見ると、輪郭線と色がずれています。これは春信の初期の作品。まだ色数が少ない紅擦り絵の時期のものです。やがて色が増え、刷りも精妙になって、錦絵と呼ばれる浮世絵版画の全盛期となるのです。女三宮や母子の絵の色をもう一度見てください。これぞ錦絵!

春信が画家として成長してゆくのと同時に、浮世絵の技術も発展を遂げていったのですね。まるでベートーヴェンが独自のピアノソナタを生み出すのと並行して、軽やかなフォルテピアノが重厚なグランドピアノへと進化していったように。

Snowdrop would choose Saigyo's because three sandpipers also attract her! The Parody (mitate) of the Three Evening Poems are less colorful because it was made earlier than the above nishiki-e prints: the princess, young women, and children. While Harunobu was growing as a ukiyo-e artist, the printing technique improved. Just like the development of Beethoven's piano sonatas and the improvement from the pianoforte to the grand piano, they were in parallel.




ピアノフォルテで聴く「月光」♪ Beethoven's Moonlight, pianoforte

月光のような木香薔薇(4月撮影)Moonlight-like Lady Banks' rose

a0332314_09133840.jpg






















(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-05-25 18:20 | | Trackback | Comments(8)

ありがとうのお菓子(cherry-blossom sweets to thank you)

a0332314_09220080.jpg

さくら餅ふたつ*道明寺粉のは餡なし、ぼた餅型のは断面です


2018年のさくら祭り、後夜祭も過ぎたころに、
スローなsnowdropはようやく今年最後の桜餅を求めました。
八重桜に似たお干菓子もどうぞ。
usaさん、ありがとうございます。お疲れさまです。
参加者の皆さん、日本の、世界の素晴らしい桜をありがとうございます。
このお祭りのおかげで、今年も新しい出会いがありました。
なつかしいブロ友さん達とも再会できました。
きっと未来に続く道しるべとなることでしょう。
(3つのブログから参加させていただきました。1つでもお越しくださって光栄です)

Cherry blossom sweets for our Cherry Blossom Festival 2018.
Thank you for your cherry blossoms throughout Japan and the world!



a0332314_06571340.jpg
桜のかんざし(近鉄電車の中吊り広告) * hanging poster


桜祭りに参加した方はもとより
参加できなかった方、パソコンやお体の不調などで見ておられない方にも
昨日見つけた桜餅をお届けします(まだ日持ちします!)。
これからこの桜餅を頂きながら、あちこちへご訪問を続けたいと思います。
スローなsnowdropですから!


These cakes are not only for the members but also the others.
Snowdrop continues to visit other blogs while eating them, slow
snowdrop!


a0332314_06264159.jpg
Kintetsu Railway



けれど、スローなのにそそっかしやのあわてんぼう、
お茶の用意を忘れていました。
桜茶(桜湯)の画像が見つかりません!古い写真ですみません…
せっかくなので、朝ごはんもどうぞ。よい一日を、よい一週間を!

Here is a cup of cherry blossom tea for you.
Slow and careless snowdrop cannot find the degital one.
Here is the breakfast for you. Have a nice day, and nice week!



a0332314_06292053.jpg


special thanks to usa-san !!
(All Rights Reserved)












[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-05-21 06:50 | | Trackback | Comments(6)

桜の精 ―「西行桜」(spectre cerisier de Noh)

f0374041_17354209.jpg

竹林院の群芳園(吉野)


 吉野山が桜に埋もれるころ、竹林院の花の苑を訪れる人は多くない。
 出家した西行がしばらく暮らした京、西山の庵の桜はこんな風だったろうか。能「西行桜」のあらすじはこうだ。若き僧、西行は、庵の庭へ花見にやって来る都人がうるさくてしかたがない。
「花見にと群れつつ人の来るのみぞあたら桜のとがにはありける」…ひとり静かに花を愛でようと思っていたところへ、花見に人が押し寄せる、惜しむべき花の咎であることよ。
 その夜、夢に老桜の精が現れ、西行をたしなめる。無心な花に咎はない。草木悉皆成仏の教えのありがたさよ…

There were few peolpe in Chikurin-in Temple in Mt. Yoshino in April. The garden with cherry trees reminded me of Noh Saigyo-zakura (Saigyo' s cherry tree). The garden with a cherry tree in a suburb of Kyoto where Saigyo stayed after becoming a priest was like this? Young priest complained that he had wanted to admire the cherry tree alone, but the people from the capital came to see the flowers…annoying ! It is a regrettable fault of the flowers! That night the spirit of the cherry tree appeared and reproached that the innocent flowers are blameless.


a0332314_06222056.jpg
『能 花の風姿』より


 能「西行桜」の老桜の精。花も少なく、枝も朽ちた桜木は嬉しかったのかもしれない。花を独り占めしたいのに、とイケメン歌僧がぼやいてくれるのが。
 だから老桜は舞う。はるか洛陽の少年の春を惜しみながら…


The spirit of cherry tree in Noh Saigyo-zakura is an old man. The old tree might have been glad to hear this young poet-priest complaining that he wanted to appreciate the flowers alone. So the old cherry tree dances while regretting the young boy's spring in Luoyang, the capital of the Tang Dynasty of China.(踏花同惜少年春―白居易:Bai Juyi


a0332314_09590977.jpg

花を踏んでは同じく惜しむ少年の春の夜は明けにけりや ―「西行桜」



少年の春はかへらず ゆふぐれに落花の白をしみじみと踏む 


le printemps de l'adolescence
ne retourne jamais
dans le crépuscule
on marche sur
des pétales tombées blanches


「マリータリオーニ pinterest」の画像検索結果「marie isadora duncan pinterest」の画像検索結果


Marie Taglioni (left) *Isadora Duncanright(pinterest)

 

四月の大槻能楽堂。梅若実が演じる桜の精は重々しかった。「江口」の友枝昭世がマリー・タリオーニ(左)なら、梅若実はイサドラ・ダンカン(右)だと思った。まさに、大地に根を張る桜の精。


While Eguchi played by Tomoeda Akiyo was like Marie Taglioni, the spirit of cherry tree by Umewaka Minoru like Isadora Duncan, like the cherry roots spreading in the ground.(Otsuki Noh Theatre, April)


a0332314_09110424.jpg
金峰神社付近、奥千本の桜(西行庵はさらに奥)


のちに西行は西山の庵を去り、吉野山中へ入る。奥へ、奥へ、ひとり愛でるべき桜を求めて。

Saigyo later left Kyoto and trained in Mt. Yoshino. He climbed up and up in order to cherish the cherry trees alone.



a0332314_06222455.jpg

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-05-19 18:00 | | Trackback | Comments(10)

山吹のみ社(Shrine of Japanese rosea)


a0332314_11461942.jpg


松尾大社といえば、山吹と水車…山吹は水辺を好む花、松尾大社は山水を大切にし、敬う人々の心から生まれた神社です。(4月撮影)

Matsunoo-taisha Shrine is famous for its Japanese rosea and water mill. This shrine was born originally from the reverence for the mountain spring water.


a0332314_11465556.jpg


松尾大社にはこの女神像をはじめ、貞観時代(859-877)にさかのぼる神像三体が伝わります。東日本大震災は貞観以来の大地震であると聞いた時、頭に浮かんだのが、この厳めしい神像でした。これほど古い時代以来の災害だったのですね。―

Matsunoo-taisha Shrine has three ancient divine statues, which were curved during the Jogan period, when the former great earthquake struck the Tohoku region.


「松尾大社 神像」の画像検索結果

松尾大社HPより


松尾大社で亀は神の使いです。神社の湧き水、亀の井の水を加えて醸造したお酒は傷まないと信じられています。

The turtle is a messenger of gods in this shrine. The water of "Turtle well" in the precincts is often added to the sake during fermentation because this sacred water is believed to avoid decay of sake.



a0332314_11435553.jpg


水清き所では旨き酒が造られます。松尾大社は酒の神様のお社でもあります。

The production of good sake needs the clean water. Matsunoo-taisha Shrine is the shrine of gods of sake.



a0332314_11510147.jpg


 こんなところに杉玉が…。神社創建にかかわった秦(はた)氏は朝鮮半島からの渡来人で、酒造に巧みでした。『古事記』には「酒(みき)を醸(か)むことを知れる人」とあります。こんな歌も…
「須須許理
が 醸みし御酒に われひにけり 事和酒咲酒(ことなぐしゑぐし)われ酔ひにけり」(すすこり=秦氏が醸造した心慰めてくれる酒、笑わせてくれる酒に酔っちまったよぉ)(応神天皇)
 ちなみに能のルーツ、散楽を伝えたとされる秦河勝も秦氏です。秦氏は観阿弥・世阿弥親子、金春流、あるいは雅楽の東儀家の祖だとか。

Here is a ball made from sprigs of Japanese cedar, which is traditionally hung in the eaves of sake breweries. Hata family, who played an important role in this shrine's foundation, is from Korea. Emperor Oujin sang "I am drunk on Susukori=Hata' s sake which cheers me up♪ " 
Hata family is said to be the ancestor of Noh families or Gagaku family (TOGI Hideki is a descendant?!).


a0332314_20463789.jpg


「山吹の花いろ衣さらすてふ垣根や井出のわたりなるらむ」と、井出の玉水を詠んだ後鳥羽院には、こんな和歌も…。山吹と蛙と井戸は定番のセットでした。(県井=あがたい*京都御所中立売御門の北にあるそうです)

There are many waka on Japanese rosea, frog, and well.


蛙鳴く県の井戸に春暮れて散りやしぬらむ山吹の花 

後鳥羽院



a0332314_11425733.jpg


境内の隅になにやら見覚えのある葉が…これは、葵祭で使われる葵の葉ではありませんか!通りかかった神職の方に尋ねてみると、松尾大社は下鴨神社の子社に当たるのだそうです。むかしは山で採ってきた葵、今は減ってしまって、境内で栽培しているのだとか。松尾祭、神幸祭を間近に控えた四月下旬の光景です。

Snowdrop recognized the heart-shaped leaves ― hollyhock (aoi) leaves used in Aoi Festival ? According to the Shinto priest who happened to come along, Matsunoo-taisha is a son-shrine of Simogamo-jinja whose crest is the hollyhock leaves. These leaves are to be used not in Aoi Festival in May but in Matunoo Festival in April.


a0332314_11473279.jpg


父やしろ子社つなぐ双葉あふひ心のかたちのみどり

ゆかしも

― snowdrop

hollyhock leaves
connecting the father-shrine and son-shrine
whose shape
is gentle hearts
like those of a father and a son


a0332314_11475704.jpg


絵馬も葵の葉っぱの形をしています。ハート形にも見えます♡

The votive tablets also are in the form of a hollyhock leave or of a heart ♡



a0332314_11483278.jpg


これも? これも…♡ Here is another heart-shape…


5月15日は葵祭です。人々は葵の葉を挿頭(かざし)に…(2017年、下鴨神社)↓




(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】







[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-05-12 06:54 | | Trackback | Comments(0)

山吹の川(Japanese rosea along Ide no Tamagawa River)

a0332314_15343418.jpg


「井出の玉川」をご存知ですか。山吹の名所にして、数多くの歌人に詠まれた歌枕です。天平の昔、橘諸兄は山城国、井手の玉川のほとりに山荘を営み、庭の遣水の周りに山吹を咲かせ、「山吹の左大臣」と呼ばれました。聖武天皇も絶賛した庭の花の面影を探しに行きましょう。(4月下旬撮影)

Ide no Tamagawa River is a place famous for Japanese rosea and Uta-makura, a place famed in poerty. In the Tempyo period, Tachibana no Moroe (684-757) made his mountain villa by this river and filled its garden with Japanse rosea. He came to be called "Minister of the Left, Japanese rosea ". A la recherche du jardin que l' empereur Shomu admira.


a0332314_09380536.jpg
「草刈正雄 諸兄」の画像検索結果

草刈正雄が演じた橘諸兄(「大仏開眼」NHK)


 母は橘三千代、異父妹は光明皇后。左大臣から正一位に昇りつめた諸兄は、井出に近い恭仁京へ遷都を断行します。わずか四年の都(740-744)…。
 老練な政治家、諸兄が庭いっぱいに咲かせたのは、楚々とした一重の山吹でした。

His mother was Tachibana no Michiyo, and his sister was Empress Komyo. This noble politician moved the capital from Nara to Kuni-kyo near Ide, his base with that villa. But the capital was moved again after only four years.
It was the gentle single-petaled Japanese rosea that this veteran politician planted in his garden.


a0332314_09345456.jpg


橘諸兄は萬葉集の編者であったとされ、その後を継いだのが大伴家持であるといわれます。家持に山吹の歌が多いのは、ひょっとして諸兄ゆかりの花への特別な思いゆえでしょうか。


Moroe is said to be a compiler of Man’yoshu, succeeded by Otomo no Yakamochi(c.718-785). Yakamochi often sang Japanese rosea
is it because this flower was a symbol of Moroe for him?



山吹乎 屋戸尓殖弖波 見其等尓 念者不止 戀己曽益礼 大伴家持

山吹を宿に植ゑては見るごとに思ひはやまず恋こそまされ 萬葉集巻十九4186


a0332314_17301122.jpg


諸兄とおなじく家持も、庭に山吹を植えていたのですね。明るくも可憐な花を見るたびつのる想い…山吹は面影草とも呼ばれます


This waka shows that Yakamochi as well as Moroe planted Japanese rosea in his garden. Every time he sees these sweet flowers in his garden, he misses more his belovedJapanse rosea is called “vestige flower”.


a0332314_09390885.jpg

山振之 立儀足 山清水 酌尓雖行 道之白鳴 高市皇子  

山振の立ちよそひたる山清水くみに行かめど道の知らなく 萬葉集二158


 「山吹」は「山振」とも綴られます。山のなかで風に揺れるさまを言うそうです。あるいは、群がり咲く山吹がいっせいに風にゆれ、山が揺り動かされるように見えたのかもしれません。
 山吹の黄は黄泉(よみ)の国の色だといいます。高市皇子は異母妹の十市皇女の死を悲しみ、黄泉の花の咲く泉のほとりへの道を知りたいと願います。黄色い花の咲く生命の泉の水を汲んでくれば、十市はよみがえるかもしれない、と…


The yellow()is said to be the colour of the hades(). Prince Takechi lamented the death of his sister (/wife) and wished to know the path to the hades where the yellow()flowers bloom by the Fountain()of Life (like that in The Epic of Gilgamesh). If he could draw the water, he might be able to bring her back to life...



a0332314_09361749.jpg


小野小町、和泉式部、紫式部、西行、後鳥羽院、藤原定家 ― 名だたる歌人らが井出の山吹を歌いました。その歌碑が小径沿いにぽつりぽつりと並んでいます。

Ono no Komachi, Izumi Shikibu, Murasaki Sikibu, Saigyo, etc. : various famous poets composed waka on Japanse rosea of Ide.


色も香もなつかしきかな蛙なく井手のわたりの山吹の花 小野小町


思はずに井手の中道へだつとも云はでぞ恋ふる山吹の花 紫式部

a0332314_09421199.jpg



紫式部といえば、『源氏物語』に登場した玉鬘は、山吹かさねの似合う美しい乙女でした。そんな玉鬘を彷彿とさせるような和菓子に出会って…その名は「井出の瀬」!

Murasaki Shikibu reminds me of her Tale of Genji and Tamakazura, a lady dressed in Japanse rosea colours. The below sweet symbolizing Japanese rosea looks like her sleeves!


a0332314_09434338.jpg
「井出の瀬」



山吹のかさねをまとひ玉鬘 をのこ惑はす面影の花 

― snowdrop

Tamakazura in Japanese rosea, whose image attracts men like a golden flower


「ももさえずり 山吹襲」の画像検索結果

山吹がさね『源氏物語の色』平凡社

(All Rights Reserved

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR





[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-05-06 07:06 | | Trackback | Comments(4)

胡蝶の哀しみ(why is a butterfly sad ?)

a0332314_16334081.jpg


「胡蝶」という和菓子を頂くと、能「胡蝶」が観たくなりました。

A cake named "butterfly" made me feel like seeing Noh Butterfly.


四季をりをりの花盛。(…)野花黄鳥春風を領じ。花前に蝶舞ふ紛々たる。雪をめぐらす舞の袖。返す返すも。おもしろや。―謡曲「胡蝶」より



a0332314_16363359.jpg


 古いVHSビデオを引っ張り出してきました。タイトルは「胡蝶 脇留」とありますが、いつ上演されたのでしょう。大槻清韻会能楽堂とは、大槻能楽堂の旧称でしょうか。
 シテは大槻文藏さんです。お若い時に「胡蝶」を舞って以来40年ぶり(当時)ということですが、高らかで張りのあるお声です。笛は杉市和さんです。繊細で澄みわたったフルートのような音色…。
 能楽堂でじかに観、聴けたらどんなに沁みたことでしょう!
 残念ながら画質がよくないので、近い写真をお借りしてきました(pinterest)。

Snowdrop found a videotape that she had recorded Noh Butterfly in 2000s .


a0332314_20565413.jpg
北野天満宮(2016年)


胡蝶の哀しみ…それは、かぐわしい梅と永遠にめぐりあえないこと。蝶々が蛹から孵るのは、香らぬ桜のころですから。

Why is the butterfly sad? Because it, hatched in the season for cherries, never sees fragrant plum blossoms.



てふてふは桜とともに()れたれば梅のにほひを永久(とこしへ)に戀ふ 


a0332314_17355248.jpg


 能「胡蝶」が下敷きにしているのは、源氏物語「胡蝶」の巻と、荘子の「胡蝶の夢」です。
 桜の名所の吉野の僧が、京の梅を訪ねる…この設定は、王朝文化への憧れを表しているとされます。物語の舞台となる一条院跡は、紫式部ゆかりの内裏の跡で、応仁の乱の前には荒れ果てていたと考えられます。観世信光(1435-1516)が「胡蝶」を書いたころ、源氏物語の世界は失われた理想郷だったのでしょう。
 面白いことに、源氏物語の「胡蝶」に出てくる竜頭鷁首の舟は唐風で、平安貴族は外国旅行気分を味わっていました。憧れは時代から時代へ、あるいは海の向こうへ、鎖のように連なってゆくのですね。

Noh Butterfly is an adaptation of a chapter "Butterfly" of The Tale of Genji and Chuang-tzu's "Dream of the Butterfly".

A monk in Mt. Yoshino (famous for cherry blossoms) visits Kyoto where the plum blossoms bloom…. This plot shows the longing for the culture of the dynastic age, for the world of The Tale of Genji. When the author wrote this Noh, it had become a lost world.

It is interesting to note that the aristocrats in The Tale of Genji enjoy an exotic mood of a Chinese style boat. The longing is from one period to another, from Japan to foreign countries!
 

a0332314_10081510.jpg

源氏物語図帖 胡蝶 土佐光吉筆 『花』東京国立博物館
Album of scenes from The Tale of Genji by Tosa Mitsuyoshi

舞楽「胡蝶」。山吹の花を手に舞う子供たち * 万葉植物園(5月5日)
Four children dancing Butterfly, a Japanese court dance, hold a branch of Japanese rosea. Living Tale of Genji !(1990s)

a0332314_14374894.jpg


鶯の啼く音も長閑(のどか)なのに、鳥の楽が花やかにひびき合って、池の水鳥もそこはかとなく囀(さえず)り続けています折から、急の調べに変って終りになりますのが、この上もなく面白いのです。まして蝶は、軽やかに飛び立ちながら、笆(ませ)の下に咲きこぼれている山吹の花蔭に舞い出るのです。―『潤一郎訳 源氏物語』「胡蝶」より


a0332314_15243789.jpg
胡蝶花(しゃが)、山吹 * Japanese iris, Japanese rosea


それにしてもなぜ、胡蝶は梅にめぐりあえない運命になったのでしょう。もしかすると、あの「平平(ひらひら)」のように花から花へ移り気で、梅の花を悲しませ、ついには枯らしてしまったのかもしれません。庭の梅を一途に愛した道真公を見習うべきだったのに…

Why was the butterfly destined to miss the plum blossoms for ever? Was he a "butterfly" just like Hirahira to break a plum tree's heart and killed her ? He should have learned from Sugawara no Michizane who loved his plum tree single-mindedly…


a0332314_14451604.jpg

狩野山雪 老梅図襖 The Old Plum painted by KANO Sansetsu (1590-1651)『狩野山楽・山雪』京都国立博物館


君知るや梅はなさけふかき花
幹をよぢりてとほき人戀ふ

tu sais,

un prunier est

un arbre pleine d'affection

elle se tordre d’ aimer

son chéri éloigné



(All Rights Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-04-27 06:55 | | Trackback | Comments(3)

文楽はオペラだ !?(Bunraku is Opera?!)

a0332314_08501750.jpg
わが町の染井吉野*Somei Yoshino in my town


海のむかうにさくらは咲くや春の夜のフィガロよフィガロさびしいフィガロ 
永井陽子

i ciliegi
sono fioriti all' estero ?
Figaro, Figaro,
ah Figaro malinconico
della serata di primavera !
― NAGAI Yoko, traduzione di snowdrop



(…) Della rana rimota alla campagna!― Leopardi

a0332314_13201906.jpg

狂言派の友とオペラも文楽も能もいちどに観る春の宵 snowdrop


昔男、在原業平のせつない恋をこれまで幾度か物語ってきました。その業平の子孫、在原平平をご存知ですか。ポスターの文楽人形が平平です。ひらひら?? snowdropは目を、耳を疑いました。業平さまのDNAが変わり果てたお姿に…ああ、なんてこと! T◇T

ところが、とあるブロガーさんによると、この首(かしら)は、シェイクスピア原作の新作「不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)」のために作られたものだとか。ふぁるすのたいふ…ファルスタッフ!原作はシェイクスピア、ヴェルディ最後のオペラのタイトルロール!!お見それいたしました…m(- -)m

「ファルスタッフ 文楽」の画像検索結果「フィガロ 文楽」の画像検索結果
(google search)

さてさて、このお殿さま、美人の奥方さまがありながら、まもなく家臣の太郎と祝言を上げる奥方付き召使のお花にちょっかいを出す浮気者です。それでいて、家臣の蘭丸がお花の同僚といちゃついていると、東国へ追放しようとします。じつは蘭丸が本当に慕っているのは美人の奥方さまなのですが…

どこかで聞いた筋ですね!?そうです!これは、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の翻案(狂言+能楽+文楽+室内楽版)なのです。お殿さまは文楽人形と太夫(声)、奥方さまは能のシテ方、家臣の太郎や蘭丸、召使のお花らは狂言方が演じます。序曲やアリアなどは管楽八重奏(および通奏低音)が演奏します。文楽三味線は室内楽にも加わってセッションを…♪

まるでごった煮のような組み合わせ?いえいえ、実際に見ると意外とシンプルです。

お殿さまは人形ですが、ゆったりした狩衣姿なので大きく見え、人間のお花に言い寄っても違和感がありません。前正面の席からだと、カチカチと音を立てながら眉の上げ下げをしているのがよく見えて、大いに笑えました。これが人間の役者さんなら、一歩間違えば、いやらしいオヤジに堕してしまうところです。

奥方さまをシテ方が演じるのも絶妙ですね。能面であることから、表情を殺しつつ嫉妬に苦しむ女人であることが一目瞭然です。体の動きも少なく、型どおりの手の仕草ひとつで涙を表したりします。アリア「どこにあるの。甘くそして恋に生きた楽しかった日々は」()の節にぴたりと合った舞い…まるで一つの音符も逃さないフィギュアスケーターのよう。(個人的には、囃し方と微妙にずれるお能本来の足拍子の方が好きですが)


アリア「どこにあるの。甘く…」♪  能面(pinterest)
「能面 pinterest 女」の画像検索結果


a0332314_09401920.jpg














幕間にホールの隅っこから撮影した舞台
観世能楽堂なら、鏡板の松をバックに樹下の逢引が演じられたことでしょう



このシンプルな舞台を縦横に駆けめぐり、時に観客席にも出入りして、話を進行させるのは狂言方の面々。「セクハラ」「そだねー」「公文書改ざん」など、現代語を盛り込んだセリフは捧腹絶倒、若い人たちにもアピール力満点です。

いっぽう、お殿さまの浄瑠璃は古き良き大阪弁です。おおらかなおっとり感がやんごとなき血筋を感じさせ…でも、平平は残念ながら、和歌オンチなのです。ネタバレになるのでお話ははしょりますが、最後に奥方さまがお許しの和歌を詠んでもチンプンカンプン…^^;

こんなかけ離れた二人ですが、「愛と赦し」がすべてを丸く収めます。さあ、太郎とお花の祝言の始まり、高砂や~♪あれ、途中からローエングリンの結婚行進曲()になりました。モーツァルトばかりかワーグナーまで夢の競演?!
https://www.youtube.com/watch?v=pn2D4qyfDsM

ワーグナーのゆかりの地でもあるスイス、ルツェルンのクラングアート アンサンブル、彼らの温かみのある音楽とフレンドリーな笑顔に拍手!東洋の古典芸能と西洋の古典音楽の境界を越える、ボーダーレスな喜びを届けてくれました。

ボーダーレスといえば、華麗な速弾きを披露した浄瑠璃三味線の鶴澤友之助。じつはコントラバスが得意で、母はヴァイオリニスト、父はジャズピアニストだとか。平平をかろやかに語った豊竹呂太夫は、ゴスペル文楽の創始者です。そして平平を遣った桐竹勘十郎は文楽イラストレーションの名手…かくして狂言風オペラは、平成末の京と浪花にしっかり根を下ろしたのでありました。


a0332314_13210572.jpg


Snowdrop has often talked about Ariwara-no-Narihira, Japanese Don Juan and his painful love. Do you know his descendant, Hirahira? The above comic puppet is Hirahira, a fictitious character!

According to one of my bloger-friends, this puppet was made for the title role of Falstaff, an adaption of Verdi's last opera from the original by Shakespeare! (google search)

「ファルスタッフ 文楽」の画像検索結果

Ariwara-no-Hirahira is a lord and playboy although he has his own beautiful wife…just like Count Almaviva! Yes, it is an adaptation of Le nozze di Figaro.
Tachibana(Countess Rosina) is played by Noh player, and Taro(Figaro), O-Hana(Susanna), Ranmaru(Cherubino), etc. by Noh farce (Kyogen) players. The overture and arias are played by a wind ensemble from Lucerne and one shamisen-lute player. A hybrid like the pot-au-feu? In fact, it seemed simple.

Because Hirahira is a puppet, he looks like a clown rather than a dirty old man. And his wife Tachibana is a Noh player with a mask, which shows clearly that she is suffering from jealousy. She dances smoothly to the melody of the aria(Dove sono i bei momenti ).

Noh-farce players run about on the stage and aisle, interspersing their talks with contemporary vogue words. Only Hirahira speaks in an old Osaka dialect of Joruri.

Although Hirahira is a descendant of that noble and famous waka poet, he cannot understand the waka composed by his wife! And yet the love and pardon led the story to a happy ending:the wedding march by Wagener!

The wind ensemble is from Lucernce, a place associated with Wagner, which brought us thier heartwarming music and friendly smiles.

A Joruri Tayu, TOYOTAKE Rodayu is the originater of Gospel Bunraku. A young Joruri shamisen-lute player, TSURUSAWA Tomonosuke plays well the contrabass also, whose mother is a violinist and father pianist. And a cheif puppeteer KIRITAKE Kanjuro is a good illustrator also.

What a hybrid opera!! Bravi!!!






ひらひらともう飛ぶまいぞこのてふてふ愛と赦しの花におぼれて snowdrop
Hirahira (svolazzando)
non piu andrai

farfallone
amoroso
travolto dal fiore
d' amore e perdono
 


a0332314_16341390.jpg

(浄瑠璃寺*Joruri-ji Temple, 2016)

(All Rights Reserved)





[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-04-23 05:18 | | Trackback | Comments(4)

雪の吉野、桜の吉野(Yoshino in snow or in flowers)

a0332314_10273106.jpg
雪白の桃(吉野)*桜も桃も霊木です
snowy peach blossoms*Both peach and cherry are the sacred tree.


み吉野の耳我の嶺に時なくぞ雪は降りける…
天武天皇の長歌より
三吉野之 耳我嶺尓 時無曽 雪者落家留 …  萬葉集巻一25

a0332314_16203700.jpg
蔵王堂(Zaou-do Hall)をのぞむ。左下の杉林の根方に桜の若木群がみえる。(4月第1週)


吉野の桜、竜田の紅葉は歌びとの憧れ…けれども『万葉集』に出てくるのは、なんと雪の吉野、桜の竜田です。いにしえの吉野山は人を寄せつけぬ霊山、その桜は、役行者が蔵王権現を桜の一木彫にしたことから敬われてきました。山の桜に信者の寄進した桜が加わって…吉野の桜は1300年分の祈りの花だったのです。

Cherry blossoms in Yoshino, maple trees in Tatsuta are famous icons for Japanese people and waka poets. But in Man'yo-shu, Yoshino was sung with snow and Tatsuta with cherry blossoms ! Because En no Gyōja(634-701)perceived Zaou-gongen and carved the image with a cherry tree in Yoshino, the cherry trees have been protected there. Such many cherry trees are composed of not only wild ones but donated ones by the believers. Thirteen-hundred-year-prayer is included in these flowers.


a0332314_17073297.jpg


和歌では、桜を雪にたとえることが多いのですが、とりわけ吉野の桜は雪の面影が濃いようです。『古今集』の紀友則(850–904頃)の歌をどうぞ。

Many waka compare the cherry blossoms to the snow, especially those in Yoshino, e.g. waka of Ki no tomonori (c.850–c.904) .

吉野の山べにさけるさくら花かとのみぞあやまたてける 紀友則


さらに時代を下ると…

a0332314_06222455.jpg

a0332314_18051615.jpg


幾年(いくとせ)の花にを尽くし来ぬあはれと思へみ吉野の花 藤原俊成

How many years have I given my whole mind to the cherry blossoms? Please sympathize with me, cherry blossoms in Yoshino! ― Fujiwara no Shunzei, translation of snowdrop



吉野山こずゑの花を見し日よりは身にもそはず成にき
 西行

In Mt.Yoshino, since I saw the cherry blossoms on the top of a tree, my spirit has been out of body. ― Saigyo, translation of snowdrop



a0332314_16565799.jpg
梢(こずえ)の花


同世代の俊成(1114-1204)と西行(1118-1190)の歌。書き写していて、どちらの歌にも「心」の文字が入っているのに気づきました。俊成の「心」は真心、精魂です。一方、西行の「心」は身からあこがれ出づる心、霊魂を指します。言うなれば、花に狂う心 ― お能の世界に通じるかもしれません。あるいは幽体分離とみれば、現代にも通じます。

Shunzei(1114-1204)and Saigyo(1118-1190)lived in the same age, and their waka share the word "心(kokoro)" . The former's "kokoro" means the mind, the latter's the spirit. Saigyo's spirit enthusiastically or even fanatically seeks for the flowers like a kind of out-of-body experience, which leads to the Noh world or to the modern times.


a0332314_17313943.jpg
exceedingly silent flowers in the applause


雪にたとえられる桜ですが、雪白ではなく、薄紅を帯びています。どんなに歓声を浴びようと、どこまでも静か(しづか)な花。咲き鎮もる(しづもる)花。神を鎮める(しづめる、鎮座させる)花… snowdropも拙いなりに歌を詠みましょう。


東雲(しののめ)の光に燃ゆる雪山と見まがふばかりの山ざくら花 

(

Mount Yoshino
covered with cherry blossoms
looks like a snowy mountain
burning light crimson
in the morning sunlight

)


山の神やどす吉野のさくら花千度(ちたび)の春を咲きしづもれり

a0332314_16213238.jpg
山桜のフレームあるいは描表装(かきびょうそうのなかの如意輪寺
Nyoirin-ji Temple, Yoshino, in the cherry blossoms' frame

(All Rights Reserved)

[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-04-15 06:26 | | Trackback | Comments(2)

桜に始まり、桜に終わる(Noh play full of cherry blossoms)

a0332314_09454571.jpg
難波宮跡近辺(3月下旬)*around the site of Naniwa Palace in March


 桜が咲き始めた難波宮跡の近くの能楽堂で、桜のお能を観ました。「忠度(ただのり)」です。誰ですか?キセル(ただ乗り)だなんて言っているのは?じつはこのダジャレ、室町時代にさかのぼるんです。世阿弥の時代の狂言は、秀句(洒落)を主体にした即興劇だったとか。
 この日はお能「忠度」の前に、狂言「薩摩守」が上演されました。薩摩守とは忠度の官職名です。
 天王寺へ参詣途中の旅僧は、お布施頼りの旅ゆえ、茶屋の茶代も出せません。親切な茶屋の主人は見逃してくれた上、道中の川で船賃が要ることを教えてくれます。この船頭は洒落好きゆえ、「船代は薩摩守」、すなわち「忠度(ただ乗り)させて下さい」と言うよう助言するのですが…。


Snowdrop saw a Noh farce and a Noh play at the beginning of cherry blossom season. The Noh farce, Kyogen, used to be the improvisational theatre using the witticism in the Muromachi period. The hero’s name of Noh Tadanori
(忠度)is the homonym of “tada-nori(只乗り)(free ride) ”! Tadanori’s status in life was “Satsuma-no-mori(薩摩守)” , and the traveling priest of this Kyogen Satsuma-no-mori(薩摩守)tries to take a free ride, “tada-nori(只乗り)” by saying to a boatman, a witticism-lover, “My ferriage is Satsuma-no-mori(薩摩守)!”



a0332314_10053577.jpg
大槻能楽堂

 薩摩守忠度は平清盛の異母弟です。「熊野の育ちの大力」、山伏の間でたくましく育ちました。母方の身分が低かったため出世が遅れ、ようやく薩摩守の官職を得たときは30代半ばでした。しかし、彼にはもう一つ名を挙げる道、歌の道がありました。平家都落ちの日、忠度は自選歌百首余りを藤原俊成に託します。俊成は編纂中であった勅撰和歌集『千載集』に、次の一首を入れました。


さざなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな


Former capital Shiga around Lake Biwa has come to ruine, but on Mt.Nagara cherry blossoms bloom as beautifully as the ancient times. ― translation of snowdrop ()


 けれども、平家が朝敵となった世では、作者平忠度の名を出すことはできません。ここで「読み人知らず」とされたことが、忠度の妄執の種となり、往生を妨げることになるのです。

Taira no TadanoriSatuma-no-mori Tadanoriis a half-brother of Taira no Kiyomori. He was raised to be strong among mountain priests in Kumano. Because his mother was not noble, he was already in his thirties when he acquired the position of Satsuma-no-mori.

But he had another way to make his name, the art of waka poetry. When the Taira family was exiled from Kyoto, he entrusted his hundred waka to Fujiwara no Shunzei, a compiler of an imperial anthologyof waka poetry,
Senzai Wakashū. Shunzei chose one () of them as an anonymous’ waka because the poet, Tadanori, belonged to the Taira family, an emperor’s enemy. This anonymity led to Tadanori’s regret and attachment to disturb his calm death.



a0332314_09140204.jpg
山桜(3月下旬)*wild cherry blossoms in March


をも憂しと捨つる身の、花をも憂しと捨つる身の、月にも雲は厭はじ (謡「忠度」『謡曲百番』岩波書店より)

 能「忠度」は「」に始まります。俊成に仕えた人が西国行脚の旅に出、須磨の浦の桜木のそばで出会った老人に宿を請います。「うたてやな、この花の蔭ほどのお宿」があろうか、と老人は答え、この木の下には「旅宿の花」の歌を残した忠度が眠っているのだと説きます。


行き暮れて木の下陰を宿とせば花や今宵の主ならまし 忠度

Evening has come while walking and I overnight under the shade of a cherry tree, when the flowers might be the master tonight. translation of snowdrop ()


While a Shunzei’s pupil went on a pilgrimage, he met an old man nearby a cherry tree in Suma Bay and asked him for a night's lodging. The man answered that the best lodge was under the flower-shade of that tree because Tadanori, the composer of the famous waka on lodging under flowers (), had been buried there.



a0332314_11025725.jpg

夕(ゆふべ)の花の蔭に寝て、夢の告をも待(まち)給へ(謡「忠度」)
 

僧の夢に忠度が現れ、訴えます。自分が霊になったのは『千載集』に読み人知らずとされたためだ、どうか今の世の歌人、定家に言伝(ことづて)してほしい。…忠度の回想は、俊成のもとを訪れた都落ちの日から一の谷の合戦へ…にわかに謡の声が張りつめました。
 平家の舟に乗ろうとする忠度、これを追う源氏方の六弥太。二人はむずと組み合い、両馬の間にどうと落ち、忠度が刀に手を掛けたところを 、六弥太の郎等が背後から忠度の右腕を打ち落とし、忠度は左手で六弥太を取って投げ除け ―


In the pupil's dream, Tadanori appeared and requested to give a message to the successor of Shunzei, Teika, that the anonymity of that waka made him a ghost


Tadanori’s old story moved from their leaving the capital to the Battle of Ichi-no-Tani, when his narration turned tense and strong.


When Tadanori tries to ride on a boat of the Taira family, a warriror of the Minamoto family, Rokuyata, comes up with him. They wrestle on horseback and fell between two horses, Tadanori puts his hand on the hilt of his sword, Rokuyata’s follower cuts down Tadanori's right arm, his left arm throws away Rokuyata


f0374041_16591541.jpg
時雨にぬれる斑(むら)紅葉(2017年)


足拍子も高らかに、この大立ち回りをシテは一人で体現して見せます。今はかなわじと西に向かい念仏する忠度が六弥太に首を落とされるや、シテは今度は六弥太に成り変わり、忠度の骸を見分します。
「長月頃の薄雲、降りみ降らずみ定めなき、時雨ぞ通ふ斑(むら)紅葉」の錦の直垂から、まだ歳もそれほどゆかぬ公達であろう。名前が知りたい…おや、箙(えびら)に短冊が挿してある。そこには「旅宿の花」と題されたあの歌が…


The battle of three persons is represented by only one player, shite. Tadanori gives up and prays in the direction of the Western Paradise, being decapitated, when the shite changes to Rokuyata, views Tadanori’s body, and finds the red-maple-leave-like flowing robe which tells that he is a young noble man. Finally a strip of fancy paper is found on a quiver of an arrow, on which the following waka () is written:

a0332314_14200773.jpg
短冊を見つめるシテ(『能 花の風姿』三一書房)



「行暮れて、木の下陰を宿とせば」(地=六弥太の語り)

「花や今宵の、あるじならまし(シテ=忠度の語り)


「花」に始まる下の句を、シテが万感を込めて語ることで、旅宿の花の歌は辞世の歌となりました。

「さては疑い嵐の音に」― 間違いない、このお方は名高い薩摩守でいらっしゃる!そしてシテは再び忠度に立ち返り、僧に回向を頼み、桜の木蔭に消えてゆきます。


 木陰を旅の宿とせば、こそ主なりけれ (謡「忠度」)


 ここで謡は終わりました。に始まり、終わる能。忠度の「ならまし」(反実仮想)が、世阿弥によって「なりけれ」(断定詠嘆)と変えられたことにお気づきですか。おそらく忠度は花の主、花そのものとなったのです。

修羅の地獄からも、名を挙げたいという執着からも解放され、忠度は、ひたすらに花を愛する人間の心を取り戻したのでしょう。

参考文献*白洲正子『謡曲 平家物語』

Evening has come while walking and I overnight under the shade of a cherry tree,
when the flowers might be the master tonight. ― Tadanori
()


While the first half part is recited by the chorus, the second half by the shite wholeheartedly, thereby this waka becomes Tadanori’s death poem.


This famous waka revealed the name of the dead. Tadanori asked the pupil to hold a memorial service for him and disappeared in the shade of the cherry tree. The Noh chorus ended with the following phrase:


When I overnight under the shade of a cherry tree, the flowers IS the master tonight.― Zeami, the author of the Noh


Please note that “might be” in Tadanori’s waka has been changed to “is” in Zeami’s Noh verse. Here Tadanori IS the master, the flowers themselves. Being released from the warrior’s hell and the poet’s attachment to the fame, he became a man who loves the flowers single‐mindedly.



a0332314_11452139.jpg

(2016年*花まつりの東大寺)



花こそは心のあるじ見る人のなくとも開きひそやかに散る
 snowdrop


la fleur
est le maître d’ esprit !
quand même
il n’ y a personne
elle s' épanouit et tombe toute seule.



四月八日は花祭り(灌仏会*お釈迦様の誕生日)です。

(All Rights Reserved)









[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-04-08 17:17 | | Trackback | Comments(2)

うぐひすの涙、からくれなゐの水(nightingale’s tears)

a0332314_15442460.jpg
在原業平ゆかりの不退寺の連翹(1990年代)


雪のうちに春は来にけり鶯のこほれる涙今やとくらむ 二条后


これは業平と恋に落ちた藤原の姫、高子の作と伝わる『古今集』所収の歌です。雪は残っているけれど、暦の上では春。うぐいすの目に凍っていた涙もきっと溶けるでしょう…「あどけない」と評されることもある歌ですが ―
うぐいすの涙の玉に露の玉を重ねてみると、切なさが湧いてきます。

Takaiko (later Empress Nijo), an ex-lover of Narihira, composed a waka in Kokin-shu: Spring has come in the remaining snow, nightingale's frozen tears might be melting now. Do you find it innocent? If you overlay the dew-drops on these tear-drops, you will feel sad.


a0332314_10222823.jpg


白玉かなにぞと人の問ひし時露と答へて消えなましものを 業平



露のように消えてしまえればよかった、と思ったのはきっと高子も同じ…。二人して渡った芥川、いちめんの露の野が彼女の心の底に永久(とわ)に沈んでいなかったと、いったい誰に言えましょう。清和天皇の后となり、皇子を授かっても、高子は高子の無垢な心をもち続けていたのではないでしょうか。「うぐいすの涙」の歌には、露を真珠とみる幼子のようなまなざしが感じられます。

Narihira sang he had better disappear together like dews when she asked him “what are they, pearls? ” Takaiko also should have wanted to disappear with him. That dew field must have remained forever at the bottom of her heart. Even when she became Empress Nijo and gave birth to a prince, she might have kept her innoncent mind. Her waka on a nightingale’s tears reminds us of her innocent view taking dews for pearls.



a0332314_15380289.jpg
海竜王寺の雪柳(1990年代)


うぐひすのこほれる涙とくるあさ緑の野辺に

露のあふるる
snowdrop


(In the morning when the nightingale's frozen tear-drops melt, the fresh green field will be full of dew-drops.)


a0332314_15394479.jpg


あるいは、深窓の姫は鶯の姿をよく見たことがなかったかもしれません。鶯いろの目白を鴬と思いこんで、白いアイリングを凍った涙にたとえたのかも?!

This closeted maiden might not have observed a nightingale. She might have taken a nightingale-colored white-eye for a nightingale and compared its white eye ring to the frozen tears!



a0332314_13454867.jpg
紅涙のような薊の絵葉書。春の花ではありませんが…目白の切手とともに
stamp of white-eye


室町時代のお能は今の三倍の速さで演じられていたという見方があるそうです。お能の録画を三倍速で再生すれば、当時のテンポが感じられるかもしれません。あるいは、謡がふまえている和歌や漢詩を思い起こし、味わう時間をとるためだったのかも…。世阿弥の娘婿、金春禅竹の能は意欲満々、たとえば「小塩」には22もの和歌が引かれていますから!!

最後にもう一つ…去年の秋、百人一首からこんな歌をご紹介したのを覚えておられますか。

There is a theory that the Noh used to be played at double the speed in the Muromachi period. Was it in order to remember and appreciate the waka or Chinese poems cited in the play? You find 22 waka and 2 Chinese poems in "Oshio" !


a0332314_18552096.jpg
竜田川(2017年)


ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは 

Even the almighty
gods of old
never knew
such beauty:
on the river Tatsuta
in autumn sunlight
a brocade ―
reds flowing above,
blue water below

― Ariwara no Narihira, the Hundred Poems by One Hundred Poets translated by McMillan Peter



a0332314_10254233.jpg
屏風絵のような竜田川風景(2017年)


これも業平の歌でしたね!『伊勢物語』や『古今集』にも収められたこの和歌、古今集ではこんな詞書が添えられています。

「二条后の東宮の御息所と申しける時に、御屏風に竜田川に紅葉流れたる絵をかけりけるを題にて詠める」

この歌は、竜田川の屏風絵のために詠まれた「屏風歌」だったと分かります(今でいう写真短歌のようなものですね!)。高子はその時、東宮妃(皇太子妃)でした。ここでも業平は神代にことよせて、
からくれなゐの昔の恋を密かに詠みこんだのかもしれません。畏まったようでいて大胆な和歌 ―じつは不遇の貴公子だった業平。高貴な姫を盗んだ時、彼の心には、「高子を得たり!」という不遜な達成感も混じっていたのかもしれません。

According to the foreword (to a waka explaining how it was composed) in Kokin-shu, this Narihira's waka was one of those for a screen representing Tatsuta River with red maple leaves when Takaiko was Crown Princess. Narihira might have hidden their old love in the remote age of gods here also. Apparently formal waka, but bold in reality. ― This obscure grandson of emperors might have felt a sense of accomplishment when he had stolen this future empress.


a0332314_15081443.jpg
平安神宮の左近桜。奥は右近橘。

Cherry Tree at the left side of the Main Palace of the Heian Imperial Court
Mandarin Orange at the right side of … (in the back)

(All Rights Reserved)







[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-03-31 06:18 | | Trackback | Comments(3)

もぢずり、あしずり(Don Juan stamping his feet) 

a0332314_19402099.jpg
大阪城の梅「日光」(2月撮影)
plum flowers called "Sunshine" (in February)


 平安のドン・ファン(プレイボーイ)、在原業平(825-880)のお能を観ました。舞台は桜咲く京の都です。観能の日は二月下旬、浪花の梅を見た後で…
 このお能には22首もの和歌が引かれています。たとえば『伊勢物語』序段から ―

春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知らずも 在原業平
陸奥の忍ぶもぢずり誰ゆえに乱れんと思ふわれならなくに 源融


「もぢずり」とは、忍草の汁を模様のある石の上にかぶせた布に擦りつけて染める方法です。業平も融も、もぢずりの乱れ模様を恋心の乱れにたとえています。
 

Snowdrop saw a Noh play whose hero is Don Juan in the Heian period, Ariwara-no-Narihira (825-880). The play is set in Kyoto in a cherry blossom season, and she visited the plum garden in Osaka Castle before the play. This program cites 22 waka including Narihira's.


a0332314_10222823.jpg


 若き日の業平は藤原の姫をさらいました。深窓の姫は恋人の背中から、生まれて初めて見た露をいぶかしみ「あれは何」と尋ねます(同五段)。むつまじい時も束の間、姫は連れ戻され、二条后となります(同七段)。
 能「小塩」では、事件の17年後に二人が再会し、業平が昔の恋をほのめかす歌を詠みます(同七十六段)。后となられた貴女様も、神代の昔ならぬ我らの昔の恋を思い出していることでしょう、と…

Young Narihira once eloped with Fujiwara-no-Takaiko (The Tales of Ise, Ch.5). The closeted maiden saw the dews for the first time and asked from her lovers back, What are they? Ther sweet moment was only momentary and she soon was taken back to the house and married the Crown Prince (later Emperor Seiwa) to be Empress Nijo (Ch.7). They met again after 17 years and Narihira composed waka implying their old love (Ch.76).



大原や小塩の山も今日こそは神代のことも思ひいづらめ 業平



a0332314_19391098.jpg
「鴬宿」に宿りする蜜蜂


 『伊勢物語』第六段には、姫が鬼に食われてしまったという記述があります。これは姫を失った業平の悲しみを象徴している、と物語のなかで説明されています。
 「足ずりをして泣けどもかひなし」― 業平の悲しみは深かったのですね。平安の貴公子が足ずりするところを想像してみてください!

 「足ずり」は『平家物語』にも出てきます。鬼界が島に取り残された俊寛は…
 「(…)渚に上り、倒れ伏し、をさなき者の乳母や母などを慕ふやうに、足ずりをして、これ乗せて行け、具して行け、と(…)おめき叫び給へども、漕ぎゆく舟のならひにて、跡は白波ばかりなり

 お能では業平も俊寛も足ずりしたりしませんが…。
(文楽「俊寛」では、足ずりを示す演出が見られます。俊寛や千鳥の人形には、文楽人形には通常無い足がついています。)


Takaiko was eaten by an ogre, which symblises Narihira’s sense of loss (Ch. 6). He, a young nobleman in the Heian period, cried stamping his feet in vain! Do you remember Shunkan? He also stamped his feet when he was left in Kikai Island (The Tale of the Heike). Of course, in the Noh play, neither Narihira nor Shunkan behave like that.

「もじずり」の画像検索結果

もぢずり(捩摺)(捩花,ねぢばな)という草もあります
lady’s tresses(pinterest)


 冒頭の二つの歌に帰りましょう。世阿弥の娘婿、金春禅竹は二つの歌をこんなふうにつなげました。

春日野の、若紫の摺衣、しのぶの乱れ、限り知らずもと詠ぜしに、陸奥の、忍ぶもぢずり誰ゆへ、乱れんと思ふ、我ならにくにと、読しも紫の、色の染み香に愛でしなり、(…)」(謡曲「小塩」)
 シテはここで袖を返します。(お能の写真がなくて済みません) 


a0332314_09175181.jpg
平成の「昔男」、野村萬斎


「忘れめや今も名は、昔男ぞと人もいふ。昔かな
 ここで舞扇がひらかれ、序の舞となります。そして再び…
昔かな。花も所も、月も春 有し御幸を 花も忘れじ 春も忘れぬ。」
 昔と今と、夢と現と、記憶と忘却と…すべてが花吹雪のなかに霞み、ただ曙の月のみが残っているのでした。

 Narihira dances turning his sleeves while missing the old love. The past and the present, the dream and the reality, the memory and the oblivion, all were misted in the shower of petals and only the moon was left.



c0345705_15293668.jpg
「月の桂」*Plum called "Katsura tree in the Moon"


月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして 業平



 能「小塩」には、梅の季節の歌も引かれています(『伊勢物語』第四段)。月も春もすべてが変わってしまって、自分だけがのまま…愛する人を失った今、月も春もすっかり色あせて見える。愛する人は遠くへ去り、自分だけがのままの恋心を抱いて立ち尽くしているのだ…
 自分だけ? ― いいえ、きっと梅の香りものままだったことでしょう。


The program cites a waka composed in plum season also (The Tales of Ise Ch. 4) :While the moon is not what it was and spring is not what it was, only I am still what I was
… Only I?― No, the fragrance of plum flowers also should have been what it had been.


 

射干玉(ぬばたま)の闇に消えにし とほき恋 梅の香のみぞ知る昔かなsnowdrop



a0332314_10434169.jpg
玉のような莟(「緑萼」)


(All Rihgts Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-03-20 18:20 | | Trackback(1) | Comments(4)

お水送りとお水取り(water sent off and drawn up)

a0332314_16162667.jpg

(1990年代撮影*さるブログを拝見して、二月堂の梅の香が蘇ってきました)


この春も杉と梅花と松明の香のかけのぼる悔過の(きざはし)




a0332314_13020801.jpg
羽子板みたいな形の木型*wooden molds like the battledore


奈良の赤膚焼きの水瓶と、落雁の木型が並んだ和菓子屋さん。今年もお水取りゆかりのお菓子が店頭を飾る季節が巡ってきました。それらのお菓子が姿を消すころ、本当にあたたかな春がやって来ます。

Here is a Japanese-style confectionary store, where one sees rakugan (hard candy) molds and Akahada pottery. The sweets of Shuni-e ceremony appear in February and disappear in March, when the warm spring really comes.


a0332314_21053160.jpg
2018年は3月14日(水)まで。木彫りの鹿はsnowdropのもの。
Snowdrop's wooden deer are inedible.





 「お水取り」(修二会)に先立つ「お水送り」という行事があります。毎年3月2日、若狭小浜の神宮寺で「お香水」が汲まれ、遠敷(おにゅう)川に注がれます。この水は地中を伝わって東大寺二月堂の「閼伽井」に届き、12-13日深夜に汲み上げられます。遠敷(おにゅう)の神から送られた水が、二月堂本尊の十一面観音に受け取られるのです。
 むかし修二会に遅刻した遠敷の神が、二月堂本尊仏にお供えする水を奉ったのが始まりだとか。神と仏が習合してきた歴史を感じさせます。


The above left ritualis Omizu-okuri in Jingu-ji Temple on March 2th, and the right Omizu-tori (Shuni-e) in Todai-ji Temple on March 12-13th. The holy water in Jingu-ji Temple in Wakasa is poured in Onyu River and arrives in Aka-i, the well in Todai-ji Temple in Nara to be offered to the principal image of the Nigatsu-do hall. https://en.wikipedia.org/wiki/Shuni-e

a0332314_09355435.jpg

お水送りの翌日はひな祭りです * Doll Festival is on the following day of Omizu-okuri

(




)



ただ一たび遅れしことを哀しみて神は千たび水を送り来

regretting

being late only once

that god

has sent the water every year

more than thousand times



a0332314_12564296.jpg


「閼伽水」という青いお菓子には、水紋が二つ焼きつけられています。ひょっとすると、「送られる水」「取られる水」の双方を表しているのでしょうか。

On the pale blue cake named "Argha (skt.)=Holy Water", one sees two ripple-shaped brands, which might represent both sent water and drawn water.



a0332314_12592891.jpg
赤膚焼きの旅茶碗におうすを点てて…撥鏤(ばちる)の菓子切りでいただきます。
maccha in Akahada tea cup * bachiru pick


こちらの紅白椿のお菓子は、和紙の造花をかたどっています。2月下旬に別火坊(戒壇院の庫裡)で練行衆がこしらえた造花は、二月堂の十一面観音に供えられ、3月1日から14日までの本行を彩るのです。

This red-and-white camellia represents the paper one made by priests of Todai-ji Temple (below fig.) to decorate Nigatsu-do hall from the 1 th to 14th March.


↑今年も染めておられます。


お松明、お水取り ― 火と水の法会、修二会は神仏習合の香りがします。東大寺の隣の春日大社の鹿も見守っていることでしょう。万人のために懺悔を行う練行衆の方々を…


Shuni-e is the ceremony of penitence for all people with water (drawn water) and fire (pine torch), implying the syncretism of Shinto and Buddhism. (The below deer are the messengers of the gods of Kasuga Shrine next to Todai-ji Temple.)



a0332314_05402735.jpg
神鹿のおみくじと、仏寺ゆかりの和菓子 (2015年撮影)

a0332314_12595999.jpg
サントリー美術館「美しの和紙」より

a0332314_14022152.jpg
造花のような椿(2017年)


お水取りが終わるころ、開山堂には、紅い和紙に白い糊がこぼれたような「糊こぼし」という椿が咲くそうです。お堂は非公開なので、ここでは白毫寺の「五色椿」をお見せしましょう。一本の木にさまざまな色合いの椿が咲きます(下)。糊こぼしに似た花も見つかるかも…。(最後の一枚は藪椿です。)


Toward the end of Shuni-e, red-and-white camellias are said to bloom in Kaisan-do hall in Todai-ji Temple. Because this hall is not open to the public, I would like to show you another famous one in Byakugo-ji Temple called “five-coloured camellia” ! In fact, various red-and-white camellias are observed on only one tree(except the last photo).



Img_1703_800x600_2

Img_1702_800x600_4

Img_1687_800x497_3


Img_1671_800x473_2Img_1689_800x600_2
(2016年撮影)
(All Rights Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-03-12 06:30 | | Trackback | Comments(2)

見おくる女、小夜子(a woman who saw off)

a0332314_17182021.jpg
大阪城と蝋梅 * wintersweet like bells and Osaka Castle



金いろの小さき鈴をふりながら手がふてみたし

獅子のたてがみ

(Je voudrais faire sonner une clochette d'or et taquiner un lion avec la criniere.)

「手がふ」=「手がう」=「からかう」(関西方言)



a0332314_17200562.jpg
大阪城梅林の「金獅子」* 狩野永徳「唐獅子図屏風」(wikipedia)
plum flower named Leone d'Oro *Chinese Lions by KANO Eitoku

「唐獅子図屏風」の画像検索結果



 見おくる男の文楽に続いて、見おくる女のお能を観に行きました。「松浦佐用姫」―「姫」は古代では「女人」の意味、佐用(小夜)姫(さよひめ)はさしずめ「小夜子(さよこ)」でしょうか。
 大阪城から歩いて半時間足らず、難波宮跡からもほど近い大槻能楽堂へ。今日は自由席だから、開場に遅れないように…
 「見送る」の「おくる」は「遅れる」に通じます。ああ、大切な人から遅れ、ついて行けなかった ― その哀しみが、「見おくる」という言葉にはこめられているようです。

Snowdrop, who had seen Bunraku of a man who sees off, saw Noh drama of a woman who sees off. A Japanese word “mi-okuru (see off) ”includes “okuru” that is etymologically common with “okureru” (be late) . The person who lost the beloved sometimes feels that he or she could not be in time for the departure with his or her deceased. This sadness might be hidden in the word “mi-okuru”.



a0332314_09055689.jpg
松につかまり、見おくる男 俊寛*Shunkan, a man who sees off



 万葉の昔、恋人を乗せた唐土(もろこし)船を見送る女がいました。― 松浦佐用姫。領巾(ひれ)を振って別れを惜しみ、悲しみのあまり石と化した彼女は伝説となり、「見おくる」者の原型となりました。
 
In the Tempyo period, there was a woman who saw off an embassy ship to China. She was Matsuura-Sayo-hime, who waved her shawl to her beloved going on a trip and turned into stone in her sorrow. She became a legend and prototype of the person who sees off.


a0332314_10191453.jpg
一の松のそばに佇む 松浦佐用姫*Matsuura-Sayo-hime


鬼界が島から都へ漕ぎ出す船を見送る「俊寛」(能)も、
つれない男の訪れを空しく待つ遊女「江口」(能)も、
わが身の悲しさを松浦佐用姫のそれになぞらえています。

Both Shunkan and Eguchi respectively compare their sadness to that of Matsuura-Sayo-hime.

a0332314_09024869.jpg
能「俊寛」

「船人纜(ともづな)押し切って、舟を深みに押し出す。せん方波に揺られながら、ただ手を合はせて舟よなふ 舟よと言へど乗せざれば 力及ばず俊寛は。もとの渚にひれ伏して、松浦佐用姫も、わが身にはよもまさじと、声も惜しまず泣き居たり(…)」(俊寛)

a0332314_09133042.jpg

「河舟を、泊めて逢瀬の波枕、(…)浮世の夢を見習はしの、驚かぬ身のはかなさよ、佐用姫松浦潟、片敷く袖の涙の、唐土船の名残なり、又宇治の橋姫も、訪(と)はんともせぬ人を待つも、身の上とあはれなり」(江口)

a0332314_22091967.jpg
海上に鏡のような落日*the setting sun like a mirror


ここで、能「松浦佐用姫」のあらすじを…
旅僧が松浦潟に着くと、うら若い海女が現れた。「松浦潟。海山かけて降る雪の」と謡う彼女の笠には、白雪が降り積もっている。海女は佐用姫の悲恋を物り、僧から袈裟を授かると、返礼に恋人の鏡を見せると約束して姿を消した。

Outline of Noh Matsuura-Sayo-hime:
When a traveling priest arrived at Matsuura lagoon, a young woman diver appeared, whose woven hat was covered with snow. She told about Matsuura-Sayo-hime’s tragic love, promised him to show her beloved's mirror and disappeared.


c0345705_09044188.jpg
雪の笠とサザンカ*camellia sasanqua's leaf-hat covered with snow


夜もすがら僧の夢に、恋人の衣をまとい鏡を抱いた佐用姫の霊が現れる。鏡には彼女の恋人の姿が映っていた。佐用姫の霊は恋の執心を嘆き、昔の有様を再現して見せる。恋人との別れ、領巾(ひれ)を振って舟を見送った時のこと、そして、形見の鏡を抱いて投身したこと―。そこで僧の夢は覚めた。


During the night the priest saw in his dream Matsuura-Sayo-hime’s spirit appear in her beloved’s robe and with a mirror in her arms. The beloved's image was reflected in the mirror, which proved her attachment. She had seen him off waving her shawl and had jumped in the sea with the mirror in her arms.


a0332314_09281733.jpg
橋掛かり*三本の松は揚幕(左)と舞台(右)との間の遠近を表す
entrance curtain, bridge passageway, the third, second, first pine


「海山も振動して。心も暮れてひれ伏すや。地によつて。立ちあがり跡を見れば。船は煙波に遥かなり。せん方並木の松浦山の上に登りて声をあげ なうその船しばし」(詞章)

佐用姫の霊(シテ)は揚幕の手前まで退いてからふり返ります。なうその船しばし!―

「その船しばし留めよ留めよと。白絹の領巾を。あげては招き。かざしては招き。焦がれ堪えかねてひれ伏す姿は。げにも領巾振る。山なるべし」

橋掛かりを駆け戻り、一の松の前で一心に領巾を振ります。船までの長い距離を実感させるこの演出は、作者世阿弥の心にかなうものでしょう。(この演目は永らく廃曲となっていましたが、戦後復曲されました)

The spirit of Matsuura-Sayo-hime retreats to the entrance curtain, when she turns around and cries ” Yoo-hoo, the ship, wait for a while!” , running back to the first pine and waves her shawl desperately.
The stage effects using the passageway and the first pine were remarkable.


a0332314_10191453.jpg


『万葉集』には松浦佐用姫をうたった歌が幾つかあります。これは山上憶良の歌とされます。

Yamanoue-no-Okura and others composed waka on Matsuura-Sayo-hime in Man'yoshu.


宇奈波良能 意吉由久布祢遠 可弊礼等加 比礼布良斯家武 麻都良佐欲比売

海原の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫 萬葉集巻五874
沖を行く船に向って、帰って来てと、領巾をお振りになったのだろうか、松浦佐用姫は
『萬葉集』(新日本古典文学大系 岩波書店)



a0332314_18250019.jpg
「飛鳥の春の額田王」(部分)『安田靭彦』朝日新聞社


領巾(ひれ)とは、奈良時代の女性が羽織っていた薄いストゥールのような布をいいます。おや、天平装束姿のsnowdropも領巾を振っています。誰に呼びかけているのでしょう。


Snowdrop is waving her shawl in her Tempyo costume ! Whom does she call ?



a0332314_17582328.jpg


むらさきの袖ひるがへす銀幕の君へふる領巾(ひれ)

人にな告げそ


a0332314_09052046.jpg

平安時代の陰陽師を演じる野村萬斎*時代が違いますが…
Mansai waving the sleeves of his Heian costume



All Rights Reserved



[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-03-02 20:50 | | Trackback | Comments(7)

見おくる男 ― 文楽は文学だ? 下(A man who saw off ― Bunraku is Literature?2)

「正倉院 袈裟」の画像検索結果

正倉院の袈裟 (google search)
Quilted priest's robe in seven strips of mottled colors

a0332314_09033066.jpg
『文楽―人形のこころ―河原久雄写真集』(講談社)より「俊寛」


蓑虫の木の葉綴りのような俊寛の衣は、袈裟によく似ています。ほんらい袈裟とは、継ぎはぎの襤褸(つづれ、ぼろ)なのです。たとえば正倉院に伝わる袈裟の色合いも、じつは襤褸を表しています。

Shunkan’s robe resembles the priest’s, which originally is the quilted rags. The elaborated silk priest's robes in the Shosoin Repository also represent the quilted rags.


a0332314_09054058.jpg


 俊寛がひとり島に残ることを選んだのは、千鳥を船に乗せ、夫成経とともに都へ行かせてやるためでした。そして更に一つ、深い理由がありました。
 俊寛の妻、東屋(あずまや)は平清盛の怒りに触れ、都ですでに亡くなっていたのです。彼は妻のいなくなった都に帰る気になれませんでした。むしろ、この地獄のような島で三悪道を済ませてしまい、早く来世で妻と再会したいと願ったのです。

Why did Shunkan choose to stay in the island alone? Because he wanted to make Chidorigo to the capital with her husband Naritsune and he had another deep reason.

His wife had offended Taira-no-Kiyomori and already died in Kyoto. That news robbed him of the hope to return to the capital where he would never meet his wife again. He would rather pass the three kinds of hells in this hell-like island and meet her again in the next world as early as possible.


a0332314_09055689.jpg


 能によれば、俊寛は傲岸で信仰薄き者でした。鬼界が島で他の二人が仏に祈る時も、谷水と木の葉の盃で酒盛りをするほどでした。(近松のアワビの盃はこれを脚色したものです)
 そんな彼を変えたのは、妻の死の知らせだったのかもしれません。彼が見送っていたのは都へ帰る仲間ではなく、野辺送りもしてやれなかった妻だったのかもしれません。「見おくる」の「おくる」は「遅れる」に通じます。
 嗚呼、愛しい東屋に遅れて、生き残ってしまった…!
 彼が見送っていたのは、都への「浮世の船」ではなく、彼岸への「弘誓(ぐぜい)の船」だったのかもしれません。


 According to the Noh, Shunkan was an arrogant and
of little faith in Gods and Buddha. When other exiles prayed to Gods and Buddha, he alone had a drinking party with a leaf-cup and water (the source of Chikamatsu’s abalone shell-cups).

The news of his wife’s death might have changed him. What he was seeing off might have been not the company but the wife whom he had not perform a funeral service. What he was seeing off might have been not a ship to the capital but that to the other world.



a0332314_09033066.jpg

文楽「俊寛」


「ゴスペル文楽 イエスかしら」の画像検索結果

新作文楽「イエス・キリストの生涯」(google search)


 もう一つ興味深いことがあります。豊竹呂太夫らによる新作文楽「ゴスペル in 文楽」のイエスのかしらが「俊寛」だというのです。イエスの衣裳も、俊寛の襤褸とよく似ています。そういえば、アッシジの聖フランチェスコも襤褸の僧衣をまとっていました(下図)。袈裟と僧衣はともに清貧に通じます。
 クリスチャンでもある呂太夫の語りは、俊寛とイエスのあいだに共通する深い精神性を汲んでいると感じられます。貧しくとも憐れみ深く、他人を思いやり、自分を犠牲にして他人を救う…  
 

There is another interesting factor. Shunkan’s head is used for Jesus also, in Gospel in BUNRAKU, an original Bunraku by TOYOTAKE Rodayu and others. And Shunkan’s robe resembles Jesus’s one, which reminds me of that of Saint Francis of Assisi (below fig.) . Their robes are the symbol of the simplicity and honorable poverty.

 In fact, Rodayu is a Christian from his youth. It seems to me that his Gidayu reveals the deep spirituality in common between Shunkan and Jesus: the honorable poverty, the self-sacrifice, the compassion, etc.


「francesco assisi habito wiki」の画像検索結果

アッシジの聖フランチェスコの僧衣*robe of Saint Francis of Assisi (wiki)


 ただし、イエスが神の子であるのに対し、俊寛は一人の人間でした。
 俊寛の一番の望みは、やはり、地獄めぐりを経て来世で妻と再会することにあったのでしょう。ちょうどカトリック信者が、煉獄での修道を経て天国へ行くことを夢みるように。彼にとっては、鬼界が島での孤独な日々が修験道となったのかもしれません。


 But there is an important difference. While Jesus is a Son of God, Shunkan was a human being.

 Shunkan’s wish was the reunion with his wife in the next world after going through this world’s hell. It was just like a Catholic’s wish: the reunion with his beloveds in Heaven after going through Purgatory. His lonely days in Kikai (Hell) Island would be a practice of Shugendō.https://en.wikipedia.org/wiki/Shugend%C5%8D


a0332314_13485289.jpg

三悪道の一つ、畜生道 聖衆来迎寺「六道絵」(部分)『曼荼羅と来迎図』(講談社美術全集)より複写
Illustrations of the Six Realms(Hells), Realm of Animals (detail), Shōjuraikō-ji Temple, Shiga


俊寛に代はりてsnowdropの詠める一首(in place of Shunkan)

()

荒海に夕日くるめき沈む時いざ旅立たむ吾妻(あづま)のもとへ

(When the sparkling sun sinks into the rough sea, I will leave for my deceased wife.)



a0332314_22091967.jpg

(All Rights Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-02-24 06:48 | | Trackback | Comments(5)

見おくる男 ― 文楽は文学だ? 上(A man who saw off ― Bunraku is Literature?1)

c0345705_11143610.jpg
2018年2月16日は旧正月です(撮影は1月公演)
Lunar New Year(February 16, 2018)(photo in January)

初春をうれしむ赤きぼんぼりやアジアのふるき暦照らして
red and white lanterns
illuminating not only New Year
but Lunar New Year
in Asia (China, Korea, Vietnam, etc.)
on the traditional calendar


 文楽新春公演で「俊寛」を観ました。浄瑠璃「俊寛」とは、近松門左衛門作『平家女護島』のうち「鬼界が島の段」を指します。『平家女護島』は、能「俊寛」(鬼界島)や『源平盛衰記』(平家物語異本)をふまえています。冒頭は能「俊寛」の一節そのままで、謡曲のように聞こえます。
 もとになった能のあらすじはシンプルです。


I saw Shunkan (Kikai-ga-shima Island) by CHIKAMATSU Monzaemon in the National Bunraku Theatre of Japan. Heike-Nyogo-no-shima including the scene Shunkan is based on Noh Shunkan, The Tale of the Heike, etc. The plot of the Noh is simpler than that of Joruri by CHIKAMATSU. https://en.wikipedia.org/wiki/Shunkan_(play)


a0332314_09024869.jpg
堀上謙『能面変妖』(朝日新聞社)より「俊寛」


(あらすじ)平家打倒を企てた鹿ケ谷の陰謀が露見し、俊寛は成経・康頼とともに鬼界が島に流された。荒涼たる島で命をつなぐ三人。そこへ、建礼門院懐妊による恩赦の船が現れる。しかし、赦免状には俊寛の名だけが記されていなかった。帰洛に執念を燃やす俊寛だが、ただ一人島に取り残される。

能「俊寛」の主題は、鬼のごとき執念と人間の孤独です。登場人物も流人三人と赦免使と船頭の五人だけです。


The theme of Noh Shunkan is the demon-like tenacity and the human solitude. The characters in the play are only five: three exiles, one envoy, and one boatman.

c0345705_07522821.jpg
『平家女護島』「鬼界島の段」(文楽劇場の絵看板)海女の千鳥 ↑


いっぽう、浄瑠璃「俊寛」には、あらたに一人の海女が登場します。これは、成経が海女と恋に落ちたという『源平盛衰記』の記述によっています。近松は海女に千鳥という愛らしい名前を与えました。また、海女の方言「蜑訛(あまなま)り」で語らせました。当時の上方で薩摩言葉らしく聞こえた、方言もどきです(下のキャプションの太字部分)。

In Joruri Shunkan an important character, a woman diver, is added. She is originally a character in Genpei Seisui-ki (a variation of The Tale of the Heike), who fell in love with Naritsune, one of exiles. CHIKAMATSU gave her a lovely name Chidori(Plover)and an imaginary accent peculiar to Satsuma region.



a0332314_15294665.jpg
鮑(あわび)* abalone
千鳥「(…)都人に縁を結ぶが身の大慶、七百年生きる仙人の薬の酒とは菊水の流れ(…)この鮑貝のお杯戴き、今日からいよいよ親よ子よ(…)むぞうか者(可愛い者)よとりんによぎやつてくれめせ(可愛がってください)」(文楽劇場床本より)


近松の筆は千鳥を生き生きと描きます。
「(…)そりゃ時ぞと夕波に、可愛や女子の丸裸、(…)あられもない裸身に、鱧(はも)がぬら付く、鯔(ぼら)がこそぐる、(…)餌と思うて小鯛が乳に喰ひ付くやら、(…)壺かと心得 蛸(たこ)めが臍(へそ)を窺ふ、浮きぬ沈みぬ浮世渡り、人魚の泳ぐもかくやらん(…)」
まるで歌麿の「鮑取り」のような色っぽさですね!(下図)

CHIKAMATSU depicts Chidori vividely like Utamaro's abalone divers(below fig.).

(…)It is the diving time! The woman’s naked body in the evening waves (), to which a sea eel winds around, a mullet tickles,(…)a small sea bream nibbles her nippels taking them for its food,(…)an octopus observes her belly button taking it for its pot, her drifting body looks like that of a mermaid(…)”(translation of snowdrop)



「歌麿 鮑取り」の画像検索結果

Abalone Divers by Utamaro (pinterest)


 萌黄色の衣をまとった千鳥が登場すると、侘しい浜辺がぱっと華やぎます。
 吉田蓑助の遣う千鳥は匂いたつような女らしさにあふれています。蓑助といえば、女の人形のみならず男の人形さえ色気たっぷりでしたが…往年の妖艶さはいくぶん薄まり、清らかな色香がこの物語にふさわしく感じられました


Chidori in light green enlivens the desolate beach. A chief puppeteer YOSHIDA Minosuke is a living national treasure, who breathes life into his puppet. How amorous and charming!


a0332314_06224530.jpg
NHKテレビ録画


 千鳥と成経の恋を聞いた俊寛は、「この島に来て恋という字の聞き初め、笑い顔の初め」と喜びます。能「俊寛」よりも親しみやすく、人間味がありますね!彼は成経を息子、千鳥を娘と愛おしみ、アワビの貝殻と山の水とで三々九度の盃を交わさせます。つかのまの家族の円居(まどい)、家族の平安…
 そこへ恩赦の船がやって来ました。能との違いは、俊寛がいったん罪を赦され、船に乗せられることです。けれども、俊寛は千鳥が残されるのを憐れみ、一緒に船に乗せてやってほしいと頼みます。それでは赦免の人数が合わなくなると拒まれると、非情な上使を斬り殺し、その咎で、自分の方が島に残るよう仕向けるのです。サア、乗ってくれ、帰るのは康頼と成経・千鳥の三人だ!
 近松の浄瑠璃では、俊寛は運命に翻弄されるのではなく、みずから運命を選び取るのです。


a0332314_09022983.jpg
『文楽―人形のこころ―河原久雄写真集』(講談社)


 Shunkan heartily congratulated the young couple Chidori and Naritsune, “This is thefirst hearing about the love and the first smiling since our arrival at this island! ” This Shunkan is more friendly and humane than that in Noh. He regarded them as his son and daughter and exchanged cups (abalone shells) of sake (water) at their wedding. A temporary family, a temporary peace…
 A boat appeared to deliver a letter of pardon. While Shunkan in Noh was not pardoned, that in Joruri was once pardoned and went on board. But he felt pity for Chidori who had to be left on the island separated from her husband, and asked the envoy to bring her also to the capital. His plea was rejected by the merciless envoy, which made Shunkan cut at the envoy so as to take Chidori’s place…
 It’s I that should be left on this island for murder! Go! It’s you, Yasuyori, Naritsune and Chidori that should go on board !!!― CHIKAMATSU’ s Shunkan is not tossed about by the fate but chooses his destiny of his own will. 


a0332314_06335348.jpg
NHKテレビ録画

『平家物語』では「足摺」りして嘆いた、とある。
俊寛や千鳥の人形には、文楽人形には通常無い足が…

In general, Bunraku puppet has no feet. Shunkan and Chidori have their own feet for expressing their sadness.


a0332314_06355379.jpg


 しかし、「思い切っても凡夫心」、俊寛は岸の高見に駆け上がり、爪先立てて打ち招き、浜の真砂に伏し転び、松の一木につかまって、遠ざかる船を見送ります。
 いっぽう能の俊寛は渚にひれ伏し、声も惜しまず泣きます。天平の昔、恋人を乗せた船を見送った松浦佐用姫の悲しみもこれ程までではなかったろうと…
 文楽と能、一見おなじ悲しみに暮れる俊寛ですが…決定的に違うのは、前者は一人残される道をみずから選んだ、という点です。

But “even if he has given up, he has an ordinary man’s heart” and he runs up to a high ground in the island, stands on tiptoes to wave his hands, falls down on the beach sands, holds on to a pine tree, and sees off the boat for ever and ever.

As for Noh play, Shunkan cried loudly on the shore comparing his despair to that of Matsuura-sayo-hime who had seen her lover off in the Tempyo period. The difference between Bunraku (Joruri) and Noh is whether or not Shunkan acted at his own will.



a0332314_09033066.jpg
『文楽―人形のこころ―河原久雄写真集』(講談社)


豊竹呂太夫は、俊寛の揺れる心に寄り添い、丁寧に語ります。義太夫に耳を傾けていると、近代小説を自分でも朗読しているような気がしてきます。穏やかさと、情熱と。呂太夫が若き日に読んだという庄野潤三や大江健三郎を思い出しました。
(
つづく)

TOYOTAKERodayu expressed Shunkan
s emotions delicately and sympathetically. While listening to hisgidayu (song-narration), I felt as if I also had read aloud a modern novel. Thegentleness and passion of his gidayu (ballad-drama) reminded me of the novelsof SHONO Junzo or of OE Kenzaburo he had read in his youth.
https://en.wikipedia.org/wiki/Junzo_Shono
https://en.wikipedia.org/wiki/Kenzabur%C5%8D_%C5%8Ce
(Tobe continued)



「豊竹呂大夫 五感の」の画像検索結果

(amazon)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-02-16 20:10 | | Trackback | Comments(0)

遊女、それとも菩薩(Harlot or Bodhisattva)

a0332314_10054977.jpg
能面(乙羽御前、小面)のお干菓子を、能の小鼓の絵柄の千代紙にのせて…
乙羽御前(お多福)はお豆の風味です。福は内!
Noh-masque-shaped Japanese candies on Japanse paper with small-hand-drum-pattern


どちらが美人?日本人なら三才頃から右の小面を選ぶでしょう。(井上章一『美人論』)けれどもフランス人は、左の乙御前(おとごぜ)をチャーミングだと思うそうです。
今日は江口という美人のお話を…お時間が許せば、写真の斜め見だけでもどうぞ。

Which is the beauty, the right one or the left one (upper fig.)? While a Japanese would choose the left one since the age of three or so, not a few French people prefer the right charming O-Tafuku(Lots of Happiness)!
Today I talk to you about a beautiful harlot, Eguchi.


「普賢菩薩像 東京国立博物館」の画像検索結果「円山応挙 江口」の画像検索結果

普賢菩薩像(東博HP)(左)円山応挙「江口」(右)(pinterest)
Samantabhadra (left) Eguchi by MARUYAMA Okyo(right)


 大槻能楽堂(大阪)で「能と和歌」シリーズの「江口」を観た。
 ―天王寺へ参る途中の旅の僧が江口の里に着き、江口の遊女の旧跡で西行法師の歌を口ずさむ。すると里の女が現れ、西行の歌への江口の返歌について語る。彼女は江口の君の幽霊であった。
 旅の僧が供養すると、江口の霊が二人の遊女とともに船に乗って現われる。舟遊びをしつつ六道輪廻を説き、遊女の身の上を嘆き、静かに舞う江口。やがて彼女は普賢菩薩に、舟は白象に化し、西の空へと消えてゆく―
 濁世のあはれを誰よりも知る遊女は、生涯かけて智慧を深め、僧の弔いに後押しされて、普賢菩薩の悟りへ到ったのであろう。
 円山応挙の描いた江口が、遊女の姿でありながら象に乗っているのは、この物話による。

Here is the story of Eguchi (Noh play) ▶https://en.wikipedia.org/wiki/Eguchi_(play)
MARUYAMA Okyo's Eguchi riding on an elephant is based on this story (Eguchi=Samantabhadra whose vehecle is an elephant).


c0345705_12201484.jpg
普賢象という名の花 * Elephant on which Samantabhadra rides


 これは「普賢象」という名の花である。浪花の春に咲く八重桜。長い二本の蕊が象の牙に見えるので、この名がついたという。
 この謡曲の主題は西行と江口の歌問答である。季節は秋。舞台を観ながらsnowdropが連想したのは、これらとは別の歌であった。高校の古文の授業で暗記した和歌…

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ 藤原定家

 定家自身が編纂した『新古今和歌集』に収録され、三夕の歌の一つとして名高いこの歌は「幽玄」の典型とされる。幽は「かすか」と読む。玄は「玄妙」に通じる。
 広辞苑で「幽玄」を引いてみた。
「奥深く微妙で、容易にはかり知ることのできないこと。また、あじわいの深いこと。情趣に富むこと」「能楽論で、強さ・硬さなどに対して、優雅で柔和典麗な美しさ(後略)」
 幽かにして霊妙、典雅な趣きということであろうか。


This cherry blossom is called Samantabhadra because of its two ivory-like stamens.
Noh Egchi is an autumn story. While watching this play, I remebered one waka.

Around me, the flowers and autumn leaves are not seen. There is only a small cottage in this autumn evening ― FUJIWARA-no-Teika, translation of snowdrop

This waka is said to be a typical example of Yūgen (幽玄)https://en.wikipedia.org/wiki/Japanese_aesthetics#Yūgen


a0332314_20510827.jpg


 この日、江口の君を演じたのは友枝昭世氏であった。「幽玄」という言の葉が人のかたちを取って現われたかのようであった。 
 「なふなふあれなる御僧、…」(「 」内の詞章はすべて岩波書店『謡曲百番』による)
 彼方から静かな声が響く。いつの間にか揚幕があがり、江口の君が音もなく歩いてくる。まったく体重を感じさせない摺り足。生身の人間の気配が無い。里の女として登場した時から、彼女は幽霊である。
 しずかに佇んでいるだけで、袂を吹き過ぎる風が見える。唐織の衣裳に咲き乱れるのは秋草の花であろう。ここは花野。高らかな笛の音は、恋する牡鹿の叫びか。寂しくも華やかな秋の夕べ…


 It was TOMOEDA Akiyo who played the harlot Eguchi that day. He seemed to be a living Yūgen(幽玄). His sliding feet gives me the impression that he has no weight. It might have been not a country woman but a ghost from the beginning.
 Only standing still, he shows me an illusion of wind through his sleeves. His kimono is a silk textile representing autumn flowers. High notes of flute sound like male deer's cries. A deseted and beautiful autumn evening…


a0332314_09110042.jpg
舟の作り物(江口)*『能 花の風姿』*three harlots and imitation boat


 中入り後、今度は舟の作り物とともに遊女が三人登場する。真ん中の一人を包む空気だけがしんと冷えている。小面も古いものらしい。彼女が舟の作り物から出る刹那、ひかえめな照明がその面を照らした。

「秋の水、漲り落ちて、去る舟の 月も影さす、棹の歌」

 月光が見える……気がつくと二人の遊女の姿はかき消えており、江口の君だけが舞う。しずかに。ゆるやかに。

「恥づかしながらいにしへの、江口の君の河逍遥の、月の夜舟を御覧ぜよ」

After an intermission, three harlots appeared with an imitation boat. The middle one seemed to be surrounded by the cooler atmosphere. Her mask should have been more antique than the others'. I felt the moonlight on her face. Two others has disappeared, and only Eguchi begins to dance slowly and silently.

a0332314_20412559.jpg


江口の君は控えめである。詞章とは裏腹に、すぐに後ろへ引きたがる。音曲が盛り上がると扇を狭める。彼女は何かを恥じている。遊女の境遇だろうか。それとも、人間の空しさだろうか


「紅花の春の朝、紅錦繍の山、装ひをなすと見えしも、夕べの風に誘はれ、黄葉の秋の夕、黄纐纈の林、色を含むといへども、朝の霜にうつろふ」

Some verses derive from those in Wakan rōeishū (Collection of Japanese and Chinese Poems for Singing) compiled in the 11th century (lower fig.). For example, the below figure includes a phrase comparing a yellow autumn forest to the yellow tie-dyed cloth.

a0332314_16395228.jpg
『粘葉本 和漢朗詠集』(二玄社)
「紅葉」から一行おいて「黄纐纈
(こうけち=絞り染め)寒有葉…」という一節がみえる


 平安時代の『和漢朗詠集』をふまえた美しい詞章。王朝文化への憧れが、室町時代に能や、茶道、華道を生んだ。古代ギリシア・ローマへの憧れがルネサンス文化を生んだように。東洋人も西洋人も、失われた黄金時代を愛惜せずにいられなかった。
 春秋の美しさは儚く、空しい。人の命もまた。美しい言葉でうたうほど、喪失の悲しみが深くなる。


見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ

 視野の限りの花も紅葉も、「なかりけり」の一言で失われる。非在の存在感。喪失したものの鮮やかさ。

a0332314_20272771.jpg


The adoration for the elegant culture during the Heian dynasty produced the Noh, the tea ceremony, the flower arrangement, etc. in the Muromachi period. Just like the adoration for the ancient Greek and Roman cultures led to the cultural movement of the Renaissance. Both the East and West missed their lost golden ages.


Around me, the flowers and autumn leaves are not seen. There is only a small cottage in this autumn evening ― FUJIWARA-no-Teika, translation of snowdrop

Both the flowers and autumn leaves are negated by "not seen" . The presence of the absence. The vividness of what has already been lost.


a0332314_09133042.jpg

つねより優しい小鼓の音が、江口の君のたおやかな足拍子に重なる。強い大鼓(おおかわ)の響きが空気を震わせ、テンポを締める。地を這う謡は呪言のように彼岸と此岸を結びつける。絶妙な間合とずれが、母の子守歌のような安らぎを醸し出す。

The music of drums, flute, and Noh chorus is like the lullaby combining this world and the other world.

「ラシルフィード 初演」の画像検索結果
バレエ「ラ・シルフィード」初演(wikipedia)


 肉の重みを脱ぎ捨てた友枝昭世は、体重を失い滑るように水平に舞う。仏国浄土は西海の果て、水平方向にある。
 西洋には体重を消す舞踊、バレエがある()。西洋の神の国は天の国、垂直方向にある。

While the Noh player dances horizontally, the ballerina dances perpendicularly. While the Pure land of Buddha exists in the horizontal direction, beyond the western ocean, Paradise of God in the vertical direction, in heaven.
 
楽土への憧れ故にひとは舞ふ
黄金(こがね)に咲くは蓮(はちす)か薔薇か
 
風にそよぐは若葉か紅葉か  snowdrop

a0332314_08323352.jpg
金蓮歩という名の薔薇


「心留めずは、憂き世もあらじ 人をも慕はじ 待暮もなく 別れ路も嵐吹 花よ紅葉よ、雪雪の古言も、あらよしなや」

 花や紅葉、雪の美しさに心を留めなければ、憂き世を嘆くこともない。人を慕うのもよそう。あのひとを待つ暮れの寂しさも、別れ路に吹く嵐も、むかしの言の葉も由無い(よしない、つまらない)ものだから…

(…) If I do not pay attention to the flowers, autumn leaves, and snow, I need not miss the beautiful world. I won't love you, my loneliness waiting for you in the evening, a strong wind on the parting of the ways, and waka or words in the old days, they are all worthless (…) (English summary by snowdrop)

a0332314_11310193.jpg
普賢菩薩坐像(岩船寺)『大和古寺大観』* Samantabhadra, Gansen-ji Temple

 

遊びの舟は普賢菩薩の白象と化した。仮の宿の此岸を捨てて幻の白象に乗り、仏の智慧に満ちた彼岸へおもむく江口の君。極楽往生を彼女のために喜びつつ、胸締めつけられるのはなぜだろう。

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ

Eguchi leaves this futile world and go to the Pure land riding on the Samantabhadra's white elephant (illusion). While congratulating her birth in the Pure Land, I feel sad.

Around me, the flowers and autumn leaves are not seen. There is only a small cottage in this autumn evening ― FUJIWARA-no-Teika, translation of snowdrop


a0332314_09063836.jpg
黄の纐纈(こうけち=絞り染め)のような黄葉の林(東大寺二月堂参道 1990年代)
An autumn forest in Nara like a yellow tie-died cloth (1990s)



 花も紅葉も、打ち消せば打ち消すほど、色鮮やかに輝く。此岸を捨てて、何の彼岸かな。美しいものを味わい尽くす前に、此岸を手放すことなどできようか。
 人生を愛し尽くすことでしか、人生を超えることは、できない。


The more you negate the flowers and autumn leaves, they shine more vividly. What is Paradise if you negate our own world? Before appreciating enough the beauty, how can we leave this world?
Only by loving
enough the life, we might be able to transcend the life.



a0332314_07135492.jpg
「正倉院」の画像検索結果


正倉院宝物にみる夾纈(天平時代)(google search)
yellow tie-dyed cloth in the Tempyo period

(All Rights Reserved)








[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-02-03 20:55 | | Trackback | Comments(5)

文楽はめでタイ(BUNRAKU at National Bunraku Theatre)

a0332314_10053548.jpg


 関西の松の内は1月15日(小正月)まで、そして大阪の国立文楽劇場の新春公演は1月25日まで。わてら、1月3日から25日まで出ずっぱりでした。ハイ、ハイ、わてらは劇場の幕の上のめでたい鯛でございます。
 今年は戌年、東大寺の別当はんが筆を揮ってくれはりました。東大寺二月堂の出てくる演目もございましたから…ああ、この緞帳は「良弁杉」とちゃいます、松ですがな。「新口村」は免許センターの最寄り駅?文楽では「傾城恋飛脚」の舞台ですがな。これやから奈良人(ならんと)は、もう。

We are a pair of sea breams above the curtain of National Bunraku Theater!!We have watched the New Year's performacne from January 3th to 25th. because our name "tai"(sea bream) is a homophone of "medetai" (auspicious)!



a0332314_08554152.jpg

今年の新春公演は 六代目竹本織大夫の襲名披露公演、めでたさに目出度さが重なりました。

青竹の(すが)しき竿にひるがへる五色の旗は太夫を呼ぶよ


various colours of flags

on fresh green bamboo poles

are calling

the name of Tayu who has made

an announcement of his succession


a0332314_09455361.jpg


餅花の飾りものの下に、今日の演目の絵看板が…
売店も新春らしく、羽子板なんか置いてます。パンダの紙風船は香香(シャンシャン)かいな?

Mochi-hana decoration and a signbord depicting scenes.
In January, the theater shop sells not only phamphlets, books, CD, sweets, stationary, but also battledore racquets, Anpan-man carta, paper windmills, panda (XiangXiang?)-shaped paper balloons, etc.



a0332314_09562626.jpg


文楽せんべいに花かむろ、お土産にいかが。新春のお干菓子入りのもありまっせ。

Here are original sweets of this theater. Snowdrop bought New Year's version with an ear of rice.

a0332314_09592651.jpg


新春の一箱、お買い上げ、おおきに。稲穂の飾りがめでたい言うて、snowdropはえびす顔!おまけに和紙の栞もつけときましたで。プログラムのなかの浄瑠璃の床本に挟んでくだされ。いまは舞台の上に字幕も出ますけどな…

Thank you for shopping! The bonus is a bookmark for the libretto. And yet there are electric subtitles under us, a pair of sea breams since 2002.



a0332314_09582006.jpg


ほんまもんの「にらみ鯛」はこちら…もっとも、二十日も保ちますかいな!snowdropの来た日には、剥製の鯛に代わってました。さすが道具町をかかえる大阪、生もんそっくりです!昭和のレストランのメニュー見本のカレーライスや親子丼も、道具町で作られてたとか。なつかしいわぁ…

Here are a real pair of sea breams…but they have been changed into stuffed ones when snowdrop came here.


a0332314_09483356.jpg

ほんまもんと並んでも、わてら、負けてまへんで!(ドヤ顔のにらみ鯛!!)

Which pair of sea breams are more chic? Let's give the audience our smug looks!!

a0332314_09375982.jpg


さあ、いよいよ幕開きでっせ。太夫さんらの見台が並んでます。黒衣(くろご)はんが三味線を運んできましたで。

The curtain is about to rise! A Kuro-go (assistant puppeteer) is bringing shamisen-lutes.


a0332314_10112037.jpg


見台や三味線、人形遣い(主遣い)の舞台下駄なんかは、劇場内の展示室で間近に見られます。よかったら、楽ちゃん人形と記念撮影もどうぞ。インスタ映えしまっせ!!

You can see shamisen-lute, bookrest, tall wooden clogs of chief puppeteer, etc. in the exhibition room. If you want, you can take a photo with RAKU-chan puppet. It should be instagrammable! You know, "instagrammable" won the grand prize in the buzzwords contest in Japan last year !!!!



a0332314_10143514.jpg
a0332314_10154557.jpg
Raku-chan puppet (right)


八代目竹本綱太夫五十回忌追善と、六代目竹本織大夫襲名披露とが重なった今公演、その模様は「紀行編」の「文楽はオペラだ」でちょこっと紹介してます(末尾のリッチリンク)。
この日、六代豊竹呂太夫が語った「俊寛」については、また改めてsnowdropがお話します。

As for the performacne, please visit another aritcle "BUNRAKU is Opera?!" in another blogue.



a0332314_10205621.jpg


今回「摂州合邦辻」が選ばれたのは、一つには「南無阿弥陀仏」がたくさん出てくるからだそうです。

Memorial performance in honor of Tsunatayu TAKEMOTO VIII (left) and
Performance announcing the succession to Oritayu TAKEMOTO VI (right)


(All Rights Reserved)










[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-01-28 18:28 | | Trackback | Comments(4)

ゆるす女(a woman who forgives anything)

この歌物語は『文楽・六代豊竹呂太夫―五感のかなたへ』(創元社)に着想を得たsnowdropのフィクションです。
Inspired by Bunraku・TOYOTAKE Rodayuu―beyond the five senses

a0332314_09415417.jpg
『文楽』平凡社 * Jihei in kotatsu and his wife, Osan


 お初にお目にかかります。一昨年の暮れには、亡き夫、紙屋治兵衛の話を聞いてくださってありがとうございました (下のリンク)。私はおさん、治兵衛の女房でございます。あれから二年…そろそろ私も重い口を開く気になりました。そういえば今日から大寒、炬燵なしでは過ごせない寒さですこと…

I am Osan, KAMIYA Jihei's wife, about whom you heard from the below Sharaku's portrait in 2016. It is about time I spoke with a thick tongue. It is Dahan from today…it is cold even in kotatsu…




 次の絵が亡き夫の治兵衛。20世紀の歌舞伎役者が演じ、日本画家が描いてくれたのですが…この絵に負けないくらい、ええ男でございました。こんな男が炬燵の布団にくるまって、枕に滝の涙を流すのですもの。あかんたれにほだされて、あんまりぢゃ治兵衛殿…泣かしゃんせ、泣かしゃんせ、と恨み言も申したくなります…

Here is a portrait of my deceased husband Jihei, played by a twentieth-century-kabuki-actor and painted by a Japanese-style painter. Such a nice guy became a doormat weeping in kotatsu quilts
who moved me! “That's a bit much, Jihei-dono……just cry as much as you want, enough to make your beloved Koharu drink your teardrops in Shijimi River!”

a0332314_20225531.jpg

日本経済新聞より*
Jihei painted by Natori Shunsen (NIKKEI)


 治兵衛殿が亡くなったのは西暦1720年、その翌年、『心中天網島』が初演されました。この絵はそれからおよそ200年後に描かれたものです。
 いっぽう、1720年の120年前、1600年は関ケ原の戦いの年です。その年亡くなった一人の切支丹、細川ガラシャをご存知ですか。驚かないでくださいまし。私、おさんは、ガラシャの生まれ変わりでございます。
(snowdrop注*キリスト教に輪廻転生はありません)


Jihei-dono died in 1720,
Love Suicides at Amijima was first performed in the following year. This portrait was painted about 200 years later. And in 1600, 120 years before 1720, a Christian lady, HOSOKAWA Gracia died. I am a reincarnation of Gracia.
(note*There is no reincarnation in Christianity. It is snowdrop's fiction.)


a0332314_08263709.jpg
天満橋を眺める母子*mother and child seeing Tenma Bridge(2016)


 幼いころから、怒らない子だとよく言われました。いやなこと、つらいことが無かったわけではありません。ただ、何があっても、腹が立つより悲しくなってしまうのです。撥ね返すよりも、抱えこんでしまうのです。そして天神橋あたりから、川の流れをじぃっと眺めて、重たいものが溶けて、こぼれて、流れてゆくのを待つのでした。
 ある晩、夢で前世の私、細川ガラシャに逢って、目が覚めると、ふうっと納得がゆきました。うちの悲しみは前世からの賜物(たまもの)、うちは赦すために生まれてきたのかもしれへん ― 悲しい賜物や。


 I had been often told that I never got angry. Of course there are trying as well as unpleasant things for me. But they make me more sad than angry. I always have them on my hands rather than rebounding them. And I would go to Tenjin Brigde to see the river, waiting for something heavy in my mind to melt, fall, and get mixed in the flow of water.
 One night, in my dream, I met Gracia, the image of my previous life, and understood everything. My sadness might be a gift from my previous life, I might be born in order to forgive anything but what a sad gift!

「細川 ガラシャ 前田 青邨」の画像検索結果

前田青邨「細川ガラシア夫人像」(1974年)(wiki)
Hosokawa Gracia painted by MEDA Seison, ordered by Curia Romana
HOSOKAWA Gracia (wiki)https://en.wikipedia.org/wiki/Hosokawa_Gracia



 せやから、遊女の小春殿にも焼きもち焼くより、助けねば、という炒られるような思いが先に立って…
「あいつを身請けして家に入れるとしたら、お前はどうするんや」
治兵衛殿に言われてはっとしました。
「どないしょう、そうや、子供の乳母か、飯炊きか、隠居でも…」
と言いながら、わーっと涙が出てきて…
「たとえこの治兵衛に天罰は下らへんとしても、女房の罰で将来は真っ暗、許してや」
と拝まれて、もったいないやら、情けないやら… 

I was not gealous of Koharu, but wanted to help her. Jihei said,

“If I redeem and take in her, what will you do?”

“Oh, what can I do? Yes, I will become a wet nurse, kitchen maid servant, or retired woman[bursting into tears]”

“Even if I don’t receive a devine punishment, I should receive my wife’s one and my future will be completely black. Forgive me

He even worshipped me! I was not worthy of that! How sad!…


a0332314_09394003.jpg


 結局私は治兵衛殿も、小春殿も助けることが出来ませんでした。二人は浪花の橋を廻り廻り、治兵衛殿の刃で心中したのです。赦すことで罰を当ててしまったのなら、うちの苦しみ、悲しみは一体何やったんやろ。―
 私の苦しみは、けれど、嫉妬ではありませんでした。小春殿が痛い思いをしたから?いいえ、治兵衛殿の刃に肌をえぐられたとき、小春殿は悟ったことでしょう。どれほど治兵衛殿から「愛し、可愛い」と慈しまれているか、苦しみを短くしようと思いやって貰っているか……私も前世で、家臣に胸を突かせて死んだから、分かるんです。

 In the end I could save neither Jihei nor Koharu. They crossed bridges on bridges of Osaka to commit a double suicide with Jihei’s knife. If I gave a wife’s punishment by forgiving him, what was my sadness and distress?
 My distress was, however, not the jealousy. Is it because Koharu suffered a pain? No, when she was stabbed with Jihei’s knife, she should have realized how tenderly she had been treated by him. I know that because I also had been stabbed by my faithful servant in my former life.


「細川 ガラシャ 橋本 マナミ」の画像検索結果

細川ガラシャの最期(pinterest)
Gracia could not commit suicide because of her firm belief


 それでも、私は小春殿を羨ましいとは思いません。私が治兵衛殿のやや子を産んだ時の痛み、苦しみに比べたら、好いた人の刃にかかる痛苦が何でしょう。愛しい命を生むために耐える苦しみ…それは喜びです。
 ガラシャの魂を密かに引き継ぐ私は、エス様が槍で突かれた痛みを思わずにいられません。思いやりのない者から受ける傷の痛み。そして、人々の永遠の命のために傷を受ける喜び。― 誰より寂しく、誰より憐れみ深く逝ったエス様を思うと、何もかも赦さずにおられましょうか。
 そして、あんな優しい独り子を手放した、父なる神様を思うと、わが子二人を両の腕(かいな)に抱きしめずにおられません。

 And yet I never envy her. What is her pain when compared with my birth pangs? The pain giving birth to my beloved’s baby is a greater joy than that being killed by her beloved!

As a reincarnation of Gracia, I cannot but imagine Jesus’ pain of the spear-thrust. The brutal pain from those who do not care about him, and the joyful pain for the eternal lives of the people. When I think of Jesus who died more solitarily and mercifully than anybody, I cannot help forgiving anything.

And when I think of Father who gave His one and only Son, His own gentle Sun, I cannot help hugging closely my two children who were left by their own father.


a0332314_16401578.jpg

和風の降誕祭カード (2016年)*Japanese-style Christmas card


おさんに代はりてsnowdorpの詠める二首
(in place of Koharu)


渡るまじ 跡追ひ松の緑橋

(をさな)ふたりの手を引きながら


ゆるすとは寂しきことぞ

ゆるされて救はれぬ君 見おくりし(われ)


It was sad for me to forgive you, because you were forgiven and yet not saved, and I saw you off…)


a0332314_16141125.jpg

和風教会の洗礼盤 (2016年)
Japanese-style church in Nara

(All Rights Reserved)



[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-01-20 20:02 | | Trackback | Comments(8)

山姥に七草粥を(seven-herb rice porridge for a mountain witch)


a0332314_09545042.jpg

七草のひとつ、ハコベ(2017年3月撮影)★ stellaria, one of seven herbs


七草を並べてみました。ハコベはどれでしょう…*seven herbs of spring

f0374041_11312151.jpg


一月七日の朝、お台所でFMラジオのスイッチを入れると、謡曲「山姥」が流れてきました。この日の献立は七草粥です。永平寺のお粥のレシピにならって、一晩吸水させておいたお米を土鍋でことこと炊きましょう。下茹でして刻んでおいた七草を最後に入れましょう。

From six o'clock on January 7th, FM radio transmitted a Noh song, Yama-Uba (Mountain Witch) . While listening the song, snowdrop stewed the seven-herb rice porridge following Eihei-ji Temple's recipe.


a0332314_09212477.jpg


ラヂオより山姥(やまうば)(うた)流しつつ七草粥をことことと炊く


listening to
a Noh song, Yama-Uba,
I have stewed
our seven-herb porridge
for an hour



a0332314_12004413.jpg


「山姥」のあらすじ (いつか舞台で観たいものです…)
 「山姥」の曲舞を得意とする都の遊女が、善光寺詣の途中で山の女に出会う。女は「私こそ本物の山姥、私のことを歌って名声を得たのに、言の葉草の露ほども私を思ってくれない」と恨みごとを言って姿を消す。
 月が昇り、遊女が歌うと、山姥が怪異な姿で再び現れる。山姥は曲舞を舞い、邪正一如(邪と正は同一)と歌い、山また山を廻って姿を消した。


A prostitute who danced well the recitative dance of Mountain Witch met an old woman in a mountain on her way to Zenko-ji Temple. The old woman complained that the prostitute became popular by the dance of Mountain Witch without caring about her, the real mountain witch. After the old woman disappeared, the moon rose. When the prostitute sang Mountain Witch, the true-faced witch appeared again, danced singing “Fair is foul, and foul is fair”, and climbed montains on mountains to disappear.




a0332314_12012167.jpg


「髪には棘(をどろ)の雪を戴き 眼の光は星のごとし さて面の色はさ丹塗りの 軒の瓦の鬼の形を 今宵始めて見る事を 何に譬へむ」(「山姥」『謡曲百番』岩波書店)

(…)Snow-like white hairs, star-like brilliant eyes, demon-shaped ridge-end-tile-like red face(…) (Yama-Uba, by Zeami Motokiyo (c.1363-c.1443))



「雪舟 冬山水図」の画像検索結果

雪舟の描いた冬の山水(pinterest)* 雪舟は遣明船で渡航、水墨画を学んだ
Sesshu's winter landscape (15-16c.) * He learned ink painting in Ming dynasty.


 山姥は舞う。「天雲掛かる千畳の峰」―切り立つ山は、高き悟りを求める心を、「波濤を畳む万水」―深い谷は、無明の衆生を救う慈悲の心を示す。山姥の棲む山と谷は、無限に高く無限に深い、悟りと慈悲の世界。春は花、秋は月影、冬は雪にあくがれて山を廻り、廻り廻りて輪廻を離れられぬ哀しい境涯…
 この雄大な風景は「菊慈童」のそれとおなじく、漢詩あるいは中国山水画を思わせる。


The mountain witch dances. “The high mountains in layers covered with clouds” are the symbol of the high satori, “the wide water covered with waves” and deep valleys that of the mercy to save the people in the darkness. The mountains and valleys where the mountain witch lives are endlessly high, wide and deep. The world of satori and mercy, where she wanders longing for the flowers in spring, the moonlight in autumn, the snow in winter, climbs montains on mountains without escaping from the transmigration
… This magnificent landscape derives from those in Chinese poems and landscape paintings, I think.



a0332314_12280137.jpg
東大寺境内(1990年代)* 春は花、冬は雪…
Todai-ji Temple * the flower in spring, the snow in winter…



高く深く広やかな山河のふところで山姥は命をつないできた。若草を摘み、茸を採り、木や草の根をかじりながら…彼女はなぜ山姥になったのだろうか。あるいは口減らしのため、みずから山中に分け入ったのか。あるいは、むかしの罪をつぐないたかったのか…生身の鬼瓦の姿になり果てても、悲惨さはない。そこにあるのは、山道に迷った人間を里へ送ってやる優しさ、母なる自然との一体感、孤高の安らぎ…


She has survived in the bosom of the high, deep, and wide Nature, with spring herbs, autumn mushrooms, and winter grass roots. Why did she become a mountain witch? Did she go into the mountains in order to reduce the mouths to feed? Or did she want to atone for her old sin? Even if she became a living demon-roof-tile, she is never miserable. She is so gentle that she has sometimes escorted the people to the villages, she has become a part of Mother Nature and got her isolated peace.



a0332314_09553822.jpg


ホトケノザ(Lamium amplexicaule)(inedible) * 2017年3月撮影、詠歌
このホトケノザ(Lamium amplexicaule)はシソ科(非食用)ですが
七草の小鬼田平子(コオニタビラコ=ホトケノザ)(Lapsana apogonoides)はキク科です



みちのくの蓮台(デンデラ)()にも紅く咲け

雪間に芽ぶきたるホトケノザ


a0332314_11310193.jpg

普賢菩薩坐像(岩船寺)『大和古寺大観』* Samantabhadra

ホトケノザ(仏の座)は、み仏の坐す「蓮台」に似ています。
Hotoke-no-za (Lamium amplexicaule) resembles Buddha's pedestal.

映画「楢山節考」(google search)*The Ballad of Narayama (film)

「楢山 節 考」の画像検索結果




思ひ出すうら若かりし姉いもと

野をあゆみけり若菜もとめて

je me souviens que
trois jeunes soeurs, nous
marchions
dans le champs

de herbes de printemps


c0345705_14535773.jpg

四人の菜摘女(「求塚」) 『能 花の風姿』三一書房 

(All Rights Reserved)








[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-01-14 06:51 | | Trackback | Comments(7)

北斎とあそぶ百人一首(Let's play karuta game with Hokusai!)

a0332314_09544932.jpg
茅葺屋根の円窓亭(奈良)* a thatched arbour in Nara


 北斎の絵で読み解く百人一首ワールドへようこそ!近江神宮かるた祭に圧倒されたあなた、心配はご無用。ここならリラックスして和歌の世界に遊べます。
 申し遅れました。わたくしは北斎から絵解きを託された姥(うば)でございます。子らに語るつもりで解説いたしますよ。
 そうそう、その前に…実はこの仕事、初めは娘の応為に依頼があったとか。

「親父どの、この絵解き百人一首、働く人を百人集めるってのはどうかな」
「おお、お栄、そいつぁいいねぇ。それ、頂きだ!俺にやらせろよ。語り手は…酸いも甘いもかみ分けた姥(うば)にしよう。どうよ」
「……ったく…まあ、いいよ。親父どのが描く方が売れるんだし。…それに、あたし、見たいな。画狂老人の百人一首!あたしの分まではじけなきゃ、承知しないよ!」

Let’s enjoy One Hundred Poets, One Poem Each with Hokusai! I am Uba, the old woman whom Hokusai entrusted with the explanation of hundred waka and their illustrations comically as well as sophisticatedly. Sometimes as if I talked to children, sometimes to a savant……In fact, it was his daughter Oui who received this order.
“Pappy, how about illustrating hundred workers in this series?”
“That’s a good idea! Let me illustrate that! The narrator is an old woman who talks comically and sophisticatedlyhow do you like it?”
……oh, well……yes, your works sell better than mine. And I wanna see Hokusai’s One Hundred Poets, One Poem Each! Good job!”


a0332314_10202094.jpg


「あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む」(百人一首3) 伝柿本人麿「北斎―富士を超えて」展覧会図録より図版を引用(以下同)
Ah! the foot-drawn trail Of the montain-pheasant's tail Dropped like down-curved branch!―Through this long, long-dragging night Must I keep my couch alone?―attributed to Kakinomono no Hitomaro, translated by Clay MacCauley (ピーター・モース著、高階絵里加訳『北斎百人一首うばがゑとき』より和歌の英訳を引用。以下同)


あしびきの ― 足引きずる漁師たちは、流れに逆らって網を曳き、疲れ果てております。流し網が暗示するのは、長夜、この焚火の煙もなんて長長しいことでしょう!山中の茅葺の家から見守るわたくし、皆さんがおいたわしくて…

This loooong smoke represents the loooong night like the loooong tail of the copper pheasant in the waka. I was watching for a loooong time the fishermen from the thatched hut among the mountains.



Dscn0458_800x532


snowdrop*山鳥は雉の仲間です。ポルトガルの雉のワインは降誕祭に開けました。お屠蘇には、大晦日に友人が届けてくれた「春鹿 垂仁の郷」を。(HP)▶http://www.kitora.com/umenoyado-suininnnosato-bara.htm

snowdrop*The pheasant Portuguese(left),our Christmas wine(2017)
The copper/green pheasant belongs to the same family.
Seasonal special drink during my home treatment。。。


a0332314_10222036.jpg


「山川に風のかけたるもしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり」(32)春道列樹(部分図)
In a mountain stream, Builded by the busy wind, Is a wattled barrier drawn. Yet ' tis only maple leaves Powerless to flow away.―Harumichi no Tsuraki, translated by MacCauley


これは志賀の山越えで詠まれた歌…だから「しがらみ」が出てきます。紅葉のしがらみとは風流ですが、流れが堰き止められたら事でございます。山川の紅葉をせっせとお掃除、ご苦労さまです。そこへ水を汲みに来た女…あるいはお弁当を届けに来た女房でしょうか。子供が引き綱で連れているのは、亀でございますよ。お散歩も立派なお仕事ですから。

The weir of red leaves is poetical! A man is cleaning out the leaves from the stream. A woman in coming to draw water, or perhaps his wife is coming to deliver his lunch. Her son is taking his tortoise for a walk. Bon travail!



a0332314_10215037.jpg


「このたびは幣もとりあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに」(24)菅原道真
At the present time, Since no offering I could bring, See Mount Tamuke! Here are brocades of red leaves, At the pleasure of the god. ―Sugawara no Michizane, translated by MacCauley


牛車で手向け山八幡宮へ向かう道真公。宇多上皇の旅のお供をしていたこの頃が一番ほまれ高く幸せだったのかもしれません。供物を忘れたですと!まさか道真公に限って!きっと帝と同時にお供えをするのを憚って、和歌をお供えしたのでございましょう。


Sugawara no Michizane might have been happiest in his life when illustrated in this scene, on the journey to Tamuke-yama Shrine, attending the ex-Emperor Uda. This waka says that he left his streamers for Gods, but that was a sophisticated euphemism so as to refrain from offering at the same time of the ex-Emperor’s.


「北野天神縁起絵巻 牛車 」の画像検索結果

北野天神縁起Illustrated Legends of the Kitano Shrinegoogle s.)


そんな思慮深い道真公ですが、車の轅(ながえ)の中でへたりこんだ牛が、のちの悲劇を暗示しております。この牛の姿は、はるか大宰府で亡くなった道真公を運ぶ牛車の牛を裏返したかのよう…決して怠けているのではございません。働き者で忠義な牛でございます。


The ox sitting between the shafts predicts Michizane’s tragic later years. It is a reversed image of the ox pulling the cart carrying Michizane’s body
. Not lazy, but a faithful hardworker!


「画 狂 老人 卍」の画像検索結果「レオナルド ヒエロニムス」の画像検索結果

画狂老人(北斎自画像?)と聖ヒエロニムス(レオナルド・ダ・ヴィンチ画)
Hokusai's self-portrait(?) vs St. Jerome by Leonardo (google search)


姥の老婆心ながら、老人画合わせをひとつ…
おなじく老人を描いても、洋の東西でずいぶん違うものですね!かたや画狂老人、かたや老聖人とあれば無理もありませんが…。それに、日本には老いを明るくとらえる伝統があるんです。おめでたい翁など…。老人と童は神に通じますから!

Here is a match of the aged person's portrait! What a contrast!(above figs.)
In Japan, there is a tradition to praise the old age. For example, Okina in Noh dance…the old as well as the children symbolize the divinity!


a0332314_11094163.jpg
翼もつ童(北斎「濤図」部分)*little angel in Waves


翁舞ふ君を夢みし霜の朝こころは青き波濤を

越えて


je t’ai vu dansant Okina

dans mon rêve au matin givré,

quand mon esprit

a passé l’ océan bleu

entre nous, entre Japon et France




「翁舞 頭比古」の画像検索結果「山姥 能 pinterest」の画像検索結果

翁舞(奈良頭比古神社)* 能「山姥」(google search)*Okina and Uba


(All Rights Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2018-01-08 05:55 | | Trackback | Comments(3)

法華寺にむすぶ夢(Illusion of Hokke-ji Temple)

a0332314_10324066.jpg

法華寺の尼僧が護摩壇の灰と粘土をこねて作ったお守りの犬(中央)
amulet in the shape of a dog made by the nuns with clay and ache of a ritual fire-offering



法華寺は天平時代から続く尼寺です。孝謙天皇の母、光明子の皇后宮を宮寺としたのが始まりでした。ガンダーラ王から遣わされた仏師が、光明皇后の姿を写したという十一面観音像が伝わっています。王は夢のなかで、日本国の光明皇后が生身の菩薩だと告げられたのだとか。ただし、法華寺に伝わる観音像は光明皇后より後の時代、平安初期の作品です。

Hokke-ji Temple is a Grand Head Temple in the Nara period, whose origin is the imperial palace of Empress Komyo. There is a Buddhist image that has the legend: a foreign sculptor of Buddhist images sent by a king of Gandhara made the portrait statue of Empress Komyo as a living Bosatsu. In fact, the statue is made in the Heian Period, in the ninth century.


a0332314_17403290.jpg
法華寺十一面観音像(9世紀)(『大和古寺大観』)
Eleven-faced Goddess of Mercy (Hokke-ji Temple)(9c.)



光明皇后の独白(snowdropのいつか見た夢…全くのフィクションです)

 ガンダーラから来た仏師は、亜麻色の髪と碧の目をもつ波斯(ペルシア)人だった。彼は私をモデルにして十一面観音像を彫った。黒い銅の玉を磨いて木像の目に嵌めた。これが私?私の目はもっと細い。私の唇はもっと薄い。この豊かな胸は、くびれた腰は私のものではない。私は異国の仏師に肌を見せはしなかった。

「貴女は美しい。唐ふうの衣に包まれていても、僕には見える。貴女のすべてが…なんという気高さ…王様が夢みたとおり、み仏そのものだ。」

 いいえ、そなたは胡旋舞をくるくる踊る波斯の女を彫り出してしまった。そなたの目にはすべての女が、故国の恋人と重なって見えるのだ。


Monologue of Empress Komyo (snowdrop's fiction)

 That sculptor from Gandhara had green eyes and golden hairs. He was a Persian. He modeled this eleven-faced goddess of mercy after me, Empress Komyo. He polished two copper balls and inlayed them in the statue's eyes. Is this image I? My eyes and lips are thinner than hers. Her ample bosom and wasp waist are not mine. I never revealed my skin to one foreign sculptor.
You are beautiful. Even if you are in full dress, I can see through all of you. How noblelike Bodhisattva in my king's dream!”
 No, you have sculpted a Persian woman dancing Sogd whirling dance. You see your lover in your homeland on all the women!


a0332314_16413496.jpg


彼はわたくしの知らぬ言葉で、彼の国の新春を彩る花を歌った。その花の名は、ラーレ(لاله‎ )。この像を囲む蓮の葉に似た、細長い喇叭のような花…

He sang a song on the flower blooming in Persian New Year. The flower is called la-le (لاله), the flower in the sun just like these lotus leaves surrounding this Buddhist image…


a0332314_09023727.jpg


チューリップはペルシア語でラーレといいます(2016年撮影)
https://fr.globalvoices.org/2017/05/26/210105/ (French only)

オマル・ハイヤーム『ルバーイヤート』(黒田恒男訳注)より
Rubaiyat of Omar Khayyam (1048-1131)

a0332314_09262980.jpg

胡旋舞(google search)

「胡旋舞 唐三彩」の画像検索結果



そして、そなたが崇める阿修羅は、チューリップを花開かせる太陽の神、ゾロアスターの神…美は宗教の境界を軽々と超えてゆく。

And Asura you worship is the god of the sun, a god of Zoroastrianism, Ahura Mazdā…The beauty lightly crosses the boundary between two religions.

a0332314_17081036.jpg

阿修羅(8世紀)(『奈良六大寺大観』)* Asura, Kofuku-ji Temple (8c.)


うつしみの吾をほとけと呼ぶなかれ

夢みらるるは寂しきことぞ


(Do not call me Bodhisattva,a flesh-and-blood ! It is sad and lonely to be dreamt in someone
s dream.)(2016)



a0332314_16305187.jpg


これは踊る狛犬?それとも踊る獅子?(法華寺、2016年)
dancing dog or dancing lion?(Hokke-ji Temple, 2016)



(All Rights Reserved)





[PR]



# by snowdrop-nara | 2017-12-31 21:00 | | Trackback | Comments(7)

もう一つ寝ると…(Christmas Eve's Eve)




ぴこさんから、この季節のプロフィール写真をお借りしました。(”今が一番”)
去年、ぴこさんはリーガロイヤルホテルで、snowdropはホテルリッツで、それぞれ写真を…(snowdrop本人の写真ではありません)。なんだか素敵な偶然です☆★
ここの初雪はまだですが、ぴこさんちはホワイトクリスマスになるでしょうか。

Here is dear piko-san' s photo taken in RIHGA Royal Hotel in 2016.
Snowdrop took a photo in the Ritz-Carlton Osaka in 2016.
What a coincidence! ☆★ ♪ and White Christmas koto-harp version…
She lives in a snowy district
where White Christmas might come***


e0353681_01214071.jpg


待降節ふりそで乙女は袖をふる

羽織の似合ふ未来の方へ


 à l’ Avent

 une jeune fille appelle

 avec sa manche de furi-sode

 vers le futur

 où elle s’ habillera bien kimono de la femme


f0374041_15041174.jpg


空つぽとわかつていても胸ふくらむ

ホテルのツリーの根元の箱に

bien que je sache 

que des boîtes sous des sapins  

au hôtel sont vides,  

mon cœur palpite  

par les piles  
(2016)

「見返り美人 師宣 英一蝶」の画像検索結果「見返り美人 師宣 英一蝶」の画像検索結果

英一蝶の「立美人」(右)は菱川師宣の「見返り美人」(左)を裏返したような絵です。

HANABUSA Iccho’sStanding beauty (right) is said to be
a mirror-reversed image of HISHIKAWA Moronobu's Beauty looking back (left).


a0332314_06570845.jpg


***うす雪をかぶったカエデもみじのリーフパイをあなたに***

****snow-frosted maple-leaf-shaped pies for you*****


a0332314_22103843.jpg

銀色のトナカイ*Renne(Osaka, 2016)


みなさま、佳きクリスマスイヴ&クリスマスをお過ごしください

☆★

I wish you a Merry Christmas Eve and Christmas Day

(All Rights Reserved)





[PR]



# by snowdrop-nara | 2017-12-23 11:50 | | Trackback | Comments(4)

ほととぎす ― 忍ぶる戀 14(Lesser Cuckoo 14)

a0332314_20294868.jpg
朝空*Auror(2015)


「わたくしは ― 斎院である前に、歌びとです」

男ははっとしたように向き直り、式子を見つめた。男のきらめく眼と、式子の澄んだ瞳とが切り結んだ。そのとき一声時鳥が啼いた。

「わたくしは、いま、歌を詠みます。紙と筆は要りません。貴方(あなた)だけに歌えばよい。たとえ忘れても、真(まこと)の歌であれば、十年後にも記憶の底から甦り、文字となり、なにかの歌集に入ることもありましょう」

“…I am a waka-poet rather than a princess.”

 The man looked startled and turned to her. His sparkling eyes met her clear ones, at the moment a lesser cuckoo shrieked.

“ Now I compose one waka poem. I need neither a paper nor a pen. I have only to sing for you only. Even if we forget the poem, a true one would come back from the bottom of the memory and be written to be selected in some waka anthology.”

「式子内親王」の画像検索結果
式子内親王「山ふかみ…」*Princess Shikishi on carta(wikipedia)


時鳥そのかみ山の旅枕ほの語らひし空ぞ忘れぬ 

式子内親王 新古今和歌集 雑歌上1484

(I won
t forget the sky above us,where a lesser cuckoo shrieked while we were speaking softly during the trip inthe past, in the divine forest.) (by Princess Shikishi, New Collection of Ancient and Modern Japanese Poetry selection no.1484)(translation of snowdrop)

c0345705_09321555.jpg

四十雀 * great tit (2015)


「貴女(あなた)は…まるで小鳥のように歌を詠むのですね」

男は式子の目をまっすぐに見つめながら、にっこりした。昇り初めた日輪のような瞳と、笑顔で。

式子は男の目を見つめ返しながら、花がほころぶように咲(わら)った。空に残る月輪のような瞳と、咲(え)顔で。二人の頭上の若楓の葉むらを一陣の風が吹き渡った。

 風がやみ、男は夢から覚めたような声で言った。

「僕(やつがれ)はここでお暇(いとま)いたします。御典医には引継ぎの書きつけを残しておきました。御付きの方々には、医師(くすし)は急患があって去った、とお伝えください」
「それでは何の返しもできない…」
「美しき御歌を聞かせて頂きました。さようならは申しません。あれは、この世で一番寂しい別れの言葉だ…」
「さよう(左様)なら別れるほかない、という諦めの言葉…」
「もしも神仏のお導きがありましたら、あるいは、またいつか、どこかで…」


“ You sing a waka…like a bird.”

 He smiled a sun-like smile staring straight at her eyes.

 She smiled a moon-like smile staring back at his eyes. A wind blew through the fresh green maple leaves over their heads.

 When the wind dropped, he said as if he had awaken from a dream.

“ I take my leave now. I left my prescription to your court doctors. Please tell them that I walked off on an emergency call.”

“ Then I cannot give you anything in return… ”

“ You have given me your beautiful waka. I won’t say sayōnara (good-bye) to you, because it is the saddest phrase used when parting from somebody.”

“… Sayōnara originally means ‘if so, (we have no choice but to separate from each other)’… a phrase of the resignation.”

“ I would like to say see you again (au revoir ) some day if the gods and Buddha lead us to sometime, somewhere…”

a0332314_09245626.jpg

宇治川 * Uji-gawa River (2017年5月初旬)


 その年、式子は病を理由に斎院を退下した。現世に戻った彼女を待っていたものは、すでに伊勢斎宮を退いていた妹の病死や、兄の以仁王の宇治川畔での敗死、親族の不遇、様々な病など、一見幸福とは言いがたい人生であった。
 しかし彼女は、若き日の賀茂の思い出を、忍ぶる恋を、人生のはかなしごとを、そして祈りを、くり返しくり返し和歌に詠んだ。わずかな言の葉を掌(たなごころ)のうちで慈しむような珠玉の歌の数々は、いまも我々の心をゆさぶってやまない。

参考文献
馬場あき子『式子内親王』 竹西寛子『式子内親王』 白洲正子『花にもの思う春』


 
That year Princess Shikishi withdrew from Sai-in due to disease. Her remaining years were not easy… her younger sister’s death from sickness, her elder brother Prince Mochihito’s death in the Battle of Uji-gawa River, her own various sickness, etc. But she composed waka-poems on the memory in Kamo, her secret love, the ephemeral life, and the prayer again and again. Her pearl-like waka-poems cherishing minimum vocabulary have moved us until today.

a0332314_10590119.jpg

紫苑 * Aster tataricus * image processing by aster rose



墨染の紫苑の瞳またたきてまぼろしに見る

また逢ふ秋を 
snowdrop

(The eyes of aster dyed grey are blinking and dreaming the autumn when they will see each other again.)

(To be continued to sometime…)
(All Rights Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2017-12-16 20:12 | | Trackback | Comments(8)

ほととぎす ― 忍ぶる戀 13(Lesser Cuckoo 13)

f0374041_20034448.jpg
春に咲く都忘れ
Gymnaster savatieri * a spring flower, image processing by aster rose



 ホットトギス!十二日目の朝、時鳥が啼いた。二人は同時に目を覚ました。その日は時鳥も寝坊をしたらしく、外はすでに白んでいる。明け方の爽やかな空気が神館(こうだて)のなかにも伝わってくる。

「いかがです。少し外を歩いてみませんか。お若いのですから、数日臥せった後でもおみ足は立つでしょう」

人々が夜明けの熟睡にしずむ館を出て、彼らは朝露の降りた「みあれ野」へ足を踏み入れた。清らかな光が木々に、二人に、降って来る。奈良の小川のせせらぎが聞こえる。四十雀のさえずりが朝をことほぐ。

「昨夜は、言いたくないことを無理に尋ねて、困らせてしまいました」

「お気になさらず……おや、まだこの花が咲いているのですね。この辺りはだいぶん冷えると見える」男は式子をふり返った。「ご存知ですか、この小さな花。野辺や里に咲く花ですが、みやこをわすれさせてくれるほど美しい…」

星のような紫の野花に手を伸ばした男の目がふと、哀しげにきらめいた。

「…どうかなさったのですか」

「― むかし、助けられなかったのでございますよ。蜘蛛に咬まれた、小さな童を。こんな草むらで、この花を摘んでいたときの出来事でした」

「…」

「医師(くすし)の日々は祈りの日々です。むかし助けられなかった人々のための。いま助けるべき人々のための。いつか助けたい人々のための」

「そなたは、御典医である前に、医師なのですね」

「そうです。鄙の医師です」

「真(まこと)の医師たるそなたの理想は、都を忘れるくらい美しく、潔い」

「身に余るお言葉です」

「ならば、わたくしは ― 斎院である前に、歌びとです」

(つづく)



a0332314_11005816.jpg

秋に咲く紫苑
Aster tataricus * an autumn flower, image processing by aster rose


 Hottotogisu! On the twelfth morning, a lesser cuckoo cried. They awoke at the same time. That day other birds seemed to oversleep, and the sky already glowed light in the quietness. The fresh dawn air flowed in the room.

“How about taking a walk outside? Because you are young, you can walk as usual even after ten-day bed rest.”

 They left koudate where people were still sleeping, and walked in Miare-no Field wet with morning dews. The clear light pours into trees and them. The murmur of the stream reaches them. A tit’s song is celebrating the morning.

“…I disturbed you with what you do not want to be asked.”

“No problem……oh, this flower is still in bloom! Around here, it is colder than in the capital.” He looked back at her. “Do you know this small flower? It is a wild flower whose beauty makes me forget the capital…” 

 While stretching out for the purple, star-like flower, his eyes glistened sorrowfully.

“What is the matter with you?”

“― I remember…I could not save a small child who was bitten by a spider, who was picking this flower in a field like this, a long time ago…”

“………”

“A doctor’s life is that of the prayer, the prayer for the people whom he could not save in the past, for the people whom he should save in the present, for the people he hopes to save in the future.”

“You are the doctor rather than a court doctor.”

“Yes, I am a country doctor.”

“The true doctor’s ideal is beautiful and pure enough to forget the capital.”

“You say rather too many nice things about me.”

“…As for me, I am a waka-poet rather than a princess.”


「絵のない絵本 ちひろ」の画像検索結果
いわさきちひろ画『絵のない絵本』(google search)
Bilderbuch ohne Bilder, illustration of IWASAKI Chihiro


母となる日はなけれども幼子をかなしむ母の(たま
)


わがうちに

Even if I won’t become a mother, the mother inside me loves and mourns the small child.


(To be continued)
(All Rights Reserved)










[PR]



# by snowdrop-nara | 2017-12-09 21:42 | | Trackback | Comments(2)

ほととぎす ― 忍ぶる戀 12(Lesser Cuckoo 12)

a0332314_10501834.jpg
五月のならの小川(賀茂の森)


 その夜、式子は夢を見た。彼女は小川のほとりをさまよっている。潺潺せんせんたる水音と賀茂の森のざわめきが溶け合い、音の輪に包まれているようだ。霧が深くたちこめ、人の気配は絶えて無い。
―嗚呼(ああ)、わたくしは泣きたかったのだ。今だけではない、幼い頃からずっとずっと…ここなら、わたくしは、泣くことができる。

夢のなかの皇女は生まれて初めて、誰の目も気にせず涙を流す自由を得た。人は泣くとき、どうするのであろう。彼女はためらい、そして、己が身じたいに委ねることにした。男の手に、右の腕(かいな)を委ねていた時と同じように。

小さな鳥の叫びのように突き上げる嗚咽が、噴き上げる涙が、体を二つ折れにした。川原に膝をつくと、水音と声を合わせ、式子は泣いた。ばらばらと零れ落ちる涙が水面(みなも)に散りかかる。水脈(みお)の上に黒髪が渦を巻き墨流しのようになびく。涙はいくらでも、いくらでも溢れ出てきた。そしてあっけなく、豊かな水の流れに溶け込んでいった。

 その夜、男も夢を見た。霧に包まれた森の彼方より、水音に交じって幽かな、それでいて鋭い鳥の声が聞こえてくる。あれは大瑠璃のさえずりだろうか、それとも…

a0332314_09593272.jpg
墨流しの料紙


Shikishi had a dream in that night. She is wandering by a river. The murmure of the water and woods are mixed and surrounds her by a ring of the sound.
― No one is here
the fog is hiding me ah, I have wanted to crynot only now, but since my childhoodhere I can cry to my heart’s content.

 The princess got a chance for the first time in her life to cry without worrying about the others’ eyes. How does one do when crying ? She was bewildered for a while and then decided to give herself to her own heart, in the same way that she put her arm into the man’s hands.

 The sobbing like a little bird’s cry bent her body double. Falling on her knees at the riverbank, she began to cry. Her cry joined the murmure of the river and forest. Her tears fell like raindrops. Her long black hairs floated in the wind above the water like the marbling printabove fig.. Her tears were rolling down her face endlessly, all too soon to melt into the abundant river water.

 The man also had a dream in that night. From beyond the foggy forest, being mixed with the river's murmur, a dim and yet piercing bird’s cry reachesIs that a song of blue-and-white flycatcher ? or

a0332314_15030853.jpg
賀茂の白鷺(2015


夜をこめて独り啼きつるほととぎす夢の余韻をかなしぶやうに

(One lesser cuckoo cried in the night as if it had been grieved at the echo of a dream.)

(つづく)
(To be continued to next Saturday)

「firenze marbled paper pinterest」の画像検索結果

おまけ*フィレンツェのマーブルペーパー
bonus*marbling print in Firenze (pinterest)


ほととぎす1~11は「ももさえずり*紀行編」で連載していました。↓
Lesser Cuckoo 1-11 ↓

(All Rights Reserved)




[PR]



# by snowdrop-nara | 2017-12-02 20:56 | | Trackback

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る

カテゴリ

最新のコメント

きらめく緑に、平安装束と..
by リュックの友 at 16:17
*umiさん 素敵なご..
by snowdrop-nara at 18:01
今晩は^^ 趣のある紫..
by umitosora14 at 23:33
*pikoさん こちら..
by snowdrop-nara at 20:25
先日は ステキな歌をあり..
by pikorin77jp at 22:05
*1go1exさん ..
by snowdrop-nara at 18:32
萩原朔太郎のこの詩、とて..
by 1go1ex at 10:08
*naokoさん む..
by snowdrop-nara at 20:54
*6月1日の鍵コメさん ..
by snowdrop-nara at 18:32
作品も美しいし、説明も江..
by milletti_naoko at 17:08
*desireさん 夜..
by snowdrop-nara at 07:10
こんにちは。 いつも私..
by desire_san at 02:00
*sapphireさま ..
by snowdrop-nara at 15:34
snowdropさま、こ..
by mary_snowflake at 21:28
*鍵コメさん こちらこ..
by snowdrop-nara at 18:25
*pikoさん さっ..
by snowdrop-nara at 07:27
今朝は 温かいコメントあ..
by pikorin77jp at 20:57
*jinさん こちらこ..
by snowdrop-nara at 06:47
こんばんは。 usa1..
by jinsnap at 22:29
*螺子花さんは山桜派なの..
by snowdrop-nara at 20:43

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。