人気ブログランキング |

ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




旅した、踊った、祈った。上(peregrinari, ballavi, oravi2)

鎌倉時代のわんこ(一遍聖絵)(『縁起絵と似絵』講談社より)

a0332314_17350058.jpg

「日曜美術館」では語られることのない一遍聖絵のものがたり。
この歌物語はsnowdropによるフィクションです。犬はもう出てきません。
参考文献 * 栗田勇『一遍上人』 柳宗悦『南無阿弥陀仏』

This article is snowdrop's fiction based on Priest Ippen by KURITA Isamu

a0332314_10031683.jpg
『国宝一遍聖絵と時宗の名宝』(京都国立博物館)より(以下同)


 色の黒い男だった。広い額、太い眉、くぼんだ眼窩。高い頬骨、長い顎、分厚い唇。骨太な体躯、引き締まった脚。まるで猛禽!けれども、その尖った頭頂部が、炯炯ときらめく瞳が、聖なる精神をあらわしていた。
 か弱き女はみな、この男に心奪われた。貧しき民はみな、この男を慕った。智真一遍。のちの世に一遍上人として知られる男。踊念仏の真ん中にあって、歯を食いしばるように、何かに耐えるように鉦を叩く男。僧たちが踏み轟かす床板の下をご覧。やせ衰えた乞食や、貧しき童が群れている。踊りの音声に、振動に、自らの体をゆだねるかのように。

 He had dark skin. He was high‐ browed and lantern-jawed, with thick eyebrows, with high cheekbones, with thick lips. He was a large-boned man with sturdy legs. Like a bird of prey ! But his brilliant sharp eyes expressed his sacred spirit.
 All the women were fascinated by him. All the poor people followed him. Chishin Ippen. He was to be known Priest Ippen later. He is dancing in the middle of the building with a gong. Under the floor, poor children and bony beggars are seen. Are they listening to the prayer and gong's rhythm ?


a0332314_17525367.jpg


 この場面から、年月はさかのぼる。桜咲き散る田園のなかを歩む旅人たち。先頭が一遍、続く尼僧は超一、超二。荷物を背負う念仏坊。四人と別れ、振り返って見送っているのは聖戒。一遍の肉親にして弟子、そして一遍聖絵の詞書を達筆で綴った僧。
 一遍の腰はまだまっすぐに伸びている。私たちは匂うように若かった。
 そろそろ名乗ることにしようか。われこそは超一。一遍を愛し抜いた尼僧。一遍と私の間に守られて歩むのは、われらが愛娘、超二。
 僧が妻子を伴って遊行の旅?むろん一遍自身がためらった。けれども、私の一言が彼の背を押した。
「私だって、この子だって、救われたいのです!」

 Many years before the above scene. The traveling monks are walking in the countryside. Priest Ippen is at the head and two nuns follow him. A monk carries a luggage. Another monk sees them off, whose name is Shokai, who is said to be a nephew of Ippen and wrote the text of this emaki-scroll, Illustrated Biography of the Priest Ippen.
 I am Cho- ichi, a nun who loved Ippen. Our daughter is Cho-ni, a little nun.
 A priest traveling with his wife and daughter? Impossible! But he made up his mind by my words ― "I also, she also want to be saved! "


a0332314_10394235.jpg


 女子供の足にとって、決して楽な旅ではなかったけれど、心はいつも安らいでいた。この人と共に歩める、それ自体が喜びだった。たとえ崖っぷちで宗論が始まろうと、案ずることはない。私は娘の背中をしっかり支えながら、彼の声を聴き、風を聴き、山の木々の匂いに包まれていた…
 なぜあんなに無心で、一途でいられたのだろうか、あんな時代に。鎌倉の都は遠かった。地方の庶民など、支配階級の眼中になかった。われらが伊予国も、旅した国々も、貧しい人々、病んだ人々があふれ返っていた。
 海の向うから蒙古がまたも攻めてくるという噂は、民の耳にも切れ切れに届いてくる。不安と苦しみに満ちた時代。自分たちさえ無事なら、と人々はそれぞれ身内だけで固まり、息を殺していた。

 It was a hard travel for two nuns but I always had a peaceful mind. Walking with Ippen itself was a great pleasure. Even when a religious debate began, I did not worry and listened to his voice, heard the wind, and smelled the mountain trees while supporting on the back of our daughter.
 Why could I be in a state of nonattachment in that period? The capital was far at Kamakura, and the ruling class thought about the warriors only. We were from Iyo (Ehime prefecture) where there were many poor and sick people like other regions. There was even a rumor of the Mongol Invasion. Every family was isolated hoping their own safety only.


a0332314_10420662.jpg
NHK「日曜美術館」より


 あの人は違った。自分さえ、自分の家族さえ救われれば、とは考えなかった。貧しき人々、病める人々がどうすれば救われるのか悩んだ。そして、バラバラになった社会をつなぐものは念仏しかない、という信念に至った。
 飯を食らう乞食(かったい)や横臥する病人にも、あたたかな眼差しを注いだ。だから、人々に慕われた。女人もありのままで救われるべきだと説いた。だから、彼の周りには多くの尼僧が集まってきた。それぞれに、淡い恋心を抱いてなかったと誰が言えよう?
 一遍は伊予の武家に生まれ、十やそこらで出家し、はるか大宰府へ送られた。父の死で帰郷、還俗するも、俗世を厭うて再び出家を志した。物欲にからむ争い、女性をめぐる愛憎のもつれから、切羽つまって遊行の旅に出たとも言われるけれど…この件については、私は何も言いますまい。

 Ippen always sought for the salvation of all the people including the poor and sick. It seemed for him that chanting the name of Buddha connects the separated people.
 He sympathized with a beggar eating a meal and lying lepers. He maintained that the women also should be saved. That's why the people and women gathered around him.
 Ippen was from a warrior family in Iyo, became a priest at the age of ten and left home. When his father died, he returned to secular life in Iyo, but left home again.
 Were there money or woman problems? No comment !


a0332314_13051345.jpg
富士川は急流のため、橋の代わりに浮舟を連ねて固定し、その上に板を並べている


 一遍を最も悲しませたのは、救いを求めて自ら死を選ぶ者達だったかもしれない。この絵巻で最も雄大な風景の一つ、富士の裾野に、目を疑うような光景が描かれている。一人の入道が富士川に身を沈め、合掌している!彼は時衆に入ることを願ったが叶わず、極楽往生を求め入水自殺したのだ。
 当時の仏教で、殉教行為は珍しいことではなかった。平安の昔から、僧たちは補陀落渡海にあこがれ、入水を企てることがあった。時衆のなかでも、ことあるごとに、入水を決行する者が後を絶たなかった。
 この話になると、あの人は太い眉をひそめ、呻くように呟いたものだった。…南無阿弥陀仏と唱えれば、ありのままで、すでに救われているものを…

 There were suicides among the priests around him. In one of the most dynamic landscapes in this scroll, in the skirts of Mt. Fuji, you see an incredible scene. A monk is killing himself in Fuji River while folding his hands !
 Since the Heian period, the martyrdom of the priest was not unusual. The priest sometimes tried to go to Paradise through the suicide by drowning. Not a few priests around Ippen killed themselves at every opportunity. When it came to this subject, he always moaned.
…If only one prays “Namu Amida-butsu,” he or she has already been saved !…


a0332314_13541604.jpg

富士川(左)と富士山(右)* Fuji River and Mt. Fuji


イヨ・ファーストとわれら決して叫ぶまじこの世すべてが救はるるべし

We will never cry," Japan first ! " All the people should be saved !


a0332314_18511027.jpg

おまけ*白川(Shira-kawa)


(All Rights Reserved)











by snowdrop-nara | 2019-05-31 18:06 | | Comments(5)

旅した、踊った、祈った。プロローグ(peregrinari, ballavi, oravi1)

a0332314_22005902.jpg












(2016年4月)


a0332314_17525367.jpg


京都国立博物館で全巻展示中の「一遍聖絵」(展示替えあり)。旅立つ一遍と同行三人、そして彼らをふり返り、見送る僧が一人。旅立ちと別れに呼応するかのように、咲きほこる桜と散る桜。かくも人の心に寄り添う桜の絵は稀有ではなかろうか。(図版は展覧会図録より)

Illustrated Biography of the Priest Ippen, all the handscrolls are now exhibited in Kyoto National Museum. I like this scene where Ippen and three companions start a journey leaving one priest who turns back and sees them off. The cherry trees are in bloom and scattering petals, which harmonizes their departure and and separation.


a0332314_06522130.jpg
四天王寺の鳥居の左手に海が広がる(

Torii-gate of Shitenno-ji Temple and the sea (ca. 1299)


a0332314_14500122.jpg

四天王寺極楽門と石の鳥居。いまは海ではなく町が見える(2019年彼岸入)

Torii-gate of Shitenno-ji Temple and the town (2019)


一遍の旅絵巻を眺めれば、人それぞれに心惹かれる風景が必ず見つかる。たとえば、今年訪ねたばかりの四天王寺。昔は鳥居の外に海が広がっていたのだ。こんなふうに…  

When you see this scroll, you will find the landscapes in your memory in Japan. For example, Shitenno-ji Temple that I introduced you in March this year. The temple used to face the sea.  


a0332314_07372657.jpg
a0332314_09132204.jpg
厳島神社 (2011年5月)

 
たとえば、八年前に旅した厳島神社。今も昔も、人々は小舟に乗って海上の鳥居をめぐる。潮が引けば、歩いて行くこともできるけれど。一遍は各地の寺社を旅した。

For example, Itsukushima Shrine that I visited eight years ago. The famous "floating gate" has not changed since the Heian period.


a0332314_06245643.jpg


 一遍といえば、踊り念仏。一遍は四国出身である。思い出されるのは、「平成狸合戦ぽんぽこ」の四国の狸たちが、人間との戦いに敗れ、踊り念仏を始めたこと。たしか鉦を打ち鳴らしながら、こう歌っていた…
「この世は船ぢゃ、泥船ぢゃ~。念仏唱えてみな踊れ~。蓮(はちす)のうてなを夢に見よ~。南無阿弥陀仏、御陀仏ぢゃ~」
 下図の狸三尊は神仏混交の世界観をよく表している。

Priest Ippen is known by his chanting Amitabha's name while dancing. He was from Shikoku region (smallest of the four main islands of Japan) . In an animated comedy-drama fantasy film Pom Poko directed by Isao Takahata (the director of The Tale of the Princess Kaguya), the raccoon dogs from Shikoku region were beaten by the human beings and began chanting Amitabha's name while dancing! Does it symbolize the traditional Shinto was absorbed in the emergent Buddhism?


a0332314_06294763.jpg
Moe(1994年)より


アイドルのライブが念佛講ならばポケモンGOは聖地巡礼


スタジオジブリのアニメ映画には、日本美術史の名品を踏まえた表現が散見される。たとえば、狸たちが妖怪に化けて人間に抵抗する場面。室町の「百鬼夜行絵巻」が平成の屋台の上によみがえった!

Studio Ghibli’s animation films are often based on Japanese art history. For example, the below hundred demons are originally seen on an emaki-scroll in the Muromachi period (16 c.) .


a0332314_06311201.jpg
Moe(1994年)より
a0332314_06330274.jpg
「百鬼夜行絵巻」(真珠庵蔵、室町時代)『大妖怪展』(2016年)図録より
Night Parade of a Hundred Demons painted in the Muromachi period


「一遍聖絵」もまた、ジブリアニメのように自然の美しさを、人間の営みを、この世の森羅万象を生き生きと描き出す。その魅力は、一回のブログ記事ではとても紹介しきれない。展覧会が終わるまでの間(~6月9日)、気ままに物語るとしようか。渡り鳥の群れに導かれるままに…

Illustrated Biography of the Priest Ippen depicts also beautiful landscapes and human activities (even beggars taking a meal and priests commiting suicide !) . Look, migratory birds over the rice and wheat fields are guiding our appreciation of these scrolls…


a0332314_06382401.jpg


(To be continued)

(All Rights Reserved)











by snowdrop-nara | 2019-05-25 05:55 | | Comments(5)

わたしは、奈良派。(Fête de Fleurs de Cerisier en Nara)

a0332314_14380155.jpg




あのひとに みせて あげたい 桜花

ワタシモ ゲンキニ ココニ ヲリマス



voici des fleurs de cerisier et colza que je te veux montrer,
voici snowdrop, en bonne santé!




a0332314_14384112.jpg


藤原宮跡 🌸 醍醐池付近

(All Rights Reserved)

春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019












by snowdrop-nara | 2019-05-18 15:33 | | Comments(6)

わたしは、奈良派。プロローグ(prologue of our festival)

お一人さま吟行の手帖から(四月)

a0332314_09003120.jpg



藤原宮めざしあゆめばどの丘もみささぎめきて

思ほゆるかも

(みささぎ=陵=古墳)


walking toward Remains of Fujiwara-kyo Palace,

every hill looks like a tumulus.


a0332314_09023088.jpg


花咲き若葉ひらく春の山のさまを「山咲(わら)ふ」といいます。 *^^*


咲ふ山愛でつつ行けば二上の山影あをく

見え初むるなり


(わらう やま めでつつ ゆけば ふたかみの やまかげ 

あおく みえそむるなり)


a0332314_09075912.jpg



さくら花ほほべにとして畝傍山

(をのこ)の山をふたり誘ふや


(参考)
高山波 雲根火雄男志等 耳梨与  相諍競伎  神代従  如此尓有良之  古昔母  然尓有許曽  虚蝉毛  嬬乎  相挌良思吉   
中大兄皇子


香具山は 畝傍を惜しと 耳梨と 相争ひき 神代より かくにあるらし
古(いにしへ)も 然(しか)にあれこそ うつせみも 妻を 争ふらしき 萬葉集巻一13 

香久山は畝傍を取られるのが惜しいと、耳梨山と争いあった。
神代から、このようであるらしい。
昔もそうだったからこそ、今の世の人も、妻を奪いあって争うらしい。
― 『萬葉集一 岩波新古典文学大系』



a0332314_09114391.jpg



ひさかたの天の香久山うすくして

まぶたふせたる(をみな)ともみゆ


Heavenly Kagu Hill is flat and looks like a lady with lowered eyes (though is compared to a man in Manyo'-shu)


a0332314_09111826.jpg



耳成の山をめあてに宮びとは

()(ほそ)はしらの(あひ)を過ぎけむ


looking up Mt. Miminashi,did courtiers of Fujiwara-kyo walk among red columns of the palace ?



a0332314_09215154.jpg


 
吟行帖うたで満つれば詠草は万年筆で原稿用紙に

maintenant mon premier carnet de tanka est rempli de tanka, je les écris sur unpapier quadrillé avec un stylo



a0332314_17264700.jpg

  吟行帖も新調しました。↑
 

  今回は、プロローグ。本番は10日後、5月18日です 🌸


d0135226_09562637.jpg









  
 (All Rights Reserved)







by snowdrop-nara | 2019-05-08 06:54 | | Comments(8)

万葉集から古今東西の文学やアートへ…… * ( ´艸`) * (all rights reserved)
by snowdrop-nara
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

最新のコメント

*sakuraさん、こん..
by snowdrop-nara at 21:09
こんにちは^^ お彼岸..
by teineinakurasi at 16:43
*naokoさん ク..
by snowdrop-nara at 18:50
ヤドリギでつなぐ思い出や..
by milletti_naoko at 05:43
*pikoさん 倉敷ガ..
by snowdrop-nara at 18:42
倉敷ガラスって知りません..
by pikorin77jp at 09:30
*naokoさん 日本..
by snowdrop-nara at 06:17
細部までこだわって巧みに..
by milletti_naoko at 23:43
*はぴさんはやっぱり優し..
by snowdrop-nara at 17:46
*pikoさん 友だち..
by snowdrop-nara at 17:40
*さおりさん アドベン..
by snowdrop-nara at 17:35
こんばんは からくり時..
by happysweet1205 at 22:23
宵々山にいかれたのですか..
by pikorin77jp at 14:53
こんにちは~♪ よくで..
by boheme0506image at 14:08
*tad64さん ご訪..
by snowdrop-nara at 07:16
ぴこさんの所からお邪魔し..
by tad64 at 12:21
*1go1exさん 元..
by snowdrop-nara at 18:03
『元永本古今和歌集』、き..
by 1go1ex at 08:13
*tanetさん、すでに..
by snowdrop-nara at 17:35
*tanetさん 赤い..
by snowdrop-nara at 07:32

最新のトラックバック

楽しい万葉集

http://www6.airnet.ne.jp/manyo/main/nature.html

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。