人気ブログランキング |

ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

はじめての歌会(My Debut in Tanka Party)

a0332314_09543597.jpg


野の山の田圃の御堂の学舎(まなびや)の額縁となる そめゐよしのよ

someiyoshino sont devenus un cadre
du champ, de la campagne, de l' église, et de l' école


圧倒的桜」祭でみた数々の桜から生まれた一首(未発表作)
usaさん、長年にわたってありがとうございます。お疲れさまです

Inspired by Cherry blossom festival produced by usa-san. Special Thanks!


a0332314_13273503.jpg


「圧倒的桜」祭りを控えた五月初旬、はじめて歌会に出ました。
「角川短歌」(左)を読んで、いつかは…と思っていた歌会デビュー。
「短歌人」(右)同人の 勺 禰子さんのおかげで実現しました。

参加者は歌会の1週間前までに短歌(詠草)を司会者へ送ります。
歌会2日前に無記名の詠草集(リスト)がメールで送られてきます。
今回は14首。その中から自分がよいと思う歌を3首選んでおきます。

Snowdrop participated in a Tanka Party for the first time.
Every participant sends his/her own tanka
to the chairperson by a week before the party.
The numbered list of the tanka (14 poems this time)
is sent to every participant two days before.
Everyone chooses three of them which he/she appraises.


Dscn4974-640x479



今回の会場は、京都駅から徒歩10分の 明覺寺の小さな会堂でした。
渡された選歌用紙に、選んでおいた3首の番号を記し、署名して提出します。
一枚の和紙に印刷された詠草集が、改めて手渡されました。(右端 ↓)

The venue was this small building of Myokaku-ji Temple in Kyoto.
Every poet wrote down the numbers of three tanka with signature
on the paper for the "selected tanka".
The numbered list of the tanka was handed down again,
which was of a Japanese paper ! A la mode ! (the right end ↓)

a0332314_13273503.jpg


詠草集の順に、披講者により歌が一首ずつ読み上げられ、
その一首について、指名された参加者が意見を述べます。
議論が白熱してくると、自発的に挙手して発言する人も増えてきます。
一首の短歌を囲む行間がどんどん豊かに広がってゆくように感じられます。
一首、また一首…
別々の作者による複数の短歌が、共通のキーワードや観念で響き合い、
行間がぐっと狭まって感じられることも。
いうなれば、歌会の「連歌マジック」?
なんだか詠草集全体が、一編の行分け詩のようにも見えてきました。
午後1時から4時過ぎまで、3時の10分休憩を挟んで歌会は続きます。

The party started at 13:00.
The reicter reads out tanka one by one,
everyone discusses one tanka respectively.
Only one ten-minute break at 15:00,
the party continued until 16:00.
Snowdrop's tanka on cherry blossoms is as follows:

a0332314_08501750.jpg

(2018年撮影)


クローンの桜は白しLED街灯ひとつ花篝として

des fleurs d' un cerisier cloné sont blanches
soul une lampadaire de la
lumière pale à DEL
comme un feu de joie


↑これが私の生まれて初めての歌会の詠草です。
(『短歌人』8月号にて発表)
バイリンガル短歌としての行分けはまだ施していません。


「花篝 日本美術史」の画像検索結果

花篝 🌸 feu de joe 🌸
(大川美術館の画像をお借りしています)

去年から今年にかけて詠んだ歌のいくつかを並べてみると…


クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて 
「かなし」=「哀し」「愛し」 (2018年)

花篝さくらの海の灯台よ み宙(そら)へ告げよ しのぶ心を
(2019年、未発表作)


野の山の田圃の御堂の学舎(まなびや)の額縁となる そめゐよしのは

(2019年、冒頭の一首です)

a0332314_16122187.jpg
高瀬川の花筏(ソメイヨシノ)(4月)



去年から今年にかけてのソメイヨシノへの複雑な思い(🌸)それを
無記名の歌のたった三十一文字から(とりわけ「花篝」の一語から)
読み取ろうとしてくださったことが忘れられません。

Not a few poets understood this snowdrop's ambivalent feeling
to the Somei-yoshino from only one tanka.
A poet recognized my feeling for this flower from only one word,

" feu de joie ". I was moved.


a0332314_18462278.jpg

若楓(4月)


会堂の窓の隙より笹のかぜ詠草集の漉き紙ふはり


歌会のあと研究発表があり、5時に閉会となりました。
打ち上げに向かう皆さんを見送り、
余韻にひたりつつ朦朧と乗り込んだ列車の車窓から、虹!
未来へ、そして過去へのびてゆく七色の虹が見えました。
(usaさんにもよき未来あれ!)

Here is the rainbow snowdrop saw from the train. A good start?
(Good Luck for usa-san also !)


Dscn4975-640x400



(All Right Reserved)























by snowdrop-nara | 2019-07-28 07:15 |

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

最新のコメント

*sakuraさん、こん..
by snowdrop-nara at 21:09
こんにちは^^ お彼岸..
by teineinakurasi at 16:43
*naokoさん ク..
by snowdrop-nara at 18:50
ヤドリギでつなぐ思い出や..
by milletti_naoko at 05:43
*pikoさん 倉敷ガ..
by snowdrop-nara at 18:42
倉敷ガラスって知りません..
by pikorin77jp at 09:30
*naokoさん 日本..
by snowdrop-nara at 06:17
細部までこだわって巧みに..
by milletti_naoko at 23:43
*はぴさんはやっぱり優し..
by snowdrop-nara at 17:46
*pikoさん 友だち..
by snowdrop-nara at 17:40
*さおりさん アドベン..
by snowdrop-nara at 17:35
こんばんは からくり時..
by happysweet1205 at 22:23
宵々山にいかれたのですか..
by pikorin77jp at 14:53
こんにちは~♪ よくで..
by boheme0506image at 14:08
*tad64さん ご訪..
by snowdrop-nara at 07:16
ぴこさんの所からお邪魔し..
by tad64 at 12:21
*1go1exさん 元..
by snowdrop-nara at 18:03
『元永本古今和歌集』、き..
by 1go1ex at 08:13
*tanetさん、すでに..
by snowdrop-nara at 17:35
*tanetさん 赤い..
by snowdrop-nara at 07:32

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。