人気ブログランキング |

ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

大原御幸 下(Ex-emperor's visit in Ohara2)

a0332314_17240533.jpg


いきなり、おまけ*「山越阿弥陀図」(禅林寺)(平安末~鎌倉時代)(龍谷大HP)

平安時代は夕日を阿弥陀仏として拝んでいましたが、鎌倉時代には、山の端の月輪をも阿弥陀仏に見立てるようになりました。建礼門院徳子も月に祈ることがあったでしょうか。

Bonus*Amida Coming Over the Mountain(Zenrin-ji Temple)
The moon came to be worshiped as Amitabha Buddha since around the last years of Kenreimonin Tokuko, the heroine of this article.


a0332314_10525808.jpg
大槻能楽堂からの帰り道(2017年)
参考*馬場あき子氏のレクチャー「六道を見た女院」
(能「大原御幸」大槻能楽堂、2018年)


 あの日、山の樒(しきみ)を摘んで庵に戻ると、まさか後白河院がお越しとは!平家を滅ぼした張本人とは申せ、雲居の月のような御方が、はるばるこの山里まで…
「…訪うものは樵の斧の音、梢の嵐、猿の声ばかりの深山でございますのに」
「九重の都の桜は散ってしもうたが、ここならば、散り残った花もあろうかと思うてな…」

 On that day, when I came back to my hermitage with branches of sacred anise trees, Ex-emperor had been waiting for me ! Though he was the very man who had been a cause of the fall of the Taira family, he came to this mountain village all the way from the capital! He said,
"Though the cherry blossoms have already fallen in the capital, several still are bloom here."
 And he sang slowly.
 

a0332314_15440933.jpg
火災前の寂光院(1999年)


 そして、ゆるゆるとお歌いになりました。
「池水に―― 汀の桜 ―― 散り敷きて―― 波の花こそ―― 盛りなりけれ―― 」 
 久方ぶりの雅なやり取りに、ついほろりとしたわたくしを、続く院のお言葉が打ちのめしました。

"on a poooond … the cherry blossooooms … fell from the shoooore,… the flowers of waaaaves … are in full blooooom…"
 I was moved by this elegant conversation for the first time in a while, and then I was shocked by his following words.


a0332314_11352202.jpg
Ex-emperor Goshirakawa (right)


「女院は六道のありさまをご覧になったとか。仏菩薩にしか見られぬ光景を、そして御子の最期を物語ってくだされよ」
 院は悪びれもせず、無邪気なまでに率直でした。まことの六道を知りたい ― その細い眼はひたむきな好奇心に輝いておりました。

"They say that you saw the wheel of life including the hells which are overlooked by Buddha and Bodhisattva only. Please relate me your story of that and your child's last moment."
 He said so without hesitation, frankly and even innocently. His eyes were shining with the curiosity about the real wheel of life, real hells.


「天道 聖衆来迎寺」の画像検索結果

「六道絵」(聖衆来迎寺)より「修羅道」* 左上に阿修羅がみえる(東博HP)
(domain of asuras and fighting demons)


 わたくしは話し始めました。六道地獄をなぞるような我が人生を…
一、都での栄誉栄華の日々は天道のごとくなるも、五衰の衰えからは逃れられず。
二、瀬戸内海の波に浮き沈む舟の上、海水ゆえに飲むことができぬ苦しみは餓鬼道。
三、陸地でもののふたちが戦うさまはまさに修羅道。
四、もののふの乗る馬の蹄の音は畜生道。
五、それらを見聞きする人間の苦しみは人道。
六、我が母 二位殿が、我が子 安徳天皇を抱いて「波の底にも都あるらん」と入水なさった有様は、地獄。みずからも続いて入水したものの、源氏の兵に引き上げられ、命長らえた恥ずかしさ、残された人々の阿鼻叫喚は、まさに地獄…


a0332314_13485289.jpg
「六道絵」(聖衆来迎寺)より「畜生道」(domain of animals)

 I began to narrate a story of my life following six hells.
1. The days of the glory in the imperial court were like the realm of heavenly beings, who are not free from weakening.
2. During the Genpei war, the days on the ships were like in the domain of hungry ghosts, where we could not drink salty seawater.
3. The battle on the ground belonged to the domain of asuras or fighting demons,
4. The clatter of hoofs on the battlefield were those on the domain of animals,
5. The grief observing the above battles of the warriors and animals belonged to the domain of human beings,
6. It was the hell that my mother (Taira no Kiyomori's wife) jumped into the water with my son (Emperor Antoku) in her arms while saying "There will be a capital under the waves also." Though I also tried to commit suicide by drowning, I was rescued by an enemy and survived, which has been a shame of a living hell. And the shrieking in agony and grief during the battle, it belonged to the real hell....


a0332314_16221026.jpg
堀上謙『能面変妖』より * Kenreimonin in Noh play


しづかなる戦がたりよ

語り部は聞き手をひたと見つむるばかり


What a static narrative of Genpei War! The narrator is straightly staring at just one audience.




a0332314_16384617.jpg


 後白河院をしばし見送ったあと、わたくしは庵室に入りました。心のなかには紅蓮の炎西海の黒い波が渦巻き、息もできませなんだ。わたくしは大量の雪を求めました。苦悶の炎を消し、涙の海を凍らせる雪を…
 あれから、読経三昧の雪ごもりがわたくしの最も愛する季節となりました。冬が長ければ長いほど、寒ければ寒いほど、心は安らぎます。
の間の細い白道をたどれば、極楽浄土に到ると申します。白道とは、すなわち雪道にちがいありません。わたくしはそう悟ったことでございます。

 After having seen him off, I entered in my hermitage. Roaring flames and waves were swirling in my soul. I needed much snow, the snow that extinguishes flames of agony and that freezes the sea of tears…
 Since then, the snowy hibernation of reciting a sutra has become my favorite season. The longer and colder the winter, the more peaceful my soul. It is said that a white narrow lane between flames and waves leads to the land of Perfect Bliss(below fig.). The white lane should be a snowy one, I suppose.


a0332314_11470826.jpg
二河白道図(怒りの炎欲望の波との間に細い道が伸びている)


伊太利の氷地獄の亡者らは(とも)しと見る

二河白道を


ghosts in the icy hell in Italy, do they envy those who
in the fire/water hell in Japan ?



a0332314_18013106.jpg

祇王寺、宝筐院(嵯峨野)(1998年)


もひとつ、おまけ

最後まで読んでくださったあなたに…

c0345705_11341887.jpg

京の山で摘んだ秋草と月見団子 * Moon Viewing Festival(2015)

(All Rights Reserved)















# by snowdrop-nara | 2019-09-13 18:13 |

大原御幸 上(Ex-emperor's visit in Ohara1)

a0332314_15455468.jpg
二十年前の寂光院、大原(1999年)


 あれは今日のように雪の降る日であったと思いこんでおりました。後白河院がわたくしの住まう寂光院へ御幸あそばしたのは…。けれども、そんなはずはなかったのです。このような山里へ、このような雪深い季節を選んで、院がお越しになったとしたら…ほら、この凍りついた石段でおみ足を滑らせてしまったに違いありません。

 I thought that it was a snowy day like today when Ex-emperor Goshirakawa had visited Jakko-in, my hermitage in Ohara, far from the capital. But that could not have been true. If he had visited me in such a mountain village in such a snowy season, he should have slipped and fallen down these stone steps.


a0332314_18462278.jpg
(四月撮影)


 あれは青葉隠れに僅かに桜の咲き残る四月のこと。平家が亡びた次の年でしたから、かれこれ二十余年前になります。私も老い、記憶も定かではなくなりました。だからでしょうか、あの日を思い出すと、しんしんと降り積む雪に囲まれていたように思えてならないのです。

 It was a day of April when several cherry blossoms remained in green leaves, the following year of the fall of the Taira clan (1185), around twenty years ago. Now that I am old, my memory has faded, and that day seems to be a snowy day in my memory.


a0332314_16221026.jpg
堀上謙『能面変妖』より


 わたくしは大原寂光院の住持、建礼門院でございます。父は平清盛、夫は高倉天皇、わが子は安徳天皇……皇后として、国母として栄華を極めた平徳子として生きたこともございますが……あの頃のことは、いっそうはるか遠く、霧にかすむ夢のようです。

 かつてわたくしに仕えた(建礼門院)右京大夫が、ここ寂光院を訪ねてくれた折に、こう嘆いておりましたっけ。「御庵のさまも、御住まいも、何もかも目も当てられません…

 I am a chief nun of Jakko-in Temple, Kenreimonin Tokuko. My father was Taira no Kiyomori, my husband Emperor Takakura, and my son Emperor Antoku. I once lived a brilliant life as an empress and then empress dowager, but today it seems to be a distant dream in a haze.
 When Kenreimon'in Ukyo no Taibu visited me, she deplored this poor residence in contrast to the imperial court where she had served me as a court lady.


a0332314_15440933.jpg


 とりわけ、池の水も氷る真冬の厳しさといったら!けれども、白一色に包まれた風景の清らかさといったら!
 すべてを浄め、真綿のようにやわらかく包みこむ雪。わたくしの魂は大量の雪を必要としておりました。それは、わたくしがかつて地獄を見たからでございます。平家滅亡の地獄絵巻を…

参考*馬場あき子氏のレクチャー「六道を見た女院」(能「大原御幸」大槻能楽堂、2018年)

 How cold it is in winter when a pond is frozen in the precincts! And yet how beautiful it is, the pure white landscape!
 The snow purifies and softly envelops everything. My spirit has needed abundant snow because I had seen living hells in the fire…


a0332314_16320805.jpg



寂光院の石燈籠の雪帽子ここにもひとり(あま)御前(ごぜ)()

a stone lantern with white snow bonnet,
here also stands a nun


雪しづく白く濁りて溜まりをり

穢れしらずとみるは人のみ

。。。今日は白露です。。。

a0332314_15414699.jpg


(All Rights Reserved)












# by snowdrop-nara | 2019-09-08 20:20 |

ヤドリギの思ひ出(memory of misletoe)

a0332314_10190459.jpg

藤原宮跡の宿り木*mistletoe

ヤドリギの古名を「ほよ(寄生)」といいます。今年、本物を撮影できました。
父の思い出をうたった一首とともにどうぞ。

Here are several photos of misletoes and tanka on my father's memory of them.


ほよ取りてまろき実チューインガムのごと幼(をさな)は食めり戦後の野辺で

a child would eat
marble-like fruits of
mistletoe
like the chewing gum
in a field
after World War II


a0332314_09382709.jpg


この常緑の寄生木を万葉人は頭に飾り、長寿を祈りました。

The people in the Nara period called this evergreen plant "hoyo"
and put it in their hair as a hairpin in order to pray the longevity.


安之比奇能 夜麻能許奴礼能 保与等理天 可射之都良久波 知等世保久等曽


あしひきの山の木末(こぬれ)のほよ取りてかざしつらくは千年寿(ちとせほ)くとぞ 大伴家持 萬葉集巻十八4136


(あしひきの)山の梢のほよを取って、挿頭にしているのは、千年の寿命を祝う心からだ  (新日本古典文学大系 岩波書店)


a0332314_10204142.jpg


宿り木を見て思い出すのは、子供のころ読んだ『モモちゃんとアカネちゃん』です。
モモちゃんたちのお母さんは或る日、森のおばあさんを訪ね、離婚を決意します。
松谷みよ子は、子供と大人の現実をこんなにしっかり見つめて描いていたのですね。

The misletoe reminds me of a book I read in my childhoood. The heroine's mother decided to divorce when she was shown a misletoe on a tree in the wood by an old woman. She noticed that she could not become a misletoe relying on a tree, her husband.


a0332314_09540653.jpg
松谷みよ子 作、菊池貞雄 絵 『モモちゃんとアカネちゃん』
Momo-chan and Akane-chan written by Matsutani Miyoko, illustrated by Kikuchi Sadao



「おまえさんのご亭主は、歩く木なんだよ。そこをしっかりみなくちゃいけない」
 ママは、歩く木をみつめました。木は、肩のあたりに、やどり木をのせていました。やどり木は、金色にかがやいていました。かがやくやどり木をのせて、根っこを引きずるように歩いていくパパの木は、いばっているようにもみえ、さびしそうにもみえました。
「そうして、おまえさんはそだつ木なんだよ(…)歩く木とそだつ木が、ちいさな植木ばちの中で、根っこがからまりあって、どっちも枯れそうになるところへきているんだよ。(…)おまえさんは、やどり木にはなれない。だからしたかたがないのさ」(講談社文庫より)



a0332314_09382709.jpg


そして、宮澤賢治の「水仙月の四日」…
「雪童子(わらす)は、風のやうに象の形の丘にのぼりました。雪には風で介(かひ)殻のやうなかたがつき、その頂には、一本の大きな栗の木が、美しい黄金(きん)のやどりぎのまりをつけて立つてゐました。」(『注文の多い料理店』より)

A misletoe appears in Narcissus Month the Fourth by Miyazawa Kenji also.


a0332314_10061205.jpg

藤原宮跡の水仙(四月)* Narcissus in Fujiwara-kyo Palace

(All Rights Reserved)













# by snowdrop-nara | 2019-09-01 17:15 | | Comments(2)

芭蕉の愛したところてん(gelidium jelly Basho liked)

a0332314_09393251.jpg


清滝の 水くませてや ところてん   芭蕉

夏の嵯峨野に遊んだ芭蕉が、弟子の供したところてんを詠んだ一句。
元禄7年(1694)、芭蕉51歳のときです。
当時の51歳はかなりな高齢、体の弱った晩年の作とされています。
アラフィフのsnowdropも、おなかに優しいお菓子が好き!
倉敷ガラスの器にひやっこいところてんをよそって
さて、関西風に黒蜜をかけませう。

Basho was served a cool gelidium jelly by his pupil
in Sagano, Kyoto, in summer in 1694, at the age of 51.
He was in the decline of his life and pleased at this refreshment.
Snowdrop, around fifty, also likes this kind of sweets !


a0332314_11345238.jpg



去年の初夏に訪ねた嵯峨野の佇まいが思い出されます。。。
そのおりの写真を蔵出ししてもいいのですが、今日はさらに昔、
2011年に訪ねた芭蕉ゆかりの幻住庵をご紹介しましょう。

先づ頼む 椎の木も有り 夏木立   芭蕉

Snowdrop visited Basho's hermitage in Shiga in 2011.

a0332314_09421796.jpg


幻住庵は大津の近津尾神社境内にあります。
奥州の旅の翌年の元禄3年(1690)、芭蕉は近江に住まいし
「幻住庵記」を綴りました。「おくの細道」に続く名文です。
「石山の奥、岩間のうしろに山あり。国分山といふ。
(…)八幡宮たたせたまふ。(…)」

His hermitage was located in the precincts of Chikatsuo Shrine.
In the following year of his travel of The Narrow Road to Oku,
he stayed for four months in a hermitage named Genju-an.

a0332314_09560341.jpg


「日ごろは人の詣でざりければ、いとど神さび、
もの静かなるかたはらに、住み捨てし草の戸あり。
蓬・根笹軒をかこみ、屋根もり壁おちて、
狐狸ふしどを得たり。幻住庵といふ」

"Beside a shrine deserted and mysterious
with few people's visiting,
there is an abandoned quiet thatched hut,
which was surrounded by grasses (…)"
(trans. by snowdrop)


a0332314_09570612.jpg


「山は未申にそばだち、人家よきほどに隔たり、
南薫峰よりおろし、北風湖を侵して涼し。
比叡の山、比良の高根より、辛崎の松は霞をこめて、
城あり、橋あり、釣たるる舟あり、
笠取に通ふ木樵の声、ふもとの
小田に早苗とる歌、
蛍飛びかふ夕闇の空に水鶏のたたく音

美景物として足らずといふことなし」
あの「夏は来ぬ」の歌詞(佐佐木信綱)は
この辺りを踏まえているのでしょうか。

”The mountains tower in the southwest
and houses are at a proper distance.
The south wind blows from peaks and
the north wind from the lake is cool.(…)”


a0332314_10060810.jpg


「たまたま心まめなる時は、谷の清水を汲みてみづから炊ぐ。
とくとくの雫を侘びて、一炉の備へいとかろし」

芭蕉は自炊していたのですね!
とくとくの雫は、吉野にあった西行庵の泉を踏まえています。


とくとくと落つる岩間の苔清水くみほすほどもなきすまひかな 西行

Basho occasionally drew up water from this small valley
following a waka poet Saigyo in his hermitage in Yoshino.


a0332314_10111280.jpg


芭蕉は奥州へ旅立ったかつての自分を蝸牛(カタツムリ)にたとえました。

Basho compared himself who had traveled in Tohoku region to a snail.


かたつぶり ふるさと離れ はろばろと 旅したのちは ここで憩へよ snowdrop

escargot,
après avoir voyagé
loin du foyer,
repose-toi ici,
dans notre jardin

a0332314_10140778.jpg

わが庭の楓でねむるかたつむり(8月14日)

un escargot dormant dans notre jardin

(All Rights Reserved)












# by snowdrop-nara | 2019-08-24 06:54 | | Comments(2)

8月15日に寄す(on August 15th)

だびちん(抱瓶)  からから (ミニチュア)

a0332314_16023667.jpg
a0332314_09090593.jpg


6月に沖縄の短歌を読んで、抽斗からカセットを出してきました。
オリジナルの「沖縄のうた」… youtubeなどなかった学生時代、
図書館の本を借りて、譜面から歌い起こし、録音しましたっけ。
わが手描きのカセットレーベル、だれかに似てる…そういえば、
「ちびまる子ちゃん」が『りぼん』で連載され始めたころでした。
カセット世代のまるちゃん、沖縄の子と文通してたのね(第7巻)

Several tanka on Okinawa reminded me of the cassette
I had made in my school days, "Songs of Okinawa".
I sang the songs in a book of a library to record them on a tape!
My hand-drawn objects look like this manga-anime character ?↑


『沖縄方言』沖縄トラベルサービス刊

a0332314_20084685.jpg

a0332314_15245608.jpg

ほんものの抱瓶(わら紐で腰に縛って仕事に出ます)


沖縄(うちなー)の漁師はうみんちゆ海の人翡翠のいろの海に漕ぎ出でな

沖縄のことばに「イクサ」を見つけたり 戦を教へしやまとんちゆあり



外間守善氏は8月15日の終戦を知らず、沖縄山中をさまよっていたといいます。↓
HOKAMA Shuzen (外間守善) was wandering in montains of Okinakawa
on August 15th 1945, without being informed of the end of World War II .


a0332314_11412743.jpg




沖縄の文化にはまっていたのは高校生から大学生のころ。

沖縄ブームが訪れるより前のことです。
シーサーは利休の陶工、長次郎の作っていた獅子に似ていますね!
(利休と出会う前の長次郎は、華南三彩の工人だったといいます)↑

I was into the culture of Okinawa in my school days.
Okinawan guardian lion Shisa originated in China
looks like that made by Chojizo in his youth ! ↑


「みるく wiki 弥勒  沖縄」の画像検索結果

ミルク神面(wikipedia)

沖縄のミルク神、牛乳ではありません。
弥勒(ミロク)菩薩のことです。
沖縄の言葉は o 音が u 音となることが多いのです。
ミルク神をお迎えするわらべ歌が好きです。
記憶ではもうちょっと優しいお顔なのですが…
これではまるで「ちびまる子ちゃん」キャラのようです。↑

Miruku in Okinawa is Maitreya.


「沖縄 さくらももこ エイサーまんじゅう」の画像検索結果

ちびまる子ちゃん公式ツイッターから

「さくらももこ  イタリアから来た少年」の画像検索結果

昨年の追悼番組「イタリアから来た少年」
(google search)


今日、8月15日はさくらももこさんのお命日です。
ちょうどお盆に召されたのですね。
じつは意地悪じいさんだったというお祖父ちゃん、
「まるこや、こっちじゃよ…」
と迎えに来てくれたのでしょうか。

August 15th is the anniversary of Sakura Momoko's death.


「友蔵 心の俳句」の画像検索結果

(google search)

8月15日は聖母被昇天の祝日でもあります。
「あたしゃマリアさまじゃないよ、もったいない…」
なんて、照れているかもしれませんね。

August 15, Assumption of Mary also.
Chibi Maruko chan was not Christian, but
she has been to a church with her friends.


「教会 さくらももこ」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-08-15 06:57 |

いにしへの歌会(ancient waka poem party)

a0332314_08505586.jpg


七夕の歌を詠む冷泉家の人びと…今日は旧暦の七夕です(2019年8月7日)

「京都冷泉家の八百年」NHKアーカイブ(初回放送2003年)録画より ↑

a0332314_06572293.jpg

『酒井抱一』平凡社

乞巧奠(きこうでん)の絵をご紹介したことがあります。
「乞巧奠」とは、宮中の七夕祭りのことです(上図中央)。
いまもこのお祭りを続けているお家があります。
藤原俊成・定家ゆかりの冷泉家です(初回放送2003年)。

I show you again Qiqiao Festival painted by Sakai Hoitsu,
Qiqiao Festival is the Star Festival at Court (mid.fig.↑).
This ancient festival has been kept since the Heian period
by Reizei family, whose ancestor is Fujiwara no Teika.

a0332314_08484628.jpg

冷泉家のしつらいと抱一の絵には共通点が多いです。
たとえば、おなじみの笹竹。
天へ人の願いを届け、神の依代になります。

そして 角盥に浮かべられた梶(かじ)の葉。
彦星が天の川で漕ぐ舟の舵(かじ)を表します。
和紙が普及する前は梶の葉に歌がしたためられました。

The small bamboo delivers our desire to the heaven.
The mulberry leave served as a strip of fancy paper
on which a waka-poem was written.


a0332314_08481629.jpg

a0332314_06524189.jpg

角盥を表した蒔絵 (『茶道雑誌』2009年7月号)


秋の実りをお供えし、秋の七草を生け、
雅楽を奏して神さまをお迎えします。
琵琶や琴などの雅楽器、五色の糸や布には
技芸の上達への願いがこめられています。だから、
「乞巧奠」(巧みなるを乞う捧げもの)というのですね。
牽牛・織姫の幸せを祈る和歌も詠まれます。
雨が降りませんように…

でも朝鮮では、七夕の雨は逢瀬のうれし涙とされるそうです。

The instruments and five-colored strings or cloth
carry the desire for improving the technique of the arts.
Waka poem is composed for the lovers in the heaven.
I hope it will be fine tonight so that they can meet by the Milky Way.
But in Korea, it is said that
the rain is the tears of joy of the lovers' successful rendezvous!

a0332314_06045088.jpg

(『茶道雑誌』2009年7月号)



七夕の儀式がとどこおりなく終ると、お楽しみの歌会です。
男女が向き合って坐し、間に天の川に見立てた白布が敷かれます。


After the ritual of the Star Festival,
they enjoy waka poem party.
A white cloth between men and women
represents the Milky Way.

a0332314_09013916.jpg


向かい合った男女はその日ひととき恋人気分で
相聞歌(ラブレター)を詠み交わします。

They pretend to be lovers and compose love songs.

a0332314_09043185.jpg
a0332314_09044982.jpg


歌会って、合コンだったの?!
現代の歌会ではこんなことは無いでせう。
婚活マッチング・アプリの時代ですから!

もっとも、snowdropは歌会デビューしたばかり、
げんざい夏ごもり中で七夕歌会は欠席のため
本当のところは分かりませんが…

The waka (tanka) party is the matchmaking party?!
I do not know because I have not yet participated in
a tanka party on the Star Festival day …



a0332314_08255189.jpg


これもまた十二単か サラリーマン折りにされたる 日経朝刊



おまけ*「弱法師」も出品中(原三溪の美術」展 於 横浜)

a0332314_08474998.jpg

(All Rights Reserved)
















# by snowdrop-nara | 2019-08-07 18:08 |

はじめての歌会(My Debut in Tanka Party)

a0332314_09543597.jpg


野の山の田圃の御堂の学舎(まなびや)の額縁となる そめゐよしのよ

someiyoshino sont devenus un cadre
du champ, de la campagne, de l' église, et de l' école


圧倒的桜」祭でみた数々の桜から生まれた一首(未発表作)
usaさん、長年にわたってありがとうございます。お疲れさまです

Inspired by Cherry blossom festival produced by usa-san. Special Thanks!


a0332314_13273503.jpg


「圧倒的桜」祭りを控えた五月初旬、はじめて歌会に出ました。
「角川短歌」(左)を読んで、いつかは…と思っていた歌会デビュー。
「短歌人」(右)同人の 勺 禰子さんのおかげで実現しました。

参加者は歌会の1週間前までに短歌(詠草)を司会者へ送ります。
歌会2日前に無記名の詠草集(リスト)がメールで送られてきます。
今回は14首。その中から自分がよいと思う歌を3首選んでおきます。

Snowdrop participated in a Tanka Party for the first time.
Every participant sends his/her own tanka
to the chairperson by a week before the party.
The numbered list of the tanka (14 poems this time)
is sent to every participant two days before.
Everyone chooses three of them which he/she appraises.


Dscn4974-640x479



今回の会場は、京都駅から徒歩10分の 明覺寺の小さな会堂でした。
渡された選歌用紙に、選んでおいた3首の番号を記し、署名して提出します。
一枚の和紙に印刷された詠草集が、改めて手渡されました。(右端 ↓)

The venue was this small building of Myokaku-ji Temple in Kyoto.
Every poet wrote down the numbers of three tanka with signature
on the paper for the "selected tanka".
The numbered list of the tanka was handed down again,
which was of a Japanese paper ! A la mode ! (the right end ↓)

a0332314_13273503.jpg


詠草集の順に、披講者により歌が一首ずつ読み上げられ、
その一首について、指名された参加者が意見を述べます。
議論が白熱してくると、自発的に挙手して発言する人も増えてきます。
一首の短歌を囲む行間がどんどん豊かに広がってゆくように感じられます。
一首、また一首…
別々の作者による複数の短歌が、共通のキーワードや観念で響き合い、
行間がぐっと狭まって感じられることも。
いうなれば、歌会の「連歌マジック」?
なんだか詠草集全体が、一編の行分け詩のようにも見えてきました。
午後1時から4時過ぎまで、3時の10分休憩を挟んで歌会は続きます。

The party started at 13:00.
The reicter reads out tanka one by one,
everyone discusses one tanka respectively.
Only one ten-minute break at 15:00,
the party continued until 16:00.
Snowdrop's tanka on cherry blossoms is as follows:

a0332314_08501750.jpg

(2018年撮影)


クローンの桜は白しLED街灯ひとつ花篝として

des fleurs d' un cerisier cloné sont blanches
soul une lampadaire de la
lumière pale à DEL
comme un feu de joie


↑これが私の生まれて初めての歌会の詠草です。
(『短歌人』8月号にて発表)
バイリンガル短歌としての行分けはまだ施していません。


「花篝 日本美術史」の画像検索結果

花篝 🌸 feu de joe 🌸
(大川美術館の画像をお借りしています)

去年から今年にかけて詠んだ歌のいくつかを並べてみると…


クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて 
「かなし」=「哀し」「愛し」 (2018年)

花篝さくらの海の灯台よ み宙(そら)へ告げよ しのぶ心を
(2019年、未発表作)


野の山の田圃の御堂の学舎(まなびや)の額縁となる そめゐよしのは

(2019年、冒頭の一首です)

a0332314_16122187.jpg
高瀬川の花筏(ソメイヨシノ)(4月)



去年から今年にかけてのソメイヨシノへの複雑な思い(🌸)それを
無記名の歌のたった三十一文字から(とりわけ「花篝」の一語から)
読み取ろうとしてくださったことが忘れられません。

Not a few poets understood this snowdrop's ambivalent feeling
to the Somei-yoshino from only one tanka.
A poet recognized my feeling for this flower from only one word,

" feu de joie ". I was moved.


a0332314_18462278.jpg

若楓(4月)


会堂の窓の隙より笹のかぜ詠草集の漉き紙ふはり


歌会のあと研究発表があり、5時に閉会となりました。
打ち上げに向かう皆さんを見送り、
余韻にひたりつつ朦朧と乗り込んだ列車の車窓から、虹!
未来へ、そして過去へのびてゆく七色の虹が見えました。
(usaさんにもよき未来あれ!)

Here is the rainbow snowdrop saw from the train. A good start?
(Good Luck for usa-san also !)


Dscn4975-640x400



(All Right Reserved)























# by snowdrop-nara | 2019-07-28 07:15 |

暑中お見舞い申し上げます(Summer Greetings)

a0332314_18080242.jpg


うすべにいろの紙石鹸のような立葵(6月)
友人のaster*roseがイラスト加工してくれました。
今日は大暑、爽やかさをお届けします。。。

Summrt Greetings from snowdrop & aster*rose


水道のそばにひらりと紙せっけん木造校舎は夏休みに入る


a0332314_09121185.jpg
















(All Rights Reserved)








# by snowdrop-nara | 2019-07-23 21:24 |

冬の祇園祭(Winter Gion Festival)

宵々々山とし聞けばヨイヨイヨイ子を歩ませし若き父の声


a0332314_06211438.jpg



はやいもので、今年も祇園祭の季節です。今宵は宵々山。
あら、気の早い稚児が山鉾に…これは生稚児ではなくてお人形。
この山鉾は実はミニチュア、 からくり時計なのです。
2018年12月に撮影しました。冬の祇園祭?!

Gion Festival has begun this July also.
This is a miniature of one of festival floats.
(automaton clock, photo in December)

a0332314_06192851.jpg



からくりと侮るなかれ、ちゃんと辻回しを実演してくれます。
四辻で本物の山鉾を人々がぐるりん回転させるさまは圧巻ですが
ミニチュアなら安心して見ていられます。暑さも人混みもなく…

This clock performs the rotation on a silver disk.
On July 17th, real festival floats turn at corners of real streets.
It will be spectacular!!


a0332314_06172196.jpg

a0332314_06201096.jpg



ブラバン公国ブリュッセルから徳川家に伝わったという
舶来物のタペストリーでしょうか?
それとも、ムガル帝国の星柄絨毯?
チューリップの国、トルコの絨毯?
↑まあ!中国の梅樹をあしらった中央アジアの絨毯!
(もちろんミニチュア)

The festival floars are decorated with various tapestries
that were imported from India, Turkey, Brussel in Brabant, etc.
in the Tokugawa period.


a0332314_06204068.jpg



無事に辻回しが済んだ後はどこの通りへ?
火焔太鼓をかたどったケースの中へ…^^


After turning, this festial float rises up into
a silver case with a flame-drum-shaped clock
.

a0332314_06214716.jpg


ふだんはこんな形です。↓
この日は11時前に通りかかったので、
11時の辻回しを撮影できたのです♪!


I was lucky to have passed just before eleven o' clock.

a0332314_06221098.jpg



最後に、からくりと本物とを見比べてみましょう。
トリのアナログ写真は、1990年代に撮影しました。宵山かな?
かつては夏ごもりに備えてこの時期、丸善へ本の買い出しに…
店先で涼みながら山鉾巡行を待つのが、snowdrop流どした♪


Let's compare this miniature with a real one
that I had seen in 1990s.


a0332314_06172196.jpg



コンコンチキチンコンチキチン
あらぶる自然と人間の魂(たま)をしづめよ夏の祭よ


a0332314_06173332.jpg

(1990年代)

祇園祭の発祥は貞観年間(9世紀末)の災害に求められるとか。
(猪熊兼勝「七月 七夕・祇園会」『茶道雑誌』2009年7月号)
「貞観」と聞いて浮かぶのは、貞観時代の仏像です。

The origin of Gion Festival is said to be a disaster during Jogan period.
Here is an example of Buddhist statues made in Jogan period.





「神護寺 薬師 pinterest」の画像検索結果

神護寺薬師如来像(pinterest)


祇園祭で授与される粽(ちまき)↓
食用ではなく、笹の葉で作られた災厄除けのお守りです。
寺町通のブティックの玄関先で見かけましたっけ♪
「放下鉾」(ほうかぼこ)のちまきはフクロウの絵柄 🦉
謡曲「放下僧」に由来する名前だとか。

The chimaki (zongzi) given during the festival
is not edible but a protective charm.
It is hung at the entrance of houses after the festival.
Do you remember the below one at Teramachi Street?


c0345705_20294566.jpg


(2018年9月*September 2018)


おまけ 🦉 Bonus

「ももさへづり*うた暦」
のアバター

フォト


もひとつ、おまけ 🐌 Bonus


蟷螂(たうらう)山 名高くあれど
わが門の蝸牛(まひまひ)山は仰ぐ人もなく


門の上で(7月19日)

a0332314_07555288.jpg




















蟷螂みくじ

(All Rights Reserved)











# by snowdrop-nara | 2019-07-15 06:28 | | Comments(10)

夏の七夕 ?(The Summer Star Festival?)

a0332314_06251153.jpg

夏の椿、沙羅(6月)*Japanese stewartia


夏の七夕?七夕はじつは秋の季語です。
梅雨明けもまだですのに!
これだから新暦は困ります。。。

The Summer Star Festival?
The Star Festival is an autumnal season word.
But Japan is still in the rainy season!
The solar calendar is inconvenient...

a0332314_14135354.jpg

『元永本古今和歌集』二玄社


まるで夜空のような料紙装飾…星の和歌でも探してみましょうか。
あら、七夕の和歌ばかりですね。
古代において、星は天帝のもの。畏れ多くて歌えなかったのです。
参考文献 ★ 海部宣男「星はなぜ詠われなかったか―詩歌で見る日本の星空2」


此夕 零来雨者 男星之 早滂船之 賀伊乃散鴨

この夕べ降りくる雨は彦星のはや漕ぐ船の櫂の散りかも

七夕のこの夕方に降ってくる雨は、
彦星が急いで漕ぐ舟の櫂のしずくであろうか。
(萬集巻八2052)

In the ancient Japan, the strars belonged the Lord of Heaven.
It was too august for the people to sing them in the poem
except the legend of the Star Festival(Altair and Vega).


a0332314_08515218.jpg
北斗七星など(キトラ古墳、明日香村)(google search)
Great Dipper represented in Kitora Tumulus (7~8c.)


この縛りを軽やかに解いて見せたのは
われらが清少納言の『枕草子』です。
和歌ではなくエセーだったから、のびのび綴れたのかしら。


星は すばる。ひこぼし。ゆふづつ。
よばひ星、すこしをかし。
尾だになからましかば、まいて
(枕草子254段、岩波文庫)

「好きな星はすばる、彦星、金星。流れ星もちょいイカスわ。
尾さえなければ(夜這いが目立たず)もっといいのに!」
(snowdrop訳)

It was our Sei Shonagon that poetically wrote on the stars
for the firt time in the ancient Japan. The fresh genre, essay
might have given her such freedom and courage.

The stars I love are Pleiades, Altair, Venus.
The shooting star is rather smart(…)(tr. par snowdrop)




「プレアデス 星団 すばる 星」の画像検索結果

すばる(wikipedia)


建礼門院右京大夫は恋人を壇之浦の合戦で喪い
七夕がくるたびに、哀しい和歌を詠みました。
恋人の菩提を弔うために、冬の旅に出たときは
ふり仰いだ星空をうつくしく綴りました。
きっとこの料紙のような空だったのでしょう。
(料紙に書かれているのは新古今和歌集の七夕の歌です)

A court lady named Kenreimon'in Ukyo no Taibu
lost her young lover during the Genpei war.
She composed fifty-one waka on the Star Festival
for several years and traveled in winer
for praying for her dead lover,
when she wrote about the beautiful starry sky like
the below blue decorative paper.


a0332314_14121841.jpg

花色(青、縹色)に金銀箔を散らした料紙(『元永本古今和歌集』二玄社)  
papier bleu disséminé de feulles d’or et d' argent

(…)丑二つばかりにやと思ふほどに(…)空をみあげたれば、ことに晴れて、浅葱色なるに、光ことごとしき星の大きなる、むらなく出でたる、なのめならずおもしろくて、花の紙に箔をうち散らしたるによう似たり(…)


月をこそながめなれしか星の夜の深きあはれをこよひ知りぬる 


I would gaze the moon and be lost in thought, but tonight I have found the deep aware (pathetic beauty) of the starry night.
(by K.U., translation of snowdrop, 2015)


「カササギ」の画像検索結果

(「鳥ペディア」よりお借りしています)

雨の七夕、カササギが乙姫彦星を憐み
翼を連ねて橋を作ってくれるといいますが…


On the rainy Star Festival, a flock of
pica pica pity thelovers
and line up their wings to build a bridge.



建礼門院右京大夫をおもひてsnowdropが詠める(2015年)


七夕の歌を翼と連ねれど渡る人なき鵲の橋
 



a0332314_18241223.jpg


時代は下って、明治時代。
月刊文芸誌「明星」が彗星のように登場しました☆彡
そこでは歌人は「星の子」なのです☆
そういえば、持統天皇が星をわが子になぞらえたとされる歌が
『萬葉集』にありましたっけ。 (星空の歌)
かつての星の和歌の歴史をふりかえると、
「星の子」はたんなる浪漫きぶんではない
自負と意気あふれる呼び名と分かります。

Later, in the Meiji period,
a monthly literary magazine Venus
appeared like a comet☆彡 where
tanka poets were called "stars' children".
The above-mentioned history of the waka on the star
tells that "stars' children" was not merely romantic
but proud and ambitious term.


a0332314_18395384.jpg


最後までお付き合いくださったあなたに…
この夏いただいた本に麗しい和菓子が載っていました。
美味しい夜空をご賞味あれ。

Here is a beautiful sweet representing Milky Way.
Bon appetit!

a0332314_06220139.jpg

『茶道雑誌』(2009年7月号)

おまけ*Bonus

a0332314_08581469.jpg

宮澤賢治の投稿詩「あまの川」(『新潮日本文学アルバム 宮沢賢治』)

「ももさえずり*紀行編」で「冬の七夕☆★」を連載中です。

(All Rights Reserved)








# by snowdrop-nara | 2019-07-07 18:30 | | Comments(7)

おくゎし、いとをかし(icy cake named June)

Img_0001_800x600_2




毎年いただく、氷を模した三角のお菓子…小豆には厄除けの意味があります。


An icy cake called Minazuki (June), whose red beans keep off evil.


a0332314_06205735.jpg



今年、白川でもとめた水無月は抹茶黒糖の三色でした♪
更に切り分け半分こ半分こ…*three tricolored triangle cakes !


はや けふは水無月晦日(みそか)みなづきの菓子六つ切れをみんなで分けむ


a0332314_06243273.jpg

友の淹れし緑茶を詠める


水無月の朝の微風を滴滴(てきてき)と淹れたる緑茶いとまろまろし

the green tea
my firend made
drop by drop
from the breeze of June morning
tasted mellow and mild


朝明(あさあけ)の眠らない樹は仏蘭西の海のひびきを秘かにまねて



a0332314_07131979.jpg

まろまろ大きくなってきたねえ ♪(6月27日)

君は脱皮しながら成長するのか!(6月30日)

a0332314_06510992.jpg
逆とんぼりのぬけがら*slough of mantis



のこり半年、みなさまもお健やかにお過ごしください。

I hope you will spend remaining half six months
safe and sound like these snails and mantis!!



a0332314_14574576.jpg

白川の春紫苑(5月30日)


(All Rights Reserved)











# by snowdrop-nara | 2019-06-30 15:00 | | Comments(2)

こんにちは、赤さん(Bonjour, bébés !)

a0332314_07302423.jpg


酒井抱一の描いた江戸時代の蟷螂(カマキリ)
芙蓉や菊のころ…かなり大きくなっています!

une mante par SAKAI Hoitsu(1761-1828)


a0332314_11424489.jpg

(6月9日ごろ)


さる6月6日は「蟷螂生(とうろう うまる)」。季語のとおり、
生まれたてのカマキリが二匹、わが家の網戸に張り付いていました!
庭に咲いた紅い花はリクニスです。和名は酔仙翁(すいせんのう)。

Des mantes commencent à être né le 6 en juin.
Non seulement la mante mais aussi…


a0332314_11442402.jpg



酔仙翁(酔っぱらった仙人じぃじ?)の上に、蝸牛の赤さん!
もすこしアップに…

Et un bébé escargot sur un lichnis dans notre jardin!
Zooooooooom!

a0332314_11451856.jpg



コンデジではこれが限界でしょうか。
では奥の手を……魚眼レンズ処理
!!

Et avec l’objectif fish-eye dans mon DSC !


a0332314_11453922.jpg



早く大きくなあれ…
三年前のこのカタツムリみたいに。

Gros, plus gros, comme celui que je vis il y a trois ans !


a0332314_11512777.jpg

(矢田寺*Yata Temple, 2016)


殻あつく角はするどく槍ふとく肌はすべらに育てよ、まいまい

Glow up!
with longer horns
with thicker spears
with smooth skin and shell,
you, a snail !



a0332314_18014738.jpg


umiさん、今年もありがとう!!


Special thanks to umi-san !!



おまけ 🐌 Bonus

a0332314_07295008.jpg

今森光彦 撮影(Fleur No.11 1995年)
 
(All Rights Reserved)















# by snowdrop-nara | 2019-06-22 21:01 | | Comments(7)

旅した、踊った、祈った。下(peregrinari, ballavi, oravi4)

a0332314_05443415.jpg
白川の柏葉紫陽花


一遍聖絵の展覧会は6月9日で終了しました。今日は父の日です。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』
図版は『国宝一遍聖絵と時宗の名宝』図録より複写(以下同)


a0332314_15425293.jpg















旅立つ一遍(15歳)(上)、見送る父(青衣の僧)(下) 円伊 画

a0332314_15441889.jpg


















 一遍聖絵は、上人の出自を語る詞書から始まります(下図)。

「一遍ひじりは俗姓は越智氏河野四郎通信が孫、同七郎通広(出家して如仏と号す)が子なり。延応元年(1239)己亥予州(伊予、現愛媛)にして誕生、十歳にして悲母にをくれて、始めて無上の理をさとり給ぬ」( )はsnowdropによる。

The emaki-scroll Biography of Priest Ippen starts with this narrative text telling about the birth and childhood of Ippen. He was born in Iyo in 1239 and lost his mother at the age of ten to realize the uncertainty of the life.


a0332314_08330155.jpg
聖戒筆、一遍上人聖絵詞書*narrative text written by Shokai


 一遍上人は十歳で母を喪い出家、十五で大宰府へ送られました。ご覧のように、旅立つ子も見送る父も僧形でございます。父は武人としての立身を断念して出家し、我が子を九州の高僧、聖達に託しました。聖達はあの法然上人の孫弟子です。
 この詞書、すなわち一遍上人の伝記を記したのは、わたくし 聖戒。上人の従弟でございます。上人はいつも私の手跡をほめてくださいました。のびやかで骨格正しい健やかな文字、強い文字(もんじ)であると。

 He became a priest and was sent to Dazaifu at the age of fifteen. You see, both the father and child are priests! (upper figs.) His father gave up the success in life as a warrior and entrusted his child to a disciple of Saint Honen's disciples.
 It is I, Shokai, a nephew of Ippen that wrote this narrative text. He always praised my handwriting, saying, " Relaxed and healthy, steady and strong handwriting " !

a0332314_08373466.jpg


 ここは四国の霊地、四十九院の岩屋です。上人はただ一人、宙空の岩窟にこもり、修行なさいました。長い長い梯子をかけて水を運んでいるのは、わたくし、聖戒でございますよ!

 Here we are at Iwaya in Iyo. Ippen is training on the top of a rock cave. It is I, Shokai that is bringing water to him climbing up a looooooooooong ladder!


a0332314_17525367.jpg


 じつは、わたくしは上人のすべての旅路を共にした訳ではございません。桜井で東と西へお別れしたときは、涙があふれました。
 …われらは師弟だ、臨終のときは必ずめぐり会おう……風に乗って届く上人の声。桜吹雪の向こうには、渺渺(びょうびょう)たる海が、旅人らを待ち構えておりました。


 To tell the truth, I did not share all his journey. When we separated at Sakurai, I could not help crying.
…We are master and pupil, we will meet again at my death bed…his voice was carried by the wind. Beyond a shower of falling cherry blossoms, the open sea was waiting for the travelers.


a0332314_09090781.jpg


 ここは上人が初めての賦算(念仏札の授与)を行った四天王寺極楽門(※)。その先には、海に面した石の鳥居が見えます。さすがは絵師 円伊、わたくしまで四天王寺の境内に居合わせたような気がいたします。

 Ippen gave his invocation charms to the people for the first time at Paradise Gate(※)of Shitenno-ji Temple. Torii-gate looks toward the sea. The skillful painter En'i brings me and you to the precincts of the temple without stirring !


a0332314_08232411.jpg


 そして、初めての踊念仏が行われた小田切の里…画面右上に、若木が植えられた土饅頭が見えますでしょう?これは一遍の叔父、河野通末の墓です。叔父は承久の乱の後、ここに配流され亡くなっていました。踊念仏は、一遍の親族(うから)のための鎮魂の祈りでもありました。
 のちの世の人には、超一の念仏踊りと出雲の阿国の歌舞伎踊りとを重ね、巫女の物狂いを見る向きもあるようですが…わたくしにはその辺りは分かりかねます。

 The first dancing Buddhist incantations was practiced at Odagiri where Ippen's uncle had been buried. The uncle was exiled there after Jōkyū War. The dancing Buddhist incantation was the requiem for Ippen's family.
 Do you find something common between Cho-ichi and Izumo no Okuni, dancing women? I don't know…



a0332314_09013851.jpg






















 奥州では、一遍の祖父通信の墓に参っています。このとき行われた薄(すすき)念仏が、平成の世まで伝わることになろうとは!(前回記事の末尾)
 一遍の祖父は伊予の豪族、越智氏の首領であり、源平の戦では源氏方として、瀬戸内海に河野水軍の勇名をはせました。しかし、承久の変で北条に反して朝廷側についたため、天皇方の敗北に伴い家領は滅び、一遍が生まれた頃はかろうじて断絶を免れている様子でした。
 上人の祈りは、まず肉親の鎮魂のために始まり、ついで家族、さらに民衆の救済へと広がっていったのでしょう。

 In Tohoku region, they visited the grave of Ippen's grandfather. He was a leader of a powerful family in Iyo which fought in the Inland Sea Seto as Kono's navy during the Genpei War. But he took the imperial court's side in Jōkyū War and shared the same fate with the defeated emperor.
 Ippen's prayer began for his family and then, for his wife and child, for the people, etc.
 

a0332314_13051345.jpg


 では、なぜ鰺坂の入道が時衆への加入を拒まれ、富士川で入水するに至ったのか?居合わせた訳ではありませんが…円伊の絵をとっくり眺めていると、だんだんに心の靄が晴れてゆく気がいたします。
 絵巻の右手にそびえる富士の山。その裾野はなだらかに広がり、靄をへて、富士川の流れへつながります。水中の入道が合掌する方角には、雲がはっきりと描かれています。紫雲です!阿弥陀仏の来迎雲です!

 Why was Monk Ajisaka not allowed to join Jishu sect and drowned himself in Fuji River? I do not know the details, but observing this illustration painted by Enni, I feel the fog in my mind is gradually clearing.
 The skirt of Mt. Fuji (right) spreads and leads to Fuji River through the fog. The monk in the water is joining his palms together toward a small cloud. It IS Amida Buddha's glowing cloud !
 

 ↓ たなびく雲が描かれ、「紫雲」の二文字が書き込まれている * glowing cloud
a0332314_13541604.jpg


 神のすまう富士の雪山と、仏の紫雲とが、入道の沈む富士川に、左右から寄り添っている。― 入道は「南無阿弥陀仏」を唱えつつ確かに成仏したのです。神と仏が居並ぶやまとの極楽浄土へ。
 はるか四天王寺のたたずまいが思い出されます。東から西へ、
極楽門(※)、石の鳥居、海とその彼方の極楽浄土が並んでいました。神の門、鳥居の先の浜辺から仏の浄土を目指し、帰らぬ舟旅へ漕ぎ出した僧たちが、昔からいたと聞きます。

 Fuji River is between a holy mountain of Japanese deities and a glowing cloud of Amida Buddha ! The monk must have gone to Paradise while repeating Namu-Amida-Butsu.
 Do you remember the precincts of Shitenno-ji Temple, where some prayers went to Paradise beyond the sea from Paradise Gate(※) of Amida Buddha via Torii of deities.
 

 ↓ かつて四天王寺の石の鳥居の先には海が広がっていた*There used to be the sea.

a0332314_06522130.jpg


 時は流れて ― わたくしは桜井での別れの誓い通り、上人の最期の日々に立ち会いました。上人の最後の言葉を書き取り、ご臨終を見届けました。どうです、この場面。老若男女が集って嘆き悲しみ、まるで仏涅槃図ではありませんか!
 じじつ、円伊は当初、お釈迦様のように頭を北に向け、右脇を下にして横臥する上人を描いていたようです。のちに今の姿に描き直されましたが…あるいは、上人の霊が絵師の夢枕に立って、諭したのかもしれませんな。

 After many years, I attended the last days of Ippen as we had promised at Sakurai. I wrote down his last words and watched him die like the below illustration. Look ! He is like a reclining Buddha surrounded by lamenting people !

a0332314_09465067.jpg


 わたくしたちは、上人のご最期だけではなく、後を追って海に身を投げた時衆と結縁の者らの姿も絵巻のなかに留めました。上人は涙ながらに仰いましたものを。
…私が死んでから後、身を投げるものがあるだろう。一度信心してしまえばどうなってもよいと思うだろうが、そのような我執をもっていてはいけない。めったに受けられない仏道の人身をむなしく捨てるとは、あさましいことだ…


 We recorded not only his death but also that of seven persons who died themselves following their master's example, though the master had said in tears…some would kill himself after my death, throwing the precious human's body in vain is too thoughtless…


a0332314_10215392.jpg


 なぜ、かくも見事な絹本絵巻が、一遍上人没後わずか十年でつくられたのか?それは、上人が南無阿弥陀仏の名号しか残さなかったからです。経典も何も焼き捨ててしまい、「南無阿弥陀仏になりはて」てしまわれたからです。
 わたくしたちは、上人の教えが、記憶が、時の流れとともに薄れてしまう前に、ありありとそれを記し、描き留めておきたかった。― 上人のお声は、お姿は、読者の皆様のもとへ届きましたでしょうか。そして、上人を慕い死んでいった者たちの姿もまた。


 Why were such wonderful silk emaki scrolls produced only ten years after Ippen's death? Because he left nothing but chanting Buddha's name, Namu-Amida-Butsu. Because he burned everything including his sutras and he himself became Namu-Amida-Butsu !
 We WANTED to record his words and figure vividly before his teachings and memories would become faint as time went by. ― Did his voice and figures reach your mind ? Did those who followed Ippen and died also?


a0332314_11083401.jpg


色黒き比丘の面ざし 愛らしき雀のつばさ 七百年(ななももとせ) 越ゆ

black face of the priest
wings of small spallows
both of them
have gone across seven hundred years
through the faithful paintbrush


a0332314_11334021.jpg


鳥追ひの布がはためく二色(ふたいろ)の田畑すなはち二河白道なり

二河白道(にがびゃくどう):浄土へは炎(怒り)大水(貪愛)の間の白い細道(念仏)が通じている

a0332314_11254315.jpg

一遍が二河白道図を掛け修行していた窪寺を囲む田畑

参考*二河白道図(この作品は出陳されていません)

a0332314_11470826.jpg



うつし世はつらく悲しきものなれど雀はばたき白鳥いこふ

this world
is hard and painful
but
spallows flap wings and
swans relax on the water


a0332314_10223865.jpg
雪原の雀*spallows

三嶋大社の白鳥*swans

a0332314_10245461.jpg


(All Rights Reserved)



















# by snowdrop-nara | 2019-06-16 05:50 | | Comments(4)

旅した、踊った、祈った。中(peregrinari, ballavi, oravi3)

a0332314_18281610.jpg
京都国立博物館*Kyoto National Museum

「国宝一遍聖絵と時宗の名宝」展(京都国立博物館)は6月9日(日)まで。
この歌物語はsnowdropによるフィクションです。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』

a0332314_17240533.jpg
満月に阿弥陀仏をイメージした山越阿弥陀図(出品されていません)


 一遍はくりかえし私たちに語った。「南無阿弥陀仏」を唱えさえすれば救われる。立派な僧侶のように、太陽や月に仏の姿を観想することができなくてもいい。いや、観想のような自力は余計だ。他力本願!ただ一心に「南無阿弥陀仏」を唱える、これほど純粋な祈りがあろうか…


  Ippen taught us again and again that only praying "Namu-Amida-Butsu" saves us. You need not contemplate Amida-Butsu (Amitabha Buddha) through the sun or the moon. Rather, the ability to imagine Buddha is unnecessary for us. We need only the salvation by faith, the purest prayer, "Namu-Amida-Butsu"!


a0332314_11325911.jpg
山伏姿の熊野権現から神託を受ける(左)←人々に念仏札を配る(右)


 貧しい人も、病める人も、男子に変成しなくては成仏できぬとされた女人すらも、「南無阿弥陀仏」の名号で救われる。旅先で出会う貧しい人、病める人、女人はみんな、一遍の手渡す念仏札を受け取った(上図右)。受け取ることを拒む人にも、強引に手渡した。熊野で「信、不信をえらばず、浄、不浄をきらはず、その札をくばるべし」という夢のお告げを聞いてから、彼の信念はますます固まった(上図左)。

 The poor and sick, even the women can be saved by the name of Amitabha Buddha. All the poor, sick, and women accepted an invocation charm handed by Ippen (upper right). He handed it forcibly to those who refused to receive it also. An oracle from a deity of Kumano Shrine encouraged him to hand it to both the believers and unbelievers without discriminating between what is fair and what is foul (upper left).


a0332314_11094168.jpg


 備前では、吉備津宮の神主の子息の妻が、夫の留守にあっさりと出家してしまった。帰宅した夫は怒り狂い、おっとり刀で福岡の市まで追って来た。あれって、神剣?じゃないわよね。でも、一遍が声をかけるや、刀を捨て自らも出家してしまった。
 夫の心境は、生身の一遍を知る者ならわかるはず。一遍の瞳には、曇りがない。嘘がない。欲がない。よき出家者たらんとする欲すらなかった。ただ、「南無阿弥陀仏」を唱えることだけを考え、説いた。その姿は、平安の昔の空也上人の甦りとも見えた。その声は、阿弥陀仏の慈しみと強さを表していた。
 「南無阿弥陀仏」と唱えることを、口称念仏という。じつは一遍と時衆は、初めから踊念仏を行っていたわけではない。

 A wife of a Shinto priest in Bizen became a nun in her husband's absence. The husband got furious and chased Ippen with a sword to Fukuoka. But when Ippen spoke to him, he abandoned his sword and he also became a monk. 
 Those who knew Ippen must have understood this husband. Ippen's eyes were pure, without the lie and desire. He thought of only chanting the name of Amitabha Buddha. He looked like Priest Kuya in the Heian period. His voice was full of the mercy and strength of Amitabha Buddha.
 Repeating "Namu-Amida-Butsu" is the invocation of Amitabha Buddha. In fact, Ippen and his disciples had not practiced dancing Buddhist incantations from the beginning.



a0332314_08232411.jpg
縁側で鉦を叩く一遍(左) 踊る超一(中央)


 小田切里の館で、踊り始めたのは、この私だ。尼僧、超一だ。
 あの人の、周りの人々の念仏きが私の体を突き動かした。私の喉はいつもより一回り高い念仏を発し、それは周りの人々の念仏を突き抜けて、奇鳥のさえずりのように響き渡った。
 縁側に棒立ちになった彼は、私の念仏に合わせて、ありあわせの鉢を叩き出した。両目は唖然と見開かれていた。彼の眼と、彼の鉢の音と、彼の念仏だけが私の前に在った。
 
 It was ME, CHO-ICHI that began dancing at Odagiri.
 His and their chanting propelled my body. My chanting voice changed the tone one octave higher than usual like the twitter of a strange bird. He stared at me without stopping chanting and began beating a bowl. Only his eyes, his beats and his chanting existed for me.

a0332314_11083401.jpg

 私の両足は土を踏みしめ、仔馬のように跳ね上がった。旅に疲れ、鉛のように重かった足が、軽々と拍子をとる。両手が宙をつかむ。やがて周りの人々も踊りだす。人々の体の熱が、律動が、念仏が一つに溶け合い、われらは一つの祈念(おもい)の塊となる。
 一つになったのは、生者だけではなかった。私は己の胸に、喉(のんど)に、指先に、足裏(あなうら)に、死者の息吹を味わっていた。険しい山道で、盗賊に襲われた野宿の原で、死んでいった尼たち。女子供を守ろうとして賊の刃に倒れた僧たち。彼らの、彼女らの魂を鎮めるために、われらは踊った。着物の裾をはだけ、足を露わにして。

 My feet were treading on the soil and jumped up like a pony's legs. My heavy legs as lead were beating time lightly and my arms grabbed the air. Soon others joined us. Our body heat, rhythm, and chanting melted together to become one cluster of the prayer.
 It was not only the living but also the dead that became one. I felt the dead's breath in my chest, in my throat, on my fingertips, and on the soles of my feet. The nuns who had died on a steep mountain path or on the field where a band of robbers had attacked. The monks who had tried to protect the women and children and been killed by robbers. In order to console their spirits, we danced agitatedly exposing our legs.


a0332314_13214149.jpg
雪原をゆく一遍の一行

 魂鎮めの舞いは、猥雑な喜悦と、聖なる浄福に満ちていた。われらもいつか旅立つだろう。死者の群れの中へ、南無阿弥陀仏を唱えながら。踊るわれらもまた、己が荒ぶる魂を鎮められていた。踊ることは祈ること、救われること。ここで生と死はきれいに重なる。
(このときの私には思いもよらなかった。鰺坂という名の入道や、仲間の僧らが、極楽往生を願って自死することになろうとは ― )

 The dance for consoling the spirits was full of the vulgar joy and sacred bliss. We would leave this world into the crowd of the dead while chanting "Namu-Amida-Butsu". We also were being consoled by chanting and dancing. Dancing equals to praying and being saved. Here the life and death overlap perfectly.
(At that time I could not imagine that my colleague priests or Monk Ajisaka would kill himself in order to go to Paradise ! )
 


a0332314_13051345.jpg
こののち、旅先で出会った入道が富士川へ身投げする場面が出てくる


 南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。額に噴き出る汗を、両目にあふれる涙を、踊りの旋回で生じた風が乾かす。甦った視界のなかで、あの人が、鉢を叩きながら頷いている。
 「はねばはねよ をどらばをどれ…」― 誰の声? 彼はひたすら念仏を唱えているのに。
「…はるこま(春駒)の のり(法)のみちをば しる人ぞしる
 踊念仏とは、阿弥陀仏と
つになることなのか。目の前のこの男をえて。個人の愛憎をえて。わが名「超一」とは、つまりは、そういうことなのか? 智真一遍よ、教えてください。
(snowdrop注*太文字は一遍による和歌)

 Namu-Amida-Butsu, Namu-Amida-Butsu! The sweats on my forehead and the tears in my eyes were dried by the wind generated by whirling. I saw him, Ippen nodding while beating a bowl.
" If you wanna jump, jump! If you wanna dance, dance ! "
 Whose voice? He is only repeating "Namu Amida Butsu."
" A connoisseur would know the teachings of Buddhism through a dancing spring pony or cockhorse "
 Is this Amidha Buddha's voice ? Tell me, you, Chishin Ippen-sama !

(A tanka shown in bold was composed by Ippen, translated by snowdrop.)



a0332314_10394235.jpg

















「ねえ、そいじゃ、あたしの名前は??」↑(超二のツッコミ)





現代に伝わる「すすき念仏」

snowdropのもつイメージはこちらに近いかも…

Guillem comme Mirror Lion (鏡獅子) of Kabuki-dance!




 あと一回、続きます…

(To be continued)

(All Rights Reserved)










# by snowdrop-nara | 2019-06-08 07:15 | | Comments(0)

旅した、踊った、祈った。上(peregrinari, ballavi, oravi2)

鎌倉時代のわんこ(一遍聖絵)(『縁起絵と似絵』講談社より)

a0332314_17350058.jpg

「日曜美術館」では語られることのない一遍聖絵のものがたり。
この歌物語はsnowdropによるフィクションです。犬はもう出てきません。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』

This article is snowdrop's fiction based on Priest Ippen by KURITA Isamu

a0332314_10031683.jpg
『国宝一遍聖絵と時宗の名宝』(京都国立博物館)より(以下同)


 色の黒い男だった。広い額、太い眉、くぼんだ眼窩。高い頬骨、長い顎、分厚い唇。骨太な体躯、引き締まった脚。まるで猛禽!けれども、その尖った頭頂部が、炯炯ときらめく瞳が、聖なる精神をあらわしていた。
 か弱き女はみな、この男に心奪われた。貧しき民はみな、この男を慕った。智真一遍。のちの世に一遍上人として知られる男。踊念仏の真ん中にあって、歯を食いしばるように、何かに耐えるように鉦を叩く男。僧たちが踏み轟かす床板の下をご覧。やせ衰えた乞食や、貧しき童が群れている。踊りの音声に、振動に、自らの体をゆだねるかのように。

 He had dark skin. He was high‐ browed and lantern-jawed, with thick eyebrows, with high cheekbones, with thick lips. He was a large-boned man with sturdy legs. Like a bird of prey ! But his brilliant sharp eyes expressed his sacred spirit.
 All the women were fascinated by him. All the poor people followed him. Chishin Ippen. He was to be known Priest Ippen later. He is dancing in the middle of the building with a gong. Under the floor, poor children and bony beggars are seen. Are they listening to the prayer and gong's rhythm ?


a0332314_17525367.jpg


 この場面から、年月はさかのぼる。桜咲き散る田園のなかを歩む旅人たち。先頭が一遍、続く尼僧は超一、超二。荷物を背負う念仏坊。四人と別れ、振り返って見送っているのは聖戒。一遍の肉親にして弟子、そして一遍聖絵の詞書を達筆で綴った僧。
 一遍の腰はまだまっすぐに伸びている。私たちは匂うように若かった。
 そろそろ名乗ることにしようか。われこそは超一。一遍を愛し抜いた尼僧。一遍と私の間に守られて歩むのは、われらが愛娘、超二。
 僧が妻子を伴って遊行の旅?むろん一遍自身がためらった。けれども、私の一言が彼の背を押した。
「私だって、この子だって、救われたいのです!」

 Many years before the above scene. The traveling monks are walking in the countryside. Priest Ippen is at the head and two nuns follow him. A monk carries a luggage. Another monk sees them off, whose name is Shokai, who is said to be a nephew of Ippen and wrote the text of this emaki-scroll, Illustrated Biography of the Priest Ippen.
 I am Cho- ichi, a nun who loved Ippen. Our daughter is Cho-ni, a little nun.
 A priest traveling with his wife and daughter? Impossible! But he made up his mind by my words ― "I also, she also want to be saved! "


a0332314_10394235.jpg


 女子供の足にとって、決して楽な旅ではなかったけれど、心はいつも安らいでいた。この人と共に歩める、それ自体が喜びだった。たとえ崖っぷちで宗論が始まろうと、案ずることはない。私は娘の背中をしっかり支えながら、彼の声を聴き、風を聴き、山の木々の匂いに包まれていた…
 なぜあんなに無心で、一途でいられたのだろうか、あんな時代に。鎌倉の都は遠かった。地方の庶民など、支配階級の眼中になかった。われらが伊予国も、旅した国々も、貧しい人々、病んだ人々があふれ返っていた。
 海の向うから蒙古がまたも攻めてくるという噂は、民の耳にも切れ切れに届いてくる。不安と苦しみに満ちた時代。自分たちさえ無事なら、と人々はそれぞれ身内だけで固まり、息を殺していた。

 It was a hard travel for two nuns but I always had a peaceful mind. Walking with Ippen itself was a great pleasure. Even when a religious debate began, I did not worry and listened to his voice, heard the wind, and smelled the mountain trees while supporting on the back of our daughter.
 Why could I be in a state of nonattachment in that period? The capital was far at Kamakura, and the ruling class thought about the warriors only. We were from Iyo (Ehime prefecture) where there were many poor and sick people like other regions. There was even a rumor of the Mongol Invasion. Every family was isolated hoping their own safety only.


a0332314_10420662.jpg
NHK「日曜美術館」より


 あの人は違った。自分さえ、自分の家族さえ救われれば、とは考えなかった。貧しき人々、病める人々がどうすれば救われるのか悩んだ。そして、バラバラになった社会をつなぐものは念仏しかない、という信念に至った。
 飯を食らう乞食(かったい)や横臥する病人にも、あたたかな眼差しを注いだ。だから、人々に慕われた。女人もありのままで救われるべきだと説いた。だから、彼の周りには多くの尼僧が集まってきた。それぞれに、淡い恋心を抱いてなかったと誰が言えよう?
 一遍は伊予の武家に生まれ、十やそこらで出家し、はるか大宰府へ送られた。父の死で帰郷、還俗するも、俗世を厭うて再び出家を志した。物欲にからむ争い、女性をめぐる愛憎のもつれから、切羽つまって遊行の旅に出たとも言われるけれど…この件については、私は何も言いますまい。

 Ippen always sought for the salvation of all the people including the poor and sick. It seemed for him that chanting the name of Buddha connects the separated people.
 He sympathized with a beggar eating a meal and lying lepers. He maintained that the women also should be saved. That's why the people and women gathered around him.
 Ippen was from a warrior family in Iyo, became a priest at the age of ten and left home. When his father died, he returned to secular life in Iyo, but left home again.
 Were there money or woman problems? No comment !


a0332314_13051345.jpg
富士川は急流のため、橋の代わりに浮舟を連ねて固定し、その上に板を並べている


 一遍を最も悲しませたのは、救いを求めて自ら死を選ぶ者達だったかもしれない。この絵巻で最も雄大な風景の一つ、富士の裾野に、目を疑うような光景が描かれている。一人の入道が富士川に身を沈め、合掌している!彼は時衆に入ることを願ったが叶わず、極楽往生を求め入水自殺したのだ。
 当時の仏教で、殉教行為は珍しいことではなかった。平安の昔から、僧たちは補陀落渡海にあこがれ、入水を企てることがあった。時衆のなかでも、ことあるごとに、入水を決行する者が後を絶たなかった。
 この話になると、あの人は太い眉をひそめ、呻くように呟いたものだった。…南無阿弥陀仏と唱えれば、ありのままで、すでに救われているものを…

 There were suicides among the priests around him. In one of the most dynamic landscapes in this scroll, in the skirts of Mt. Fuji, you see an incredible scene. A monk is killing himself in Fuji River while folding his hands !
 Since the Heian period, the martyrdom of the priest was not unusual. The priest sometimes tried to go to Paradise through the suicide by drowning. Not a few priests around Ippen killed themselves at every opportunity. When it came to this subject, he always moaned.
…If only one prays “Namu Amida-butsu,” he or she has already been saved !…


a0332314_13541604.jpg

富士川(左)と富士山(右)* Fuji River and Mt. Fuji


イヨ・ファーストとわれら決して叫ぶまじこの世すべてが救はるるべし

We will never cry," Japan first ! " All the people should be saved !


a0332314_18511027.jpg

おまけ*白川(Shira-kawa)


(All Rights Reserved)











# by snowdrop-nara | 2019-05-31 18:06 | | Comments(5)

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

最新のコメント

*naokoさん ク..
by snowdrop-nara at 18:50
ヤドリギでつなぐ思い出や..
by milletti_naoko at 05:43
*pikoさん 倉敷ガ..
by snowdrop-nara at 18:42
倉敷ガラスって知りません..
by pikorin77jp at 09:30
*naokoさん 日本..
by snowdrop-nara at 06:17
細部までこだわって巧みに..
by milletti_naoko at 23:43
*はぴさんはやっぱり優し..
by snowdrop-nara at 17:46
*pikoさん 友だち..
by snowdrop-nara at 17:40
*さおりさん アドベン..
by snowdrop-nara at 17:35
こんばんは からくり時..
by happysweet1205 at 22:23
宵々山にいかれたのですか..
by pikorin77jp at 14:53
こんにちは~♪ よくで..
by boheme0506image at 14:08
*tad64さん ご訪..
by snowdrop-nara at 07:16
ぴこさんの所からお邪魔し..
by tad64 at 12:21
*1go1exさん 元..
by snowdrop-nara at 18:03
『元永本古今和歌集』、き..
by 1go1ex at 08:13
*tanetさん、すでに..
by snowdrop-nara at 17:35
*tanetさん 赤い..
by snowdrop-nara at 07:32
この広い夜空いっぱい 咲..
by tanet25 at 07:13
*pikoさん、おはよう..
by snowdrop-nara at 06:10

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。